※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 機械の墓場(B世界版) RD:99 評価値:11
    • 大部品: 施設の概要全般 RD:6 評価値:4
      • 部品: A世界のakiharu国における機械の墓場
      • 部品: B世界での設置経緯
      • 部品: akiharu国民の適性
      • 部品: 施設の規模
      • 部品: 機械の慰霊碑
      • 部品: 鹵獲機械・所属不明機械の取り扱いについて
    • 大部品: 高度リサイクル施設(akiharu国版) RD:66 評価値:10
      • 大部品: 中央処理施設管理センター RD:6 評価値:4
        • 部品: 統括中央制御室
        • 部品: 環境マネジメント企画部
        • 部品: 総合管理事務
        • 部品: 総合情報管理部
        • 部品: 広報イベント企画部
        • 部品: セキュリティ管理部
      • 大部品: マテリアルリサイクル RD:45 評価値:9
        • 大部品: 都市鉱山:基本機能 RD:39 評価値:9
          • 部品: 都市鉱山の成り立ち
          • 部品: 都市鉱山の構築利点
          • 部品: 資源の偏在と消費の偏在の一致
          • 部品: 都市鉱山の藩国からの要運営許可取得
          • 部品: 都市鉱山での居住禁止
          • 部品: 都市鉱山の警備対応
          • 部品: 都市鉱山のメンテナンス
          • 部品: 都市鉱山の災害対策
          • 部品: 都市鉱山の区画構成
          • 部品: 都市鉱山からの生成物
          • 大部品: 都市鉱山サイクル概念 RD:7 評価値:4
            • 部品: 産業製品の使用とEOL化:蓄積
            • 部品: 産業製品の回収と移動:鉱床化
            • 部品: 回収製品の解体:鉱石化
            • 部品: 粗スクラップの分離:精鉱
            • 部品: 鉱物資源としての再生:金属製錬
            • 部品: メタルの産業製品化:サイクル循環
            • 部品: 都市鉱山のサイクル循環の注意事項
          • 大部品: 金属リサイクル:基本機能 RD:10 評価値:5
            • 部品: 金属リサイクルの流れについて
            • 部品: 金属スクラップ回収方法
            • 大部品: 金属スクラップ加工処理 RD:5 評価値:3
              • 部品: 金属スクラッププレス加工
              • 部品: シャーリング加工
              • 部品: シュレッダー加工
              • 部品: ガス切断加工
              • 部品: ナゲット加工
            • 大部品: レアメタル回収処理 RD:2 評価値:1
              • 部品: 溶媒抽出法による回収
              • 部品: イオン液体電解法による回収
            • 部品: リサイクルされたインゴットの製品化
          • 大部品: 都市鉱山に用いられる設備装置 RD:12 評価値:6
            • 部品: 都市鉱山設備の運用時の注意事項と資格
            • 部品: 受け入れヤード
            • 部品: ギロチンシャー
            • 部品: マルチシュレッダー
            • 部品: 定量供給装置
            • 部品: プラスチック材質選別機
            • 部品: 材質密度選別機
            • 部品: 電磁式金属選別機
            • 部品: カラーラインカメラ式色彩選別機
            • 部品: バケットクレーンとマグネットクレーン
            • 部品: 乾式洗浄装置
            • 部品: 粉塵防止装置
        • 部品: ごみ処理専門業者との連携
        • 部品: 大規模解体ライン
        • 部品: 水平リサイクル
        • 部品: アップワードリサイクル
        • 部品: 港湾連携による素材保管と再出荷
        • 部品: 排出される汚染物質の処理
      • 大部品: プロダクトリサイクル RD:7 評価値:4
        • 部品: 再活用パーツの情報集積と分類化
        • 部品: 有用パーツの洗浄と修理による再利用
        • 部品: 修理専門技術者の雇用
        • 部品: リユースパーツの販売流通
        • 部品: 余剰有用パーツの組み立てによる再生品の作成
        • 部品: ヴィンテージパーツを利用した家庭用品などの商品化
        • 部品: 粗大ごみの展示と市民による修理講座
      • 大部品: サーマルリサイクル RD:8 評価値:5
        • 部品: 固形燃料の生成
        • 部品: 分別による排熱安定化と安全化
        • 部品: ガス・油の回収
        • 部品: 焼却熱利用
        • 部品: 廃棄物発電
        • 部品: 施設内冷暖房利用
        • 部品: 温水作成による温泉施設
        • 部品: エコセメント用ロータリーキルン
    • 大部品: リサイクル関連法 RD:5 評価値:3
      • 部品: 循環型社会形成推進基本法
      • 部品: 廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律
      • 部品: 民間廃棄機械等の再資源化促進のための法律
      • 部品: 藩国規模の戦闘用装備の再資源化のための法律
      • 部品: リサイクル業務従事者教育への推進法
    • 大部品: 大気汚染防止法(制度) RD:16 評価値:6
      • 部品: 大気汚染防止法の目的
      • 部品: 制度の概要
      • 大部品: ばい煙、揮発性有機化合物、粉じんの排出規制 RD:11 評価値:5
        • 部品: ばい煙とは
        • 部品: 揮発性有機化合物とは
        • 部品: 粉じんとは
        • 部品: 排出制限と刑罰
        • 部品: 改善命令・使用停止命令
        • 部品: 設置・変更の届出、計画変更命令
        • 部品: 測定と記録の義務
        • 部品: 藩国の立入検査
        • 部品: 事故時措置
        • 部品: 事業者責務
        • 部品: 緊急時措置
      • 大部品: 有害大気汚染物質の対策の推進 RD:3 評価値:2
        • 部品: 有害大気汚染物質の対策の目的
        • 部品: 対象物質について
        • 部品: 各主体の責務
    • 大部品: リサイクルに向けた各種取り組み RD:6 評価値:4
      • 大部品: 個人や家庭で出来ること RD:2 評価値:1
        • 部品: 回収前のご家庭での分別
        • 部品: 慰霊碑への奉納
      • 大部品: 企業における環境保全への取り組み RD:2 評価値:1
        • 部品: 資源リサイクルの積極的活動
        • 部品: 自社製品の国家規格の取得
      • 大部品: akiharu国政府の取り組み RD:2 評価値:1
        • 部品: 環境マネジメントシステムに関する国家規格の制定
        • 部品: 循環型社会形成基本計画の策定



部品定義


部品: A世界のakiharu国における機械の墓場

『機械を弔い、解体し、機械の大いなる環に戻す』という、元々はA世界のakiharu国にあった場所。
士季号の自己生産プラントがあったりして大変ではあったが、その精神は生命への尊重に満ちていた。

部品: B世界での設置経緯

資源不足が心配される共和国の内情と、なにか掘ったら危ないものしか出てこなさそうなakiharu国の事情を鑑みて、
資源再利用プラントを資源採掘施設として作成しようとしたものである。
A世界での機械の墓場の概念を元に、これを継承し大規模かつ環境保全と安全に配慮した形に改良して資源リサイクル施設として設置された。

部品: akiharu国民の適性

戦闘のみならず、akiharu国民は多様な種族が存在するがゆえにその技能を集約的に活用できれば高効率の施設運用が可能である。
巨大カマキリの鎌、猫妖精のセンス、人間の創造力、番長や風紀委員の統括力など国民の力を合わせればみんなのパワーは百万倍なのだ。

部品: 施設の規模

B世界では新興国であるakiharu国では、十分なプランニングにより事前に広大な施設用地を確保されている。
さらには環状線や港湾などの設置に連動して流通経路も整備されている。

部品: 機械の慰霊碑

akiharu国では、大きな木の元に慰霊碑を作る習慣がある。
機械の墓場の近くにある日当たりの良い大木の下にある機械の慰霊碑には、
機械達の活躍を労いその魂を大いなる環に送り出すために日々参拝客が訪れる。

部品: 鹵獲機械・所属不明機械の取り扱いについて

本施設では、鹵獲機械・所属不明機械の修理、解体を基本的には取り扱わず、
国家でその扱いを決定した上で個別に対応することにする。

部品: 統括中央制御室

各施設の動作管理を行う制御室であり、24時間のシフト制で安全に機能するように監視を行っている。
センサー異常や監視員の通報は即座にここに届けられることになる。
ネットワークの危険性を考えて人力と無線による連絡体制になっている。

部品: 環境マネジメント企画部

施設の機能向上と環境保全のために設備の見直し、点検運用の計画を日夜プランニングし続ける施設の頭脳という部門である。
学園要塞との連携で最新の技術研究にも協力している。

部品: 総合管理事務

人事・給与関係、連絡調整、所の事務事業の運営に関することなど、様々な事務作業を行う部署である。
多くの人員が働く施設においてはスタッフの要望なども聞いて調整を行っている。

部品: 総合情報管理部

日々様々な廃棄物に関するデータが集められ、分類管理され、研究がなされている。
ここでの研究データは企画開発部に回されマニュアルの作成や商品開発、施設の機能向上に役立たせられる。

部品: 広報イベント企画部

温泉施設の管理、国内外への広報、流通ルートの折衝など外部との交流を取り仕切る部門である。
保養所などの施設管理など具体的な福利厚生の管理なども行っている。

部品: セキュリティ管理部

テロ対策や災害発生時などの対応などの人員が配備されている事務所であり、
中央管理センターからの通報を受けて即座に対応できるよう待機している。
通常はパトロールなどを行い安全に気をつけている。


部品: 都市鉱山の成り立ち

中物理域・高物理域の藩国で利用されている個人端末や家電、バイク、重機、I=Dや船舶等には
再利用可能な鉱物資源、貴金属やレアメタルが含まれている。
その廃棄物に含まれる金属を積極的に「採掘可能」な鉱山資源ととらえたものが都市鉱山と呼ばれる。

部品: 都市鉱山の構築利点

既に利用されている資源量が、自然における資源量をうわまわわる場合や
閉鎖環境にてリサイクルによる資源の再使用が必要な場合に有効とされる。


部品: 資源の偏在と消費の偏在の一致

鉱物を含んだ廃棄物が多く排出されるという事は消費が活発な地域であるという事である。
そのため、都市鉱山で採掘された資源をそのまま製品の生産などに用いて消費地域に送り出す事により
資金面でも環境面でも輸送コストや生産コストが削減できる。


