迷言

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あのファンシーグッズが?」

  • 第1話「ピンクの訪問者」発言者 - メーム
魔獣オクタコンと戦うカービィに向かって放った言葉。メームの本性が垣間見える一言である。確かにファンシーな見た目だし、まだカービィはププヴィレッジに来たばかりだった。しかしこれは酷い。

「仕事きついよ給料安いよ休み無いよ」

  • 第2話「大変!戦士のおうち探し」発言者 - コックkwsk
カービィに寝床と仕事を与える為にフーム等がレストランkwskを訪ねた際の返答。劣悪な労働環境を包み隠さず曝け出すkwskだが、このときは店は客で溢れていた。子供達は毎日自由に遊び、大人も大して仕事をしていないようなププヴィレッジにおいて、子供(後に赤子と判明)であるカービィに「仕事」を与えようとする、この時のフーム達の行動は不可解としか言いようが無い。

「陛下も輪切りになりたいか?カービィは今や無敵」「ク~ッ!無敵にしたのは誰ZOY!」「裏切り者めが!」「滅相な。私は陛下の忠実なしもべDEATH!」

  • 第3話「え!メタナイト卿と対決?」発言者 - メタナイト、Sカルゴン、DDD大王
魔獣を倒され激怒したDDDが直接攻撃しようとしてメタナイトに止められた一幕。このセリフの直後、メタナイトが装甲車を蹴飛ばしてDDD達を追いやった。セリフと行動の矛盾がひどすぎます。

「生憎、クーリングオフは一時間以内の契約となっておりまして」

  • 第4話「星の戦士の秘密」発言者 - カスタマーサービス
最強魔獣クラッコ(「最強」の名を冠する魔獣は何体も存在する)を購入して打倒カービィを目論むDDDだが、その凶悪な力故に巻き添えを喰らい、返品する事にする。しかしカスタマーは平然とこの台詞を吐く。本来、クーリングオフとは契約や販売方法により、8日以上の定められた期間内に契約を解除する制度であるが、たった一時間しか猶予を与えないこれは悪徳商法とすら言えない最悪の契約である。しかし、これに対しDDDは「金は払わんZOY!」と強気の姿勢を崩さなかった。

「環境破壊は気持ちいいZOY☆」

  • 第5話「怒れ!ウィスピーウッズ」発言者 - DDD大王
自分専用のゴルフコースを建設する為、ウイスピーの森をチェーンソーで切り倒すDDD。この非道且つ外道な行為に驚愕した原作ファンは多い。

「ウイスピーウッズは消えたが、タイガーウッズがここにおる」

  • 第5話「怒れ!ウィスピーウッズ」発言者 - DDD大王
ノーコメント。陛下、自由にも程が在ります。

「そんなバンカーな」

  • 第5話「怒れ!ウィスピーウッズ」発言者 - DDD大王
ウィスピーウッズによってSカルゴンと共にバンカーに埋まった際に言った台詞。なぜそこでダジャレを言うw

「意味無いけど健全な娯楽を、嘘だけど迅速なる報道を、無駄だけど楽しいCMを」

  • 第6話「見るぞい! チャンネルDDD」発現者 - DDD大王
テレビ放送開始時の挨拶。いきなり現代のテレビの実状を風刺した名言&迷言である。この辺りから、アニメカービィの被っている「子供向けアニメ」と言う化けの皮が剥がれ始めていた。

「南から湿った風、北から空っ風が吹くので明日は雨のち晴れ、もしかすると曇りまたは雪でGESょう」「すごい!」「明日のお天気が分かるなんて便利ね!」

  • 第6話「見るぞい! チャンネルDDD」発現者 - Sカルゴン、ホッヘ、ホッヘママ
適当すぎる天気予報とそれを真に受ける愚かな人民共。そもそもププビレッジは温暖なので雪が降ることはありません。こんなんだから毎回DDDの策略にはまるのだ。

「アンタテレビヲミテナイノカ」

  • 第6話「見るぞい! チャンネルDDD」発現者 - kwsk
これが飛田さんの本気の棒読み…。フームはこれに対して「あんなくだらないもの、見ないわ~」と一蹴した。

「歴史はスタジオで作られる~」

  • 第6話「見るぞい! チャンネルDDD」発現者 - DDD大王
視聴率の為ならばやらせも厭わないテレビ局を風刺した名言。しかしアニメカービィの放送局は不祥事の相次ぐTBSである(製作はCBC)。この凄まじい風刺は後の第37話にて再び、そして更なる進化を遂げて現れる事となる。

「プププランド第一万七千飛んで五十二代当主、DDD大王様の即位300年記念式典を執り行うでGES」

  • 第8話「キュリオ氏の古代プププ文明」発言者 - Sカルゴン
誰か数字に突っ込めwww。フーム、ブンによるとプププランドは元々ハニワ共・・・もとい、キャピィ族の土地と言う気持ち悪い場所だったらしく、DDDは勝手に大王を名乗っているとの事。と言う訳で数字もサバ読んでいるだけのようだが、この世界の時間設定は常識の通じるものではなく、明確には否定出来ないのが実状である。メタナイトは数万年生きているので、樹齢800年の老木アコルも大したこと無いと言う事に・・・。

「出られんが…」

  • 第8話「キュリオ氏の古代プププ文明」発言者 - DDD
石に埋まりそうだというのに、しょうもないシャレ言ってる場合ですか。

「お値段はなんと、さんきゅっぱ」「3980!?」「万」「やすーい!」

  • 第9話「ロロロとラララ愛のメロディ」発言者 - カスタマー&DDD
魔獣を衝動買いするDDDとそれに対するカスタマーの冗談のような掛け合い。39,800,000を安いとはやはり特権階級は違うZOY。後にSカルゴンに9億デデンもちょろまかされても気付かなかったのだ。DDDの資金力は底なしである。しかし、後に金に困る描写や上記の程度の金ですら驚いたりもするので、資産設定は曖昧な様である。或いは魔獣の買い過ぎなのか。

「行政改革を断行するZOY!」

  • 第10話「ボルン署長をリニュアルせよ」発言者 - DDD大王
職務怠慢で事故を防げなかった署長に怒ったDDDの発言。これにより、一時的に警察は廃止される事になる。でも子供アニメの台詞じゃないよね?やはり底知れぬアニメである。

「だから前が見えねえって言ってんだよ!」(DDDに対して)

  • 第10話 「ボルン署長をリニュアルせよ」発言者 - Sカルゴン
側近の身でありながら主に対してのタメ口である。しかも口癖の「GES」が抜けている。あまりにも切羽詰った状況で地が出てしまったのか。しかしこれはSカルゴンの溢れ出す本音の序曲に過ぎなかった。

「これだったら陛下の作った料理の方がなんぼかマシでGESな。プッ!」

  • 第11話 「宮廷シェフ・カワサキ」発言者 - Sカルゴン
宮廷シェフとなったkwskの作った料理に対する評価。調理師であるkwskがどう見ても料理が上手いようには見えないDDDよりも低く評価された。そして声優さんのリアルな「プッ!」の演技。よく見られる「ぺっぺっ」なんて生易しいものではなく本気の「プッッ!!」で、扱いのぞんざいさを表現する。

「今夜は是非カービィ殿に『2001年宇宙の旅』に出発してもらうZOY」

  • 第13話「プププランド年忘れ花火大会」発言者 - DDD大王
Sカルゴンの発明品「砲筒花火テッポウドーン(勿論、元ネタは北の国のアレ)」でカービィを宇宙に追放しようとした際の台詞。かの有名なSF映画のタイトルであるが、奇しくもこの回は西暦2001年最後の放送となったアニメカービィであった。他にもこの回は「ヤればいいんだ×5」に代表されるように、愚民達の異常なテンションと潜在能力が発揮される話でもある。

「こんなサービスは某民放には決して真似できんZOY」

  • 第14話「夢枕魔獣顔見勢」発言者 - DDD大王
何に対して言ってるのでしょうか?深くは追求しない事にする。

「同じ脊椎動物の仲間よ」「動物の起源は一つ」「生き物に隔たりは無いわ」

  • 第16話「私を愛したサカナ」発言者 - フーム
だ、だから一応このアニメは子供向けと・・・。この台詞はマンボウであるカインに愛の告白をされ、「陸に上がってこれたら考えてあげる」と言った後のフームのもの。まさか来れる筈が無いと踏んだフームは強気になってこのような発言を繰り出す(実際この直後に来る訳だが)。しかし子供には難しい言葉を並べて解説も無しに会話が成立しているのは、(真の姿が)万人向けアニメたる所以であろう。

「王女は最後には幸せになるってお約束じゃん」「まあね。童話ってのはこんなものよ」

  • 第21話「王女ローナの休日」発言者 - フーム&ブン
何度も言いますけどこのアニメは表向きは子供アニメなんですからね。そう言う「童話」を純粋に楽しんでいる子供も見ているであろうアニメにてこの発言である。そもそもこの回はそう言う王女の苦悩が描かれる回(『ローマの休日』のオマージュとも)である。万人向けアニメでこそ成せる業であろう。

