※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…モ……モモ…モモ……」
自分の名前を呼ばれた気がして、私、東横桃子は目を覚ましたっす。
「……せん、ぱい?」
目を開くと、私の前には先輩――加治木ゆみ先輩が立っていたんす。
「先輩?……本当に先輩なんすか!?」
死んだと思っていた先輩が、今、私の目の前に立っている。
それが嬉しい半面信じられなくて、私は思わず問いかけました。
そしたら先輩は、私の肩に手を乗せてフフッと笑ったっす。
「ああ、私だ。モモの事が心配でな、来てしまった…」
「先輩……せんぱぁい!!」
先輩が言い終わらない内に、私は先輩の胸に飛び込んだっす。
それでギュウッと力いっぱい先輩の体を抱きしめると、先輩も私の肩を優しく抱いてくれたっす。あったかい。
「なあモモ……、私に何かして欲しい事は無いか?」
そのまま先輩に抱きついていると、先輩がそんな事を言ってきたっす。
「ずっと…ずっと私の側に居て下さい。いつまでも先輩とこうしていたいっす」
今の私の願いはそれだけでした。でも、先輩はゆっくりと首を振って言ったっす。
「それは、出来ないんだ。私は、もう死んでしまっているからな。ここに居られる時間も限られている」
あ……そうか。
ちょっとショックでしたけど、私も頭のどこかでその答えは予想していたみたいで、取り乱したりはしなかったっす。
「じゃあ……、キス、してもいいっすか?」
何か短い時間で出来ることをって考えて、私はそんな事を先輩にお願いしたっす。
「ああ、いいぞ」
もしかしたら軽蔑されるかもって、ちょっと心配したっすけど、先輩は快くOKしてくれました。
「それじゃあ……ん」
んちゅ
目を閉じて先輩に顔を寄せると、唇同士が触れ合う柔らかい感触が伝わってきたっす。
「ん……」
お互いの鼻の息がかかって少しくすったかったっすけど、私達はそのまま唇同士をくっつけた感触を楽しみました。
「ん、ちゅ」
えーっと、もしも恋人同士とかだったら、この後どうするんでしたっけ?
ここまで来ると欲が出てきて、私はとりあえず閉じたままだった口を少し開け、舌を先輩の上唇と下唇の間に割り込ませてみたっす。
「ふっ……ん」
先輩は少し驚いたみたいっすけど、拒絶したりはせずに私の舌を口の中へ受け入れてくれました。
「れろ……れろ……じゅる」
口を開けた状態なので垂れてくる唾液を啜りながら、私は先輩の口の中を味わったっす。
でも先輩、拒まれなかったのは嬉しかったっすけど……。
先輩は私にされるがままで、自分から舌を動かそうとはしてくれないみたいでした。
それが少しだけ不満で、私はちょっといたずらしてやれって思って、先輩の胸を揉んでみたっす。
むにゅ
「あふっ!?」
そしたら、今まで動かなかった先輩の舌が跳ねて、私はやったとばかりにそこへ自分の舌を絡めたっす。
れろれろ
むにゅむにゅ
れろれろ
むにゅむにゅ
そんな感じで先輩の胸を揉みながら、私は先輩とのディープキスを楽しんだんすけど……。
そろそろ息が苦しくなってきて、もったいないと思いつつも私は先輩から顔を離したっす。
「ぷはっ」
「……あ……あれ?」
そして目を開けた私の視界に飛び込んできたのは、先輩ではなくてゴスロリさん、もとい憂さんでした。

改めて今の状況を確認すると、なんと私が憂さんを押し倒していたっす。
憂さんは頬を上気させて、少し苦しそうに息をしていました。
むにゅ
「あっ!」
私の手は憂さんの胸に乗っていて、思わず私が手を握ると、憂さんの舌が少し開いていた憂さんの口の中で動いたのが見えたっす。
「お、おはよう」
「え?……えええええ!?」
そろそろ、私も気付いて来たっす。
つまり、今までのは夢?
じゃあ、さっきまで感じていた唇や胸の感触は!?
「桃子ちゃん、寝惚けてたみたいだね」
「わ、わわ」
「わ?」
つまり、私は寝惚けながら憂さんを襲って立って事っすか!?
「あ、あの、わ、わわ、私……」
「あ、えっと大丈夫。気にしてないよ。寝惚けて私を“先輩”と勘違いしたんだもんね?」
「わー!わー!!わー!!!」
その後の事はなんかよく覚えていないんすけど、後から憂さんに聞いたら、暴れ出した私をルルさんが一喝して鎮めたんだそうっす。
でも全然覚えてないんすよね……。




何か思いついちゃって書いてみたものの、絶対本投下とかあり得ないんでここに落としておきます
今思うと、魔が差したとしか思えないなこれ
最終更新:2010年01月27日 03:03