※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステータス


解説

補助発電施設。大量のメタルを消費し続けることでエネルギーを生産する。
せせこましい使い方を防止するためか、Stand-downモードに切り替えるようなことはできず、機能を停止させたければ処分するしかない。

使い方

稼動コストが重すぎるため、通常はEnergy Collectorだけでやりくりできるようにするのが無難。ゴーレムなど極めてエネルギー消費が大きいものを大量に用意した場合や、単純に占領した惑星が少なすぎて戦力を養えないときだけ利用することになる。
いずれにせよ、新たに惑星を得たなどで必要が無くなったら忘れずに処分しておくこと。エネルギーが余っていようとなんだろうと、存在する限りは稼動コストは支払われ続ける。

CTRLSメニューから自動建設も指示できる。あまり使うことは無いだろうが、どうしても破壊されやすいような場所に配置せねばならない場合に、再建を自動化する目的で使うには便利だろうか。
最終更新:2013年08月04日 03:10