GCC いろいろ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GNU Compiler Collection の Cコンパイラに関する小ネタ、気づき、メモなど。

Type-punned pointerについての警告が出たらどうするか

"警告: dereferencing type-punned pointer will break strict-aliasing rules"が出たときにどうするか。
詳細はhttp://www.up-cat.net/gcc%2Boption.htmlを見てもらうとして、解決法としては
  • unionを使う
  • __attribute__((may_alias)) を使う
  • -fno-strict-aliasing オプションを付ける
が挙げられる。移植性を考えるとunionを使うのが無難かも。

なお、http://gcc.gnu.org/onlinedocs/gcc-4.5.0/gcc/Optimize-Options.htmlによると
A character type may alias any other type.
とのことらしい。そこで、例えばaが32ビット整数型へのポインタだとして
float *b = *(float *) a;
という警告のでるコードがあったとする。これを
char *c = (char *) a;
float *b = *(float *) c;
とすると警告が消える。ただ、同じように見えても
float *b = *(float *)(char *) c;
だとダメ。

警告は消えたけど、これで動作が保障されるかどうかは分からない。

結論:union使え。


atoi は stdtol より, atof は stdtod より, atoll は strtoll より速い、ということはない。

GCCというよりも、glibcネタ。
atoi は stdtol よりもシンプル(エラー処理なし、10進数限定)なので、前者が後者よりも速いであろうと思いたくなるが、glibc-2.9の atoi ソースを見てみると
/* Convert a string to an int.  */
int
atoi (const char *nptr)
{
  return (int) strtol (nptr, (char **) NULL, 10);
} 
と、単なるstdtolのラッパーになっている。 atof, atoll も同様に strtod, strtoll のラッパーである。

最終更新:2010年10月01日 12:10
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。