※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: バイオガス発酵プラント RD:10 評価値:5
    • 大部品: プラントの基本情報 RD:4 評価値:3
      • 部品: 有機性廃棄物の処理設備
      • 部品: バイオガス生成プロセス
      • 部品: ガスプラントの設置のメリット
      • 部品: 注意する点
    • 大部品: プラントの設備構成 RD:6 評価値:4
      • 部品: 前処理装置
      • 部品: 加温殺菌装置
      • 部品: メタン発酵槽
      • 部品: ガスホルダータンク
      • 部品: 消化液貯留槽
      • 部品: ガス発電システム



部品定義


部品: 有機性廃棄物の処理設備

バイオガス発酵プラントとは、有機性廃棄物の嫌気性微生物によるメタン発酵で排出されるメタンガスを、
再利用可能なエネルギー資源へと変換するものである。

部品: バイオガス生成プロセス

加水分解により高分子有機物を糖類やアミノ酸などに変化させ、さらに低分子化された有機物を酸発酵させる。
低級脂肪酸がメタン菌により最終的にメタンガスにメタン発酵され、水素や二酸化炭素からもメタンガスが発声する。

部品: ガスプラントの設置のメリット

大量の家畜による糞尿の放置による土壌汚染、臭気公害を抑え、
コジェネレーションによる発電でエネルギー消費を補助することが出来る。

部品: 注意する点

臭気が漏れることによる公害と排水の汚染に注意する必要がある。
また、可燃性ガスを取り扱う危険性を考慮し必要な対策を講じなければならない。

部品: 前処理装置

持ち込まれた有機性廃棄物を細かく粉砕し撹拌することで均一化するための設備。
この段階で砂や石などの不純物が混入しないように選り分ける機能も備えている。

部品: 加温殺菌装置

原料を加温し、殺菌するための装置。一定の時間と温度で殺菌処理することで
メタン菌の活動を阻害する雑菌を排除するためのものである。

部品: メタン発酵槽

円筒形の大きなタンクで、内部にセンターミキサーが取り付けられ、一定の間隔で原料を撹拌する装置である。
密閉式で、外部に臭気が漏れないように配慮されており、プラントの重要設備といえる。
ガス圧に耐える頑丈なもので、仮に引火しても大丈夫なように安全対策が施されている。

部品: ガスホルダータンク

発生したメタンガスを回収し、貯蔵しておくための設備。
生物脱硫により硫化水素を分解し、余分な要素を排除する機能も備えている。

部品: 消化液貯留槽

メタン発酵のあとに発声する消化液を貯蔵し、液肥として保管しておくための施設である。
ここで蓄えられた液肥は輸送され、農地などに散布される。
加熱して水分を飛ばすことにより固形肥料に加工することも出来る。

部品: ガス発電システム

バイオガスで発電するエンジンを備え、プラントで発生したバイオガスを用いて電気を作り出す。
発電した電力は施設内で使用する他、送電線を使い売電することもできる。
また、ガスを燃焼させ、加温や熱殺菌にも利用するシステムである。



提出書式


 大部品: バイオガス発酵プラント RD:10 評価値:5
 -大部品: プラントの基本情報 RD:4 評価値:3
 --部品: 有機性廃棄物の処理設備
 --部品: バイオガス生成プロセス
 --部品: ガスプラントの設置のメリット
 --部品: 注意する点
 -大部品: プラントの設備構成 RD:6 評価値:4
 --部品: 前処理装置
 --部品: 加温殺菌装置
 --部品: メタン発酵槽
 --部品: ガスホルダータンク
 --部品: 消化液貯留槽
 --部品: ガス発電システム
 
 
 部品: 有機性廃棄物の処理設備
 バイオガス発酵プラントとは、有機性廃棄物の嫌気性微生物によるメタン発酵で排出されるメタンガスを、
 再利用可能なエネルギー資源へと変換するものである。
 
 部品: バイオガス生成プロセス
 加水分解により高分子有機物を糖類やアミノ酸などに変化させ、さらに低分子化された有機物を酸発酵させる。
 低級脂肪酸がメタン菌により最終的にメタンガスにメタン発酵され、水素や二酸化炭素からもメタンガスが発声する。
 
 部品: ガスプラントの設置のメリット
 大量の家畜による糞尿の放置による土壌汚染、臭気公害を抑え、
 コジェネレーションによる発電でエネルギー消費を補助することが出来る。
 