部品: 都市鉱山の藩国からの要運営許可取得

都市鉱山は官営でも民営でも藩国からの許可が必要となる。宇宙コロニーや都市船に組み込まれる場合は官営となる。
許可を得るには運営業務規則、環境基準、警備基準等を満たす必要があり、基本機能のみでは許可はされない。


部品: 都市鉱山での居住禁止

基本的にゴミが堆積される場所であり、再利用の為に重機の行き来や処理のために危険な事が多い。
設置藩国は居住区画を別途用意し、都市鉱山には居住禁止と設定している。また、入場も管理されている。


部品: 都市鉱山の警備対応

区画に立ち入る場合には、必ず入場許可証と専用装備が必要になる。
警備詰所からの定期巡回、及び各藩国で設置された警備システムにより異常が発覚した場合には、即時各所に通知され対応が行われる。


部品: 都市鉱山のメンテナンス

都市鉱山のメンテナンスは定期的に行われる。整備員として訓練された人員が安全基準が確保された装備を身に着ける必要がある。
システムメンテナンスは元より、箱物施設としての点検も行い、行政及び第三者機関からのチェックも行われ、違反した場合には罰則が科せられる。


部品: 都市鉱山の災害対策

警備員の巡回や各藩国で設置された警備システムにより感知された異常があった場合には、
まず作業を止める事をマニュアルや訓練により徹底されている。
設置された隔壁、スプリンクラー等で一次的に凌ぎ、対策本部や会議により方針が決定される。


部品: 都市鉱山の区画構成

都市鉱山は複数の大区画で構成されており、2区画を予備区画(搬入処理用)、1区画をメンテナンス区画、残り区画を常時処理使用として、
処理を途切れさせずに順次入れ替えを行う。スタッフは交代制で勤務を行う。


部品: 都市鉱山からの生成物

都市鉱山で分類、抽出された資源は工場に送られ再利用される。
安全性と品質を確保された物は船舶や建造物に使用され、建築物基準に満たない物は無害化された後に形成され
漁礁や工芸品作成等の各藩国内施設に配置されることになる。


部品: 産業製品の使用とEOL化:蓄積

都市部で用いた鉱物を含んだ製品を利用していくと、必ず生産終了や販売終了、サポート終了、故障などのEOL化がもたらされる
これは天然鉱山におけるレアメタルや鉄鋼の元になる物質の蓄積として見なされる。


部品: 産業製品の回収と移動:鉱床化

EOL化した産業製品を回収製品として都市鉱山の対象区画に移動し、処理可能量を確保する。
これは天然鉱山における鉱床化として見なされ、都市鉱山の場合は人為的に位置を指定できる。


部品: 回収製品の解体:鉱石化

回収製品の中に含まれる資源を、取り出し可能な状態まで解体する。
これは天然鉱山における採掘による鉱石化として見なされる。
この時点では粗スクラップとも呼ばれる。


部品: 粗スクラップの分離:精鉱

粗スクラップの中に含まれる、再利用できない部分の抽出・分離を行い、不要物質の減量と除去を行う。
これは再生原材料として、天然鉱山における選鉱からの精鉱と見なされる。


部品: 鉱物資源としての再生:金属製錬

再生原材料をさらに分離を行い、各々の材質を使用出来るように固めて再生する。
天然鉱山における製錬からの金属素材化としてみなされ、都市鉱山で抽出製錬された利用可能物資をメタルと言う。


部品: メタルの産業製品化:サイクル循環

メタルとして生成した金属素材を再度産業製品として都市に提供し、EOL化するまで使用をしてもらう。
これにより、都市鉱山の資源処理可能量として再度産業製品が積み重なるため、サイクル化する。


部品: 都市鉱山のサイクル循環の注意事項

精鉱段階で使用可能資源自体は必ず目減りするため、都市鉱山資源だけで全資源を賄う事は絶対に出来ない。
他天然鉱山での採掘や他藩国からの輸入などで産業に必要な資源量を確保する必要がある。


部品: 金属リサイクルの流れについて

金属リサイクルの元となるスクラップの回収を行った後、加工工場により分類・破砕・圧縮により処理できるようにされ、製鉄所や処理工場で処理されて製品化される。
各藩国の物理域及びテックレベル、法律規制により選択される方式が異なる。


部品: 金属スクラップ回収方法

藩国によってコンベアで自動回収されたり、持ち込みがされたり、ボックスにより回収されたりと様々な方法があるが、
リサイクル対象となる粗スクラップをが処理工場に回収・集積される。工場発生スクラップや老廃スクラップ等の種類がある。
家電や車、廃棄コンテナ等の金属成分が多く含まれた物が好ましいとされる。


部品: 金属スクラッププレス加工

金属スクラップが薄い材料が出来ていて空間の多い物の場合、型に入れて圧縮し箱型に纏める事で行う加工方法が用いられる。
立方体になるため集約率が高い。

部品: シャーリング加工

パイプや建材などの厚みがあり長い鉄スクラップを、一定の長さに切断する加工方法。
圧縮切断機という機材を用いて、加工製品化する。


部品: シュレッダー加工

鉄以外の非鉄金属やプラスチックやゴムなどの非金属が多く含まれた物に対して行われる処理方法である。
シュレッダー装置の高速で回転する円筒型のドラムに取り付けられたハンマーで材料を細かく破砕して
鉄・非鉄金属・非金属に分別し、リサイクル製品化される。


部品: ガス切断加工

大きな材料で、大きさや厚さのためにプレス加工、シャーリング加工、シュレッダー加工が出来ない場合に行われる。
バーナー等の自由に金属切断できる道具を用いて、リサイクル処理が出来る大きさまで分解する。


部品: ナゲット加工

ナゲット処理とは、被覆電線・被覆銅線を粉砕機)にかけ米粒大に粉砕し、
定量供給装置から一次粉砕機→二次粉砕機にかけ磁選機・振動ふるい機から被覆(電線の被膜部分)と導体(電線の金属部分)を比重選別した後、
ナゲット処理された高純度の銅屑と被覆チップをサーマルリサイクル及びマテリアルリサイクルに分別・回収します。


部品: 溶媒抽出法による回収

溶媒抽出法は水相と有機相間の溶解度差を利用して溶質を分離する方法であり、
金属イオンと反応し有機相に分配しやすい化学種を形成する抽出剤を用いて
基板や破砕されたスクラップから有価金属を高効率に分離回収、精製、濃縮することが可能である。


部品: イオン液体電解法による回収

イオン液体は、陽イオンと陰イオンの組み合わせで構成される、室温で液体の塩の事を示し、
溶媒に不揮発性であるイオン液体を用いて電気分解による電解析出を行う事により、レアメタルの回収が可能である。


部品: リサイクルされたインゴットの製品化

加工されたスクラップは製鉄所に再度輸送され、電気炉や熱炉などで溶かされて再度新しいインゴットに製品化される。
再生された金属は船や建物の建材や、家電の材料に再利用される事になる。


部品: 都市鉱山設備の運用時の注意事項と資格

それぞれ巨大かつ重工業としての機材も存在し、事故が発生した場合は死傷者が出る事もある
運用にはマニュアルを参照し、安全に使う事。また、大型機械操縦の資格が必要となる。


部品: 受け入れヤード

回収された廃棄物は各専用ヤードに纏められつつ受け入れヤードに保管される。
受け入れヤードで異物混入が無いか分別と確認を行った後に、それぞれの処理工程に投入される。


部品: ギロチンシャー

おもに、鉄骨・鉄筋などの大型の鉄スクラップの圧縮・切断処理を行うための装置。
1度に大型トラック1台分の材料を投入でき、様々な形状を圧縮・切断し一定サイズの製品に加工することが出来る。


部品: マルチシュレッダー

小型の複合素材を破砕・選別し、各種金属を取り出す機械である。
ロータを高出力トルクで回転刃を回し、固定刃の上に流れてくる素材を粉砕して加工する。


部品: 定量供給装置

シュレッダー等で粉砕した後の粉々になったスクラップを流し込むことで、設定した量を時間単位で後工程に流すように調整する機会である。
効率よく分別できるように、選別機の処理能力に合わせて設定される。


部品: プラスチック材質選別機

プラスチックや化学化合物質系の設定材質を瞬時に検知・選別できる機械である。
近赤外線を照射する事で、材質により吸収される波長が異なる事を利用して選別を行う。


部品: 材質密度選別機

画像処理技術を利用し、特定の原子密度を測定することにより、材質選別を行う事が出来る機械である。
対象原料にX線を照射し、受信器に写った原料の影の濃さから材質判断を行い、
材質判断後は、コンベヤ先端上に配置されているエアノズルから対象原料のみエアを噴き、資源を回収する。


部品: 電磁式金属選別機

電磁センサを使用した材質選別機であり、鉄・非鉄に関らず、金属全般を回収できる機械である。
コンベヤ中に埋め込まれた電磁センサ上を原料(金属)が流れる際に、センサに発生する誘起電力を感知・識別する。
識別後は、コンベヤ先端上に配置されているエアノズルから対象原料のみエアを噴き、回収する。


部品: カラーラインカメラ式色彩選別機

電磁センサと色彩センサを併用した材質選別機である。
シュレッダにて粉々にされた資源物から対象を見つけるのに有用であり、白を指定すればアルミや真鍮、茶色を指定すれば銅などと自動選別回収できる。


部品: バケットクレーンとマグネットクレーン

金属スクラップの積み下ろしや機械への投入に関してはバケットクレーンとマグネットクレーンを用いる。
バケットとは蟹の鋏や人の手のような掴む装置、マグネットとは電気式の大きな磁石の事を表している。


部品: 乾式洗浄装置

水や洗浄液を使用せず、機械力と空気のみで処理物の汚れや不純物を取り除くことが出来る機械。
巨大な縦回転水車のような形をしており、?回転ディスクの表面の突起による原料同士の相互擦り作用によって洗浄する。
洗浄品の廃プラスチック・紙類はRPF原料へ、その他サーマルリサイクル原料、マテリアルリサイクル原料に回される。


