※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイルに文字を書き込むプログラムならどの場合でも当てはまることですが、
文字コードを指定しなかった場合VBではUTF-8でファイルに書き込みます。
ShiftJISなどで書き込みたい場合はStreamWriterのコンストラクタで文字コードを指定してください。
たとえば、次のようになります。
Dim Writer As New IO.StreamWriter("C:\DataTableTest.csv", False, System.Text.Encoding.GetEncoding("Shift-Jis"))


jQuery で指定した要素のスタイルを変更する方法
jQuery の超小ネタメモ。
ボタンクリックに合わせて、特定要素の背景色や文字色を変えたりというインターフェイスを実現するには、jQuery を使うのが手っ取り早いですね。
$("div").css("color","#9932cc");
上記のように、変更したいスタイルのプロパティと値をカンマ区切りで指定します。
複数のスタイルを一気にしたいする場合は、以下のようにさらにカンマ区切りで続ければ良いです。
$("div").css("color","#9932cc", "background-color", "#000000");
何らかのアクションに合わせて、ブロック要素の表示・非表示の切り替えをしたりするのもよくやりますが、これも display:none; と display: block; (または display: inline; etc) を切り替えれば良いわけですね。
$("#message").css("display", "none");
$("#message").css("display", "block");

クラスの追加と削除

上記のように css() を使って直接スタイルを指定するのも良いですが、デザインとの一元管理を考えると、クラスの追加・削除を活用した方が良いかもしれません。

$("div").addClass("ClassName");

$("div").removeClass("ClassName");

クラスAをクラスBに変更したい場合は、removeClass("ClassA") で削除した後に、addClass("ClassB") で追加してやれば、結果的にClassA が ClassB に変わったことになりますね。