第7回セッション

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(GM蜻蛉) しょうきにもどった ライコウさんですが
(GM蜻蛉) 触手モンスター的なアレから元に戻った衝撃により、しばらく療養しております
(プリシア) 「ライコウ…大丈夫でしょうか…」
(GM蜻蛉) まぁ腐っても皇国なので
(GM蜻蛉) 治癒術の権威的な人とかが看てくれてます 教皇肝いりで
(GM蜻蛉) 衰弱著しいのと、神経系の混乱によるものなので、しばらく安静にしてからリハビリすれば大丈夫でしょうというお話し
(GM蜻蛉) まぁそんなわけで、君らはちょっと時間できた感じなんですが
(GM蜻蛉) 何かしておきたいことなんかはあるかな?
(ショウ) 俺の体は大丈夫ですか
(GM蜻蛉) 現在値は当然岩窟都市タイタンね
(GM蜻蛉) ショウは翌日朝には元気ビンビンだった
(ショウ) 頑丈ですわ
(カレンデュラ) シドの勇姿を思い出しながらほっこりしてたい
(GM蜻蛉) 悠里の方と比較することは出来ないから、何か違うのかは不明
(プリシア) そういや奇跡の正体についてショウ的な意見などは無かろうかw
(GM蜻蛉) 悠里の奇跡?
(プリシア) うん
(ショウ) 頭脳労働は・・・
(GM蜻蛉) 翔は理知で判定しても良い^^
(プリシア) つか、これについてPL的にアイデアだししておいてもよかったなw
(ショウ) ダイスロール 2D6 = 7 (4. 3)
(GM蜻蛉) まーね
(ショウ) 10ですわ
(GM蜻蛉) 10かぁ
(プリシア) <相談期間中にね
(GM蜻蛉) なんだろう 自分のパターンを考慮するに
(GM蜻蛉) 何らかの願望が形をなしたものじゃないかと推察できる
(GM蜻蛉) そんだけ
(プリシア) それで加護を打ち消したり回復させたりか
(カレンデュラ) 何気に大きなヒントのような気がする
(ショウ) 加護の回数を増減できるような願いとは何だろう
(GM蜻蛉) まぁ翔はそんなことつらつら考えて、プリシアはライコウの見舞いしたりして、カレンはぼんやりしてる…と
(GM蜻蛉) カレンさん
(カレンデュラ) はい
(GM蜻蛉) どこでぼんやりしてるだろう
(カレンデュラ) なんか適当に部屋あてがわれてるならそこで
(GM蜻蛉) 教皇の手配で来賓用の宿舎はあてがわれてる
(カレンデュラ) ではそこで
(GM蜻蛉) じゃあ、カレンの部屋を侍祭が訪れるね
(GM蜻蛉) 侍祭「カレンデュラ殿 お時間を頂いてもよろしいでしょうか」
(GM蜻蛉) と、ここで判定するまでもなく分かることとして、君はこの土地でカレンデュラと名乗ってない
(カレンデュラ) (きりっ)「構いません、何用でしょうか?」
(GM蜻蛉) カレンさんで通ってます
(カレンデュラ) なるほど
(カレンデュラ) 帝国の人かな
(GM蜻蛉) 侍祭?「…閣下よりの書状です お納め下さい」
(カレンデュラ) 「閣下から… 確かに」受け取ろう
(GM蜻蛉) まぁ特に捻りもなく渡されますw
(GM蜻蛉) 侍祭は控えの間で待機するので、読んでくれってことみたいよ
(カレンデュラ) よみます
(GM蜻蛉) あい、じゃあ誰から誰宛とは書いてないけど、カレンは見覚えのあるシドの筆跡です
(GM蜻蛉) 指示書『貴殿を苦境に追いやったことをまず詫びる』 挨拶もなく、用件から入るシドクオリティ
(カレンデュラ) さすがです
(GM蜻蛉) 指示書『貴殿の身内は当方で既に保護している 心配無用』
(GM蜻蛉) 指示書『帰還の機は必ず作る故、今は貴殿の心のままに振る舞われたし』
(プリシア) シドすげー
(GM蜻蛉) 指示書『願わくば 教皇、あるいは魔王が聖地、聖都を陥落せしめることが無きよう、尽力されたし』
(GM蜻蛉) 指示書『聖地の力を何者も聖都に集めるべきではない 無論、それが我ら自身であっても』
(GM蜻蛉) 指示書『魔女は火山で何事かを企図している』
(GM蜻蛉) 指示書『魔王は洋上に拠点を置いている模様』
(GM蜻蛉) 指示書『望むものがあるならば、この書を貴殿に届けた者に託されたし』
(GM蜻蛉) 指示書『我が力の及ぶ限り、その願いを叶えよう』
(GM蜻蛉) 以上
(プリシア) うは。力集めちゃダメ言われたよw
(カレンデュラ) 「ふむ…」
(カレンデュラ) パワーバランスが崩れないようにしろと
(GM蜻蛉) プリシアが実質の教皇であることはプリシアと現教皇しか知らない
(カレンデュラ) で、ユーミアと魔王は別人であると
(GM蜻蛉) シドの持つ情報ではそのようだね
(カレンデュラ) 望むものかあ
(カレンデュラ) ブラックジャックmk2…
(GM蜻蛉) まぁ、現在の君らの状況を完全に把握してカレンに指示書を送ることが出来る人物の持つ情報ですがw
(カレンデュラ) とても信頼できる情報ですね
(カレンデュラ) あと何気に今帰ってくるのはあぶないよとも言ってるのかこれは
(GM蜻蛉) 内政能力さえあれば、お前が皇帝やれよ と言われるクオリティ
(GM蜻蛉) どぅふふ
(GM蜻蛉) 返事と要望出すなら侍祭?が持ってってくれます
(カレンデュラ) 「全力を尽くします、閣下にはご自身を大事にして欲しいとの要望をお伝えください」
(GM蜻蛉) 侍祭?「承りました ご武運を」
(GM蜻蛉) なんだよ 無茶な要望よこせよ つまんねーなwwwwww
(カレンデュラ) シドラブなカレンに無茶なことは言わせられませんよ!
(GM蜻蛉) シドは魔王や教皇に聖地と聖都を奪わせるなって言ってた
(カレンデュラ) とりあえずシドからの手紙は燃やしておこう、もったいないけど
(GM蜻蛉) めらっさめらっさ
(頼光) 魔王!?
(GM蜻蛉) 前に言ったやんw
(頼光) いや、PC的に
(GM蜻蛉) カレンの飛空艇撃墜の音頭とったやつ
(プリシア) ああ、PCは知らんのか
(頼光) ライコウは聞いてないような?たぶんこれこれしかじかで聞く気がするけど
(カレンデュラ) レジスタンスのひとつ、魔王ザンデ大好きっこクラブのリーダー、魔王ザンデさんのことです
(ショウ) でも、元々レジスタンスいたし
(ショウ) 魔王の組織があるのぐらいは聞いた事があってもおかしくはないか
(GM蜻蛉) クラウスに話聞いたで
(カレンデュラ) やっぱり飛空挺要望したらよかったかもしれん
(GM蜻蛉) おいぃ
(カレンデュラ) いや、落とされたなあとw
(GM蜻蛉) バレバレでも出して良い名前と駄目な名前があるんだよ!
(カレンデュラ) いらんよ?あっても運用できないし!
(GM蜻蛉) そっちの話じゃねーよ!
(カレンデュラ) って魔王かよ!
(カレンデュラ) ああ、あの魔王Zさんn
(頼光) というか、カレンさんがこっちと同行してるのは、将軍にまで伝わったのか
(GM蜻蛉) 将軍はですね
(GM蜻蛉) 戦略レベルまでは万能の人なんです
(GM蜻蛉) 内政が全く駄目なだけで
(プリシア) なんだその能力の偏りw
(GM蜻蛉) 諜報も大得意です
(カレンデュラ) 皇帝になって優秀な内省できる大臣つけたらかんぺきですね
(GM蜻蛉) 予算決められてそこから割り振りとかは大得意なんだけど、税収確保して…とかなると発狂する
(GM蜻蛉) エディット武将的なアレです
(カレンデュラ) 発狂してるシドもみてみたいわあ
(GM蜻蛉) まぁ、侍祭?さんはカレンの返事だけ聞いて去ってった
(GM蜻蛉) この話は当然カレンが漏らさない限り仲間も誰も知らないぜ
(GM蜻蛉) つーことで次
(GM蜻蛉) ライコウの見舞いに行ってた姫
(GM蜻蛉) ライコウ覚醒! ライコウ覚醒!