部品: 粉塵防止装置

破砕の過程で出てきてしまう粉じんや浮遊粒子状物質を防止する装置である。
陰イオン系界面活性剤が主成分の粉塵防止剤を使用し空中拡散や空気汚染する事を防ぐ事が出来る

部品: ごみ処理専門業者との連携

複数のごみ処理業者と提携して、古紙回収、粗大ごみ回収などの事前の分別に協力してもらう。敷地内に業者専用区画を用意してあり管理コストを下げている。

部品: 大規模解体ライン

機械の墓場のメインとなるライン。運び込まれた様々なゴミや機械、船舶などを機械式、各種センサー、人力をつかって選り分ける。巨大カマキリの鎌でぶつ切りにしたり、猫妖精のセンスや人間の経験をフル活用して細かく分別していく。

部品: 水平リサイクル

水平リサイクルとは、品質の劣化を伴わず同じものに再利用できるリサイクル。ガラスとかペットボトルとか。分別がしっかりされていると再生が簡単になる。

部品: アップワードリサイクル

元の素材から別のものに変換して再利用するリサイクル。ペットボトルから繊維を作成するなど。必要量に応じて作り分けることで様々な商品に転用することが出来る。

部品: 港湾連携による素材保管と再出荷

再利用可能になったレアメタルバーやペレットなどは港湾にある専用の倉庫や資材置き場に保管されその数量を厳密に管理される。これにより必要な場所に即座に輸出できるようになる。

部品: 排出される汚染物質の処理

厳密に定められた汚染物質排出規制に沿って、リサイクル施設ではエコノマイザ、熱分解装置、濾過式集塵機など複数のフィルターを用いて規定量以下になるまで排出物の処理が繰り返される。

部品: 再活用パーツの情報集積と分類化

ごみ処理の前段階として、各種製品に関して情報を収集し、再活用可能パーツのデータベース作成とその分類を行っている。これにより廃棄物の分別が格段に効率化することが出来る。

部品: 有用パーツの洗浄と修理による再利用

電子部品や機械類のパーツには、汚れが簡易的な故障が原意で廃棄されたものも多い。
データベースを元に作成したマニュアルを用いて最適な洗浄と修理を施すことでそのままの形で再利用が可能になる。

部品: 修理専門技術者の雇用

マニュアルとは別に、難易度の高いパーツ修理には専門の技術者を雇うことになる。その技術情報はデータベースにフィードバックされ、マニュアルのさらなる向上が見込まれる。

部品: リユースパーツの販売流通

洗浄修理されたパーツは国内外の流通に戻され販売される。この際akiharu国のブランドマークを適応することにより、安く信頼性のある商品として評価される。

部品: 余剰有用パーツの組み立てによる再生品の作成

流通にパーツを再放出する際に、すでにあるいくつものジャンクパーツを組み立てて一つの製品を作り出すことがある。
基本的には作業員の片手間であるが、これを奨励し制作物を買い取り、手順をマニュアル化して
同様のものを適時作成して販売する。

部品: ヴィンテージパーツを利用した家庭用品などの商品化

マニア市場向けに、再利用出来ないI=Dなどのパーツを使用した家具やオブジェなどを作成する。
これはには秘宝館に関連するアーティストが参加し、定期的に展示即売会が開かれている。

部品: 粗大ごみの展示と市民による修理講座

敷地内にリサイクルプラザを設置し修理が簡易な家具や自転車などを展示、
自身の手で修理してもらうことで市民に広くリサイクル意識を浸透させる。
さらには引退した熟練作業者を再雇用し、修理講座を開く。

部品: 固形燃料の生成

最終的に処理された後、使いみちの少ない資源は廃棄物固形燃料として接着剤や石灰と練り合わせて形成される。

部品: 分別による排熱安定化と安全化

廃棄物固形燃料の火力安定と安全化には、素材ごとに十分な分別が必要となる。
これは大規模施設のメリットとしてすでに分別が完了しているためその効率を高めることができる。

部品: ガス・油の回収

マテリアルリサイクルで排出される、ガスや廃油もろ過装置を通され不純物が取り除かれた状態でタンクに保存され、適時発電施設などに送り出されることになる。

部品: 焼却熱利用

焼却処理に使用された排熱は、排熱ボイラーで蒸気生成に利用されダクトを通って敷地内の様々な用途に利用される。

部品: 廃棄物発電

ボイラーによるタービン発電の他に、特別に開発された熱発電チューブによる低温発電素子を利用し高密度な発電を可能にしている。

部品: 施設内冷暖房利用

発電された電気は施設内の冷暖房に使われ、さらには作業時のエアコンスーツのバッテリー充電に使用され、作業員の快適性を確保している。

部品: 温水作成による温泉施設

蒸気ボイラーにより温められた温水を利用して、施設内に24時間営業の大規模入浴施設が設置されている。
娯楽好きのakiharu国民のために広く一般にも開放されていてヒーローショーなども行われている。

部品: エコセメント用ロータリーキルン

高温の排熱を利用し、セメントの焼成を行う装置である。高熱により有害不純物を焼却処理することで純度の高いセメントが作成できる。

部品: 循環型社会形成推進基本法

資源の枯渇に配慮して、リサイクルを推進し環境保全と継続的な経済の活性化を目的とした法律。みんな物を大事にしようねという趣旨である。

部品: 廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律

処理工程や、汚染物質の規制基準値などを定めた法律。厳密なデータ収集と安全規定が設けられていて、これに違反すると厳罰が処される。

部品: 民間廃棄機械等の再資源化促進のための法律

小型機械や家庭ごみ、粗大ごみなどの再資源化を促進する必要な処置を定めた法律。
各家庭に推進される分別や、各地に設置される回収ポスト、事業者への補助制度などが盛り込まれている。

部品: 藩国規模の戦闘用装備の再資源化のための法律

I=Dや兵器などの危険な廃棄物の処理に関する法律。国外から持ち込まれるものや自国内のものに関して厳密な機密管理を行うことで、
民間への危険な技術の氾濫を防止するために制定されいてる。これに違反するものは厳罰に処される。

部品: リサイクル業務従事者教育への推進法

修理技術者や処理業者に携わるものを育成するために助成金や補助制度を規定した法律。各種教育機関との連携なども盛り込まれている。

部品: 大気汚染防止法の目的

大気環境を保全するために制定された。
この法律は大気汚染に関して、国民の健康と形質を保護するとともに生活環境を保全することなどを目的としている。

部品: 制度の概要

大気汚染防止法では工場や事業場などの固定発生源から排出又は飛散する大気汚染物質について、
物質の種類ごと、施設の種類・規模ごとに排出基準等が定められており、
大気汚染物質の排出者等はこの基準を守らなければならないとしている。


部品: ばい煙とは

ばい煙とは、物の燃焼等に伴い発生するいおう酸化物、ばい塵、有害物質の事を言う。
有害物質とは下記、及び藩国で確認された目的に合致する健康を損する一定以上の物質のことを言う。
1)カドミウム及びその化合物、
2)塩素及び塩化水素、
3)弗素、弗化水素及び弗化珪素、
4)鉛及びその化合物、
5)窒素酸化物


部品: 揮発性有機化合物とは

揮発性有機化合物とは、大気中に排出又は飛散した時に気体である有機化合物の事ををいう。
ただし、浮遊粒子状物質及びオキシダントの生成の原因とならない物質として政令で定める物質を除く物としている。


部品: 粉じんとは

粉じんとは、物の破砕やたい積等により発生し、又は飛散する物質をいう。
このうち、大気汚染防止法では、人の健康に被害を生じるおそれのある物質を「特定粉じん」、
それ以外の粉じんを「一般粉じん」として定めている。それぞれの定義は藩国法及び国際法で定められる。


部品: 排出制限と刑罰

大気汚染防止法は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者に対し排出基準に適合しない排出を禁止し
故意、過失を問わず違反者に対して刑罰を科せられる。


部品: 改善命令・使用停止命令

各藩国藩王政府は、排出基準違反の「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」を継続して排出するおそれがあると認めるときは、
当該ばい煙の排出者に対し、これらの処理方法等の改善や一時使用停止を命令することができる。


部品: 設置・変更の届出、計画変更命令

必要な措置を事前に講じさせるために、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」発生施設を新たに設置又は構造等の変更をしようとする者は、
あらかじめ、藩国に所定の事項を届け出なければならない。
届け出を出された藩国、その内容を審査し、当該施設が排出基準に適合しないと認めるときは、
その届出を受理した日から一定期間に限り計画の変更又は廃止を命ずることができる。


部品: 測定と記録の義務

「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」排出者は、施設から排出される物質の量を項目ごとに測定しその結果を記録し保管しておかなければならない。


部品: 藩国の立入検査

藩国政府の職員は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者が排出基準を守っているかチェックするため、
工場・事業場に立ち入ることや必要な事項の報告を求めることができる。


部品: 事故時措置

故障、破損その他の事故が起こり、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」又は特定物質が多量に排出されたとき、
排出者は直ちに応急の措置を講じ、復旧に努めるとともに事故の状況を藩国政府に通報しなければならない。
特定物質とは物の合成、分解その他の化学的処理に伴い発生する物質のうち、
人の健康又は生活環境に係る被害が生ずるおそれがある物質を意味する。


部品: 事業者責務

事業者は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の規制に関する措置のほか、
その事業活動に伴うこれらの物質の大気中への排出の状況を把握するとともに、
当該排出を抑制するため、必要な措置を講ずるようにしなければならない。


部品: 緊急時措置

大気汚染が深刻な状態(政令で定めるレベル)になった時
藩国政府は一般にその事態を周知させるとともに、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者に対して排出量の削減を要請することとなっている。


部品: 有害大気汚染物質の対策の目的

有害大気汚染物質とは、低濃度であっても長期的な摂取により健康影響が生ずるおそれのある物質のことをいい、
科学的知見の充実の下に、将来にわたって人の健康に係る被害が未然に防止されるよう施策を講じることが目的されている。.