「そりゃ陛下は極度に見苦しいですが、人を騙す才能は溢れているでGES」「大体、その顔で結婚なんて非常識じゃ」

  • 第21話「王女ローナの休日」発言者 - Sカルゴン
閣下は自重する気が無いようである。前者はローナ王女の近衛兵ヴィーに対してのDDDの弁護。後者は王女との結婚を諦めないDDDに対して。本音を包み隠さないSカルゴンは今日も皆に愛されている。

「さすが親子。DNAは不気味ZOY!」

  • 第25話「エスカルゴン、まぶたの母」発言者 - DDD大王
そっくりなSカルゴン親子に対して。いくらなんでも失礼ではなかろうか陛下。だがあまりにも似ているので、メタナイトも笑いを堪えきれなかった。

「でもあんな馬鹿に仕えることは無いだろうに!」

  • 第25話「エスカルゴン、まぶたの母」発言者 - Sカルゴンのおっかさん
息子が大王ではなく家臣であると知った母の一言。Sカルゴンの包み隠さない態度は遺伝であった。この時はDDD一人(+魔獣)が悪役として退治される。しかしSカルゴンはこれからも末永くDDD-あんな馬鹿-に仕えるのであった。

「非常事態でも腹は減る!」

  • 第26話「忠誠!ソードとブレイド」発言者 - DDD大王
まあ、その通りなんですけどね・・・。

「産業革命の尊い犠牲となるZOY」

  • 第28話「恐怖のデデデ・ファクトリー」発言者 - DDD大王
カービィが工場の機械に巻き込まれた際の台詞。『モダン・タイムス』のパロディで歯車を通るカービィに言い放ったこの台詞は、正に同作と同じテーマを訴えているのであろう。

「真実を叫ぶ者は常に僅かじゃ。大多数の人々には理解されない」「世の中が良くなって恩恵を受けても、多くの者はそれが誰の御蔭かを忘れる。知識人の宿命じゃよ」

  • 第28話「恐怖のデデデ・ファクトリー」発言者 - キュリオ
子供向けアニメには深過ぎるお言葉。流石、万人向けアニメだ。視聴者の中では、愚民共の中に存在した良識人、キュリオの株が大きく向上した事であろう。そしてこの回の終盤で、愚民の筆頭として挙げられた村長夫妻の株が急落したのは言うまでも無い。とまあ、この回では神のようなキュリオも、他のエピソードでは基本的にブームに乗っかる衆愚の一人である。

「春が来ても生き物達がいない・・・『沈黙の春』だわ」

  • 第28話「恐怖のデデデ・ファクトリー」発言者 - フーム
工場の排気ガスによる酸性雨で森は枯れ果てた。当然、元ネタはレイチェル・カーソンの著書。しかしフームよ、「二酸化硫黄」や「窒素酸化物」を知っていて何故、酸性雨を知らない?そして他の難しい単語については一切解説しないくせに、酸性雨に関してだけはわざわざ「プププ通信」を使って解説するアニメカービィは本当に底が知れない。

「愚か者達は痛い思いをしなければ理解できない」

  • 第28話「恐怖のデデデ・ファクトリー」発言者 - メタナイト
なんと耳の痛い言葉。これほど民衆の本質を突いた言葉はないだろう。でもこれって朝7:30放送の子供向けアニメですよね?

「蝸牛食わせんのかな?」

  • 第29話「激辛!ファミレス戦争」発言者 - ホッヘ
Sカルゴンがオーナーを務めるフランス料理レストラン「ゴーン」の開店の際の台詞。無邪気な子供故の残虐な一言である。確かにフレンチならエスカルゴが出てもおかしくはない。しかし時を遡れば第25話では、Sカルゴンのおっかさんの歓迎パーティにも関わらず、エスカルゴ料理がテーブルに置かれていた。更に第2話の時点ではレストランkwskにも「蝸牛の塩焼き」があったようである。

「大王像が大往生」

  • 第31話「ビバ!デデベガスへようこそ!」発言者 - DDD大王
可動式石像「DDD大王像」でカービィ抹殺を目論むDDDであったが、メタナイト等によって粉々にされる。ただのダジャレ。だれがうまいこと言えと

「これぞ必殺技だ!敵味方の区別なく、全てを破壊するマイクカービィ!」

  • 第31話「ビバ!デデベガスへようこそ!」発言者 - メタナイト
カスタマーサービスの用意した魔獣を全滅させ、果てにはデデデ城まで崩落させた後に能力の解説をするメタナイト卿。何もかも手遅れでフームに「今更遅いわ…」とダメ出しされる。

「人が苦しむのを見るのは実に楽しいもんZOY!」「他人の不幸こそ最高の娯楽ZOY☆」

  • 第32話「歯なしにならないハナシ」発言者 - DDD大王
またやってくれました。「環境破壊」に続く陛下の大問題発言。「人の不幸は蜜の味」なんてレベルではない。サディズム全開のDDDだが、話の中盤からしっぺ返しを喰らい、最後は「最高の娯楽」にされてしまう。

「もしも歯医者さんに行くんだったらキューブゲーム買ってあげるわ」

  • 第32話「歯なしにならないハナシ」発言者 - メーム
ゲームキューブですね。判ります。歯医者に行く事を拒むブンに対して持ち掛けた交渉材料である。しかしこれは釣りであり、喜び油断した所を捕まえる作戦であった。歯医者に行く程度でゲーム機が買ってもらえるなら誰が小遣いなど貯めるものか!

「何とか努力しないで商売繁盛しないと」

  • 第34話「究極鉄人、コックオオサカ」発言者 - kwsk
努 力 し ろ w w w

「味覚なんちゅーもんはちょこっとした事でどうにでもなる」

  • 第34話「究極鉄人、コックオオサカ」発言者 - コックオオサカ
敢えて汚名を被り、弟子を成長させたオオサカ。こんな最高の師匠を持ちながら何故落魄れる?kwskよ。何より、この回の最大の悪はフームである。普段は不味い不味いと罵りながら、友人だと言う理由で過保護なまでの甘やかしを見せる事がある。大いに反省すべきである。

「モータースポーツは文化じゃ!」

  • 第35話「栄光のプププグランプリ・前編」発言者-レン村長
まさかこの人が優勝するとは視聴者の皆様も思わなかったはず。第28話の無責任な発言をしたレン村長はこのレースで優勝し結婚40周年記念のプレゼントにトロフィーをハナ夫人に授け自分の株を再び上げたのであった。しかしハナ夫人一体何歳なんだ?(声は凄い若いが・・・)

「これぞワシの発明、モンタージュ理論!」

  • 第37話「お昼のデデデワイドをつぶせ!」発言者 - DDD大王
台詞そのものよりも、この時の行為が問題。映像を編集する事でカービィを冤罪に陥れるDDDであった。報道は倫理の下に行なわれなければならない。

「某民放だってやってるでGESよ~だ」

  • 第37話「お昼のデデデワイドをつぶせ!」発言者 - Sカルゴン
やらせ、捏造で成り立つDDDワイドにて、フームが発言を始めた途端にCMを入れ、この台詞。も、もう脳味噌溶けそう・・・。

「ワイドショーは流行りじゃないでGESな」

  • 第37話「お昼のデデデワイドをつぶせ!」発言者 - Sカルゴン
うんまあ、その通りなんだけどね・・・。しかしホイホイと人の意見に左右されるのはハニワの知能の低さ故か。

「本日より書かず読まず持ち込まずの『非書く三原則』ZOY」「この本は本日を以って非合法図書に指定されたZOY」「このパピポテ本は反DDD思想故、処分するZOY」

  • 第38話「読むぞい!驚異のミリオンセラー」発言者 - DDD大王
読み終わった人間がいないと知るや村中のパピポテ本を没収し焚書を実行した際のセリフ。その行動原理も問題だが、字を読めない程バカなDDDから何故このような言葉が飛び出すのかは気にしてはいけない。

「皆に忘れられるのがこんなに辛いとは思わなんだ」「誰も知らなければ生きていても何の意味も無いでGES」

  • 第39話「忘却のエスカルゴン」発言者 - Sカルゴン
魔獣ボーキャックの効力で皆に忘れ去られたSカルゴン。忘却の恐ろしさを身を以って表現するが、本当の恐怖はこれからであった。

「もっともっと痛めつけなくては、魔獣は出て行かない」

  • 第39話「忘却のエスカルゴン」発言者 - メタナイト
Sカルゴンに取り憑いた魔獣を追い出す為、Sカルゴンを拷問に掛けるメタナイト。しかしどう見ても楽しんでいるようにしか見えない。直前にメタの瞳の色が変化したのが何よりの証拠である。子供の情操教育に悪過ぎるシーンであった。