(プリシア) 「ライコウっ!」と手を握って
(GM蜻蛉) ライコウは諸々のダメージから寝込んでたんですが、今目覚めたのでまぁ普通に動けて良い 要リハビリ
(プリシア) 「ごめんなさいっ」とまず頭を下げよう
(頼光) なんと!こっちから尋ねるつもりだったのに!w「姫、某の様なものにもったいない」
(頼光) 「姫!何をおっしゃる、面を上げて下され!」
(GM蜻蛉) なんかキャラが微妙に時代がかったなw
(頼光) ……一人称忘れ散ったwwwww
(カレンデュラ) www
(GM蜻蛉) マンドラレンかおまいはw
(頼光) wwww
(カレンデュラ) 我(オレ)だったよ
(GM蜻蛉) AUO現る
(プリシア) 「あなたの優しさに甘えて…」
(プリシア) ひとり残したことについてね
(GM蜻蛉) 触手プレイと新しい姫げっちゅしたからまぁそれほど悪い経験じゃなかったかもしれない
(プリシア) みんなでやられるわけにはいかないので、あの選択も間違ったとは思わないけどそれでもやっぱりみたいな複雑な感情を言葉にできずに無言で見つめちゃうよ
(頼光) 我だったっけ?うっかりしそうだなwww//そのまま片膝をついて「面を上げて下さい、姫。それが我が望み、あのような場所を与えられて本懐でありました」
(プリシア) 「そう言ってくれる貴方だからこそ…」
(ショウ) ちょっとその場に出たいが、さすがに積もる話が終わってからにしようという空気を読む
(GM蜻蛉) なんかサムラーイが変わってるなw
(プリシア) 「貴方を助けることが出来て本当に嬉しいですわ…」
(頼光) 「姫・・・・」
(GM蜻蛉) ライコウの脳裏にちらっともう一人の『姫』の顔がよぎるね^^
(プリシア) 「…またこれからも貴方に頼ることを許してくださいませ」
(頼光) 「姫・・・貴女に刃を向けた俺がもう一度傍にお仕えすることを赦すと・・・」
(プリシア) 「貴方と共にいたユーリさんを助けるためにはまた貴方の力を借りる必要がありますの」
(GM蜻蛉) …ごくり
(頼光) 「・・・姫、貴女の優しさに甘えさせて頂きたい」
(GM蜻蛉) 読点がないところにそこはかとない恐怖を覚えた
(プリシア) 「……え?」<「もう一度傍にお仕えすることを赦す」とかまったく想定外の言葉が出てきて
(プリシア) 「赦すだなんて。あなたにお願いするのは私の方ですわ」
(頼光) 「12年前、姫は俺を救ってくれた。あの剣闘奴隷訓練生のテントで死にかけていた俺を。」
(プリシア) いや裏とかないからなw<読点なしとか
(GM蜻蛉) ちぇ
(頼光) 「悠里、彼女はあの時の俺と同じだ。周りに顧みるものは誰も居らず、一人闇の中に居る」
(頼光) 「悠里」
(GM蜻蛉) そんなことないよ 次回はきっとユーミアとプリキュアになって帰ってくるって
(ショウ) そろそろ俺も出ていいですか
(頼光) 「・・・その時が来たら、彼女の為にこの命をかけることを赦して頂きたい。貴女に貰ったこの命を」
(GM蜻蛉) 良いよ
(プリシア) 悠里の話だし私の方はいいけれど、頼光はどうかな?
(頼光) どぞどぞ
(プリシア) 「あなたの想いですもの。私がそれを止めることなどできませんわ」
(ショウ) 「個人的にはそれは俺にやらせて欲しいのだけどもね」
(プリシア) 「もちろん、無駄に命を賭けさせるつもりもありませんけれど」
(頼光) 「・・・ショウか。貴様にも迷惑をかけたな。」
(プリシア) 「私も力を尽くして協力させていただきます」
(ショウ) 「いや、いいんだ…俺はあんたを一度見捨ててるからな…」
(ショウ) 「だから、絶対に助けたいと思ったんだ」
(ショウ) 「でも、それで今度は悠里を見捨ててしまった…誰よりも俺がまず助けてやらなくちゃならなかったのに…」
(ショウ) 「すまない、その時が来たら力を貸して欲しい」
(ショウ) 「俺は悠里を助けたい」
(ショウ) 「ま、とりあえずはライコウを助ける事が出来たみたいで良かったよ」
(プリシア) 「ショウさんがライコウを助けてくれたように、私もユーリさんを助けたいですわ」
(プリシア) ある程度やりとりが終わったら、実務的な話を切り出したいと思うので教えてねw
(GM蜻蛉) カレンさんが手紙みてぽわぽわしてた間にこんなことがあったんだね!
(ショウ) とりあえずいいたい事は言った感
(頼光) 「(肩を竦め)姫も貴様もとんだお人よしだ。・・・まず武器が必要だな」
(頼光) よいよ、実務話!
(頼光) おれは しょうきに もどった
(プリシア) 「ユーリさんを助けるためには、やはりまず彼女の奇跡の正体を掴む必要があると思うのです…」
(プリシア) 「ライコウ、貴方が彼女の奇跡の力を受けた時にどのように感じたのか、覚えていませんか?」
(頼光) 「そういえば、カレンデュラは? // (姫に頷きつつ)確かに、となると俺が一番あの奇跡の恩恵を受けていた筈なのですが・・・」
(プリシア) つまり、ネルガルが増える時の感覚が手掛かりにならんかな~と
(カレンデュラ) みんな仲間って感じだなあ、と思った
(GM蜻蛉) ライコウは知覚か理知で判定してよい 選ぶ能力値によって目標値も結果も変わる
(GM蜻蛉) 知覚はガッと来てズバーン みたいな結果になる可能性も…
(頼光) どちらか?どっちも?
(GM蜻蛉) どちらか
(カレンデュラ) 手紙も読んだしそろそろライコウのお見舞いでもいこうかな?
(頼光) 知覚だな
(頼光) ダイスロール 2D6 = 2 (1. 1)
(GM蜻蛉) カレンも登場してもよい
(GM蜻蛉) ワロタw
(頼光) wwwwwwww
(プリシア) おーいw
(頼光) どうぞ!<登場
(ショウ) ガッと来てズバーンだわ
(プリシア) 登場した途端にリトライしてもらえんだろうかw
(GM蜻蛉) すかさずリトライかけてあげても良いw>カレン
(カレンデュラ) 「やっほー、ライコウ君元気ー? なんて…まだ起きてるわけ……」
(頼光) 話は聞いた!判定は滅亡した!
(頼光) 「カレンデュラ、貴様にも迷惑をかけた。」
(カレンデュラ) 「え、えと…」リトライ>ライコウ
(頼光) ダイスロール 2D6 = 11 (5. 6)
(GM蜻蛉) 極端だね!
(頼光) 15wwwあれまくりだね!
(GM蜻蛉) これは良いふりなおしw
(GM蜻蛉) やべーな
(カレンデュラ) 「あ、違う記憶をリトライして欲しいというか…」
(GM蜻蛉) ライコウは自分の身に奇跡を受けた瞬間の感覚をはっきり思い出した
(頼光) どんな感じ!?
(GM蜻蛉) 確かに使ったはずのネルガルが
(GM蜻蛉) 「まるで使ってなかったかのように」戻った
(頼光) 「・・・という感じだったんだが・・・自分でも何を言っているか良く判らんな」ポルナレフ
(GM蜻蛉) 話を聞いた人は理知で判定出来る ライコウ含む
(頼光) 「時でも巻き戻したか?」
(ショウ) ダイスロール 2D6 = 4 (2. 2)
(頼光) ダイスロール 2D6 = 7 (4. 3)
(プリシア) ブラギされる時とは明らかに違う感覚ということでOK?
(GM蜻蛉) うん
(カレンデュラ) ダイスロール 2D6 = 5 (4. 1)
(プリシア) ダイスロール 2D6 = 5 (1. 4)
(頼光) 11DEATH
(ショウ) 7
(プリシア) 我々ダメ過ぎるw
(GM蜻蛉) (゚∀゚)
(カレンデュラ) 9
(プリシア) カリスマついて11なんだが…
(GM蜻蛉) お前ら実はGMに協力的なんだな
(カレンデュラ) そしてこそこそっと表示位置を変更
(頼光) 良く訓練されたTRPGゲーマーだからな
(GM蜻蛉) PLが推測を加えてそれが的外れでなければボーナスを与える 現状だとやっぱり時間系?と思う
(カレンデュラ) なかったこと、か
(プリシア) それかw
(カレンデュラ) 加護の効果にたいしてなかったことと、使ったことをなかったこと、にしてるんじゃないの?