部品: 対象物質について

藩国及び国際組織が物理域毎に定めた基準がリストアップされる。
中物理域以上であれば、ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなどの化学物質が重要視されており、
これらについては排出抑制を行わなければいけないとされている。


部品: 各主体の責務

大気汚染防止法では、有害大気汚染物質対策の実施に当たり、各主体の責務を定めている。
国の施策:科学的知見の充実、健康リスク評価の公表等
各地方領主や都市での施策:汚染状況の把握、情報の提供等
事業者の責務:排出状況の把握、排出抑制等
国民の努力:排出抑制等

部品: 回収前のご家庭での分別

各人が再資源化の意識を持って、家庭でのゴミを出す前に細かく分別するようにしましょう。
政庁などで分別方法や区分けを記載したパンフレットをお配りしておりますので、
冷蔵庫など目につくところに貼っておくと良いでしょう。

部品: 慰霊碑への奉納

機械の墓場の慰霊碑に参拝の際に、ご家庭で不要になった機械類を奉納の形でお預かりします。
愛着のあったものであれば、しっかりとお別れのお祈りも忘れないようにしましょう。

部品: 資源リサイクルの積極的活動

資源の少ない国なので、資源リサイクルに積極的な活動を見せることは国内の顧客へのよいアピールとなり、
健全な会社であると見なされるでしょう。

部品: 自社製品の国家規格の取得

藩国で定める環境マネジメントシステムの国家規格を取得することで、自社製品の安全性健全性を証明することが出来る。
また、生産と廃棄のプロセスにかかるコストを削減でき、企業としてのメリットもある。

部品: 環境マネジメントシステムに関する国家規格の制定

環境に配慮し、また廃棄するときの国家規定を資格化しその取得を推奨しています。
毎年の目標値の審査、認定と相談、普及に努め、循環型社会の形成に努力しています。

部品: 循環型社会形成基本計画の策定

環境マネジメントシステムの国家規格の制定や、循環型社会形成推進交付金の創設。
その他、資源再利用のためのシステムづくりを行っています。



提出書式


 大部品: 機械の墓場(B世界版) RD:99 評価値:11
 -大部品: 施設の概要全般 RD:6 評価値:4
 --部品: A世界のakiharu国における機械の墓場
 --部品: B世界での設置経緯
 --部品: akiharu国民の適性
 --部品: 施設の規模
 --部品: 機械の慰霊碑
 --部品: 鹵獲機械・所属不明機械の取り扱いについて
 -大部品: 高度リサイクル施設(akiharu国版) RD:66 評価値:10
 --大部品: 中央処理施設管理センター RD:6 評価値:4
 ---部品: 統括中央制御室
 ---部品: 環境マネジメント企画部
 ---部品: 総合管理事務
 ---部品: 総合情報管理部
 ---部品: 広報イベント企画部
 ---部品: セキュリティ管理部
 --大部品: マテリアルリサイクル RD:45 評価値:9
 ---大部品: 都市鉱山:基本機能 RD:39 評価値:9
 ----部品: 都市鉱山の成り立ち
 ----部品: 都市鉱山の構築利点
 ----部品: 資源の偏在と消費の偏在の一致
 ----部品: 都市鉱山の藩国からの要運営許可取得
 ----部品: 都市鉱山での居住禁止
 ----部品: 都市鉱山の警備対応
 ----部品: 都市鉱山のメンテナンス
 ----部品: 都市鉱山の災害対策
 ----部品: 都市鉱山の区画構成
 ----部品: 都市鉱山からの生成物
 ----大部品: 都市鉱山サイクル概念 RD:7 評価値:4
 -----部品: 産業製品の使用とEOL化:蓄積
 -----部品: 産業製品の回収と移動:鉱床化
 -----部品: 回収製品の解体:鉱石化
 -----部品: 粗スクラップの分離:精鉱
 -----部品: 鉱物資源としての再生:金属製錬
 -----部品: メタルの産業製品化:サイクル循環
 -----部品: 都市鉱山のサイクル循環の注意事項
 ----大部品: 金属リサイクル:基本機能 RD:10 評価値:5
 -----部品: 金属リサイクルの流れについて
 -----部品: 金属スクラップ回収方法
 -----大部品: 金属スクラップ加工処理 RD:5 評価値:3
 ------部品: 金属スクラッププレス加工
 ------部品: シャーリング加工
 ------部品: シュレッダー加工
 ------部品: ガス切断加工
 ------部品: ナゲット加工
 -----大部品: レアメタル回収処理 RD:2 評価値:1
 ------部品: 溶媒抽出法による回収
 ------部品: イオン液体電解法による回収
 -----部品: リサイクルされたインゴットの製品化
 ----大部品: 都市鉱山に用いられる設備装置 RD:12 評価値:6
 -----部品: 都市鉱山設備の運用時の注意事項と資格
 -----部品: 受け入れヤード
 -----部品: ギロチンシャー
 -----部品: マルチシュレッダー
 -----部品: 定量供給装置
 -----部品: プラスチック材質選別機
 -----部品: 材質密度選別機
 -----部品: 電磁式金属選別機
 -----部品: カラーラインカメラ式色彩選別機
 -----部品: バケットクレーンとマグネットクレーン
 -----部品: 乾式洗浄装置
 -----部品: 粉塵防止装置
 ---部品: ごみ処理専門業者との連携
 ---部品: 大規模解体ライン
 ---部品: 水平リサイクル
 ---部品: アップワードリサイクル
 ---部品: 港湾連携による素材保管と再出荷
 ---部品: 排出される汚染物質の処理
 --大部品: プロダクトリサイクル RD:7 評価値:4
 ---部品: 再活用パーツの情報集積と分類化
 ---部品: 有用パーツの洗浄と修理による再利用
 ---部品: 修理専門技術者の雇用
 ---部品: リユースパーツの販売流通
 ---部品: 余剰有用パーツの組み立てによる再生品の作成
 ---部品: ヴィンテージパーツを利用した家庭用品などの商品化
 ---部品: 粗大ごみの展示と市民による修理講座
 --大部品: サーマルリサイクル RD:8 評価値:5
 ---部品: 固形燃料の生成
 ---部品: 分別による排熱安定化と安全化
 ---部品: ガス・油の回収
 ---部品: 焼却熱利用
 ---部品: 廃棄物発電
 ---部品: 施設内冷暖房利用
 ---部品: 温水作成による温泉施設
 ---部品: エコセメント用ロータリーキルン
 -大部品: リサイクル関連法 RD:5 評価値:3
 --部品: 循環型社会形成推進基本法
 --部品: 廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律
 --部品: 民間廃棄機械等の再資源化促進のための法律
 --部品: 藩国規模の戦闘用装備の再資源化のための法律
 --部品: リサイクル業務従事者教育への推進法
 -大部品: 大気汚染防止法(制度) RD:16 評価値:6
 --部品: 大気汚染防止法の目的
 --部品: 制度の概要
 --大部品: ばい煙、揮発性有機化合物、粉じんの排出規制 RD:11 評価値:5
 ---部品: ばい煙とは
 ---部品: 揮発性有機化合物とは
 ---部品: 粉じんとは
 ---部品: 排出制限と刑罰
 ---部品: 改善命令・使用停止命令
 ---部品: 設置・変更の届出、計画変更命令
 ---部品: 測定と記録の義務
 ---部品: 藩国の立入検査
 ---部品: 事故時措置
 ---部品: 事業者責務
 ---部品: 緊急時措置
 --大部品: 有害大気汚染物質の対策の推進 RD:3 評価値:2
 ---部品: 有害大気汚染物質の対策の目的
 ---部品: 対象物質について
 ---部品: 各主体の責務
 -大部品: リサイクルに向けた各種取り組み RD:6 評価値:4
 --大部品: 個人や家庭で出来ること RD:2 評価値:1
 ---部品: 回収前のご家庭での分別
 ---部品: 慰霊碑への奉納
 --大部品: 企業における環境保全への取り組み RD:2 評価値:1
 ---部品: 資源リサイクルの積極的活動
 ---部品: 自社製品の国家規格の取得
 --大部品: akiharu国政府の取り組み RD:2 評価値:1
 ---部品: 環境マネジメントシステムに関する国家規格の制定
 ---部品: 循環型社会形成基本計画の策定
 
 
 部品: A世界のakiharu国における機械の墓場
 『機械を弔い、解体し、機械の大いなる環に戻す』という、元々はA世界のakiharu国にあった場所。 
 士季号の自己生産プラントがあったりして大変ではあったが、その精神は生命への尊重に満ちていた。
 
 部品: B世界での設置経緯
 資源不足が心配される共和国の内情と、なにか掘ったら危ないものしか出てこなさそうなakiharu国の事情を鑑みて、
 資源再利用プラントを資源採掘施設として作成しようとしたものである。
 A世界での機械の墓場の概念を元に、これを継承し大規模かつ環境保全と安全に配慮した形に改良して資源リサイクル施設として設置された。
 
 部品: akiharu国民の適性
 戦闘のみならず、akiharu国民は多様な種族が存在するがゆえにその技能を集約的に活用できれば高効率の施設運用が可能である。
 巨大カマキリの鎌、猫妖精のセンス、人間の創造力、番長や風紀委員の統括力など国民の力を合わせればみんなのパワーは百万倍なのだ。
 
 部品: 施設の規模
 B世界では新興国であるakiharu国では、十分なプランニングにより事前に広大な施設用地を確保されている。
 さらには環状線や港湾などの設置に連動して流通経路も整備されている。
 
 部品: 機械の慰霊碑
 akiharu国では、大きな木の元に慰霊碑を作る習慣がある。
 機械の墓場の近くにある日当たりの良い大木の下にある機械の慰霊碑には、
 機械達の活躍を労いその魂を大いなる環に送り出すために日々参拝客が訪れる。
 
 部品: 鹵獲機械・所属不明機械の取り扱いについて
 本施設では、鹵獲機械・所属不明機械の修理、解体を基本的には取り扱わず、
 国家でその扱いを決定した上で個別に対応することにする。
 
