白い記憶

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 白い記憶
関連ゲーム
データ
公式サイト 公式紹介ページ
ジャンル 推理サスペンス
価格(税込) 199円<序章含む全4章・序章無料>
イラスト GESO.
シナリオライター 森田彩莉
主人公 真崎遠子
攻略対象 松下高典
海棠友哉
萩野安紘
該当するキーワード 執事 医者 幼馴染 記憶喪失 幽霊
簡易紹介
交通事故で顔と記憶をなくした遠子は弁護士の松下に誘われるまま
祖母の住む壮麗な館に足を踏み入れる。
駆け落ちした娘の子である遠子に冷たい祖母、
母のように優しく接してくれるメイド長の早苗、
過去の自分を知っているらしい下働きの青年・安紘、
親しげに語りかけてくる館の侍医・海棠、
自分が巻き込まれた事故は本当にただの事故なのか?
そして自分は本当にこの館の娘なのだろうか?
そして時折現れる顔の見えない幽霊の少女は何を語ろうとしているのか?
謎に満ちた館の中で真実の愛と自分を探していくゴシックサスペンスの幕が開く!
《第一章》
自分が本当に千代の孫であるかを確認したい遠子は弁護士兼執事の松下や
下町ではみんなが遠子を歓迎してくれるが、彼らの言動もまた曖昧で、
ふたりきりで歩く下町で安紘は遠子に愛を告白するが、
幽霊の少女に導かれ、館に戻った遠子が見たのは、
《第二章》
突然の千代の死。
涙にくれる遠子が、千代の遺体に向き合った時、再び顔の見えない少女の幽霊が現れ、
千代の死が病死などではなく殺人であった事を示す!
千代のために殺人犯を探そうとする遠子は、松下が千代の死因を知りながら
混乱を避けて死因を偽っていた事と今の状況で、千代の死が殺人だった場合、
最有力容疑者が遠子自身だと言う事を知る!
ショックを受けながらも遠子は千代を殺した犯人を探す事を心に誓う。
しかし捜査の末、浮かび上がった犯人は意外な人物で――!!
《第三章》
いまわの際に早苗が残した言葉が忘れられない遠子は、松下弁護士の協力のもとに
自分があった事故をもう一度調べてみる。
遠子が顔と記憶を失ったあの事故は誰かに仕組まれたものだった?
混乱する遠子に求婚する松下。
そんな中、再び現れた幽霊は暖炉の中に隠された秘密の恋文を示す。
そこに書かれていた驚愕の真実とは――!?
急転直下の事件の中でついにすべての真実が明らかに!
(公式サイトより)

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
最終更新:2012年03月01日 14:56
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。