「いびきにはガ行が似合うZOY」

  • 第41話「メーベルの大予言! 前編」発言者 - DDD
そんなこと言われても返答に困る。第50話でも似たようなセリフあり。

「あんたの心の奥底に潜む良心だ」「馬鹿なそんなもの陛下にある訳ないでGESょう」「どんな極悪人にもある!」

  • 第41話「メーベルの大予言! 前編」発言者 - メーベル、Sカルゴン
DDDの夢について。メーベルさんはたまに深い事を言うが、「無い」と言い切るSカルゴンのドライさがまた何とも。よく見ると(見なくても)DDDはチラっとSカルゴンを睨んでいる。

「この頃魚が獲れないのは温暖化の影響かな?」「温暖化はおめーの頭じゃねーの?」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - kwsk、トッコリ
またきっつい事言いますねこの焼き鳥は。しかしポップスターも地球同様温暖化問題に直面していると言う。現実味を帯びたアニメである。

「うつ~くしいあ~さがきた~ あさが~きたか~ら~ひるがくる~ あさからひるまで しんこきゅう~」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - DDD
ラジオ体操の歌を勝手に変えるDDD。午前中ずっと深呼吸なんてやってられるかい。

「やっぱりアイアンじゃなく、ハンマーだZOY」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - DDD
だ、そうですよ。全国のゴルファーの皆さん(誰も真に受けねーっつーの)。

「こうなれば、世界の終わりまでワシに付き合うZOY!ははは、どうだ好きか?」「いやだぁぁぁぁぁァァ・・・!!」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - DDD、Sカルゴン
妖星ゲラスの接近により、故郷に逃げ帰ろうとするSカルゴンを引き止めるDDD。DDDの性格からして、大人しく逃がすとは考え難いので当然の結果と言える。しかし「ははは、好きか?」とはどう言う・・・。

「寿命が縮むでGES」「どうせこの世も終わる。景気良く縮めるZOY」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - DDD、Sカルゴン
上記から引き続き。世界の終末の様子を描く重い展開の筈が、Sカルゴンのスケボーと言うシチュエーションで笑いを誘う。しかしこの後、ブンが真顔で「だってどうせ終わりなんだろ?」と言う辺りがまた恐ろしい。

「ワシは一度お前の店で万引きした」「いいんだよ。仕返しにあんたのお釣りをずっと誤魔化してたから」「ワシは他人の歯と間違え、抜かなくてもいいアンタの歯を抜いてしまった」「やはり医療ミスじゃったか。まあ、ワシもあんたの手紙を捨てたことがある」「パームにメームさん。オレ、間違えて2人に変な物食わせたことあるよ」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - ボルン、タゴ、ヤブイ、モソ、コックカワサキ
最期の時を前にして、罪を告白する村人達。しかしとんでもねー事ばかり仕出かしている愚民達であった。

「占いじゃないのよ。本当はDDDの望遠鏡でこっそり覗いて判ったのよ」「それだって水晶玉を覗くのと同じだよ」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - メーベル、サモ
サモはいい男です。しかしその行動を探っているとストーカーと思えなくも無い事に気付くであろう。その点は後程記述する事にする。

「実は私も陛下からチョロまかした金が900,000,000デデンばかしあの」

  • 第42話「メーベルの大予言! 後編」発言者 - Sカルゴン
おそろしやおそろしや。この蝸牛は何と思い切った事を仕出かしているのか。そして9億の損失に気付かないDDDもDDDである。この罪を告白されたDDDはSカルゴンにゲンコツをお見舞いする。しかし盗みはそれで許すと言った。やはり最期は違うね。余談ながら、この後のDDDの驚愕の行動は一見の価値在りである。黒澤明の「生きる」のパロディを織り交ぜた感動シーン(ギャグの筈が)なので見逃したと言う方は是非とも観ていただきたい。

「羊達は沈黙せんのだなぁ」

  • 第43話「ヒツジ達の反逆」発言者 - パーム
さり気無く映画のタイトルを出している。ハンニバルシリーズの「羊たちの沈黙」。しかし話の内容には全く関係無い。

「毛を刈られ、料理されて食われる羊の運命はあまりに残酷で悲しい」

  • 第43話「ヒツジ達の反逆」発言者 - アモン
家畜が明確な自意識と知能を持って人語を解したらこんな事を言うのだろうか。実際、この作品内では羊は最も不幸な存在として描かれる。魔獣や恐竜に事ある毎に喰われ、村の主な産業として食肉にされ(しかもDDDは不味いと言う)、挙句の果てにデスタライヤーの空爆で半数が焼死してしまう。このアモンも「DDDのディナー」として選ばれ、生きたままワドルディに斧で分断される寸前で逃亡した。ならば劇中のような反乱を起こした理由も判る。しかし羊は羊であった。

「鳴かぬなら鳴かせてみせよう星の戦士」

  • 第43話「ヒツジ達の反逆」発言者 - アモン
豊臣秀吉も真っ青。

「植物野郎は動きもしねえで無駄に何年も生きてんだ」

  • 第44話「ウイスピーの友・アコル」発言者 - トッコリ
自然環境を考えない人間の言いそうな台詞を小鳥さんが言っています。ウイスピーの友アコルは樹齢800年の老木だそうだ。しかしこのアニメの世界では大した事無い筈である。

「ゴルフコース建設の為に森を丸裸にすると言うワシの夢がついに実現ZOY」

  • 第44話「ウイスピーの友・アコル」発言者 - DDD
待て待て待て待て!!ゴルフコース建設じゃなくて森を丸裸にする方が夢かい!ああ、もしかして宝そのものよりも宝探し自体に意味があるとか言うのと同じですか?しかしこの場面で過程と結果を逆転させたってしょうがないでしょーが。環境破壊の王者め。

「怖い物知らずの子は思いやりの心が育たないからね」

  • 第45話 「真夏の夜のユーレイ! 前編」 発言者 - タゴ
その通り。しかしやはり子供向けアニメで視聴者に向けて言う台詞ではない。ああ、一緒に観ているお父さんお母さんに向けてですか。それとも、筆者のようないい年扱いて何度も観ている人に向けてですか?ええ、構いませんとも。だって万人向けアニメなのだから。

「つまり、色々な事をこじつけて」「要は大人が楽しみたいって訳だ」

  • 第45話 「真夏の夜のユーレイ! 前編」 発言者 - フーム、ブン
肝試しの意図を読み取ってしまっている子供。脅かす側も大変だ。しかしこう言った行事は脅かして楽しみたい側と脅かされる側の不協和が付き物である。脅かされる側は別の意味で大変なのさ。

「しみったれ!ケチ!守銭奴!強欲者!悪徳金融業者!」

  • 第45話 「真夏の夜のユーレイ! 前編」 発言者 - Sカルゴン
さすがSカルゴンだ。アニメの対象年齢と言う枠組みを軽く超えた罵詈雑言は他のキャラではそうそう出来る事ではない。ちなみに第72話でも似たようなことを言っている。

「じゃあ、今夜は死人と一緒に野宿かな」

  • 第45話 「真夏の夜のユーレイ! 前編」 発言者 - ブン
肝試しのゴールである墓場にて、雨に見舞われたフーム達。しかしこんな所で上手い事言わなくても良かろうが・・・。

「私の理性が崩れて行く・・・」

  • 第46話 「真夏の夜のユーレイ! 後編」発言者 - フーム
未知の現象を前に、この台詞の後フームは絶叫し、カービィを置いて逃げてしまう。恐怖による極限状態を表現しているが、真の恐怖はこれからであった。と言うか、この回は怖い。『サイコ』『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のパロディを盛り込んだ、とにかく視聴者の子供が泣き出す事も厭わない演出により、これは一体何のアニメか?と言う疑問すら抱かせる恐怖感を醸し出している。・・・と言う部分が遊び心で作られたオマケ程度なのだから(メインはいつも通り魔獣との戦い)やはりこのアニメは恐ろしい。

「10人以上ですから・・・たくさんです!」「も~う、野蛮と言うか単純と言うか馬鹿と言うか・・・」

  • 第47話 「帰れ、愛しのワドルディ」発言者 - ワドルドゥ、Sカルゴン
城内のワドルディの数を数えるSカルゴン。しかし1580人まで数えたところで「判らなくなっちまったでGES」なので、隊長のワドルドゥに聞いてみる。しかし返答はコレである。結局の所、城に何匹のワドが居るのかは謎のままである。

「無駄は一切省き、本気で改革に臨むZOY」

  • 第47話 「帰れ、愛しのワドルディ」発言者 - DDD
ワドルディを大量解雇するDDD。現場を知らない無能なお偉いさんの言いそうな事である。それが自分の首を絞める結果となる辺り、やはりこのアニメは深い。

「ったく観光客と言うものは・・・」「礼儀を知らないでGESな」

  • 第48話「プププランド観光ツアー」発言者 - DDD、Sカルゴン
この回は観光客のマナーの悪さを指摘する回であり、これはそれを象徴する台詞と言える。DDD達にすれば、身から出た錆と言うか、自業自得なのだが。

「観光客にこの村のありのままの姿を見せるのよ」「そうすりゃ二度と来ねえか!」

  • 第48話「プププランド観光ツアー」発言者 - フーム、ブン
二度と来たくなくなるありのままの姿って・・・。フームよ。ブンよ。自分達の故郷にそのような言い方をしてどうする。