(GM蜻蛉) お
(プリシア) 自分にとって不都合なことをなかったことにしたいという願望、ありそうだな
(GM蜻蛉) ではカレンは何となく プリシアははっきりピンときた
(頼光) 姫!鋭い!!
(GM蜻蛉) 不都合な出来事を選択的に「無かったこと」に出来る奇跡 ではないかと思う
(カレンデュラ) 「で、あれば実に厄介な力ですね」
(頼光) 「…不都合な出来事を『無かったこと』に、ですか」
(プリシア) いや、これはカレン…いうかメオたんのひらめきで
(GM蜻蛉) まぁ堅いこと言うなや
(GM蜻蛉) カレンは直感派だし
(GM蜻蛉) な!
(カレンデュラ) え
(カレンデュラ) あ、はい…
(ショウ) 「それはただの逃げじゃないか、悠里…いや、その状況に追い込んでしまったのか…」ぶつぶつ
(プリシア) 「……彼女の置かれた立場から来る願望としても理解できると思いますわ」
(GM蜻蛉) 再度理知判定
(カレンデュラ) ダイスロール 2D6 = 9 (3. 6)
(ショウ) ダイスロール 2D6 = 8 (6. 2)
(カレンデュラ) 13
(頼光) ダイスロール 2D6 = 4 (3. 1)
(GM蜻蛉) お マシだな
(プリシア) 「であれば、彼女に未来に向かって進む希望を与えることで打ち破ることが出来るのでは・・・」
(ショウ) 11
(頼光) 8だだ
(プリシア) ダイスロール 2D6 = 10 (5. 5)
(GM蜻蛉) きたー
(プリシア) おお、16っ
(頼光) すばらしい!
(GM蜻蛉) 今度は文句なしだな
(GM蜻蛉) ショウへのパワー供給と奇跡の内容を踏まえて考えるに
(GM蜻蛉) 悠里の奇跡に要求されるパワーは莫大なものになると推測される
(頼光) 「悠里は一体何を引き換えにしていたのか・・・想像したくないな」
(GM蜻蛉) かなり広範囲かつ強力な奇跡であるが故に、求められるパワーの負荷が大きい
(GM蜻蛉) ライコウが思い出せる悠里の様子からして、何らかの外的要因からパワーを受け取っていたと思われるが
(GM蜻蛉) 身体に掛かってる負担は尋常ではないと思われる
(カレンデュラ) 「…逆に土地等から何の恩恵も得られないところでは使えない、と理解していい、か」
(GM蜻蛉) 素晴らしい結果だったのと内容的にアレなのでプリシアだけ分かるのは
(頼光) あれ、今帝国に抑えられてる聖地っていくつだっけ?
(カレンデュラ) 3つ
(カレンデュラ) ここ以外は落としたよ
(GM蜻蛉) 4つの聖地から送られたパワーを聖都で集約することで、初代教皇は超常的な能力を振るった
(頼光) それか
(GM蜻蛉) 3つの聖地と聖都は帝国が握ってますね
(頼光) 「・・・聖地と聖都で、エネルギーの供給を止めれば、あの「奇跡」も打ち止めか」
(GM蜻蛉) ライコウさん それあなたはまだ知らんw
(頼光) おういえ
(プリシア) 聖地を取り戻せば、奇跡が弱体化するかもという感じか
(頼光) そうかwww
(GM蜻蛉) かもしれない
(GM蜻蛉) 逆にショウにパワー送り込んで拮抗できるかもしれないw
(プリシア) 悠里への負担が増えてアボンしないかだけが心配だけどw
(GM蜻蛉) そこまでは分からん
(頼光) あとあれよねー
(頼光) ユーミアさんの目的を知りたいよねー
(GM蜻蛉) まぁ、パワーの送受信に関わってるのが誰かは言うまでもないしね
(カレンデュラ) 「(聖地を帝国領のままに供給を止める方法……将軍ー!)」
(プリシア) まあ、ここでちょうどいいので聖地の話はライコウにもしよう
(頼光) あの「奇跡」なんざ二次的なものだろうし。
(ショウ) まぁでもほぼ何でも出来る奇跡が起こせそうだよね
(頼光) よし、その後で↑の発言だだだだ
(GM蜻蛉) ガイキチの意図を常識で計ろうとしてはならない
(GM蜻蛉) あいよw
(GM蜻蛉) まぁそんな感じです 3回分ほど皆の頭を悩ませた悠里の奇跡は割れました
(ショウ) やろうと思えば何でも出来そうだ、と
(GM蜻蛉) あくまで受け身だけどね
(GM蜻蛉) 起こったこと 起こるかも知れないこと に対抗する能力
(カレンデュラ) 起こってた、なら良いんだね
(ショウ) いや、力を合わせてフル稼働したらの話ね
(GM蜻蛉) 奪われたものを取り戻す能力 vs 不都合な出来事を無かったことにする能力
(GM蜻蛉) ファイッ!
(カレンデュラ) なかったことにされたことを取り戻せ!
(頼光) YouはShock!
(ショウ) 同等の力があれば対抗手段にはなりそうだが
(ショウ) 悠里の様子見てると
(ショウ) 同等までいくと、体がもたなさそうではあるなw
(GM蜻蛉) ^^
(GM蜻蛉) さて
(GM蜻蛉) そこまで踏まえたところで、カレンさんは情報開示とかはしない系?
(カレンデュラ) むしろ何気に姫のができるんじゃね?
(カレンデュラ) 少しする系
(GM蜻蛉) じゃあどうぞ
(カレンデュラ) 「で、だ。聖地といえば火山にユーミア、洋上に魔王がいるという情報を信頼できる筋から聞いた」
(GM蜻蛉) 海洋都市リヴァイアサン 火山都市イフリート なんてのがあるね^^
(ショウ) 「この都市でカレンさんの信頼できる筋って…この国にとっては何とも微妙な現実ですよね」
(カレンデュラ) 「逆に考えるのですショウ、何も出来ないからこそ、ね?」
(プリシア) あまりそこはツッコむとよろしくない方向な気もするので姫スルーをかましw
(GM蜻蛉) 姫スルー!
(GM蜻蛉) トンファースルー並の何かを感じた
(頼光) 「…イフリートとリヴァイアサンか。」姫がする―するなら、俺様もするーだな
(プリシア) 「そのお話では、今のままイフリートに向かうわけにはいきませんわね」
(ショウ) 「あれ、もうひとつ都市があったよな、あそこはどうなってんの?」
(GM蜻蛉) 空中都市ガルーダ
(プリシア) 「リヴァイアサンで魔王と呼ばれる方と接触を持ってみるか、ガルーダに向かうかのどちらがよいのかは迷いますけれど…」
(カレンデュラ) 「無論、帝国が……って、ええ?!」
(カレンデュラ) 魔王なにしてんだほんとに
(ショウ) 「魔王なぁ…俺達が言うのもなんだがいまいち胡散臭いよね」
(カレンデュラ) 魔王は一応帝国の敵のレジスタンス扱いだよね?
(GM蜻蛉) ガルーダは飛空艇無いと行くのはしんどいかもわからんね
(ショウ) 今日のおまいう
(GM蜻蛉) あっても帝国の艦隊にやられそうだけどw
(カレンデュラ) 密航しかないね
(GM蜻蛉) 魔王はレジスタンスの一大勢力になっとるね
(GM蜻蛉) 詳細はクラウス死んだから分からんヽ(゚∀゚)ノ
(カレンデュラ) 聖地にいるとしたら、帝国から魔王軍がとったてことになるよね
(頼光) 「ガルーダに向かうのはちと戦術的に厳しそうだな。帝国の飛空艇にコネでもあれば別だが」
(頼光) カレンさんをちら見しつつwwww
(カレンデュラ) ああ、そうか聖地攻めの拠点をおいてるのかな
(GM蜻蛉) そこまでの大きな動きはない…と思われるので 狙ってる ぐらいじゃないかな~と
(カレンデュラ) もし聖地の所有権変わってたらニュースになるよね、すくなくともここでは
(GM蜻蛉) うん
(GM蜻蛉) 皇国の伝達速度は帝国程じゃないけど速いよ 魔法通信
(プリシア) そこまでは行ってないと
(GM蜻蛉) 一般の国:早馬 科学進んだ国:狼煙 魔法進んだ国:固定電話 魔科学進んだ国:携帯電話
(プリシア) 教皇がそんな情報隠すとも思えんしね
(カレンデュラ) 「近いうちに1戦あるかもしれませんね、リヴァイアサンで」
(GM蜻蛉) ぐらい伝達速度違う^^
(頼光) 正直、戦術レベルでも戦略レベルでも話にならないよねwww
(プリシア) あと、ガルーダに向か飛空艇以外の手段はないということは確実なん?
