※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: フリーマーケット RD:6 評価値:4
    • 部品: フリーマーケットの基本情報
    • 部品: 開催するメリット
    • 部品: フリーマーケットの規模
    • 部品: 出店資格
    • 部品: 売ってはいけないもの
    • 部品: その他の注意点



部品定義


部品: フリーマーケットの基本情報

フリーマーケットはFlea Marketと書き、蚤の市と訳される。元々は古物品を販売する露天市であった。
現代では古着や個人の要らないものなどのほか、自作のアクセサリーやイラストなど
手製の品を扱うものも増えてきており、基本的にはなんでも売ることができる。

部品: 開催するメリット

フリーマーケットは一定の広さがある場所であれば簡単に開催でき、また終了すればすぐに撤収することが出来るので、
空きスペースの有効活用となる。個人の掘り出し物を目当てに周辺国からの観光客も期待できる。

部品: フリーマーケットの規模

大学やスタジアムの駐車場、大規模な公園、広場など一定の広さがあればどこでも開催できる。
主催者が想定する来場人数を元に決定される。

部品: 出店資格

基本的に個人であれば出店資格があり、応募者が多い場合は抽選となる。
出店には少額の出店料がかかり、出店が決定した段階で支払わなければならない。

部品: 売ってはいけないもの

武器、違法ドラッグ、動物、その他法律に違反するもの。
家庭菜園の野菜や植物、自作のジャムなどの食品は品質表示が必要となる。
その他、虚偽の商品表示や、ブランドのコピー品などを販売した場合は、法令に基づき通報されることになる。

部品: その他の注意点

参加に際してはスタッフの指示に従うこと。退場処分になることもあるので気をつけるように。
参加者同士の揉め事は基本的には当事者同士での解決がルールとなる。
暴力沙汰や周囲の参加者の迷惑になる場合は、スタッフが介入し警察に通報する場合があります。



提出書式


 大部品: フリーマーケット RD:6 評価値:4
 -部品: フリーマーケットの基本情報
 -部品: 開催するメリット
 -部品: フリーマーケットの規模
 -部品: 出店資格
 -部品: 売ってはいけないもの
 -部品: その他の注意点
 
 
 部品: フリーマーケットの基本情報
 フリーマーケットはFlea Marketと書き、蚤の市と訳される。元々は古物品を販売する露天市であった。
 現代では古着や個人の要らないものなどのほか、自作のアクセサリーやイラストなど
 手製の品を扱うものも増えてきており、基本的にはなんでも売ることができる。
 
 部品: 開催するメリット
 フリーマーケットは一定の広さがある場所であれば簡単に開催でき、また終了すればすぐに撤収することが出来るので、
 空きスペースの有効活用となる。個人の掘り出し物を目当てに周辺国からの観光客も期待できる。
 
 部品: フリーマーケットの規模
 大学やスタジアムの駐車場、大規模な公園、広場など一定の広さがあればどこでも開催できる。
 主催者が想定する来場人数を元に決定される。
 
 部品: 出店資格
 基本的に個人であれば出店資格があり、応募者が多い場合は抽選となる。
 出店には少額の出店料がかかり、出店が決定した段階で支払わなければならない。
 
 部品: 売ってはいけないもの
 武器、違法ドラッグ、動物、その他法律に違反するもの。
 家庭菜園の野菜や植物、自作のジャムなどの食品は品質表示が必要となる。
 その他、虚偽の商品表示や、ブランドのコピー品などを販売した場合は、法令に基づき通報されることになる。
 
 部品: その他の注意点
 参加に際してはスタッフの指示に従うこと。退場処分になることもあるので気をつけるように。
 参加者同士の揉め事は基本的には当事者同士での解決がルールとなる。
 暴力沙汰や周囲の参加者の迷惑になる場合は、スタッフが介入し警察に通報する場合があります。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "フリーマーケット",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "フリーマーケットの基本情報",
         "description": "フリーマーケットはFlea Marketと書き、蚤の市と訳される。元々は古物品を販売する露天市であった。\n現代では古着や個人の要らないものなどのほか、自作のアクセサリーやイラストなど\n手製の品を扱うものも増えてきており、基本的にはなんでも売ることができる。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "開催するメリット",
         "description": "フリーマーケットは一定の広さがある場所であれば簡単に開催でき、また終了すればすぐに撤収することが出来るので、\n空きスペースの有効活用となる。個人の掘り出し物を目当てに周辺国からの観光客も期待できる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "フリーマーケットの規模",
         "description": "大学やスタジアムの駐車場、大規模な公園、広場など一定の広さがあればどこでも開催できる。\n主催者が想定する来場人数を元に決定される。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "出店資格",
         "description": "基本的に個人であれば出店資格があり、応募者が多い場合は抽選となる。\n出店には少額の出店料がかかり、出店が決定した段階で支払わなければならない。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "売ってはいけないもの",
         "description": "武器、違法ドラッグ、動物、その他法律に違反するもの。\n家庭菜園の野菜や植物、自作のジャムなどの食品は品質表示が必要となる。\nその他、虚偽の商品表示や、ブランドのコピー品などを販売した場合は、法令に基づき通報されることになる。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "その他の注意点",
         "description": "参加に際してはスタッフの指示に従うこと。退場処分になることもあるので気をつけるように。\n参加者同士の揉め事は基本的には当事者同士での解決がルールとなる。\n暴力沙汰や周囲の参加者の迷惑になる場合は、スタッフが介入し警察に通報する場合があります。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": false
   }
 ]
最終更新:2017年08月23日 10:56