「特にふとったオヤジが気に入らない」

  • 第48話「プププランド観光ツアー」発言者 - 観光客のおたより
ごもっとも。

「アニメってヒラメやサメやワカメと違うの?」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - kwsk
のっけから大ボケをかますkwsk。村長から普通のツッコミを受け、「ギャグなのに・・・」と返すが怪しいものである。

「アニメは才能が無くとも作れると言う証拠に!」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - DDD
アニメ製作現場をリアルに描いたこの回はアニメカービィ屈指の名エピソードであり、こんな台詞はまだまだ序の口なのであった。

「カービィ、あんたってやっぱりヒーローってガラじゃないわ」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - フーム
いきなり何を言うんですかフームさんwww。このアニメはヒーローであるカービィが魔獣を倒していくアニメでしょう?それを否定しちゃってどーするの!?(42話のSカルゴン風)。確かにカービィは格好いいより可愛いの方が合っているが。

「簡単さ。主人公を戦わせればいい」「ドラマはみなそうさ。登場人物が戦えば誰でも興味を持つ」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - パーム
ぶっちゃけ過ぎである。確かにそうだが、そう言う事をこのアニメで言うべきなのか。

「テーマは善と悪の戦いだ」「悪い宇宙人とヒーローの喧嘩だ」「そんなありふれた話・・・」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - パーム、ブン、フーム
あ、ありふれた話って・・・^^; このアニメもその部類だろーがよ!(92話エスカルゴン風)。そしてこの後、30分アニメ1話分のシナリオを一晩で書き上げたパームの執筆力には脱帽せざるを得ない。やはり大臣は多才なのだろうか。

「才能は無いけど根気だけはある物好きは腐るほど居るでGES」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - Sカルゴン
黒過ぎである。Sカルゴン・・・それは思っても言ってはならん台詞では・・・。

「だらしねえスタッフを急かして働かせる役目さ」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - トッコリ
「製作」の仕事を任されたトッコリ。しかし仕事内容がぶっちゃけ過ぎである。だからこのアニメは表向きは子供向けと何度言えば。

「好きでやってる連中は給料安く済むでGESな」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - Sカルゴン
だから黒過ぎだとwww。既に自虐ネタの域に入り込みつつある。

「アニメーターにも基本的人権はありますぞ!」「黙れ!我が国は飽く迄独裁国!悪の枢軸ZO~~Y!!」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - ボルン、DDD
アニメーターの心の叫び&問題発言。「アニメーターに人権なんか無い」等ととんでもねー事を言う輩に対してなのか。そして自ら悪の枢軸を名乗る国家も珍しい。ちなみに「悪の枢軸」というのは当時のアメリカ合衆国大統領ブッシュの有名な言葉であり、本セリフが放送されたのもブッシュ大統領の発言の8ヶ月後と当時の時流に乗ったセリフであった。

「放送は7:30だ」「こんな朝早くに観る人いるんですかな?」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - 村人
や、や、や、やめてwww脳味噌破裂するwwww。このアニメの放送時間こそ朝の7:30。既にアニメ内にてこのアニメの存在意義を否定しつつある。現に執筆者も録画して観てました。

「絵が酷いのはキャラデザイナーの所為ZOY」「作画監督も酷かったでGESからな」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - DDD、Sカルゴン
凄まじいまでに作画崩壊を起こしているアニメに対して。しかしこう言う台詞が子供向けアニメから飛び出すのは恐ろしい。それでも素人でありながら僅か2~3日でアニメを造り上げた村人達は称えられるべきであろう。・・・出来はともかく。

「ぶっつけ本番でアフレコとは、正気の沙汰ではない」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - メタナイト
確かにその通りなのだが、アフレコ黎明期はそんなこともあったようで…。現実は小説より奇なりとはこの事か。

「戦いの最中にこんな話ダラダラするなんて酷ェシナリオだぜ」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - ブン
アニメが原作に追いつくとよくある事。ここから大臣一家による現代アニメ批判が幕を開けることになる。

「わし等はどこに・・・」「逝っちゃったんですかな・・・?」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - ボルン、村長
放送されたアニメ内にてボルンと村長が消失した際の台詞。本来は「行っちゃったんですかな?」が正しいものの、シチュエーション的に「逝」の字がマッチングし過ぎなので大体こう読まれる。

「ああ~もうじれってえアニメだな・・・!」「さっきから全然動かないで突っ立って喋ってばかり!」「動かすのが大変だからお喋りして誤魔化してるんだ」「しかも動いてるのは口だけ!」「でもほら、カメラワークはあるわ」「動いてるように見せ掛けてるだけ!これじゃ詐欺よ!」「こう言うアニメは安く作れるね」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - 大臣一家
もう言いたい放題。近年のあれやこれやのアニメを批判している模様。一体どれだけの作品が当てはまるのやら…。

「お金も時間も無いんだからしょうがないでGESょ」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - Sカルゴン
上記の批判に対しての発言。自虐しつつも反論、そして本音なのかフォローなのか。恐ろし過ぎるアニメである。

「やった!あれぞファイヤーDDd・・・チッ!締まらないなこれでは・・・」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - メタナイト
メタナイト様、ノリノリである。ホントに締まらな過ぎだ。

「死んでも合わせるのが声優ZOY!」「え~い!こうなったら得意のアドリブで誤魔化すでGES!」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - DDD、Sカルゴン
声優の底力。確かにSカルゴン役の龍田さんはアドリブが得意だ。

「出来のいい作画だZOY」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - DDD
まあ・・・その前に比べればね。しかしそれを口に出すな陛下。

「こんなアニメでは商売にならんZOY…」「苦労が台無しでGES…」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - DDD、Sカルゴン
何とか体裁を保っていたアニメがカービィの描いた絵で止めを刺されてのぼやき。少しでも人気の出たラノベや漫画を手当たり次第にアニメ化しては、アニメ円盤が全く売れず爆死を繰り返す制作会社を暗示しているようである。

「陛下のアニメがあまりにも酷過ぎて、視聴率は0.001%でした」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - カスタマーサービス
ここまでひどいとむしろネット上の話題独占してとんでもない視聴率になりそうなものだが。

「酷さを極めると芸術ね」

  • 第49話「アニメ新番組 星のデデデ」発言者 - フーム
リアルタイムで製作されるアニメの感想。もう何と言うか・・・お疲れ様。

「うわあ!何か不気味な物が山ほど有ります陛下!」

  • 第50話「貯めるぞい!呪いの貯金箱!」発言者 - sカルゴン
大量のデデデ人形を見て言ったこと。もちろんハンマーで叩かれた。閣下は本当に嘘を言わないね。

「悪い独裁者を倒し、自由と正義の国を造ろうとする卑劣な行動ZOY!」

  • 第51話「センチメンタルカービィ!」発言者 - DDD
この人悪いっていう自覚はあるんだよな・・・。

「太っ腹は見た目だけじゃないでGESよ」

  • 第51話「センチメンタルカービィ!」発言者 - Sカルゴン
太っ腹て・・・意味違う・・・。

「何をやっても許されるのが特権階級ZOY!」

  • 第52話「悪魔のチョコカプセル! 前編」発言者 - DDD
上級国民は人を轢き殺し隠蔽を図ろうとも逮捕されない、民主主義で法治国家を標榜するこの国でさえも。
またDDDのような国王が特権を盾に好き勝手やったりするパターンは一部の国でもそれなりにあった。

「いよいよ私もレア物か…」

  • 第52話「悪魔のチョコカプセル! 前編」発言者 - メタナイト
勝手にフィギュアにされたことを抗議すべきだと憤るフームに対して驚きの返答。よほど嬉しいのか、笑いながらその場を去っていった。

(ブームに踊らされるのに懲りたと言うDDDに対して)「気づくのが遅すぎんだよなぁ」

  • 第52話「悪魔のチョコカプセル! 前編」発言者 - Sカルゴン
ナチュラルにDDDをdisるSカルゴン。

「スポーツに名を借りたフーリガン共め!」

  • 第53話「悪魔のチョコカプセル! 後編」発言者 - DDD
子供向けアニメで子供がわからない事を喋るDDD。それよりもこの話では、困った時はカービィに押し付けて、傍観者になったら自分勝手なことばかり言い出す愚民共には本当に呆れ果てるばかりだった。

「デンデデデデンデン デンデデデデンデデン いつでもトゲトゲい〜ら〜い〜ら鬼〜のデデデ〜♪ でも本当はつらいよエ〜スカ〜ルゴン♪ デデデデンデデン 笑って失敗誤〜魔〜化〜し 責任押〜しつけ ホント 自分 勝手〜♪でも愛してるよ、陛下♪ん~むっ!」

  • 第55話「ある愛のデデデ」発言者 - Sカルゴン
OPソングである「カービィ★マーチ」の替え歌。┌(┌ ^o^)┐ホモオ…

「陛下〜、いつものように怒って?怒ってくれなきゃ、イヤっ、イヤっ、イヤっ、イヤン♡」「どうなっちまったんだあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

  • 第55話「ある愛のデデデ」発言者 - Sカルゴン
何をしても怒らないDDDに対して必死で怒るように懇願するSカルゴン。この時の姿はまさに"M"カルゴンという名が相応しい。

「仕返しだー!今まで殴られた分倍返しでGESぞー!」「エヘヘヘヘヘ 遂に私の天下が来たでGESよ!絶対、ゼーッタイの保証付きでGES!」「はぁーっ、この快感ッ!陛下はもう私のモノ!今こそ1000倍で返す絶好のチャンスだ!」

  • 第55話「ある愛のデデデ」発言者 - Sカルゴン
絶対に怒らないと解るや否や豹変、DDDを全力で殴り付ける。半〇直樹かな?