(GM蜻蛉) いや
(GM蜻蛉) 手段はあるよ
(GM蜻蛉) でももしバレたら登山中に上から飛空艇の空爆食らうで?
(カレンデュラ) いくなら戦闘がはじまった混乱に乗じてリヴァイアサンがいいんじゃあないかな
(プリシア) ああ、太古の洞窟を抜けて~的な、教皇家伝来の秘密とかないかなとw
(GM蜻蛉) 抜け道云々とかは調べないと分からん
(GM蜻蛉) 聞けば良いじゃない^^
(カレンデュラ) いつ始まるか知らんけどそこらの情報はどっかから集められないかな
(GM蜻蛉) 情報判定しても良いんじゃよ?
(カレンデュラ) こっち?
(プリシア) うん、とりあえず、聖地に向かう手段についての情報は集めておこうー
(GM蜻蛉) うん
(頼光) 教皇に聞くか
(プリシア) リヴァイアサンの情勢についてもね
(頼光) リヴァイアサンの情勢は情報・軍事でOKなのかな
(ショウ) そういや
(GM蜻蛉) カレンは侍祭?経由で帝国関連の情報が入るよ
(ショウ) 今、タイタンの力はどうなってんの?
(GM蜻蛉) いつ聞かれるのかと思ったわw
(ショウ) 姫様に持ってかれてるのか、都市に戻ってるのか
(カレンデュラ) じゃあきくw
(GM蜻蛉) タイタンの力についてですが
(GM蜻蛉) これは、体内に止めておけるようなパワーではありません
(GM蜻蛉) つーか止めたらそれこそ死ぬわ
(GM蜻蛉) で、プリシアは力の流れに指向性をいくらか持たせる事が出来るんだけど
(カレンデュラ) けつ毛が猛烈に生えて恥ずかしさのあまり死ぬんですね
(GM蜻蛉) 直接的なアウトプットに変換することまではできない
(頼光) コツつかんでて都合よく引き出せる・・・なんてことは無いですよねーwwwww
(GM蜻蛉) そこを強引にアウトプットに変換できるのはガイア使い…の中でも「奇跡」を使える者だけで
(カレンデュラ) ああ、まずはここの力をいかないようにしたありいんやね
(GM蜻蛉) 恐らく教皇は聖都の魔法装置でそれをしていたと思われる
(GM蜻蛉) 教皇→初代教皇
(GM蜻蛉) なので、ショウがタイタンの力を使いたいならこの都市近辺にいないとダメ
(ショウ) って事はユーミアに4つの力が集まってもアウトなのか、悠里でアウトプット出来るから
(GM蜻蛉) だろうね
(GM蜻蛉) カレンは理知
(カレンデュラ) ダイスロール 2D6 = 5 (2. 3)
(カレンデュラ) リトライ!
(GM蜻蛉) w
(GM蜻蛉) どーぞ
(カレンデュラ) ダイスロール 2D6 = 4 (3. 1)
(GM蜻蛉) ワロタロス
(カレンデュラ) あ、あれ…
(プリシア) おわーw
(カレンデュラ) 8…
(頼光) ・・・
(GM蜻蛉) シドに稽古つけて貰ったことをぽわぽわ思い出した^^
(カレンデュラ) 「(ぽわぽわ~)」
(ショウ) 「カレンさんが使い物にならない時の顔をしている…」
(頼光) 「これで帝国軍で飛空艇の艦長まで務めたと言うのだから…」
(GM蜻蛉) 調べたいことがあるなら、教皇に直接聞きに行くか、情報関連判定をどうぞ
(GM蜻蛉) 情報の入手手段をコネからでっちあげて、関連しそうな能力値を指定するべし 財産ポイントがあれば突っ込むよろし
(プリシア) 私は教皇に話を聞いてみるね
(GM蜻蛉) こちらが認可すれば判定可 慈悲は無い
(GM蜻蛉) あいよ じゃあ教皇は後回し
(ショウ) この世界の事はよくしらんし、コネもない!
(カレンデュラ) 情報帝国でリヴァイアサンの現在の情勢を魔王の軍勢の件も出して聞きたいです
(頼光) こう見えても武官だからな
(頼光) 勿論情報収集だぜ!
(GM蜻蛉) 理知か幸運だね 好きな方でどうぞ 結果も内容も変わるw
(頼光) 理知だな
(頼光) ダイスロール 2D6 = 8 (2. 6)
(ショウ) 幸運で情報収集
(ショウ) ダイスロール 2D6 = 10 (5. 5)
(ショウ) 14とか出た
(頼光) 13だ!
(GM蜻蛉) コネ無い人が出目良いのはどうなんだw
(カレンデュラ) ライコウが幸運だし理知で
(カレンデュラ) あと話しやすくするために天上の美も使いたい!
(GM蜻蛉) どうぞ
(プリシア) ライコウは理知だよ
(カレンデュラ) ダイスロール 2D6 = 10 (4. 6)
(カレンデュラ) 19
(GM蜻蛉) うわ~…
(カレンデュラ) ああ、ショウが幸運か
(GM蜻蛉) ライコウのテロリストネットワークでは
(頼光) テロリストネットワークとかひどすぐるwwww
(カレンデュラ) w
(GM蜻蛉) 魔軍がやらかす準備にかかってるのしか分からん
(GM蜻蛉) 翔は何故か知らんが、絡んできた旅人のおねーさんからちょっと色々教えて貰った(意味深)
(カレンデュラ) 何を教えてもらったんだよ!
(ショウ) 秘密です
(カレンデュラ) ショウはひとつおとなになった
(ショウ) 空欄を選ぶパターン
(頼光) まーちと情報伝達速度に違いがありすぎて、カレンさん以外が入手できる情報にはあんまり意味がなさそうなんだよな
(GM蜻蛉) 飛空艇艦隊が再編済んで多数リヴァイアサンを離れたのと、ヴァルキリー部隊がまるっぽ居なくなったことにより
(GM蜻蛉) ちょっと不穏な雰囲気? って感じになってると分かった
(ショウ) ユーミアと魔王の繋がり説が
(カレンデュラ) それは魔軍にむけて?どこか違うとこ?
(GM蜻蛉) 旅人はそこまでは知らん
(GM蜻蛉) 次はカレンの得た情報ですが
(カレンデュラ) おおう
(GM蜻蛉) おまえハニトラ対策万全の諜報員を見事に誘惑してのけんなよw
(カレンデュラ) この美しさがにくいわw
(GM蜻蛉) ショウの得たリヴァイアサンの話なんですけど
(GM蜻蛉) ヴァルキリーはイフリート方面への移動
(カレンデュラ) ユーミアか
(GM蜻蛉) 飛空艇艦隊はユーミアの強い押しでガルーダ方面へ移動
(GM蜻蛉) 結果手薄になってる感?
(カレンデュラ) わざとだな
(GM蜻蛉) 魔軍へのトラップなのか、他の意図があるかまでは分からん
(GM蜻蛉) 諜報部が把握している限りにおいては、魔王とユーミアに直接的繋がりは無い…はず
(カレンデュラ) ふむ
(頼光) カレンさんなら知ってるだろうけど、ヴァルキリー部隊はユーミアが直接指揮とってるん?それとも帝国軍の正規編成に組み込まれてるん?
(GM蜻蛉) メンテも命令も全てユーミア管轄
(カレンデュラ) ユーミア直下のイメージだけど
(カレンデュラ) だそうです
(GM蜻蛉) 一般に配属されてもメンテ出来ん
(GM蜻蛉) 戦闘機みたいなもんですわ
(カレンデュラ) もしこれ
(カレンデュラ) ユーミアが反逆?みたいなあれじゃねえの?
