フレデリック・ルートヴィヒ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分家の人間が次々と逃げ出していく中、
アルディオンとの貿易により築いた巨万の富と権力を用い、
傾きかけたルートヴィヒ家を建て直した謎の人物。


《黒の契約者》ギルドに対して、
「また会おう」――そんな手紙を寄越したあたり、
この物語に無関係の人物とは言えないであろう。

嘗て行き倒れていたラムザを助けた事があるらしく、旧知の中だったようだ。
その貿易の成功はマクガフィンによるものだったが、その大きな力に苦悩し、
ゴールドスミス・ルートヴィヒに長寿を願うようにと譲り渡した。
その結果、「長寿でなく永遠の命と若返り」を求めたゴールドスミスによる、
「ルートヴィヒ家の惨劇」に至ってしまった――。

  • 手紙に関してはラムザ以外知らないことになっておりまする
  • ばら撒いた伏線。
  • 頑張れスーツ。頑張れ風野。