「いやぁ、陛下に殴られるのは爽快でGES」

  • 第55話「ある愛のデデデ」発言者 - Sカルゴン
結局、Sカルゴンは根っからのMなのであった。

「貴様は生類憐みの法を犯した大罪によって、懲役2万年ZOY!」

  • 第53話「わがままペット スカーフィ」発言者 - DDD
スカーフィを轢いたレン村長への処罰。無茶苦茶なのはいつもの事だが、元ネタの「生類憐みの令」は殺伐とした世の中を変えようとして発布されたものであると最近は言われており、決して人間より犬を大事にせよという命令ではない。

「あんたみたいな無責任な飼い主がいるからペットが野生化してみんなが迷惑するのよ!」

  • 第53話「わがままペット スカーフィ」発言者 - フーム
飼いきれなくてスカーフィを捨てたDDDにフームが一喝。今の日本では野生化することは少ないものの未だに殺処分は0にならず、統計に表れない"闇処分"も存在するという。ペット問題は根が深い。

「はは、はは、はは…うるさいな」

  • 第57話「パイを笑う者はパイに泣くぞい!」発言者 - Sカルゴン
肩を叩かれて気怠そうな返事。この台詞の直後、DDDにパイを投げつけられ顔が悲惨な事になる。人を嘲笑う際は周囲を警戒しましょう。

「普段偉そうにしている陛下には、毎週パイを浴びてもらうでGES」

  • 第57話「パイを笑う者はパイに泣くぞい!」発言者 - Sカルゴン
これに対して隣にいたワドルディとワドルドゥが頷いて同意。こんな発案をするSカルゴンも鬼だが、アニメのDDDはホントに人望ないな…。

「オッパイパイ!」

  • 第57話「パイを笑う者はパイに泣くぞい!」発言者 - 魔獣パワーストマック
どう聞いても上のように聞こえてしまう。これは流石にマズイ…。

「備えあれば嬉しいな☆」

  • 第57話「パイを笑う者はパイに泣くぞい!」発言者 - DDD
胃の中で溶かされそうだというのに爆弾を取り出してこの一言。サトの「備えあれば憂いなし」の発言を元にしていると思われるが、死ぬかもしれないという状況でダジャレを言う陛下の能天気さには畏敬すら覚える。

「もうーこのオヤジ全くわっけ分っかんねんだからもー」

  • 第57話「パイを笑う者はパイに泣くぞい!」発言者 - Sカルゴン
DDDを「このオヤジ」呼ばわり。危険が身に迫っているからか、繕う気がさらさらない。

「ダメで元々!人生はギャンブルZOY!!」

  • 第57話「パイを笑う者はパイに泣くぞい!」発言者 - DDD
ボケたと思ったらこの名言。陛下のキャラが全くわっけ分っかんねぇから困る。

「全治二日の重傷ZOY」

  • 第58話「魔獣教師でお仕置きよ!」発言者 - DDD
二日で治るなら軽傷です(参考:重傷…全治一ヶ月以上で入院が必要な怪我)。重傷ネタは他の話にも登場する。

「陛下のような遅れきった方が支配する国では、致し方無いのでは?」

  • 第58話「魔獣教師でお仕置きよ!発言者 - カスタマーサービス
陛下を馬鹿にするカスタマーに、「そんなに正直に言っては失礼でGESょうが!」と追い打ちするSカルゴン。どちらも人が悪い。

「ホーリーナイトメア社の学校は、子供達を閉じ込め大人しい羊のように飼いならす究極の施設でございますよ」「…つまり牢獄か?」

  • 第58話「魔獣教師でお仕置きよ!」発言者 - カスタマーサービス
学校を「そりゃ、旨いのかZOY?」と聞き返したDDDへの説明とそれに続くDDDのセリフ(無駄にイケボ)。悪事に関しては理解の早い陛下である。

「あおげば~涼しい~デデデの恩~ デデデ デデデ デデデ小学校~♪」

  • 第58話「魔獣教師でお仕置きよ!」発言者 - DDD、Sカルゴン
デデデ帝国大学付属小学校(大学も存在しないのに付属校?)の校歌。「仰げば尊し」の替え歌であり、「あおげば~涼しい~」などただのダジャレである。そのため、フームに「何この歌?」と言われている。

「危険承知で化学の実験を行う!」「ここに!硫黄と、硝酸と、木炭がある みんなコップに入れて混ぜるんじゃ よく混ざったら、火をつけろ!」「次はプルトニウムを分裂させるぞ!」

  • 第58話「魔獣教師でお仕置きよ!」発言者 - レン村長
理科の授業内容。最初に作らせたのは黒色火薬!(フームは即座に見抜いたが何人かが爆発させた、また正確には硝酸ではなく硝石[硝酸カリウム]である。)そして立て続けに核分裂実験!!こちらはフームによって何とか止められたが、罰として巨大な水入りバケツを持ったまま廊下に立たされてしまう。帽子の影響で魔獣化していたとはいえ、恐ろしいことをしでかす奴である。

「それは危険思想の歌じゃ、やめろ!やめーい!」

  • 第58話「魔獣教師でお仕置きよ!」発言者 - ボルン
生徒達が演奏した曲に取り乱しての発言。仮にも教育の場で危険思想は無いだろ…。

「フォークとスプーンを持ってこーい!」

  • 第59話「最強番組 直撃! 晩ごはん」発言者 - DDD
箸が使えないのでフォークとスプーンを要求するDDD。(自称)大王ともあろうお方が箸も使えないとは…。だが、さらに驚くべき事はキャピイ族が箸を使えることだ。鉛筆の先みたいな手でどうやって箸を操っているのか、非常に不思議である。

「ならば たらば」

  • 第59話「最強番組 直撃! 晩ごはん」発言者 - Sカルゴン
仕込みの最中に誰がうまいことをいえと

「先生おまっとうさん これがホンマのカニ魔獣の味どすえ 食べておみ~なんて」「ふんっ、アホボケカス そないな気味の悪い化けもん食えるかぃちゅうてんねん あ゛?なら己が食うたらええやねぇけえ?どやねん?」

  • 第59話「最強番組 直撃! 晩ごはん」発言者 - DDD、Sカルゴン
DDDとSカルゴンのカニ魔獣コント。プププランドに関西弁の概念があるのか?

「テレビを見るとつい夢中になってスナックもとまらな~いやめられないZOY」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - DDD
大手菓子メーカーの菓子CMのフレーズを堂々と喋る陛下。のっけから飛ばしすぎです。

「そうやって一日スナック菓子を食べて過ごす気でGESか?」「YES!」「最っ低のカウチポテト族だ…」「何ポテト?」「カウチポテト!ソファーでテレビ見てお菓子ばっか食べるアホダラのことでGESよ!」「それぞわしの理想!」「ダメだこりゃ」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - DDD、Sカルゴン
スナック菓子を食べ続けるDDDに苦言を呈すSカルゴンだが、意に介さないどころか、理想とまで言い切った。怠けることに関しては一級品である。

「おーっ? ガジロくんが暴れてるZOY」「えっ?チャンネルDDDでは映画は放送してないでGESが…?」「ナイトメア社の放送を電波ジャックしたZOY」「そりゃ犯罪でGESょうがもう」「国家ぐるみの場合は犯罪にならんZOY」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - DDD、Sカルゴン
次から次へと過激発言。ガジロが霞むレベルでヤバイ。というか適当にボタンを押しただけで電波ジャックとは凄いんだかショボいんだか…。

「ジャンクフードで生きられると思ってるでGESか!?」「旨いものを食うののは正義ZOY」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - DDD、Sカルゴン
確かに美味しいものだけ食べていたいけどねぇ…。更に「栄養が偏るでGESょうが!」と忠告されるが、当然DDDは無視。

「手ちゃんと洗ったでGESか?」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - DDD、Sカルゴン
トイレから瞬時に戻ってきたDDDを怪しく思い質問するSカルゴンだが、気になるのはその直前のシーン。リアルタイムの番組しか流れていないはずなのに一時停止してるのだ。また無駄に高度なことを…。

