※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●pvpid入場方法
 チャット欄にて.pvpidと入力することによって申請される。
 申請した場合、種族問わず全プレイヤーに「他のプレイヤーがpvpidに登録しました。」というメッセージが流れる。

 5人以上が申請すると開始カウント240秒からのカウントダウンがはじまり、
 その間に6人目以降のプレイヤーが申請することによってふたたびカウントダウン240秒にリセットされそのプレイヤーが登録される。


●pvpid内ルール、仕様
 制限時間15分。
 フィールドはスティールクロウ号。
 リポップ制限なし。
 ポケモンは使用は不可。
 リポップ時HPMP8割でランダムに選ばれた復帰地点から復帰。
 *その際デッドアフターエフェクトは発生しない。

上層(赤のナンバーが入口、青のナンバーが出口)
中層(赤のナンバーが入口、青のナンバーが出口)
下層(赤のナンバーが入口、青のナンバーが出口)



一時的に残り70秒からポイント数の少ないプレイヤーにのみ強化バフが乗るアップデートがあったが、不具合により近日中に変更。
期待して待とう!

 ☆1キル100p、1デッド-30pのポイントレース
 15分間のトータルポイント数によって全員の順位が決まり、
 順位と参加人数に応じたAPが分配される。

●ポイントの取得条件
 基本的にはNMの権利戦と考えればよい。
 HPを多く削ったプレイヤーのみ100p入り、
 例え他のプレイヤーがとどめの一撃だけさしたとしても、
 そのプレイヤーの取得ポイントは0である。
 ただし権利を有しているプレイヤーが、
 相手を倒すことなく死亡した場合、その権利は失われる。

  ex)プレイヤーAとBが交戦中
    プレイヤーAがBのHPを7割削る。
    プレイヤーBがAのHPを5割強削る。

    そこへプレイヤーCが乱入し、
    プレイヤーAを倒し、
    その後Bを倒した場合のポイント内訳は以下となる。

    プレイヤーA 0p
    プレイヤーB 70p(100pからデッドによる-30p)
    プレイヤーC 100p

要するに、タイマンしてるやつらがいたらまず狙うのはHP高いほう。
その後HPひくいほうを倒せば効率がよい。
弱ってるほうをとりあえず倒して、HP高いほうを倒すのはリスクリターンが噛み合っていない。

ただし、自分の職と相手の職との相性、腕の差を考えて適正な判断をするべし。



●職ごとの立ち回り

 強い職はある。
 弱い職はない。
 それぞれ苦手な職、戦い方があるんだから
 無理やり狩ろうとして死ぬのは自分が悪い。
 ソードでスピに挑むのが無謀なくらいに自分が悪い。
 いくけどね☆ミ
 職が弱い、装備が弱い(ある程度は必要になるけど)、と嘆く前に
 pvpidに参加している職はどうか
 参加者の魔石セッティングはどうだったか
 絶対あるけど自分のミスがないか
 を、ぶつかり稽古で情報収集して次に生かすのが紳士の嗜み。

 魔石各100個もあんのにこれで魔石セッティング完璧フヒヒwwとかなんせんす☆

最終更新:2011年06月12日 02:47