 部品: 統括中央制御室
 各施設の動作管理を行う制御室であり、24時間のシフト制で安全に機能するように監視を行っている。
 センサー異常や監視員の通報は即座にここに届けられることになる。
 ネットワークの危険性を考えて人力と無線による連絡体制になっている。
 
 部品: 環境マネジメント企画部
 施設の機能向上と環境保全のために設備の見直し、点検運用の計画を日夜プランニングし続ける施設の頭脳という部門である。
 学園要塞との連携で最新の技術研究にも協力している。
 
 部品: 総合管理事務
 人事・給与関係、連絡調整、所の事務事業の運営に関することなど、様々な事務作業を行う部署である。
 多くの人員が働く施設においてはスタッフの要望なども聞いて調整を行っている。
 
 部品: 総合情報管理部
 日々様々な廃棄物に関するデータが集められ、分類管理され、研究がなされている。
 ここでの研究データは企画開発部に回されマニュアルの作成や商品開発、施設の機能向上に役立たせられる。
 
 部品: 広報イベント企画部
 温泉施設の管理、国内外への広報、流通ルートの折衝など外部との交流を取り仕切る部門である。
 保養所などの施設管理など具体的な福利厚生の管理なども行っている。
 
 部品: セキュリティ管理部
 テロ対策や災害発生時などの対応などの人員が配備されている事務所であり、
 中央管理センターからの通報を受けて即座に対応できるよう待機している。
 通常はパトロールなどを行い安全に気をつけている。
 
 
 部品: 都市鉱山の成り立ち
 中物理域・高物理域の藩国で利用されている個人端末や家電、バイク、重機、I=Dや船舶等には
 再利用可能な鉱物資源、貴金属やレアメタルが含まれている。
 その廃棄物に含まれる金属を積極的に「採掘可能」な鉱山資源ととらえたものが都市鉱山と呼ばれる。
 
 部品: 都市鉱山の構築利点
 既に利用されている資源量が、自然における資源量をうわまわわる場合や
 閉鎖環境にてリサイクルによる資源の再使用が必要な場合に有効とされる。
 
 
 部品: 資源の偏在と消費の偏在の一致
 鉱物を含んだ廃棄物が多く排出されるという事は消費が活発な地域であるという事である。
 そのため、都市鉱山で採掘された資源をそのまま製品の生産などに用いて消費地域に送り出す事により
 資金面でも環境面でも輸送コストや生産コストが削減できる。
 
 
 部品: 都市鉱山の藩国からの要運営許可取得
 都市鉱山は官営でも民営でも藩国からの許可が必要となる。宇宙コロニーや都市船に組み込まれる場合は官営となる。
 許可を得るには運営業務規則、環境基準、警備基準等を満たす必要があり、基本機能のみでは許可はされない。
 
 
 部品: 都市鉱山での居住禁止
 基本的にゴミが堆積される場所であり、再利用の為に重機の行き来や処理のために危険な事が多い。
 設置藩国は居住区画を別途用意し、都市鉱山には居住禁止と設定している。また、入場も管理されている。
 
 
 部品: 都市鉱山の警備対応
 区画に立ち入る場合には、必ず入場許可証と専用装備が必要になる。
 警備詰所からの定期巡回、及び各藩国で設置された警備システムにより異常が発覚した場合には、即時各所に通知され対応が行われる。
 
 
 部品: 都市鉱山のメンテナンス
 都市鉱山のメンテナンスは定期的に行われる。整備員として訓練された人員が安全基準が確保された装備を身に着ける必要がある。
 システムメンテナンスは元より、箱物施設としての点検も行い、行政及び第三者機関からのチェックも行われ、違反した場合には罰則が科せられる。
 
 
 部品: 都市鉱山の災害対策
 警備員の巡回や各藩国で設置された警備システムにより感知された異常があった場合には、
 まず作業を止める事をマニュアルや訓練により徹底されている。
 設置された隔壁、スプリンクラー等で一次的に凌ぎ、対策本部や会議により方針が決定される。
 
 
 部品: 都市鉱山の区画構成
 都市鉱山は複数の大区画で構成されており、2区画を予備区画(搬入処理用)、1区画をメンテナンス区画、残り区画を常時処理使用として、
 処理を途切れさせずに順次入れ替えを行う。スタッフは交代制で勤務を行う。
 
 
 部品: 都市鉱山からの生成物
 都市鉱山で分類、抽出された資源は工場に送られ再利用される。
 安全性と品質を確保された物は船舶や建造物に使用され、建築物基準に満たない物は無害化された後に形成され
 漁礁や工芸品作成等の各藩国内施設に配置されることになる。
 
 
 部品: 産業製品の使用とEOL化:蓄積
 都市部で用いた鉱物を含んだ製品を利用していくと、必ず生産終了や販売終了、サポート終了、故障などのEOL化がもたらされる
 これは天然鉱山におけるレアメタルや鉄鋼の元になる物質の蓄積として見なされる。
 
 
 部品: 産業製品の回収と移動:鉱床化
 EOL化した産業製品を回収製品として都市鉱山の対象区画に移動し、処理可能量を確保する。
 これは天然鉱山における鉱床化として見なされ、都市鉱山の場合は人為的に位置を指定できる。
 
 
 部品: 回収製品の解体:鉱石化
 回収製品の中に含まれる資源を、取り出し可能な状態まで解体する。
 これは天然鉱山における採掘による鉱石化として見なされる。
 この時点では粗スクラップとも呼ばれる。
 
 
 部品: 粗スクラップの分離:精鉱
 粗スクラップの中に含まれる、再利用できない部分の抽出・分離を行い、不要物質の減量と除去を行う。
 これは再生原材料として、天然鉱山における選鉱からの精鉱と見なされる。
 
 
 部品: 鉱物資源としての再生:金属製錬
 再生原材料をさらに分離を行い、各々の材質を使用出来るように固めて再生する。
 天然鉱山における製錬からの金属素材化としてみなされ、都市鉱山で抽出製錬された利用可能物資をメタルと言う。
 
 
 部品: メタルの産業製品化:サイクル循環
 メタルとして生成した金属素材を再度産業製品として都市に提供し、EOL化するまで使用をしてもらう。
 これにより、都市鉱山の資源処理可能量として再度産業製品が積み重なるため、サイクル化する。
 
 
 部品: 都市鉱山のサイクル循環の注意事項
 精鉱段階で使用可能資源自体は必ず目減りするため、都市鉱山資源だけで全資源を賄う事は絶対に出来ない。
 他天然鉱山での採掘や他藩国からの輸入などで産業に必要な資源量を確保する必要がある。
 
 
 部品: 金属リサイクルの流れについて
 金属リサイクルの元となるスクラップの回収を行った後、加工工場により分類・破砕・圧縮により処理できるようにされ、製鉄所や処理工場で処理されて製品化される。
 各藩国の物理域及びテックレベル、法律規制により選択される方式が異なる。
 
 
 部品: 金属スクラップ回収方法
 藩国によってコンベアで自動回収されたり、持ち込みがされたり、ボックスにより回収されたりと様々な方法があるが、
 リサイクル対象となる粗スクラップをが処理工場に回収・集積される。工場発生スクラップや老廃スクラップ等の種類がある。
 家電や車、廃棄コンテナ等の金属成分が多く含まれた物が好ましいとされる。
 
 
 部品: 金属スクラッププレス加工
 金属スクラップが薄い材料が出来ていて空間の多い物の場合、型に入れて圧縮し箱型に纏める事で行う加工方法が用いられる。
 立方体になるため集約率が高い。
 
 部品: シャーリング加工
 パイプや建材などの厚みがあり長い鉄スクラップを、一定の長さに切断する加工方法。
 圧縮切断機という機材を用いて、加工製品化する。
 
 
 部品: シュレッダー加工
 鉄以外の非鉄金属やプラスチックやゴムなどの非金属が多く含まれた物に対して行われる処理方法である。
 シュレッダー装置の高速で回転する円筒型のドラムに取り付けられたハンマーで材料を細かく破砕して
 鉄・非鉄金属・非金属に分別し、リサイクル製品化される。
 
 
 部品: ガス切断加工
 大きな材料で、大きさや厚さのためにプレス加工、シャーリング加工、シュレッダー加工が出来ない場合に行われる。
 バーナー等の自由に金属切断できる道具を用いて、リサイクル処理が出来る大きさまで分解する。
 
 
 部品: ナゲット加工
 ナゲット処理とは、被覆電線・被覆銅線を粉砕機)にかけ米粒大に粉砕し、
 定量供給装置から一次粉砕機→二次粉砕機にかけ磁選機・振動ふるい機から被覆(電線の被膜部分)と導体(電線の金属部分)を比重選別した後、
 ナゲット処理された高純度の銅屑と被覆チップをサーマルリサイクル及びマテリアルリサイクルに分別・回収します。
 
 
 部品: 溶媒抽出法による回収
 溶媒抽出法は水相と有機相間の溶解度差を利用して溶質を分離する方法であり、
 金属イオンと反応し有機相に分配しやすい化学種を形成する抽出剤を用いて
 基板や破砕されたスクラップから有価金属を高効率に分離回収、精製、濃縮することが可能である。
 
 
 部品: イオン液体電解法による回収
 イオン液体は、陽イオンと陰イオンの組み合わせで構成される、室温で液体の塩の事を示し、
 溶媒に不揮発性であるイオン液体を用いて電気分解による電解析出を行う事により、レアメタルの回収が可能である。
 
 
 部品: リサイクルされたインゴットの製品化
 加工されたスクラップは製鉄所に再度輸送され、電気炉や熱炉などで溶かされて再度新しいインゴットに製品化される。
 再生された金属は船や建物の建材や、家電の材料に再利用される事になる。
 
 
 部品: 都市鉱山設備の運用時の注意事項と資格
 それぞれ巨大かつ重工業としての機材も存在し、事故が発生した場合は死傷者が出る事もある
 運用にはマニュアルを参照し、安全に使う事。また、大型機械操縦の資格が必要となる。
 