「死んだんじゃないの~?」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - kwsk
これは放送禁止用語でGES(第63話Sカルゴン風)。アニカビでトップクラスの知名度を誇る迷言(てか暴言?)。朝早く、しかも子供の見るアニメで何を言っているwwwww

「このまま永遠にいなけりゃ、静かでいいんじゃありませんか?」「そうじゃが…あんたそれでも警察官か?」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - ボルン、レン村長
行方不明かもしれないのに探す気0のボルン。迷惑ばかりかける奴だからそう思うのも分かるけど…。

「カービィ、太りすぎると社会的ハンデを背負いこむ恐れがあるのよ」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - フーム
多くの人が痛感する言葉である。が、カービィにそんな難しいことが解る筈もなく瞬きするだけ。フームよ、もっと簡単な言い方はなかったのか?まあ万人向けアニメだからしょうがないか。

「あのお肉分けてくれないかなぁ~?」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - kwsk
またwwwwwもう不謹慎とかの話ではない。大体、DDDの肉なんて金を積まれても食べたいと思わないだろう。

「デブの段階を通り越して…」「完全に粗大ごみになったわね」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - サモ、メーベル
邪魔な点ではゴミもDDDも変わらないが、能動的に悪事を働くDDDと比較するのはゴミに失礼。

「この醜い姿が目に入らぬか!」「んなものが入ったら大変ですがw」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - Sカルゴン、カスタマーサービス
マジレスかい!水戸黄門で悪役がこんな台詞言ったら話が成り立たないでしょうが。

「この技だけは何とかならないのー!?」「ダメだろ…」

  • 第61話「肥惨!スナックジャンキー」発言者 - フーム、メタナイト
全てを破壊するマイクカービィを対処出来ないか問うフームだが、諦観するメタナイト。あのメタナイトにこんなことを言わせるとは…。マイクカービィ、恐るべし。

「メーベルの占いより、俺の食中毒の方がよく当たるよ!」

  • 第62話「たかが占い されど占い」発言者 - kwsk
ちょっと待てwwwwwそれは味以前の問題だろうがwwwww。「ギャグよ ギャグだってば~」と否定しているが、あんたの場合はギャグにならないからやめてくれ。

「大人って結構迷信が好きなのさ」

  • 第62話「たかが占い されど占い」発言者 - ブン
占いの話ばかりする大人達を見て。とても子供のセリフとは思えない。

「デデデ陛下は辛うじてお命を取り留めてしまいましたが、全治三日の大怪我でGES」

  • 第62話「たかが占い されど占い」発言者 - Sカルゴン
テレビの前でも、大怪我をしてもこの毒舌。自重する素振りも無い。

「許せない!これは神権政治よ!」

  • 第62話「たかが占い されど占い」発言者 - フーム
評判が急上昇してきたメーベルを利用し、御託宣の名の下に暴走するDDD達を痛烈に批判。子供向けアニメで、子供どころか一般の大人でも解らないような用語が出るとは、万人向けアニメの域さえ越えかねないアニメだ。

「占いの仕事は未来を当てることじゃなくて、みんなの悩みや心配事を聞いて、相談する人の苦しみを和らげること」

  • 第62話「たかが占い されど占い」発言者 - メーベル
占いとは何かを皆に説く深い言葉。メーベルの株が上がった(と筆者は思っている)、また、簡単に噂に影響される住民の愚かさを再認識した回なのだった。

「お許しを。放送禁止用語でGES」

  • 第63話「師走のカゼはつらいぞい!」発言者 - Sカルゴン
「何とかは風邪を引かない」に対してDDDが質問した時の返答。メタ過ぎです。

「何とかとは"馬ピー"のことでGES」

  • 第63話「師走のカゼはつらいぞい!」発言者 - Sカルゴン
何とかについてDDDに問い詰められ、馬鹿をぼかしてやり過ごそうとするSカルゴン。「聞こえなかったZOY!」とさらに尋ねられるも「ズビバッテーン(すみませーん)」と、しらを切り通した。

「馬鹿は風邪引かないって言うぜ」

  • 第63話「師走のカゼはつらいぞい!」発言者 - ブン
答え合わせの時間です。"馬ピー"は無駄になりました。しかしDDDは第4話で城の堀に落下し、風邪をひいているシーンがあるのだが…。

「その原因を作ったのは誰だ!暖かい国で便利な生活をエンジョイするお前達だ!」「お前たちが贅沢にエネルギーを使うから世界中が暖かくなった!温暖化だ!」

  • 第66話「さまよえるペンギー」発言者 - ペンギー
地球同様、ポップスターでもエネルギーの大量消費による気温上昇が問題になっていると主張するペンギー。しかし彼ら自身も、快適な環境を維持する為に氷山に設置されているクーラーを稼働させているので、ブーメランになっている。

「全てはテクノロジーで解決ZOY」「金とテクノロジーで解決ZOY」

  • 第66話「さまよえるペンギー」発言者 - DDD
前者は暖房使用時、後者は冷房使用時の台詞。特に後者は屋外で日光浴をしながら冷房を付けていたのだ。さすが特権階級は考え方が違うZOY。だが、どちらの時も水をかけられて壊された。

「あの…もっかい…言ってみな?」

  • 第67話「魔獣教師2」発言者 - Sカルゴン
DDDの回想を無視してわざとらしい寝息を立て、寝起きの第一声がこれ。本音どころか完全に上から目線の台詞である。直後、DDDにハンマーで叩かれた事は言うまでもない。

「DDD be ambitious!」

  • 第67話「魔獣教師2」発言者 - DDD
学校の再建を誓った時に発したセリフ。元ネタはクラーク博士の「Boys, be ambitious.」(少年よ大志を抱け)。子供に解らない、なぜ馬鹿なDDDが知っているのかはさておき、諦めの悪い大志(野望)である。

「ええ、でも私はその前に礼儀知らずな生徒の掃除をしなくちゃなんないの!」

  • 第67話「魔獣教師2」発言者 - フーム
グレとヨタの罵声に啖呵を切るフーム。不良相手にきっぱりと言い切る、カッコいいフームの始まりであった。

「ゆとり教育の時代、気の毒なのは規則に縛られる生徒ZOY!」

  • 第67話「魔獣教師2」発言者 - DDD
これアニメで放送する内容ですかね?ゆとり教育の実質的開始は2002年。子供をのびのびと教育する事を目標とした物であり、学校側の規則を緩和する事で、自主性の成長を促進させる狙いがあった。DDDはこの事を言っていると思われるが、ゆとり教育はその内容によって百家争鳴の騒ぎとなった。週休二日制もその一つで、後半頃からこのアニメをリアルタイムで見られるようになった人もいるのでは?そんな当時の教育方針を纏めた台詞である(お馴染みの情報操作による虚偽の報道が目立たないほどに深い)。

「かわいいわね、脅してるつもりだろうけど、おねしょは治った?」「まだおむつしてるから大丈夫?」

  • 第67話「魔獣教師2」発言者 - フーム
パンチョをこれでもかと煽るフーム。この後、キレたパンチョが殴りかかるも簡単に躱した。某女性教師並の格好良さである。それにしてもこの不良達、煽り耐性低すぎる上に全員自滅とか馬鹿すぎwwwww

「熱血先生がいれば解決すると思ってるのね。でも現実はドラマとは違う。先生って弱い立場なの。みんなのためと思って叱らないようにするとやる気がないと言われ、反対に頑張り過ぎると暴力教師と呼ばれる。先生はどうすればいいの?先生も力不足かもしれない、でも立場を理解してほしい。もちろん私はこんな事言う資格は無いわ。でも、先生ばかりに責任を押し付けないで!お願いよ!」

  • 第67話「魔獣教師2」発言者 - フーム
いや~、糞PTAやモンペ連中、日教組共に耳かっぽじって聞かせてやりたいですね~。学校の教師が置かれている板挟みの現状を的確に表現したこのセリフを。本当に底知れない深いアニメだ、子供向けじゃないけど。

「この二十四の瞳を捨てず残ってくれZOY!」

  • 第67話「魔獣教師2」発言者 - DDD
大人でも知っている人は少ないような小説の題名を喋るDDD。独裁者とはおよそ相容れない内容なのになぜ知っている?

