浜島線初期車輌

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 こちらでは、1912年に鳥根軌道が開通し、1919年に改軌されるまでに製造、譲渡された車両です。当時の車両表、車両記録等を参考にしましたが、
頁の欠損などがあるため一部の車両が載ってない可能性がございます。ご了承ください。
ジ1型(1,2)
1912年、關濱(関浜)製作所製。車軸配置は1B(2-4-0)。電化後も使用されたが1919年の線路改軌後は谷瀬軌道に譲渡。
谷瀬軌道の後身であるタニセ交通(現在バス専業)の資料によると、鉄道事業廃止(1961年)まで使用した。その後は不明だが、1977年に某所にて1を発見し、現在は鳥根交通の車庫に保存されている。
ジ3型(3)
1913年、2の検査中に1が故障し、急遽谷瀬軌道から1型機関車を借り受けて使用。1914年、正式に譲受扱いになったものの、電化後は留置されていた。1910年、上澤製作所?製。車軸配置は1B1(2-4-2)。
改軌後は谷瀬軌道に戻り、1961年まで使用。現在はタニセ交通本社前に保存されている。
ジ4型(4)
1914年、關濱製作所製。基本的にはジ1型と同一だが、キャブに扉がつけられた。改軌後は大村製作所の構内機関車として使用され、大村工業(大村製作所の後進)の資料によると、1967年まで使用されたという。
デ1型(1,2)
1916年關濱製作所製の電気機関車。谷瀬軌道の注文流れの蒸気機関車を關濱製作所にて改造。1919年改軌後廃車解体。
デ3型(3,4)
1917年製?の2軸電気機関車。よこから見るとLの形となる。1919年に、とある会社に譲渡されたらしいが、破損激しくよくわからない。一応読める所だけ書いてみると、
(木偏)?(車偏)道、(さんずい)末(2文字分空白)失(鉄?)道と書いてある。
デは1型(1,2)
1916年關濱製作所製。電化時に用意された。ボギー車。1919年に車籍が消されたが1は解体はされず1951年には車庫に保存されている。一方、2は、花島電気軌道に譲渡されたらしい。
デは3型(3)
1917年製デは1型とほぼ同じだが、台車が違う。1919年の改軌後に廃車解体。
は1型(1,2,3)に1型(1)
1912年製の客車。木造2軸で、外観からマッチ箱と呼ばれた。電化後も機関車にひかれたり、電車にひかれたりして使用されたが、1919年の改軌後は、1は谷瀬軌道に、
2と3は改軌され有蓋貨車扱いに、に1は廃車解体。2,3(ワ11,12)は1953年に廃車。1は谷瀬から1961年に譲渡。現在は車庫に保存されている。
は11型(11)、ろは11型(11)
1915年製ボギー客車。両方とも、1919年に改軌後は、ワム21型となり、1951年に鋼体化、1966年に廃車。どちらも解体された。
む1型(?)
1911年製、開業より早いので、試験とかに使われたと思われる。1919年廃車???
(や1?)型(1,2)
1912年製の有蓋貨車。形式の部分が破れていたので、もう一つの有蓋貨車から形式を推測。191?年に廃車(汚損されている)谷?(汚損)軌道(まぁ谷瀬だろう)に譲渡
や11型(1)
1914年製のボギー有蓋貨車。1919年に台車交換し、ワム11型に。何故か1953年谷瀬軌道に譲渡という書類と1957年廃車解体という書類があるが、タニセ交通によるとそのような貨車の譲受は行われた記録が無く、また当時のことを知っている人に聞くと廃車解体されていたということから後者が事実と思われる。
デむ1型
これの資料が破けており、詳しいことはわからないが、多分電動無蓋貨車と思われる。また、タニセ交通の資料によると、1930年に電動貨車が改軌され譲渡されたという記録があることから(線路改軌時に電動貨車を新造したがそちらは通常の軌道の規格で谷瀬軌道の規格に合わない)、1916~1919年製で1919年に改軌され、1930年に譲渡されたと思われる。タニセでは、廃止まで使用されたそうだ。
(以降も車両記録があるが、何ページか抜け落ちている)
戻る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。