五輪サッカー男子 韓国選手の竹島メッセージ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

2012年8月10日、日本代表との対戦となったロンドン五輪男子サッカー3位決定戦の試合後、朴鍾佑(パク・チョンウあるいはパク・ジョンウ)選手は「独島(竹島の韓国名)はわれわれの領土」と韓国語で書かれたメッセージを掲げるという行為を行った。
これはオリンピック憲章が禁じる政治的主張に当たるため、国際オリンピック委員会は調査に乗り出した。

同時に朴には表彰式に出席しないよう要請し、銅メダルの授与を保留した。
また、同様に政治的アピールを行うことを禁じるFIFAも別個に調査を開始した。

 ↓

朴選手の行為は「偶発的な行動」

朴選手の行動については、サポーターから「独島はわれわれの領土」と書かれた紙を受け取ったもので、
「意図的な行為ではなく、偶発的な行動」と主張。韓国オリンピック委員会に対し、善処を要請するよう求めた。
「独島はわれわれの領土」と書かれた紙を朴鍾佑が持ってくると、チームメイト皆がにこやかに出迎える

韓国ネットユーザーら、「旭日旗のほうが問題だ」

輪男子サッカー韓日戦勝利の主役の朴鍾佑(パク・ジョンウ)が「独島(トクト、日本名・竹島)セレモニー」により
表彰式に参加できなくなるとネットユーザーらが日本の「旭日旗」の使用を問題にしてIOCなどに正式に抗議する姿勢を見せている。

ロンドン五輪サッカー男子3位決定戦の試合会場で、旭日旗は使用されました。

しかし、旭日旗を使用したのは外国人の方でした。

日本体操選手のユニホームが「旭日旗」を連想させる 韓国提訴へ

ロンドン五輪に出場した日本体操選手のユニホームが戦時中に日本の陸軍が軍旗として採用し、
軍国主義の象徴である「旭日旗」を連想するデザインだったとして、韓国のスポーツ界は国際五輪委員会に提訴することを決定した。

韓国メディアは、
「日本の体操チームは『旭日旗』をイメージしたユニホームを着て、金メダル1枚、銀メダル2枚を獲得した。
『旭日旗』は第二次大戦中に日本の陸軍が使用していた軍旗で、帝国主義・軍国主義の象徴」と批判。
一方、大韓体育会(KOC)も日本の選手が「旭日旗」をイメージさせるユニホームを身にまとうのは不適切との考えを表明。
同会の朴容晟会長は「我々は国際五輪委員会に抗議する」と語った。


旭日旗に必死に抗議、これはOKなのか?




最終更新:2012年08月31日 11:35
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。