 部品: 注意する点
 臭気が漏れることによる公害と排水の汚染に注意する必要がある。
 また、可燃性ガスを取り扱う危険性を考慮し必要な対策を講じなければならない。
 
 部品: 前処理装置
 持ち込まれた有機性廃棄物を細かく粉砕し撹拌することで均一化するための設備。
 この段階で砂や石などの不純物が混入しないように選り分ける機能も備えている。
 
 部品: 加温殺菌装置
 原料を加温し、殺菌するための装置。一定の時間と温度で殺菌処理することで
 メタン菌の活動を阻害する雑菌を排除するためのものである。
 
 部品: メタン発酵槽
 円筒形の大きなタンクで、内部にセンターミキサーが取り付けられ、一定の間隔で原料を撹拌する装置である。
 密閉式で、外部に臭気が漏れないように配慮されており、プラントの重要設備といえる。
 ガス圧に耐える頑丈なもので、仮に引火しても大丈夫なように安全対策が施されている。
 
 部品: ガスホルダータンク
 発生したメタンガスを回収し、貯蔵しておくための設備。
 生物脱硫により硫化水素を分解し、余分な要素を排除する機能も備えている。
 
 部品: 消化液貯留槽
 メタン発酵のあとに発声する消化液を貯蔵し、液肥として保管しておくための施設である。
 ここで蓄えられた液肥は輸送され、農地などに散布される。
 加熱して水分を飛ばすことにより固形肥料に加工することも出来る。
 
 部品: ガス発電システム
 バイオガスで発電するエンジンを備え、プラントで発生したバイオガスを用いて電気を作り出す。
 発電した電力は施設内で使用する他、送電線を使い売電することもできる。
 また、ガスを燃焼させ、加温や熱殺菌にも利用するシステムである。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "バイオガス発酵プラント",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "プラントの基本情報",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "有機性廃棄物の処理設備",
             "description": "バイオガス発酵プラントとは、有機性廃棄物の嫌気性微生物によるメタン発酵で排出されるメタンガスを、\n再利用可能なエネルギー資源へと変換するものである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "バイオガス生成プロセス",
             "description": "加水分解により高分子有機物を糖類やアミノ酸などに変化させ、さらに低分子化された有機物を酸発酵させる。\n低級脂肪酸がメタン菌により最終的にメタンガスにメタン発酵され、水素や二酸化炭素からもメタンガスが発声する。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ガスプラントの設置のメリット",
             "description": "大量の家畜による糞尿の放置による土壌汚染、臭気公害を抑え、\nコジェネレーションによる発電でエネルギー消費を補助することが出来る。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "注意する点",
             "description": "臭気が漏れることによる公害と排水の汚染に注意する必要がある。\nまた、可燃性ガスを取り扱う危険性を考慮し必要な対策を講じなければならない。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "プラントの設備構成",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "前処理装置",
             "description": "持ち込まれた有機性廃棄物を細かく粉砕し撹拌することで均一化するための設備。\nこの段階で砂や石などの不純物が混入しないように選り分ける機能も備えている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "加温殺菌装置",
             "description": "原料を加温し、殺菌するための装置。一定の時間と温度で殺菌処理することで\nメタン菌の活動を阻害する雑菌を排除するためのものである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "メタン発酵槽",
             "description": "円筒形の大きなタンクで、内部にセンターミキサーが取り付けられ、一定の間隔で原料を撹拌する装置である。\n密閉式で、外部に臭気が漏れないように配慮されており、プラントの重要設備といえる。\nガス圧に耐える頑丈なもので、仮に引火しても大丈夫なように安全対策が施されている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ガスホルダータンク",
             "description": "発生したメタンガスを回収し、貯蔵しておくための設備。\n生物脱硫により硫化水素を分解し、余分な要素を排除する機能も備えている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "消化液貯留槽",
             "description": "メタン発酵のあとに発声する消化液を貯蔵し、液肥として保管しておくための施設である。\nここで蓄えられた液肥は輸送され、農地などに散布される。\n加熱して水分を飛ばすことにより固形肥料に加工することも出来る。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "ガス発電システム",
             "description": "バイオガスで発電するエンジンを備え、プラントで発生したバイオガスを用いて電気を作り出す。\n発電した電力は施設内で使用する他、送電線を使い売電することもできる。\nまた、ガスを燃焼させ、加温や熱殺菌にも利用するシステムである。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月22日 11:05