四字熟語バトルロワイヤル のルール・マップ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【マップ】



C-3に屋上駐車場へのスロープがあります



【基本ルール】


(以下、ルールのおさらい用紙の内容を記述)


〇、”終了条件”

この実験の終了条件は、「娯楽施設の中において、最後の一人の生者となること」です。
最後の一人になった参加者は実験から解放され、後述の記憶操作で失った記憶を取り戻します。

一、”記憶操作”

参加者は全員、四字熟語になっていただくために、自身の本名と人間関係に関する記憶を失います。
ただし記憶というものは複雑なので、
厳密には「この記憶があると、四字熟語としての行動に影響を及ぼす」とこちらが判断した記憶を消させていただきました。

二、”娯楽施設”

実験は仮想ショッピングセンター「娯楽施設」にて行います。
行動可能な範囲は施設内と、施設併設の駐車場のみ。
施設の外に出ることは不可能です。また、「娯楽施設」内の商品などは無償で提供されています。

三、”基本支給品”

参加者に渡されるデイパックの中には、
「施設の概略を記した地図」、「顔写真つき名簿」、「ルールのおさらい用紙」が基本支給品として入っています。
そして加えて、ランダムに「武器」を一つ支給することとします。

四、”店内放送”

この実験に参加した一七名のうち、五名が死亡するごとに、娯楽施設内に「店内放送」が流れます。
店内放送では死亡した四字熟語の発表と、禁止エリアの発表を行います。
また、店内放送で呼ばれた四字熟語は、その時点で消えたものとして扱われます。

五、”禁止エリア”

一回につき二エリアが店内放送で指定され、そのエリアは放送の一時間後から禁止エリアとなります。
また、第三放送の後。エリアが残り三つとなった後は、二時間に一つずつ禁止エリアを増やしていきます。
禁止エリア内に入ることは許されません。入ってしまった場合、十秒の待機時間のあと、後述の首輪が爆発します。

六、”首輪”

参加者は全員、奇々怪々な爆薬の入った首輪を首に装着します。
首輪が爆発してしまう条件は三つです。
  • 一、禁止エリア十秒以上入ってしまった場合。
  • 二、二十四時間の間に参加者が一人も死ななかった場合。
  • 三、主催陣営から見て、実験に不適格な行動・言動をとったと判断された場合。

七”その他のルール”

そのほか、進行状況によってルールの追加が必要であると判断された場合、
臨時の放送を開いてルールを追加する権利が主催側にはあります。

主催陣営 進行役 奇々怪々


【ルール能力について】


参加者は四字熟語としてのルール能力を主催側から与えられている。
  • (例:奇々怪々……《理解無用の不思議な力を使える》、など)

ルール能力は能力である前にルールなので弱体化や無効化はほかのルール能力以外ではありえない。
この実験では、参加者は「自分を含めて」、誰がどんなルール能力を持っているのか知らないままに実験を開始する。
また、四字熟語ロワでは、ルール能力によって起こっていると確定している事象について《》を使って表記する。


SSテンプレ

折りたたみの中がテンプレです
+...

タイトル


本編


[[]] 前のお話
次のお話 [[]]

前のお話 四字熟語 次のお話
名前 [[]]
名前 [[]]

用語解説

【用語】





最終更新:2013年02月05日 01:34
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。