アルニーダ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルニーダ(Arunida)は、2007年3月3日にアルニーダ党(Arunida Party)として設立された、闇の非営利団体である。かつては、アルニーダ帝国(Arunidan Empire)も存在していた。

※この記事では、広義のアルニーダ及び現体制下のアルニーダについて扱う。

概要

結成以来アルニーダ主義を標榜し、世界征服を目指していたが、2010年3月2日のアルニーダ運営委員会において新たな目標設定を試みた結果、目標自体がなくなってしまい、代わりに人のナニ見て我がナニ直せという謎のスローガンが生まれた。

結成以来、実質的なリーダーは創始者であるひび太Rikの二名であり、ほとんどの期間においてそれぞれ総裁副総裁を務めていた。

かつてはアルニーダ法に基づき厳格に運営されていたが、アルニーダ・カルタの廃止に伴い、現在は緩やかな集合体として存在している。

かつての体制

アルニーダ・カルタ(通称アルタ)に基づいて運営され、総裁が総括・代表し、副総裁がそれを補佐する立場をとっていた。

最高意思決定機関は7名で構成されるアルニーダ運営委員会であり、規則制定権のほか総裁・副総裁不信任決議権など強力な権限を有していた。
また、総裁が任意に設置する執行機関によって財務・広報などの業務が運用されていた。

勢力

アルニーダ党時代には、七里ガ浜高校出身者を中心に、最大で20名強に至ったとされる。しかし、現在は実質的に規則が存在しない緩やかな集合体となっているためアルニーダの構成員と非構成員の区別自体が曖昧である。
最終更新:2020年03月15日 18:46
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。