 
 部品: 受け入れヤード
 回収された廃棄物は各専用ヤードに纏められつつ受け入れヤードに保管される。
 受け入れヤードで異物混入が無いか分別と確認を行った後に、それぞれの処理工程に投入される。
 
 
 部品: ギロチンシャー
 おもに、鉄骨・鉄筋などの大型の鉄スクラップの圧縮・切断処理を行うための装置。
 1度に大型トラック1台分の材料を投入でき、様々な形状を圧縮・切断し一定サイズの製品に加工することが出来る。
 
 
 部品: マルチシュレッダー
 小型の複合素材を破砕・選別し、各種金属を取り出す機械である。
 ロータを高出力トルクで回転刃を回し、固定刃の上に流れてくる素材を粉砕して加工する。
 
 
 部品: 定量供給装置
 シュレッダー等で粉砕した後の粉々になったスクラップを流し込むことで、設定した量を時間単位で後工程に流すように調整する機会である。
 効率よく分別できるように、選別機の処理能力に合わせて設定される。
 
 
 部品: プラスチック材質選別機
 プラスチックや化学化合物質系の設定材質を瞬時に検知・選別できる機械である。
 近赤外線を照射する事で、材質により吸収される波長が異なる事を利用して選別を行う。
 
 
 部品: 材質密度選別機
 画像処理技術を利用し、特定の原子密度を測定することにより、材質選別を行う事が出来る機械である。
 対象原料にX線を照射し、受信器に写った原料の影の濃さから材質判断を行い、
 材質判断後は、コンベヤ先端上に配置されているエアノズルから対象原料のみエアを噴き、資源を回収する。
 
 
 部品: 電磁式金属選別機
 電磁センサを使用した材質選別機であり、鉄・非鉄に関らず、金属全般を回収できる機械である。
 コンベヤ中に埋め込まれた電磁センサ上を原料(金属)が流れる際に、センサに発生する誘起電力を感知・識別する。
 識別後は、コンベヤ先端上に配置されているエアノズルから対象原料のみエアを噴き、回収する。
 
 
 部品: カラーラインカメラ式色彩選別機
 電磁センサと色彩センサを併用した材質選別機である。
 シュレッダにて粉々にされた資源物から対象を見つけるのに有用であり、白を指定すればアルミや真鍮、茶色を指定すれば銅などと自動選別回収できる。
 
 
 部品: バケットクレーンとマグネットクレーン
 金属スクラップの積み下ろしや機械への投入に関してはバケットクレーンとマグネットクレーンを用いる。
 バケットとは蟹の鋏や人の手のような掴む装置、マグネットとは電気式の大きな磁石の事を表している。
 
 
 部品: 乾式洗浄装置
 水や洗浄液を使用せず、機械力と空気のみで処理物の汚れや不純物を取り除くことが出来る機械。
 巨大な縦回転水車のような形をしており、?回転ディスクの表面の突起による原料同士の相互擦り作用によって洗浄する。
 洗浄品の廃プラスチック・紙類はRPF原料へ、その他サーマルリサイクル原料、マテリアルリサイクル原料に回される。
 
 
 部品: 粉塵防止装置
 破砕の過程で出てきてしまう粉じんや浮遊粒子状物質を防止する装置である。
 陰イオン系界面活性剤が主成分の粉塵防止剤を使用し空中拡散や空気汚染する事を防ぐ事が出来る
 
 部品: ごみ処理専門業者との連携
 複数のごみ処理業者と提携して、古紙回収、粗大ごみ回収などの事前の分別に協力してもらう。敷地内に業者専用区画を用意してあり管理コストを下げている。
 
 部品: 大規模解体ライン
 機械の墓場のメインとなるライン。運び込まれた様々なゴミや機械、船舶などを機械式、各種センサー、人力をつかって選り分ける。巨大カマキリの鎌でぶつ切りにしたり、猫妖精のセンスや人間の経験をフル活用して細かく分別していく。
 
 部品: 水平リサイクル
 水平リサイクルとは、品質の劣化を伴わず同じものに再利用できるリサイクル。ガラスとかペットボトルとか。分別がしっかりされていると再生が簡単になる。
 
 部品: アップワードリサイクル
 元の素材から別のものに変換して再利用するリサイクル。ペットボトルから繊維を作成するなど。必要量に応じて作り分けることで様々な商品に転用することが出来る。
 
 部品: 港湾連携による素材保管と再出荷
 再利用可能になったレアメタルバーやペレットなどは港湾にある専用の倉庫や資材置き場に保管されその数量を厳密に管理される。これにより必要な場所に即座に輸出できるようになる。
 
 部品: 排出される汚染物質の処理
 厳密に定められた汚染物質排出規制に沿って、リサイクル施設ではエコノマイザ、熱分解装置、濾過式集塵機など複数のフィルターを用いて規定量以下になるまで排出物の処理が繰り返される。
 
 部品: 再活用パーツの情報集積と分類化
 ごみ処理の前段階として、各種製品に関して情報を収集し、再活用可能パーツのデータベース作成とその分類を行っている。これにより廃棄物の分別が格段に効率化することが出来る。
 
 部品: 有用パーツの洗浄と修理による再利用
 電子部品や機械類のパーツには、汚れが簡易的な故障が原意で廃棄されたものも多い。
 データベースを元に作成したマニュアルを用いて最適な洗浄と修理を施すことでそのままの形で再利用が可能になる。
 
 部品: 修理専門技術者の雇用
 マニュアルとは別に、難易度の高いパーツ修理には専門の技術者を雇うことになる。その技術情報はデータベースにフィードバックされ、マニュアルのさらなる向上が見込まれる。
 
 部品: リユースパーツの販売流通
 洗浄修理されたパーツは国内外の流通に戻され販売される。この際akiharu国のブランドマークを適応することにより、安く信頼性のある商品として評価される。
 
 部品: 余剰有用パーツの組み立てによる再生品の作成
 流通にパーツを再放出する際に、すでにあるいくつものジャンクパーツを組み立てて一つの製品を作り出すことがある。
 基本的には作業員の片手間であるが、これを奨励し制作物を買い取り、手順をマニュアル化して
 同様のものを適時作成して販売する。
 
 部品: ヴィンテージパーツを利用した家庭用品などの商品化
 マニア市場向けに、再利用出来ないI=Dなどのパーツを使用した家具やオブジェなどを作成する。
 これはには秘宝館に関連するアーティストが参加し、定期的に展示即売会が開かれている。
 
 部品: 粗大ごみの展示と市民による修理講座
 敷地内にリサイクルプラザを設置し修理が簡易な家具や自転車などを展示、
 自身の手で修理してもらうことで市民に広くリサイクル意識を浸透させる。
 さらには引退した熟練作業者を再雇用し、修理講座を開く。
 
 部品: 固形燃料の生成
 最終的に処理された後、使いみちの少ない資源は廃棄物固形燃料として接着剤や石灰と練り合わせて形成される。
 
 部品: 分別による排熱安定化と安全化
 廃棄物固形燃料の火力安定と安全化には、素材ごとに十分な分別が必要となる。
 これは大規模施設のメリットとしてすでに分別が完了しているためその効率を高めることができる。
 
 部品: ガス・油の回収
 マテリアルリサイクルで排出される、ガスや廃油もろ過装置を通され不純物が取り除かれた状態でタンクに保存され、適時発電施設などに送り出されることになる。
 
 部品: 焼却熱利用
 焼却処理に使用された排熱は、排熱ボイラーで蒸気生成に利用されダクトを通って敷地内の様々な用途に利用される。
 
 部品: 廃棄物発電
 ボイラーによるタービン発電の他に、特別に開発された熱発電チューブによる低温発電素子を利用し高密度な発電を可能にしている。
 
 部品: 施設内冷暖房利用
 発電された電気は施設内の冷暖房に使われ、さらには作業時のエアコンスーツのバッテリー充電に使用され、作業員の快適性を確保している。
 
 部品: 温水作成による温泉施設
 蒸気ボイラーにより温められた温水を利用して、施設内に24時間営業の大規模入浴施設が設置されている。
 娯楽好きのakiharu国民のために広く一般にも開放されていてヒーローショーなども行われている。
 
 部品: エコセメント用ロータリーキルン
 高温の排熱を利用し、セメントの焼成を行う装置である。高熱により有害不純物を焼却処理することで純度の高いセメントが作成できる。
 
 部品: 循環型社会形成推進基本法
 資源の枯渇に配慮して、リサイクルを推進し環境保全と継続的な経済の活性化を目的とした法律。みんな物を大事にしようねという趣旨である。
 
 部品: 廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律
 処理工程や、汚染物質の規制基準値などを定めた法律。厳密なデータ収集と安全規定が設けられていて、これに違反すると厳罰が処される。
 
 部品: 民間廃棄機械等の再資源化促進のための法律
 小型機械や家庭ごみ、粗大ごみなどの再資源化を促進する必要な処置を定めた法律。
 各家庭に推進される分別や、各地に設置される回収ポスト、事業者への補助制度などが盛り込まれている。
 
 部品: 藩国規模の戦闘用装備の再資源化のための法律
 I=Dや兵器などの危険な廃棄物の処理に関する法律。国外から持ち込まれるものや自国内のものに関して厳密な機密管理を行うことで、
 民間への危険な技術の氾濫を防止するために制定されいてる。これに違反するものは厳罰に処される。
 
 部品: リサイクル業務従事者教育への推進法
 修理技術者や処理業者に携わるものを育成するために助成金や補助制度を規定した法律。各種教育機関との連携なども盛り込まれている。
 
 部品: 大気汚染防止法の目的
 大気環境を保全するために制定された。
 この法律は大気汚染に関して、国民の健康と形質を保護するとともに生活環境を保全することなどを目的としている。
 
 部品: 制度の概要
 大気汚染防止法では工場や事業場などの固定発生源から排出又は飛散する大気汚染物質について、
 物質の種類ごと、施設の種類・規模ごとに排出基準等が定められており、
 大気汚染物質の排出者等はこの基準を守らなければならないとしている。
 