「触らぬ麺に祟り無しでGES」「もっとましな台詞は無いのかZOY」

  • 第68話「勝ち抜け!デリバリー時代」発言者 - Sカルゴン、 DDD
閣下のダジャレと陛下のツッコミ。一見つまらなそうな評価だが、ちょっと笑ってしまっている。

「良き市民運動家の宿命ZOY」

  • 第69話「ウィスピーの森エコツアー」発言者 - DDD
口うるさいフームを皮肉るDDD。エコツアーを知らないのに、市民運動家を知っている理由が知りたいものだ。

「ドゥオホホwwタノシーwww」「えっ、ちょ、ちょっとすいませーん」「ウォーッハ」 「ちょっとすいませーん!あ あっ え?アアアアアァァァァァァァァ!?」「何やってるか、早く来るZOY!」「いや、いや、ちょっと、あ、ゆ、揺れるから陛下お先に」「ハハハ、臆病者めが早く来んか~!」「ちょ、ちょっとま ちょっと こわい ちょっ やめて やめ やめて 馬鹿!やめろオイ!!」「ダーッハッハッハ!横揺れしま~す!」「あーはは 助けてぇ!」「なんだこれぐらい!大揺れです~~!」「あ、あんた お、重、重いんだからさ!そんなこと…」「ハーッハッハ!ハイ縦揺れしま~す!」「ッダハ~ァ!?」「うわあぁぁぁ!だから言ったのにいいぃぃぃ!!」「て、た、た、助けてぇー!」「泳げない!」

  • 第69話「ウィスピーの森エコツアー」発言者 - DDD、Sカルゴン
スーパーアドリブタイム。ツッコミが追い付かないwwwそれにしても緒方さん(DDD役)と龍田さん(Sカルゴン役)、仲良さそうである。

「ワシらはどうしてこうも」「利用されやすいのかしらね」

  • 第69話「ウィスピーの森エコツアー」発言者 - ボルン、サト
自覚しているのなら少しは疑うなり調べるなり利用されない努力をしろ。

「ワシらは完全に遭難ZOY」「そうなんです」

  • 第69話「ウィスピーの森エコツアー」発言者 - DDD、Sカルゴン
お約束レベルのダジャレ。

「愛してたZOY」「愛してるでGES」

  • 第69話「ウィスピーの森エコツアー」発言者 - DDD、Sカルゴン
朝アニメでこれはアウトでしょ。DDDが過去形なのに対し、Sカルゴンは現在形である。これは何を意味するのか…。しかもこのシーンの左下にある花が妙に卑猥なものに見えr…

「こりゃあクジラー!このデデデ大王が直々にウォッチングしに来てやったZOY!面を上げぃ!」「はっ クジラが分っかる訳無いだろうがよ」「おお見ろ!エスカルゴン!ワシの言う事を聞いたZOY!」「偶然だよ偶然」

  • 第71話「密着!ホエール・ウオッチング」発言者 - DDD、Sカルゴン
正論だけど目上の者に向かっての発言とは思えないタメ口連発。

「私たち陸の生き物のせいよ。便利に暮らした代わりに、海をこんなに汚していたんだわ」

  • 第71話「密着!ホエール・ウオッチング」発言者 - フーム
海洋汚染の現状を突き付けられ、肩を落とすフーム。現実でも漂流ゴミやマイクロプラスチック等問題は深刻化する一方である。

「イルカはいるか~でGES」「オルカはおるかも~ZOY」

  • 第71話「密着!ホエール・ウオッチング」発言者 - DDD、Sカルゴン
海では定番のダジャレか…って思ったらこれだよ!オルカはシャチの英名。ハイレベル過ぎるダジャレの返答である。

「ゴミは兵器として再生されたZOY」「クジラを"原始"力潜水艦に改造したでGES」「名付けてノーチラカス号 我が国もこれで原潜保有国ZOY」

  • 第71話「密着!ホエール・ウオッチング」発言者 - DDD、Sカルゴン
海の狂犬が脳卒中になりそうなセリフの数々。ゴミを潜水艦にリサイクルしたDDD達の謎の技術力(魚雷まで搭載していた)。船名は「海底二万里(マイル)」に登場する万能原子力潜水艦(前記の小説にちなんで命名された世界初の原子力潜水艦の可能性もある)ノーチラス号と「No 散らかす」のもじり。原子も原始も略すと同じ原潜だからといって誰がうまいことを言えとwwwwww 子供にはサッパリ解らないシーンでした。

「じゃあ、ワシがお茶を飲みたい時は?」「自分でやれば」「おやつは?」「自分で食べれば」「食事は!?」「自分…」「皿洗いは!?」「自分…」「洗濯は!?」「あ…」「アイロンがけは!?」「あ…」「おむつの取り替えは!!?」

  • 第72話「ワドルディ売ります」発言者 - DDD、Sカルゴン
ワドルディがいなくなってSカルゴンにあたるDDD。最後のおむつの取り換えってまさか…。

「そして誰もいなくなったZO~Y」

  • 第72話「ワドルディ売ります」発言者 - DDD
そのSカルゴンさえ消えてしまった。元ネタはアガサ・クリスティの長編推理小説の題名「そして誰もいなくなった」から(同人ゲームの弾幕シューティングではない)。わかる人いるのか?

「DDD、こうなったら生きて見せます 二度と飢えるませんZO~Y」発言者-DDD

  • 第72話「ワドルディ売ります」発言者 - DDD
これは映画「風と共に去りぬ」のパロディでこのセリフを発したシーンまで似ているのだ。はるかぜとともにのEDテーマアレンジまでかかるのだが、フームから「何よ!全然余裕だわ!」と言われ、ワドルドゥも「陛下は懲りないお方ですから…」と呆れられていた。

「いやZOY!I'll never be hungry again ZOY!」

  • 第72話「ワドルディ売ります」発言者 - DDD
これも「風と共に去りぬ」のパロディ。子供にこんな英語解りません。DDDが馬鹿なのか疑わしくなる。

「二年近くにもなるとネタ切れのようでGESな」

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - Sカルゴン
のっけからメタ発言をする閣下。脚本の本音だろうか。

「イカなどいかがで?」「ダジャレ言ってる場合じゃないでゲソーが!」

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - カスタマーサービス、Sカルゴン
閣下、あなたもダジャレ言ってます。なかなかうまい掛け合いである。

「そりゃあ陛下は卑怯で野蛮でGESが、いじめの手を抜いたりはしないでGESよ」

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - Sカルゴン
フームの警告に対する擁護なのに、本音全開でまったくフォローになってない。ネタ切れでも閣下節は絶好調です。

「あのねぇ!寿司は職人が作ったものをすぐ食べるモンだよ!電車じゃあるまいし、ネタを風にさらすのは料理人の誇りが許さない!!」

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - kwsk
迷言(暴言)ばかり言うkwskが回転寿司を料理人の矜持に反すると断言。これにはフーム達も「まぁ、カワサキ!」「お前にも誇りがあったのか!」と称賛した。ようやくkwskの株も少しは上がる…

「でも…儲かりそうだからやりまっすー♪」発言者-kwsk

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - kwsk
…って考えたそばからこれかい!!フーム達もずっ転けた。おい、料理人の誇りとやらはどこに行った!!やはりkwskはkwsk、信じた方が馬鹿なのだ。

「旨そうだ」「うん」「卿!私共も」「愚かな民の仲間入りをするのか」「はぁ…」

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - ソードナイト、ブレイドナイト、メタナイト
回転寿司への誘いを愚かと切り捨てるメタナイト。いくら流行に乗るのが戦士として恥ずべき事だとしても、食事くらい自由にしたって…。とても残念そうにため息をつく二人だった。

「回転寿司を食べない奴は反逆者!内部告発者!アーチストZOY!!」「おい、アナーキスト」

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - DDD、Sカルゴン
子供が理解不能な言葉を連発する陛下。間違えたとはいえ、アナーキストなんて大人でも知らないと思います(アナーキスト:無政府主義者)。そもそも全部意味違うし。独裁者ゆえ、この手の単語を知っているという事だろうか?

「あ、そうそう、カタツムリ寿司~」「共食いさせる気か!?」

  • 第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - Sカルゴン
カタツムリに敏感に反応するSカルゴン。なぜネタにした?

「イカがかな~!」「いーイカんじでゲッソ!」「これよりイカ(以下)、イカスパーク」「よ~、イカすZOY!」「待ってたでゲッソー!」「イカすー!」「ゲッ、まっずそ!こりゃ食えないでゲッソー」「ゲッソり…」「イカん、イカりのあまりワシはイカいよう(胃潰瘍)になりそうZOY」「イカに復讐スルメでゲソ」「大丈夫!スルメ寿司の材料にするといイカも」

第73話「まわれ!回転寿司」発言者 - 魔獣スクイッシー、Sカルゴン、DDD、kwsk
イカ(スルメ)のダジャレのオンパレード。もういイカげんにして下さい。

「モスガ~バ~ヤ モスガ~バ オッキイ~ケレド ド~テンニ~ン(堂天任=任天堂) シシャ(支社)ハ~ カンダ(神田)ノ~ ビ~ル~(ビル) チッチャイ(小っちゃい)ナ~ ヤマナ~シ(山梨) ケンハル~(研HAL=HAL研究所)ハ クイモン(食いもん)ニ~ コマルヨ~(困るよ) モスガ~バ~ヤ モスガ~バ モスガ~バ~ヤ モスガ~バ ヤッ!」

  • 第74話「モスガバーの逆襲!」発言者 - ザ・ツインナッツ
内輪ネタ満載の「モスガバーの歌」。元ネタは「モスラの歌」…というよりこの話はタイトルから登場キャラ、挿入歌、果ては一部演出まで映画「モスラ」のパロディなのだ。〇映が見たら確実に訴えられそうなんですが…。

「風邪ひいちゃって、くしゃみすると鼻水が料理に垂れるんだよね~」

  • 第74話「モスガバーの逆襲!」発言者 - kwsk
ガスに料理を出しながら驚愕の発言。「うわぁ、きったねーー!!」と言われ、同じく店内にいたパーム・メームにも逃げられた後、「あ~今のギャグよ!ギャグだってば~!」と弁明。飲食店経営者としてこれはギャグでも許されるものではない。

「あっ、これゴジラ!」

  • 第75話「夢の恐竜天国!前編」発言者 - ホッヘ
2回連続で〇映に喧嘩を売るのはマズイですよ!!