(GM蜻蛉) 魔軍の方は、名前の通り魔物的なサムシングも使うので
(GM蜻蛉) 水泳部とか居る
(カレンデュラ) 魔軍とつながってるならリヴァイアサンとイフリート同時攻略とか
(ショウ) これはカレンさんと姫様の水着シーンの予感が・・・
(頼光) 飛空艇部隊はユーミアが居なくてもメンテできるん?
(カレンデュラ) 最悪、ガルーダにむかった飛空挺もすでにユーミアの手に落ちてたら3つとられるで
(GM蜻蛉) シドもそれは警戒して…っつーか常に意識してるんだけど
(GM蜻蛉) 聖地確保という意味においては現状でもユーミアが握ってるようなものなんで
(カレンデュラ) でも現状わがままきく立場のユーミアがそれをやる意味があるかどうかってのもなあ
(GM蜻蛉) わざわざ反逆するまでもないんじゃね? でもガイキチだしなぁ
(GM蜻蛉) っていう
(カレンデュラ) うむ
(頼光) 魔王側にはどんな情報伝達手段があるんだろうな
(GM蜻蛉) まぁそんな感じ
(カレンデュラ) なんらかの準備が整ったから帝国はもういらん、としているのか
(GM蜻蛉) 魔王は魔法系だね
(頼光) 魔法系って、確か科学ほど手軽じゃなかったよね?
(GM蜻蛉) 禁呪法とか使った辺り、皇国と同等クラスの魔法
(GM蜻蛉) うん
(カレンデュラ) そういやあここは攻められる予定ないの?この前きたばっかだけど
(プリシア) 結界もなかったことにされたっぽいけどどうなったんかな?
(GM蜻蛉) シドは攻める気ない
(GM蜻蛉) 結界は悠里が去ったら戻った
(頼光) ユーミアが魔王と愉快な仲間たちを攻撃するつもりなら
(GM蜻蛉) 再度張り直した と言うべきか
(頼光) ヴァルキリーのイフリート移動は陽動だと思うんだよなぁ
(GM蜻蛉) ユーミアが独断でヴァルキリー部隊差し向けたりしたら、反撃で多少被害は出せたとしても
(GM蜻蛉) 陥落するだろうね
(GM蜻蛉) >タイタン
(カレンデュラ) キチだけどバカじゃあないしのう
(GM蜻蛉) 聖地と奇跡だけ考えると王手かかってるような状態です
(カレンデュラ) で、肝心なことだけど聖地にいってエネルギー供給止める手段はどうすべか
(GM蜻蛉) さぁ?w
(頼光) タイタンの力を利用できない様にすることはできないのかな
(GM蜻蛉) とまぁそんなところで
(カレンデュラ) いってから考える、とかはさすがに厳しいと思うんだ
(GM蜻蛉) 教皇との面談
(GM蜻蛉) プリシア一人なら教皇も一人で相手するお
(ショウ) 護衛復活ライコウが行くかどうかぐらいか
(頼光) 同行が許可されるなら
(カレンデュラ) サシのが話しやすいこともあるんじゃなかろうか
(頼光) それなんだよな。
(カレンデュラ) 教皇もプリシアのことを教皇扱いできるし
(GM蜻蛉) どぅふふ
(頼光) 部屋の前までは同行しよう。部屋の前で待機だ
(GM蜻蛉) 流石にオーガ連れた人物相手に教皇一人では話せないからな
(GM蜻蛉) んじゃ気まずそうな近衛兵さん達と待機しててください
(頼光) ・・・その前に武器庫寄って、太刀相当の武器をちょいと調達したいな!
(プリシア) 「私達はこれから聖地に向かおうと考えております」
(GM蜻蛉) データ的には一緒だけど本人的には物足りないようなのが見つかったってことでw>武器
(ショウ) これから時間を掛けて相棒へとしていくのや…
(頼光) 十分w
(GM蜻蛉) 教皇「おお では、何処の聖地を?」
(プリシア) 「まずはガルーダかリヴァイアサンと考えておりますが…」
(GM蜻蛉) 教皇「…なるほど いずれも移動手段が問題となりますな」
(プリシア) 「帝国軍の目から逃れて聖地に辿り着くために何かお知恵があればと思い、参りましたの」
(GM蜻蛉) 教皇「通常の船舶であればこちらでご用意致しますが…ふぅむ」
(GM蜻蛉) 教皇「リヴァイアサンは逃げ場のない洋上という危険こそありますが、船舶の出入りは多い 密かに潜入することは可能でしょう」
(GM蜻蛉) 教皇「ガルーダは…空からの進入は無謀 山肌を削った街道はありますが、これも守りを固められております」
(プリシア) 「山の中を抜けてガルーダに至れるような洞窟などは存在しないのでしょうか?」
(GM蜻蛉) 教皇「正直、お奨めは致しかねますが、ドラゴン種の巣穴とされる洞窟があります」
(頼光) ご、ゴクリ・・・ドラゴンスレイヤー・・・
(GM蜻蛉) 教皇「初代様の手になるものでしょうが、ガルーダと街道こそ襲わぬものの、飛龍乗りが襲われる例も多々有りました」>ドラゴン
(カレンデュラ) りゅうきし?
(GM蜻蛉) 聖地と街道にはドラゴン避けのサムシングがかかってるけど、他のルートだと襲われるよ! ってお話しね
(ショウ) ドラゴンは手に負えない可能性があるのが、何とも
(GM蜻蛉) せいぜいドラゴンライダー
(GM蜻蛉) 魔法兵団の最精鋭の一つ…だったんだけど
(GM蜻蛉) ヴァルキリーと飛空艇艦隊にボッコボコにされてもう無い
(頼光) wwwww
(GM蜻蛉) 彼らが現れる前は唯一の航空戦力だった
(頼光) つまりあれか、徒歩で侵入しろって言われたら、『狼の口』みたいな事になっちまうのか・・・
(GM蜻蛉) 何食わぬ顔して船でリヴァイアサンに乗り込むか、ドラゴンの潜む洞窟抜けてガルーダか
(GM蜻蛉) ただまぁ
(GM蜻蛉) 現在結集してるとされる
(GM蜻蛉) 飛空艇艦隊を考慮に入れるなら
(プリシア) 「ありがとうございますの。仲間とどちらに向かうかを相談いたしますわ…」
(GM蜻蛉) ドラゴン相手にした方がマシだろうねw>ガルーダ行き
(頼光) 飛空艇どんだけ!
(プリシア) 数が違うもんね
(GM蜻蛉) 被害は出るだろうけどね
(ショウ) 魔王がちょっと気になるかなぁ
(GM蜻蛉) エンタープライズwithシドが来たら鎧袖一触の可能性も
(ショウ) 正体不明過ぎるし、多少どういう人か知りたい感じはする
(頼光) このPTがどれくらいユーミアから重要視されてんのかな。歯牙にもかけられてないなら、案外イフリートが安全な気はするんだが
(GM蜻蛉) 最優先は悠里だったけど
(プリシア) いやあ、なんか私の血がどうこう言ってたしね
(ショウ) アウトプット装置になりうる翔が居る時点で微妙な気がする
(GM蜻蛉) 何か前回不思議パワーに目覚めた人と
(GM蜻蛉) 最初から狙われてるくさい人がいるからw
(頼光) だよなー、マークはされてるよな。
(GM蜻蛉) あとライコウさんも////
(カレンデュラ) 何気に一番興味もたれてないですよね
(GM蜻蛉) シド相手のエサぐらいかな
(GM蜻蛉) >カレン
(頼光) というか、魔法使いのおばあさんところ行って、一応身体検査してもらったほうが良い気はするよねwwwwwww
(カレンデュラ) ぐぬぬ
(カレンデュラ) とまあ、とりあえずルートはリヴァイアサン押しで
(GM蜻蛉) さぁ ルートを決めるのだ
(カレンデュラ) 隙が出来たしきっとなんか動く
(プリシア) まあ、リヴァイアサン押しが多いのかな?
(プリシア) ただ、その前にだね
(プリシア) 帰り道はライコウと2人だよね?
(ショウ) ガルーダ行きはリスクの割に
(ショウ) リターンが見合わない気がしないでもない
(GM蜻蛉) うん>ふたり
(頼光) シド率いる帝国軍本体はどこにいるん?ガルーダに向かった飛空艇部隊にシドも?