 
 部品: ばい煙とは
 ばい煙とは、物の燃焼等に伴い発生するいおう酸化物、ばい塵、有害物質の事を言う。
 有害物質とは下記、及び藩国で確認された目的に合致する健康を損する一定以上の物質のことを言う。
 1)カドミウム及びその化合物、
 2)塩素及び塩化水素、
 3)弗素、弗化水素及び弗化珪素、
 4)鉛及びその化合物、
 5)窒素酸化物
 
 
 部品: 揮発性有機化合物とは
 揮発性有機化合物とは、大気中に排出又は飛散した時に気体である有機化合物の事ををいう。
 ただし、浮遊粒子状物質及びオキシダントの生成の原因とならない物質として政令で定める物質を除く物としている。
 
 
 部品: 粉じんとは
 粉じんとは、物の破砕やたい積等により発生し、又は飛散する物質をいう。
 このうち、大気汚染防止法では、人の健康に被害を生じるおそれのある物質を「特定粉じん」、
 それ以外の粉じんを「一般粉じん」として定めている。それぞれの定義は藩国法及び国際法で定められる。
 
 
 部品: 排出制限と刑罰
 大気汚染防止法は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者に対し排出基準に適合しない排出を禁止し
 故意、過失を問わず違反者に対して刑罰を科せられる。
 
 
 部品: 改善命令・使用停止命令
 各藩国藩王政府は、排出基準違反の「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」を継続して排出するおそれがあると認めるときは、
 当該ばい煙の排出者に対し、これらの処理方法等の改善や一時使用停止を命令することができる。
 
 
 部品: 設置・変更の届出、計画変更命令
 必要な措置を事前に講じさせるために、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」発生施設を新たに設置又は構造等の変更をしようとする者は、
 あらかじめ、藩国に所定の事項を届け出なければならない。
 届け出を出された藩国、その内容を審査し、当該施設が排出基準に適合しないと認めるときは、
 その届出を受理した日から一定期間に限り計画の変更又は廃止を命ずることができる。
 
 
 部品: 測定と記録の義務
 「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」排出者は、施設から排出される物質の量を項目ごとに測定しその結果を記録し保管しておかなければならない。
 
 
 部品: 藩国の立入検査
 藩国政府の職員は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者が排出基準を守っているかチェックするため、
 工場・事業場に立ち入ることや必要な事項の報告を求めることができる。
 
 
 部品: 事故時措置
 故障、破損その他の事故が起こり、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」又は特定物質が多量に排出されたとき、
 排出者は直ちに応急の措置を講じ、復旧に努めるとともに事故の状況を藩国政府に通報しなければならない。
 特定物質とは物の合成、分解その他の化学的処理に伴い発生する物質のうち、
 人の健康又は生活環境に係る被害が生ずるおそれがある物質を意味する。
 
 
 部品: 事業者責務
 事業者は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の規制に関する措置のほか、
 その事業活動に伴うこれらの物質の大気中への排出の状況を把握するとともに、
 当該排出を抑制するため、必要な措置を講ずるようにしなければならない。
 
 
 部品: 緊急時措置
 大気汚染が深刻な状態(政令で定めるレベル)になった時
 藩国政府は一般にその事態を周知させるとともに、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者に対して排出量の削減を要請することとなっている。
 
 
 部品: 有害大気汚染物質の対策の目的
 有害大気汚染物質とは、低濃度であっても長期的な摂取により健康影響が生ずるおそれのある物質のことをいい、
 科学的知見の充実の下に、将来にわたって人の健康に係る被害が未然に防止されるよう施策を講じることが目的されている。.
 
 
 部品: 対象物質について
 藩国及び国際組織が物理域毎に定めた基準がリストアップされる。
 中物理域以上であれば、ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなどの化学物質が重要視されており、
 これらについては排出抑制を行わなければいけないとされている。
 
 
 部品: 各主体の責務
 大気汚染防止法では、有害大気汚染物質対策の実施に当たり、各主体の責務を定めている。
 国の施策:科学的知見の充実、健康リスク評価の公表等
 各地方領主や都市での施策:汚染状況の把握、情報の提供等
 事業者の責務:排出状況の把握、排出抑制等
 国民の努力:排出抑制等
 
 部品: 回収前のご家庭での分別
 各人が再資源化の意識を持って、家庭でのゴミを出す前に細かく分別するようにしましょう。
 政庁などで分別方法や区分けを記載したパンフレットをお配りしておりますので、
 冷蔵庫など目につくところに貼っておくと良いでしょう。
 
 部品: 慰霊碑への奉納
 機械の墓場の慰霊碑に参拝の際に、ご家庭で不要になった機械類を奉納の形でお預かりします。
 愛着のあったものであれば、しっかりとお別れのお祈りも忘れないようにしましょう。
 
 部品: 資源リサイクルの積極的活動
 資源の少ない国なので、資源リサイクルに積極的な活動を見せることは国内の顧客へのよいアピールとなり、
 健全な会社であると見なされるでしょう。
 
 部品: 自社製品の国家規格の取得
 藩国で定める環境マネジメントシステムの国家規格を取得することで、自社製品の安全性健全性を証明することが出来る。
 また、生産と廃棄のプロセスにかかるコストを削減でき、企業としてのメリットもある。
 
 部品: 環境マネジメントシステムに関する国家規格の制定
 環境に配慮し、また廃棄するときの国家規定を資格化しその取得を推奨しています。
 毎年の目標値の審査、認定と相談、普及に努め、循環型社会の形成に努力しています。
 