「1+1は?」「2!」「3!」「空から降ってくる水は?」「鳥のおしっこ!」「世界で一番間抜けは?」「デデデ陛下!」「次の間抜けは?」「エスカルゴン!」

  • 第75話「夢の恐竜天国!前編」発言者 - ドクター・モロ、DDD、Sカルゴン
研究助手を申し出たDDD達へのテスト内容。このアホさ故遠まわしに断られた。ギャグなら及第点だったかもしれない。

「そんな映画なかった?」

  • 第75話「夢の恐竜天国!前編」発言者 - メーム
恐竜のテーマパークが開園したニュースを聞いてのセリフ。勿論元ネタは「ジュラシックパーク」。またこのテーマパークはUSJの某アトラクションを模倣しており、演出のクオリティがやけに高い。

「へ、陛下!~私を捨てるでGESか~!?」「当然!我が身大事ZOY!」「え、永遠に離れないと誓った夜をお忘れでGESか~!?」「すっかり忘れたZOY!!」

  • 第76話「夢の恐竜天国!後編」発言者 - DDD、Sカルゴン
あのさぁ…これ朝アニメなんだよね。とんでもない悪ノリである。

「支配者がいかにアホで能天気かをバラし、自由と平等の民主主義国家を打ち立てようとしておるZOY」「偉大なる独裁者として、反政府運動は徹底的に弾圧せねばならんZO~Y!!」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - DDD
フームの不審な行動(風景を描いてるだけ)を反政府運動と決め付けるDDD。政治(ごく一部)に関しては饒舌な悪の支配者だ。

「スケッチとはどんな反政府活動ZOY?」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - DDD
悪事以外の知識は0なので、何でもかんでも反政府活動に結びつけてしまう。頭の残念な独裁者である。

「ワシをなめたら逮捕ZOY!」「あなたなんか誰が舐めたいもんですか」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - DDD、フーム
フームらしからぬ返答。「なめる」の意味が違います。

「あー、テロリスト諸君に告げる。無駄な抵抗は止めるがよいZOY!」「武器を捨てて解散しなさーい!」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - DDD、Sカルゴン
村の展覧会を放水に催涙ガスというガチの方法で鎮圧し投降を呼びかけるDDD達。なんでそんな所の描写がリアルなんですかね…。

「陛下に芸術が分かったら変です」「カービィとデデデだけは無理だよ」「あの二人は放っておきましょ」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - レン村長、ブン。メーベル
展覧会を破壊したDDDだけでなく、カービィまで馬鹿にされる。いつも助けてもらっておいてこの仕打ちはあんまりだ。

「箱だけ作って中身を考えない箱物行政ね。知恵のない役人のやること」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - フーム
短時間で建設された美術館に手厳しい評価。朝アニメで行政なんて単語が飛び出すのはアニカビぐらいだろう。

「これはワシZOY。ワシは大スターだから、真ん中に大きく描いてかわゆいZOY」「遠近法でなく、遠近両用眼鏡で描いたZOY」「これはワシの城で、エスカルゴンがう○ちをしているゾイ」「これは村長と羊ZOY」「これはカービィで、ご飯を食べ過ぎたカービィがう○ちをしている、クソリアリズムZOY」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - DDD
自分の描いた絵を解説するDDD。その酷すぎる絵と内容に一同大爆笑。

「貴様ら!ワシの芸術を笑うのか!!」「笑う奴は懲役一万年、負けてやっても拷問ZOY!!」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - DDD
上の反応に対して脅してみるものの、全く効果はなかった。

「このうつけ!破廉恥!唐変木の大戯け!」

  • 第77話「ロイヤル・アカデデデミー」発言者 - Sカルゴン
レンタルした絵をすべて書き換えてしまったペイントローラーを罵倒するSカルゴン。よくもまあそんなに思いつくものだ。

「全くほこり高き城ZOY」

  • 第78話「発進!エスカルゴン・ロボ」発言者 - DDD
埃と誇りを掛けたダジャレ。埃はあっても誇りはどこにある?

「元の心優しい…心優しい科学ーのー子ーに戻るでGESよ~!」

  • 第78話「発進!エスカルゴン・ロボ」発言者 - Sカルゴン
エスカルゴン・ロボ2を止めようと呼びかけている時のセリフ。実はこの話の初回放送日(2003年4月19日)の少し前が鉄腕アトムの誕生日(2003年4月7日)とされていて、それを踏まえての発言なのだ。というよりアトムの誕生日ってそんな前だったのか…。十数年たった今でも心を持った人工知能はおろか、あれ程高機動なロボットや小型原子炉さえ影も形もないというのに…。

「とんでもない!直ちに治安維持法を発令します!」「そんな法律あったっけ?」

  • 第79話「ボンカースあらわる!」発言者 - ボルン、メーベル
その法律は危険すぎます。治安維持法は1925年に普通選挙法と同時に制定された法律。元々は共産主義の抑止が目的だったが、後に国家に従わないと警察が「考えただけ」で逮捕されるようになった。思想や言論の自由を弾圧する悪法として名高い。

「あれは暗殺者だ!そういう目つきだった!」「というより地上げ屋かもしれん!でなければ取り立て屋かも!」「マフィアかもね!」「いや、ターミネーターだよ~!「ターミネーチャン?何よそれ?」「何!?ターミリンちゃんの取り立て屋!?」

  • 第79話「ボンカースあらわる!」発言者 - キュリオ、ボルン、メーベル、kwsk、フーム、DDD
ボンカースの印象を口々に語る住民達(フームとDDDは伝聞)。ターミネーターはマズすぎる…。

「んじゃ、すんごく売れてるとか言うアニメでも見るとすっか~」

  • 第79話「ボンカースあらわる!」発言者 - サーカスの団長らしき男
アニメ内でこのアニメの宣伝www 現実は売れ行きが振るわず半分以上が未収録のまま打ち切りになっている(DVD版)。レンタルVHSは全話存在するが一部セリフがカットされている[国家ぐるみ 等]。Wiiでの配信もすでに終了しているので、今からアニカビを視聴する場合はVHSを探すか動画サイトにアップされているもの(当然違法ではある)を見るしかない…。

「さよ…おなら」

  • 第79話「ボンカースあらわる!」発言者 - ボンカース
ププビレッジを離れるラストシーンでこのセリフの区切り方は悪意がありすぎる。

「カスタマー、そりゃ何ZOY?」「んはぁ あ、これ?陛下がお住みになるド田舎では不要のものでございます」「またホントのことをストレートに!」「我がプププランドは都会の悩みに苦しんでおるZOY!」「エ?キコエマセンデシタ」「羊が邪魔して車が走れん!」「ははっそりゃモロ田舎の悩みでGESょ~が ハハハハハハハハハハ」

  • 第80話「強壮!ドリンク狂想曲」発言者 - DDD、カスタマーサービス、Sカルゴン
全く遠慮のないカスタマーに本音をぶちかますSカルゴン。この二人に自重の二文字は無さそうだ。

「食品安全省認可のマークがない!?」「そんなもんあったら余計不安ZOY!」「でも万が一、これ以上陛下がアホになったら迷惑するのは私でGES」「その心配はわかる」

  • 第80話「強壮!ドリンク狂想曲」発言者 - Sカルゴン、DDD
心配がわかるのか…。という事で住民達を実験台にするDDDでした。

「一本いっとく?」「ファイトーいっぱーつ!」

  • 第80話「強壮!ドリンク狂想曲」発言者 - ボルン
どこかで聞いたことのあるフレーズですね…。

「果糖ブドウ糖、高麗人参エキス、環状オリゴ糖」「ニコチン酸アミド、パラオキシ安息香酸?気休め程度の成分ばっかりね…」

  • 第80話「強壮!ドリンク狂想曲」発言者 - キュリオ、フーム
パワップDの栄養成分。これらは実在する物質だが、こんなこと言われたって一般人が解るわけないです。

「世界は愛で救えん!」「デデデが世界を救うZOY!」

  • 第80話「強壮!ドリンク狂想曲」発言者 - DDD
某チャリティ番組の当て付けかな?

「さぁカービィ。パワップDを飲んで、24時間戦いぬこう!」

  • 第80話「強壮!ドリンク狂想曲」発言者 - フーム
魔獣のためとはいえ、危険と知りながらパワップD(実際にはパワダウンE)を飲ませるフーム。平和のためなら手段を問わない腹黒さが垣間見える。
最終更新:2020年09月28日 00:56
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。