(GM蜻蛉) 聖都
(GM蜻蛉) 聖都を中心に軍の再編成中
(頼光) おういえ<帰り道
(GM蜻蛉) ユーミアとはぶっちゃけお互い邪魔し合ってるwww
(プリシア) その時にライコウにだけは前回教皇から聞いた話で、自分が正当な教皇だと言われた話もしておくね
(GM蜻蛉) 把握
(頼光) そうか、再編成中だったな。了解、でも態度変える訳ではないけどね!聞きマスタ!<教皇ネタ
(GM蜻蛉) ほいじゃリヴァイアサンいきかな
(GM蜻蛉) タイタンは奈良県的な立地なので
(プリシア) ただ、自分としてはそういう立場になるつもりはないことも話しておくね
(GM蜻蛉) 海のあるところへ移動します
(プリシア) 誰にも言わないでいると自分に何かあった時に拙いことになるかもしれないからという感じで
(カレンデュラ) うぇみだー
(GM蜻蛉) ボード1に移動するのだ
(GM蜻蛉) チョコボ車で移動してきたら
(頼光) 「姫の望まれる儘に」水着回か
(GM蜻蛉) なんか道の先におる
(ショウ) wktkの水着回
(GM蜻蛉) イフリートだと温泉回だよ?
(GM蜻蛉) 基本道の上に配置してくれぃ
(GM蜻蛉) チョコボと重なっても気にしないでOK
(頼光) 表柄のブーメランだな
(GM蜻蛉) おにのぱんつは虎柄だろ
(プリシア) 黒魔道士がー
(GM蜻蛉) 君らがぼちぼち出発しようかな~ってところで、三人が君らのところにくるんだ
(GM蜻蛉) アンネッタ「プリシア 行かれるのですか?」
(GM蜻蛉) 亡国のショック状態からかなり落ち着いたアンネッタさんです
(GM蜻蛉) ルカとエレンのどつき漫才に笑える程度には回復しました
(頼光) 「食料はそちらに・・・」積み込み作業
(ショウ) 「今度は船旅かぁ…船酔いの薬とかは無いんだよなぁ…きっと」
(カレンデュラ) 「飛空挺よりはマシだと思いますよ、多分」
(プリシア) 「ええ。私にしかできない、そして私がしたいと思うことがありますの」
(頼光) 「この梅の実の塩漬けをこめかみに張ると良いと聞いた覚えはあるが」
(GM蜻蛉) アンネッタ「どうかお気を付けて わたくしは、この地に残ります 足手まといになってしまいますものね」
(ショウ) シリアスの裏の緊張感のなさ
(GM蜻蛉) アンネッタ「せめて、カーサの皆のこと、お父様…お母様のこと……そして、プリシアの無事を祈りながら、出来ることを見つけていきます」
(カレンデュラ) 「これは…おいしいのですか?」
(GM蜻蛉) ルカ「お前ら空気読んでるのか読んでないのかわっかりにくいな~」 エレン「あんたが言うんじゃない」げしっ
(ショウ) 「梅の実をこっちで見れた事にちょっと感動したわ」
(プリシア) 「……またゆっくりとお話が出来る日を楽しみにしますわね」
(カレンデュラ) 「ショウの世界にもあったものですか、なんだか飴玉みたいですね」
(頼光) 「師匠に教わってな、シャゼリゼ家では毎年漬けておったぞ」
(ショウ) 「俺の世界、というか俺の国にあった食べ物ですね。甘くはないですよ」
(GM蜻蛉) アンネッタ「はい くれぐれも、無理はなさらないで」ぎゅー
(プリシア) ぎゅー返し
(頼光) 「ルカ、エレン、良いか?」
(GM蜻蛉) ルカ「…そういうことは早く言えよ おまえら」 エレン「…同感」
(GM蜻蛉) ルカ「すっぱ…なんだ?」
(頼光) 「悠里に伝えたい事はないか?」
(GM蜻蛉) ルカ「ショウから俺に乗りかえn」 エレン「おバカ!」げしっ
(頼光) あれよ、説得イベントのネタ的になwwww
(GM蜻蛉) エレン「その様子じゃお察しなんだろうけど、あたしらもここに残るよ 悠里のこと、頼んでおいてなんだけどさ」
(GM蜻蛉) ルカ「今んとこ、単純な戦力じゃショウに敵わんようになっちまったしな」
(ショウ) 「ここを放置もしておけないしな、エレンが居れば安心だ」
(GM蜻蛉) ルカ「皇国の方で抵抗運動のテコ入れするみたいだから、そっちに回るわ って、俺は?」
(プリシア) 「アンネッタのこともお願いいたしますわ」(礼)
(GM蜻蛉) エレン「言うまでもないでしょ 主にユーミアの妨害やら諜報やらをするみたいだからね あたしらなら多少は手の内も分かるし」
(ショウ) 「エレンの邪魔すんなよ、ルカ」
(GM蜻蛉) ルカ「ひっでぇな ま、俺はお姫様のナイトで通ってんだ 任せといてくれ 少々ガサツな方も含めt」 エレン「ふんっ!」げしっ
(プリシア) ルカ、エレン守っていつか死にそうだなー
(カレンデュラ) 「エレン、がさつだけどルカのお姫様ってところは自覚してるのですね、ふふふ」
(ショウ) 「冗談だよ、頼りにしているルカ。ここの事、アンネッタ姫の事、頼んだぞ」
(GM蜻蛉) ルカ「お、おう」>翔
(GM蜻蛉) ルカ「ライコウさん 戦う方はほとんど任せちまうが、悠里のこと、頼む 俺も出来るだけのことはしてくからさ」
(GM蜻蛉) エレン「あたし達のまとめ役はやっぱり悠里なんだ 翔じゃ頼りなくってさ だから、取り戻してくれ お願いだ」
(頼光) 「任されよ。しかと伝えよう。」
(ショウ) 「どうせ俺は副委員長止まりだよ」
(頼光) 「悠里は今何の光も届かぬ闇の中に居る。同朋の言葉ほど明るい光はあるまいよ」
(GM蜻蛉) ルカ「ま、こっちの女の子は色んな意味でどーんと俺に任せt」 エレン「おだまりっ!」げしっ!
(カレンデュラ) ぬ、そういや出発するけども供給とめる方法考えてなくね?
(GM蜻蛉) ^^
(GM蜻蛉) つーかまぁ
(GM蜻蛉) ユーミアがどうやって供給してるか知らんのに
(GM蜻蛉) 対処法なんて考えられないと思うよ?
(ショウ) 聖都への供給の話?
(頼光) なんぞ装置でもあるならぶっ壊しちまえって感じなんだが・・・
(カレンデュラ) ううむ
(GM蜻蛉) 聖都というよりは悠里に?w
(カレンデュラ) ガイアでなんとかしたらいいか
(プリシア) 聖地に行って守護者の力の流れみたいなのを感じてみないとわからんかなと
(ショウ) 悠里が居る以上、聖都への供給停止はあんまり意味がないし
(頼光) ゲーム的にこう力を引き出す場所になってる魔方陣的な部屋があって、それを壊すとOKとかなら楽なんだがな
(ショウ) 悠里への供給停止は出来るんだったら、前回の時点でやってそうだわなw
(GM蜻蛉) と
(GM蜻蛉) まぁそんな感じで
(GM蜻蛉) ボード1に移動するのだ
(GM蜻蛉) チョコボ車で移動してきたら
(頼光) 「姫の望まれる儘に」水着回か
(GM蜻蛉) なんか道の先におる
(ショウ) wktkの水着回
(GM蜻蛉) イフリートだと温泉回だよ?
(GM蜻蛉) 基本道の上に配置してくれぃ
(GM蜻蛉) チョコボと重なっても気にしないでOK
(頼光) 表柄のブーメランだな
(GM蜻蛉) おにのぱんつは虎柄だろ
(プリシア) 黒魔道士がー
(GM蜻蛉) 君たちがチョコボ車で先を急いでいると、森の中を通る道に差し掛かるわけです。
(GM蜻蛉) まぁ、ライコウなんかは待ち伏せポイントになりそうやな~とちょっと警戒してると、少し道が広くなってるところに何か隠れもせず二人ほど君らを待ち構えてました。
(GM蜻蛉) 見た目はフード目深にかぶってて超怪しい^^
(頼光) 帝国軍の軍服とかじゃぁ、無いよね?
(GM蜻蛉) 全然違う
(プリシア) ではまあ…
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「お待ちを 皇国の姫君のご一行とお見受けします」
(カレンデュラ) きっとデート中だから邪魔しないようにさっさと通り過ぎよう
(GM蜻蛉) 怪しいやつ2「我らは魔軍に名を連ねし者 我らが王の名により、姫君に言伝を」
(プリシア) 「……」答えはせずに次の言葉を待とう
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「我ら 暴虐の徒に一矢報いんと欲する者なり」
(カレンデュラ) 「(まさか向こうから接触してくるとは)」
(GM蜻蛉) 怪しいやつ2「我ら 異形故に闇に潜みし者なり」
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「災厄の魔女 我らを捉え、奪いたり」
(GM蜻蛉) 怪しいやつ2「尊き血の姫君よ 我らと手を携え、奪われしものを取り戻さん」
(頼光) なるほど、ユーミアの実験の失敗作か
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「我らが王ザンデより、姫君をお招きせよと申し使っております」
(プリシア) こう来たかー
(ショウ) 相変わらず、俺とカレンさんの事が割れてるのかどうかが
(ショウ) 悩みどころですね
(カレンデュラ) ですねー
(GM蜻蛉) 怪しいやつだけど何か質問ある?
(カレンデュラ) 正直、魔軍ってカレンにとっては部下の仇だしー?
(GM蜻蛉) まーね でも、こいつらにとっては君らユーミアの手下みたいなもんだったし
(GM蜻蛉) ユーミアって自分らの仇だし~?
(頼光) 「同道を断った場合には、どうなる?」
(カレンデュラ) 帝国くくりで判別つかんかったのなら仕方がないが
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「この場は下がりまする いずれまた、お心変わりされることを願い、お伺いを」
(プリシア) 「私の仲間のことは信じてくださいますか?」
(カレンデュラ) 「貴方達とユーミアは明確に敵同士なのか?」
(GM蜻蛉) 怪しいやつ2「我らの根底には魔女への憎しみがございます その衝動ゆえに対立の過去もありましょうが、そこもとが水に流して下さるのであれば…」>カレン
(頼光) くそ、デティクトイヴィルとか良いてぇな
(ショウ) ばれてる系?
(GM蜻蛉) ばれてる系
(ショウ) って事は俺もか
(カレンデュラ) 「…! なるほど、私をカレンデュラとしってのこの態度か」
(GM蜻蛉) つーか君らの動きを割と正確に察してるわけだから
(頼光) 姫と判って接触してきてる以上、同行してる人間の素性はばれてるだろうな
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「あの折、そこもとが姫君にお味方すると、誰が思い至りましょうか」
(プリシア) とりあえず、もう少し情報を集めてから判断するのがよさげな気がするのだけれども
(GM蜻蛉) 追い払う?
(プリシア) 「今の私達はあなた達のことをあまりにも知りません。お答えするのはもう少しあなた達の事を知ってからにしてもかまいませんかしら?」
(頼光) 同感。
(GM蜻蛉) 怪しいやつ2「無論のこと」
(カレンデュラ) 「私ですら思いもよらなかった、部下の無念は無念、戦争は戦争。水には流すと言えんが納得はしよう」
(ショウ) まぁ、魔王の事を知るチャンスでもあるけど
(プリシア) なにか連絡手段みたいなものを決めておくことはできるかな
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「かたじけなし」>カレン
(頼光) 「この先、貴公らと連絡を取る方法は?」
(GM蜻蛉) 怪しいやつ2「では、こちらを」犬笛みたいなの渡される
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「我らは異形故、常人には聞き取れぬ音を聞きまする その笛でお呼びいただければ、近くに控える者がお伺いしましょう」
(頼光) 「笛か?確かに(シンパの宿屋でも教えられるかと思ったのだがな)」
(GM蜻蛉) 逆にいうと
(GM蜻蛉) 常に笛が聞こえるぐらいの位置に潜んでるよ とw
(カレンデュラ) 常に監視がいる、と
(頼光) 「確かに受け取った」この距離でフードの中はうかがえる?
(GM蜻蛉) でもそれを自ら知らせてるよ と
(GM蜻蛉) 知覚で
(頼光) ダイスロール 2D6 = 6 (1. 5)
(頼光) 10
(GM蜻蛉) 鬼の目はフードの影をとらえた
(GM蜻蛉) ぬめぬめとした鱗のような何かに覆われたその醜い顔を
(GM蜻蛉) 次回 リヴァイアサンを覆う影 お楽しみに!(嘘)
(頼光) サハギンだらギルマンだらって感じか。こっちも人と並べりゃ異形だからないちいち驚かんぜよ
(カレンデュラ) 「知ってのとおり、私はカレンデュラ・アルウェンシスだ。私個人としては貴方達を信用しよう。ご両名、名は?」
(GM蜻蛉) えっ?
(GM蜻蛉) 名前聞かれるとは思わんかった( ー`дー´)キリッ
(頼光) アージとサマンサだな
(カレンデュラ) 信用したからには名前くらいしっときたいじゃあないか
(GM蜻蛉) 怪しいやつ1「アルノー」 怪しいやつ2「エルマー」
(GM蜻蛉) とっさに人名辞典開く身にもなれ!
(頼光) wwwwww
(カレンデュラ) w
(ショウ) でも、ちゃんと答えてくれるんだなw
(GM蜻蛉) アルノー「カレンデュラ殿 無礼をお詫びする」
(GM蜻蛉) エルマー「我らも貴殿に礼を尽くそう」
(カレンデュラ) 「ありがとう」
(GM蜻蛉) 何か聞く? 何もないなら姿消すけど
(カレンデュラ) ひとつきいておきたいことが
(頼光) ちなみに、二人の身のこなし的に腕のほどはどんな具合?
(カレンデュラ) 「貴方達はなぜあの禁呪を使うことが出来たのだろうか?」
(GM蜻蛉) 隠密系だとおもた 正面からやったらライコウなら絶対負けないと思うけど、そういう手合いではない
(頼光) 把握
(GM蜻蛉) アルノー「我らが王の御技」
(GM蜻蛉) エルマー「我らが復讐の狼煙」
(GM蜻蛉) アルノー「なれど、それすらも魔女の手の内」
(GM蜻蛉) で
(GM蜻蛉) プリシアだけ理知判定
(プリシア) おお
(カレンデュラ) 「手の内と分かっていて撃った、あるいは撃たざるをえなかったということ…なのか?」
(プリシア) ダイスロール 2D6 = 4 (1. 3)
(GM蜻蛉) おいぃw
(カレンデュラ) リトライ
(プリシア) ダイスロール 2D6 = 8 (3. 5)
(GM蜻蛉) よかったね!
(プリシア) 14まで伸びた
(GM蜻蛉) じゃあですね
(GM蜻蛉) ザンデって名前になんか引っかかってたプリシアさんですが
(GM蜻蛉) 大賢者ノアの最後の弟子の名前やん!
(GM蜻蛉) ウネの弟弟子
(頼光) なんだってー!いやほんとに。
(プリシア) そこも来たか!
(プリシア) それだと、ウネからザンデの話を聞いたこととかないかな?
(GM蜻蛉) それは幸運判定w
(カレンデュラ) それはつまり単独で飛空挺落とす禁呪を扱うことが出来ることの裏づけになるくらいのこと?
(プリシア) ダイスロール 2D6 = 8 (2. 6)
(プリシア) 12だった
(GM蜻蛉) 大賢者ノアは教皇に匹敵する大魔導師だった
(GM蜻蛉) そして、その最後にして最高と言われた弟子がザンデ
(カレンデュラ) 初代教皇の奇跡に匹敵する魔術の使い手、という認識でおk?
(GM蜻蛉) そこまではいかない 初代教皇は神格化されてる
(GM蜻蛉) 歴代教皇上位レベルに匹敵 と思ってOK
(カレンデュラ) なるほど、つまりまだ人間の手が届きそうなレベルだけどとんでもないと
(GM蜻蛉) で、プリシアが思い出したのは
(GM蜻蛉) 最高の弟子として将来を嘱望されていたザンデが
(GM蜻蛉) ノアに禁じられていた秘術に手を出して追放されてたってこと
(頼光) 黒い甲冑に身を包んでそうだな・・・
(カレンデュラ) ん?^^
(GM蜻蛉) まぁ言うまでも無く、飛空艇落とした禁呪みたいなやつな 要生け贄とかの類のやつ
(GM蜻蛉) まだ質問あるならどうぞ
(頼光) とりあえず、俺っちは大丈夫
(ショウ) とりあえず大人しくしてた方が良さそうだなと
(プリシア) この人達からはいいかな
(カレンデュラ) 「リヴァイアサンを攻めるように見受けられるが、これも魔女の手引きのようだが…それでも攻めるのか?」
(GM蜻蛉) ショウに対して特別な興味は無さそうね この人らは プリシアが最上位 最初は低かったカレンがその次 後二人はどうでも良い みたいな感じ
(GM蜻蛉) アルノー「現状、ほぼ全ての駒は彼の魔女が握っている」
(GM蜻蛉) エルマー「我らの活路は魔女の予想を超えねば見いだせぬ」
(ショウ) 「あえて誘いに乗り、その上で相手の想定以上を叩きだそうって事か」
(頼光) 「予想を超えるための鍵が、姫だと」
(ショウ) むしろ、俺はおとなしくしておいた方が良さそうだ
(GM蜻蛉) アルノー「組まぬと思われた両者が手を組めば、あるいは…というのが王の考え」
(カレンデュラ) 「なるほど、合点がいった」
(GM蜻蛉) エルマー「なれど、誠に手を組むのでなければその隙を魔女はつくだろう」
(カレンデュラ) 「ユーミアがそこまで読んでいるかどうか、というところか」
(GM蜻蛉) アルノー「いかにも」
(GM蜻蛉) ふつーに詰んでるからね
(GM蜻蛉) 飛空艇落とすぜヒャッハー!→シドとの政争で利用されまくりんぐwwww とかだからね
(ショウ) 誰にも力を使わせないを考えると、魔王との完全強力は難しい気がしないでもない
(ショウ) そもそも魔王の目的がよく解らんね
(GM蜻蛉) 目の前の二人は復讐目的だけどね
(プリシア) その話は知ってるのカレンだけだよね?<誰にも力を
(GM蜻蛉) うん
(カレンデュラ) 「…手を組み魔女を打倒したとする、その後はどう考えている? 共に手を取り合うのか、はては違う戦がおこるのか」
(ショウ) だからPC会話にはしていないw
(カレンデュラ) そこは話してないねさすがに
(GM蜻蛉) パーティ内の秘密は、シドの指示書と真の教皇についての二つかな 
(頼光) 誰にも力を、ってのがシドからの密使のネタでOKかな?
(GM蜻蛉) うん>密書
(GM蜻蛉) アルノー「それは…分からぬ」
(GM蜻蛉) エルマー「果たして、我らの手を取るものが居るのか? 鬼よ、そなたならば分かるのではないか?」
(GM蜻蛉) アルノー「真に異形の手を取るものがどれほど世にあるか」
(頼光) 「確かに、貴公らは我等以上に生きにくかろうよ。」
(カレンデュラ) 「…愚問だったな、すまない。だが取り合えればいいな」
(頼光) 「魔女を倒さねば未来は無い。手を取り合うもあわぬもな」
(ショウ) 「あんたらもユーミアに大事な物を奪われたんだな」
(GM蜻蛉) エルマー「いかにも 明日の味方よりも今日の敵に対処せねばならぬ」
(プリシア) なんかこれだけ話すんだったら最初から着いて行った方がよかったんじゃないかと思い始めたw
(GM蜻蛉) アルノー「奪われた 我らは故郷も、兄弟も、何もかもを」
(カレンデュラ) むしろいったん別れてもザンデのことを知る機会がどれだけあるかってのもあるしのう
(GM蜻蛉) 別についてきてくれるんならそれはそれでw
(GM蜻蛉) ウネに聞くぐらいしかツテは無いね
(頼光) んにゃ、やっぱり帝国支配下の聖地をフィルター無で見ておきたくはあるんだが
(カレンデュラ) 普通に軍事拠点のひとつてきな感じなんじゃあないかな
(プリシア) まあ、あまり話し込む前にと思ったんだけどね
(GM蜻蛉) んじゃ引き上げて良いかな?
(プリシア) なんかこのふたりとこれだけ話しちゃうともうフィルターかかっちゃったなあとw
(GM蜻蛉) www
(頼光) w
(頼光) まーねー
(GM蜻蛉) リヴァイアサン面の住人がいっぱいいるよきっと>聖地
(プリシア) ザンデはともかく、魔王軍の構成員は助けるしかないという気持ちじゃない?w
(頼光) なんていんすm(ry
(GM蜻蛉) (ノ∀`)アチャー
(プリシア) というか、実際どうしよう。もう着いて行っちゃう?
(頼光) いや~結構ベルセルクの新生鷹の団的な感じかなと<魔王軍のみなさん
(カレンデュラ) いってもいいんじゃあないかな、と
(ショウ) 魔王について知れるツテがなければ、最終的には着いて行くになりそうではあるが
(カレンデュラ) いきなり捕まったりといったことはないだろうし
(GM蜻蛉) 姫ってすんごく上等の生け贄だろうね^^
(頼光) うん
(カレンデュラ) ただリヴァイアサンの帝国軍にもコンタクトとりたくもあるんじゃよなあ
(頼光) リヴァイアサンが目的地だよね?
(GM蜻蛉) みたいな警戒心はライコウの脳裏をよぎるだろうね
(GM蜻蛉) うん
(GM蜻蛉) カレンのそのジレンマもリヴァイアサンではあるね
(頼光) いざという時の脱出ルートを確保しておきたいんだよな
(GM蜻蛉) 時間もあれだし、今日は戦闘無しぽだな ルートだけ決めてくれw
(ショウ) 部下はともかく魔王本人がいまいち胡散臭いのがなぁw
(ショウ) 良いように部下が利用されてるだけパターンが
(カレンデュラ) リヴァイアサンの守備隊長知り合いとかじゃないかなー?飲み友みたいな
(GM蜻蛉) 1.魔王様こんにちは! 2.スニーキングミッションを開始する 3.二重スパイカレン
(頼光) 魔王軍に合流するにしても、一度リヴァイアサンには独自に入っておきたい
(プリシア) 二重スパイはなしな気がするけどw
(カレンデュラ) たとえばカレンだけリヴァイアサン向かって姫ご一行は魔軍ってのもありじゃあないかな
(GM蜻蛉) 裏切りのカレン
(GM蜻蛉) 今度こそ薄い本か
(カレンデュラ) こっちは捕まる可能性高いけどさ!
(プリシア) 今のカレンの立場で帝国軍と連絡をつけるのはリスクばかり高いよーな
(カレンデュラ) シドが心のままにいけーって言ってきてるのが若干心強いんですが
(ショウ) まぁ、とりあえず考える時間は貰えてるのだし
(ショウ) 一度リヴァイアサンに入ってしまっても
(ショウ) 良いかなぁって
(GM蜻蛉) 連絡はすぐ取れるしね
(頼光) うん
(プリシア) じゃあ、初期の予定通り、リヴァイアサンの様子も見ておこうか
(GM蜻蛉) あいよ では、教皇の手配で商船に潜り込んだ君たちは、リヴァイアサンに無事潜入するのでありました
(カレンデュラ) へいほい
(GM蜻蛉) 次回 リヴァイアサンに潜む影
(GM蜻蛉) 本当になったなw
(カレンデュラ) www
(頼光) wwwww潜む影っていやだなwwww
(GM蜻蛉) 戦闘無しですまんけど、特に荒事のないルートを選ばれたので
(GM蜻蛉) 本日はここまでで
(GM蜻蛉) おつかれさまでしたん
(カレンデュラ) おつかれさまん
(プリシア) おつかれさまー
(ショウ) おつかえr-
(頼光) うぃす!おつかれさまー
(GM蜻蛉) ドラゴン洞窟ルート行くと思ったんだけどなー
(GM蜻蛉) かーっ! 残念だな~
(GM蜻蛉) 次回予定~
(カレンデュラ) ドラゴンは強いの?^^
(GM蜻蛉) ^^^^
(GM蜻蛉) 弱いドラゴンとかガッカリするやろ?^^
(カレンデュラ) 土曜はとくになにもはいってないとおもいまするー
(カレンデュラ) われわれでかてるくらいにはよわくていいかな^^
(GM蜻蛉) 経験値言い忘れてた 悠里の奇跡判明したのでおまけで10点
(ショウ) おー
(カレンデュラ) やったー
(頼光) おおう!頂き!!
(カレンデュラ) 累計0になった
(頼光) カレンと姫のおかげだな!!
(カレンデュラ) 20
(GM蜻蛉) webセッションでも多少は頭ひねる要素あると楽しいもんですな
(カレンデュラ) んだんだ
最終更新:2013年08月28日 22:08