酒本急行電鉄

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

酒本急行電鉄 企業概要

酒本急行電鉄(通称:酒急)は政令指定都市である酒本市を中心に、藤橋市、灘市、南山市、腋毛市、三笠市、山下市を通る三つの路線を抱える鉄道会社です。
路線は、藤橋から奈々、腋毛、南山、酒本、新栄、三笠、酒須を通り山下まで結ぶ「酒急本線」と、灘市の繁華街である灘中央から奈々を結ぶ「灘市線」、新栄から唐草ニュータウンの中心地である唐草中央まで結ぶ「唐草NT線」があります。

種別

種別は各停、急行、快速急行、特急、快速特急の5種類あります。
2008年までは準急が存在し、快速急行と特急がありませんでした。
快速特急は2011年3月20日の改正で新設されました。

車両について

2両編成から4,6,8両編成まであり、急行以上と一部の各停は8両編成、各停は基本6両編成で運用され、数少ない区間限定運用に4両編成が使用されます。
2両編成は6両編成に併結して8両にする場合と、3または4編成併結して6または8両になる場合のみで、2両編成単独の運用は今のところありません。
車両はすべて20m級4扉で、灘中央/藤橋~新栄間の増え続ける乗客に対応しています。
特急は以前は全車特別車でしたが、2011年3月20日以降一般車が6両連結され、特別車が2両に減りました。
これにより、乗車率の高い快速急行の補完をした形となります。
なお、快速特急については全車特別車のままとなっております。



2010/12/18に灘市線が灘中央まで延長し、都市高速鉄道大宿線との相互乗り入れを開始しました。
2011/ 3/20に酒急本線新栄~三笠の複々線化及び高架化と、唐草NT線延伸(唐草中央~新山下)が完成いたしました。
現在、橋本線(唐草中央~橋本)の工事が進められております。

2011/1/23現在、ICカード乗車券は導入されておらず、他社と比較してソフト面での遅れをとっています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル