記憶の断片/バンビー先生

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

記憶の断片【バンビー先生】


1章


記憶の奴隷
 花は単純で不変だが、人間の目的は記憶に足かせをはめられ、それゆえに気まぐれだ。
 記憶は厳しく管理する必要があるんだ、アリス。非生産的なものは除外しなければならん...
耳と目への刺激
 ワンダーランドを通る鉄道と言うと、素敵には聞こえるが効率は悪そうだ。音と煙も、演出のための見せかけかもしれん。
 汽車のことは忘れたほうがいいな。ウミガメモドキが車掌だと?駄目だ、話にならん
自らを食らう虫たち
 昆虫の中には同種の幼虫を食べるものもいるんだ、アリス。生死を問わず、学べる点が多くあるな...

2章


北極圏で沈没
 重大な報せだ。船は潰れ、乗組員は失われた。北極の氷塊を航海するための造りではなかったのだ。
 各国政府が我先にと極圏へ探検隊を送っているが、人命の浪費に過ぎない。
面倒事からの解放
 不快感。その記憶が鮮明なほど、強いものだ。
記憶を超越する時間
 辛い記憶は出来るだけ忘れたほうがいい。

3章


??

苦痛を洗い流す
 不快な要素を頭から一掃するんだ、アリス。おぞましいものや下劣なものと同様、痛みを拒絶するのだ。忘却は芸術だよ…
貴重な錠前
 恋人同士はしばしば誓いの証として、一房の髪を交換する。人の心というものは、数多くの鍵によって開かれうるものだ…

4章


忘却の河
 光か?照らしたものが痛みや苦しみを引き起こすなら、役には立たない。
 そんなものは忘却の川、レーテの奥深くに投げ込んでしまった方がいい…

??

??

5章


ヒルの定義
 傷を負った人は他人の感情を糧にするのさ、アリス。その強さと弱さをね。

??

子供ごとの意義
 どんな子供にも役割がある。一人ひとりの子供にふさわしい道をみつけてやるのは、識見ある大人の義務なのだ。

??


  • 考察など


名前:
コメント:
最終更新:2013年02月11日 11:44
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。