 部品: 循環型社会形成基本計画の策定
 環境マネジメントシステムの国家規格の制定や、循環型社会形成推進交付金の創設。
 その他、資源再利用のためのシステムづくりを行っています。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "機械の墓場(B世界版)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "施設の概要全般",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "A世界のakiharu国における機械の墓場",
             "description": "『機械を弔い、解体し、機械の大いなる環に戻す』という、元々はA世界のakiharu国にあった場所。 \n士季号の自己生産プラントがあったりして大変ではあったが、その精神は生命への尊重に満ちていた。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "B世界での設置経緯",
             "description": "資源不足が心配される共和国の内情と、なにか掘ったら危ないものしか出てこなさそうなakiharu国の事情を鑑みて、\n資源再利用プラントを資源採掘施設として作成しようとしたものである。\nA世界での機械の墓場の概念を元に、これを継承し大規模かつ環境保全と安全に配慮した形に改良して資源リサイクル施設として設置された。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "akiharu国民の適性",
             "description": "戦闘のみならず、akiharu国民は多様な種族が存在するがゆえにその技能を集約的に活用できれば高効率の施設運用が可能である。\n巨大カマキリの鎌、猫妖精のセンス、人間の創造力、番長や風紀委員の統括力など国民の力を合わせればみんなのパワーは百万倍なのだ。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "施設の規模",
             "description": "B世界では新興国であるakiharu国では、十分なプランニングにより事前に広大な施設用地を確保されている。\nさらには環状線や港湾などの設置に連動して流通経路も整備されている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "機械の慰霊碑",
             "description": "akiharu国では、大きな木の元に慰霊碑を作る習慣がある。\n機械の墓場の近くにある日当たりの良い大木の下にある機械の慰霊碑には、\n機械達の活躍を労いその魂を大いなる環に送り出すために日々参拝客が訪れる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "鹵獲機械・所属不明機械の取り扱いについて",
             "description": "本施設では、鹵獲機械・所属不明機械の修理、解体を基本的には取り扱わず、\n国家でその扱いを決定した上で個別に対応することにする。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "高度リサイクル施設(akiharu国版)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "中央処理施設管理センター",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "統括中央制御室",
                 "description": "各施設の動作管理を行う制御室であり、24時間のシフト制で安全に機能するように監視を行っている。\nセンサー異常や監視員の通報は即座にここに届けられることになる。\nネットワークの危険性を考えて人力と無線による連絡体制になっている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "環境マネジメント企画部",
                 "description": "施設の機能向上と環境保全のために設備の見直し、点検運用の計画を日夜プランニングし続ける施設の頭脳という部門である。\n学園要塞との連携で最新の技術研究にも協力している。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "総合管理事務",
                 "description": "人事・給与関係、連絡調整、所の事務事業の運営に関することなど、様々な事務作業を行う部署である。\n多くの人員が働く施設においてはスタッフの要望なども聞いて調整を行っている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "総合情報管理部",
                 "description": "日々様々な廃棄物に関するデータが集められ、分類管理され、研究がなされている。\nここでの研究データは企画開発部に回されマニュアルの作成や商品開発、施設の機能向上に役立たせられる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "広報イベント企画部",
                 "description": "温泉施設の管理、国内外への広報、流通ルートの折衝など外部との交流を取り仕切る部門である。\n保養所などの施設管理など具体的な福利厚生の管理なども行っている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "セキュリティ管理部",
                 "description": "テロ対策や災害発生時などの対応などの人員が配備されている事務所であり、\n中央管理センターからの通報を受けて即座に対応できるよう待機している。\n通常はパトロールなどを行い安全に気をつけている。\n",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "マテリアルリサイクル",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "都市鉱山:基本機能",
                 "children": [
                   {
                     "title": "都市鉱山の成り立ち",
                     "description": "中物理域・高物理域の藩国で利用されている個人端末や家電、バイク、重機、I=Dや船舶等には\n再利用可能な鉱物資源、貴金属やレアメタルが含まれている。\nその廃棄物に含まれる金属を積極的に「採掘可能」な鉱山資源ととらえたものが都市鉱山と呼ばれる。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山の構築利点",
                     "description": "既に利用されている資源量が、自然における資源量をうわまわわる場合や\n閉鎖環境にてリサイクルによる資源の再使用が必要な場合に有効とされる。\n",
                     "expanded": true,
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "資源の偏在と消費の偏在の一致",
                     "description": "鉱物を含んだ廃棄物が多く排出されるという事は消費が活発な地域であるという事である。\nそのため、都市鉱山で採掘された資源をそのまま製品の生産などに用いて消費地域に送り出す事により\n資金面でも環境面でも輸送コストや生産コストが削減できる。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山の藩国からの要運営許可取得",
                     "description": "都市鉱山は官営でも民営でも藩国からの許可が必要となる。宇宙コロニーや都市船に組み込まれる場合は官営となる。\n許可を得るには運営業務規則、環境基準、警備基準等を満たす必要があり、基本機能のみでは許可はされない。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山での居住禁止",
                     "description": "基本的にゴミが堆積される場所であり、再利用の為に重機の行き来や処理のために危険な事が多い。\n設置藩国は居住区画を別途用意し、都市鉱山には居住禁止と設定している。また、入場も管理されている。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山の警備対応",
                     "description": "区画に立ち入る場合には、必ず入場許可証と専用装備が必要になる。\n警備詰所からの定期巡回、及び各藩国で設置された警備システムにより異常が発覚した場合には、即時各所に通知され対応が行われる。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山のメンテナンス",
                     "description": "都市鉱山のメンテナンスは定期的に行われる。整備員として訓練された人員が安全基準が確保された装備を身に着ける必要がある。\nシステムメンテナンスは元より、箱物施設としての点検も行い、行政及び第三者機関からのチェックも行われ、違反した場合には罰則が科せられる。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山の災害対策",
                     "description": "警備員の巡回や各藩国で設置された警備システムにより感知された異常があった場合には、\nまず作業を止める事をマニュアルや訓練により徹底されている。\n設置された隔壁、スプリンクラー等で一次的に凌ぎ、対策本部や会議により方針が決定される。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山の区画構成",
                     "description": "都市鉱山は複数の大区画で構成されており、2区画を予備区画(搬入処理用)、1区画をメンテナンス区画、残り区画を常時処理使用として、\n処理を途切れさせずに順次入れ替えを行う。スタッフは交代制で勤務を行う。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山からの生成物",
                     "description": "都市鉱山で分類、抽出された資源は工場に送られ再利用される。\n安全性と品質を確保された物は船舶や建造物に使用され、建築物基準に満たない物は無害化された後に形成され\n漁礁や工芸品作成等の各藩国内施設に配置されることになる。\n",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山サイクル概念",
                     "children": [
                       {
                         "title": "産業製品の使用とEOL化:蓄積",
                         "description": "都市部で用いた鉱物を含んだ製品を利用していくと、必ず生産終了や販売終了、サポート終了、故障などのEOL化がもたらされる\nこれは天然鉱山におけるレアメタルや鉄鋼の元になる物質の蓄積として見なされる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "産業製品の回収と移動:鉱床化",
                         "description": "EOL化した産業製品を回収製品として都市鉱山の対象区画に移動し、処理可能量を確保する。\nこれは天然鉱山における鉱床化として見なされ、都市鉱山の場合は人為的に位置を指定できる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "回収製品の解体:鉱石化",
                         "description": "回収製品の中に含まれる資源を、取り出し可能な状態まで解体する。\nこれは天然鉱山における採掘による鉱石化として見なされる。\nこの時点では粗スクラップとも呼ばれる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "粗スクラップの分離:精鉱",
                         "description": "粗スクラップの中に含まれる、再利用できない部分の抽出・分離を行い、不要物質の減量と除去を行う。\nこれは再生原材料として、天然鉱山における選鉱からの精鉱と見なされる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "鉱物資源としての再生:金属製錬",
                         "description": "再生原材料をさらに分離を行い、各々の材質を使用出来るように固めて再生する。\n天然鉱山における製錬からの金属素材化としてみなされ、都市鉱山で抽出製錬された利用可能物資をメタルと言う。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "メタルの産業製品化:サイクル循環",
                         "description": "メタルとして生成した金属素材を再度産業製品として都市に提供し、EOL化するまで使用をしてもらう。\nこれにより、都市鉱山の資源処理可能量として再度産業製品が積み重なるため、サイクル化する。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "都市鉱山のサイクル循環の注意事項",
                         "description": "精鉱段階で使用可能資源自体は必ず目減りするため、都市鉱山資源だけで全資源を賄う事は絶対に出来ない。\n他天然鉱山での採掘や他藩国からの輸入などで産業に必要な資源量を確保する必要がある。\n",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   },
                   {
                     "title": "金属リサイクル:基本機能",
                     "children": [
                       {
                         "title": "金属リサイクルの流れについて",
                         "description": "金属リサイクルの元となるスクラップの回収を行った後、加工工場により分類・破砕・圧縮により処理できるようにされ、製鉄所や処理工場で処理されて製品化される。\n各藩国の物理域及びテックレベル、法律規制により選択される方式が異なる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "金属スクラップ回収方法",
                         "description": "藩国によってコンベアで自動回収されたり、持ち込みがされたり、ボックスにより回収されたりと様々な方法があるが、\nリサイクル対象となる粗スクラップをが処理工場に回収・集積される。工場発生スクラップや老廃スクラップ等の種類がある。\n家電や車、廃棄コンテナ等の金属成分が多く含まれた物が好ましいとされる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "金属スクラップ加工処理",
                         "children": [
                           {
                             "title": "金属スクラッププレス加工",
                             "description": "金属スクラップが薄い材料が出来ていて空間の多い物の場合、型に入れて圧縮し箱型に纏める事で行う加工方法が用いられる。\n立方体になるため集約率が高い。",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "シャーリング加工",
                             "description": "パイプや建材などの厚みがあり長い鉄スクラップを、一定の長さに切断する加工方法。\n圧縮切断機という機材を用いて、加工製品化する。\n",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "シュレッダー加工",
                             "description": "鉄以外の非鉄金属やプラスチックやゴムなどの非金属が多く含まれた物に対して行われる処理方法である。\nシュレッダー装置の高速で回転する円筒型のドラムに取り付けられたハンマーで材料を細かく破砕して\n鉄・非鉄金属・非金属に分別し、リサイクル製品化される。\n",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "ガス切断加工",
                             "description": "大きな材料で、大きさや厚さのためにプレス加工、シャーリング加工、シュレッダー加工が出来ない場合に行われる。\nバーナー等の自由に金属切断できる道具を用いて、リサイクル処理が出来る大きさまで分解する。\n",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "ナゲット加工",
                             "description": "ナゲット処理とは、被覆電線・被覆銅線を粉砕機)にかけ米粒大に粉砕し、\n定量供給装置から一次粉砕機→二次粉砕機にかけ磁選機・振動ふるい機から被覆(電線の被膜部分)と導体(電線の金属部分)を比重選別した後、\nナゲット処理された高純度の銅屑と被覆チップをサーマルリサイクル及びマテリアルリサイクルに分別・回収します。\n",
                             "part_type": "part"
                           }
                         ],
                         "expanded": true,
                         "part_type": "group"
                       },
                       {
                         "title": "レアメタル回収処理",
                         "children": [
                           {
                             "title": "溶媒抽出法による回収",
                             "description": "溶媒抽出法は水相と有機相間の溶解度差を利用して溶質を分離する方法であり、\n金属イオンと反応し有機相に分配しやすい化学種を形成する抽出剤を用いて\n基板や破砕されたスクラップから有価金属を高効率に分離回収、精製、濃縮することが可能である。\n",
                             "part_type": "part"
                           },
                           {
                             "title": "イオン液体電解法による回収",
                             "description": "イオン液体は、陽イオンと陰イオンの組み合わせで構成される、室温で液体の塩の事を示し、\n溶媒に不揮発性であるイオン液体を用いて電気分解による電解析出を行う事により、レアメタルの回収が可能である。\n",
                             "part_type": "part"
                           }
                         ],
                         "expanded": true,
                         "part_type": "group"
                       },
                       {
                         "title": "リサイクルされたインゴットの製品化",
                         "description": "加工されたスクラップは製鉄所に再度輸送され、電気炉や熱炉などで溶かされて再度新しいインゴットに製品化される。\n再生された金属は船や建物の建材や、家電の材料に再利用される事になる。\n",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   },
                   {
                     "title": "都市鉱山に用いられる設備装置",
                     "children": [
                       {
                         "title": "都市鉱山設備の運用時の注意事項と資格",
                         "description": "それぞれ巨大かつ重工業としての機材も存在し、事故が発生した場合は死傷者が出る事もある\n運用にはマニュアルを参照し、安全に使う事。また、大型機械操縦の資格が必要となる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "受け入れヤード",
                         "description": "回収された廃棄物は各専用ヤードに纏められつつ受け入れヤードに保管される。\n受け入れヤードで異物混入が無いか分別と確認を行った後に、それぞれの処理工程に投入される。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "ギロチンシャー",
                         "description": "おもに、鉄骨・鉄筋などの大型の鉄スクラップの圧縮・切断処理を行うための装置。\n1度に大型トラック1台分の材料を投入でき、様々な形状を圧縮・切断し一定サイズの製品に加工することが出来る。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "マルチシュレッダー",
                         "description": "小型の複合素材を破砕・選別し、各種金属を取り出す機械である。\nロータを高出力トルクで回転刃を回し、固定刃の上に流れてくる素材を粉砕して加工する。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "定量供給装置",
                         "description": "シュレッダー等で粉砕した後の粉々になったスクラップを流し込むことで、設定した量を時間単位で後工程に流すように調整する機会である。\n効率よく分別できるように、選別機の処理能力に合わせて設定される。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "プラスチック材質選別機",
                         "description": "プラスチックや化学化合物質系の設定材質を瞬時に検知・選別できる機械である。\n近赤外線を照射する事で、材質により吸収される波長が異なる事を利用して選別を行う。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "材質密度選別機",
                         "description": "画像処理技術を利用し、特定の原子密度を測定することにより、材質選別を行う事が出来る機械である。\n対象原料にX線を照射し、受信器に写った原料の影の濃さから材質判断を行い、\n材質判断後は、コンベヤ先端上に配置されているエアノズルから対象原料のみエアを噴き、資源を回収する。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "電磁式金属選別機",
                         "description": "電磁センサを使用した材質選別機であり、鉄・非鉄に関らず、金属全般を回収できる機械である。\nコンベヤ中に埋め込まれた電磁センサ上を原料(金属)が流れる際に、センサに発生する誘起電力を感知・識別する。\n識別後は、コンベヤ先端上に配置されているエアノズルから対象原料のみエアを噴き、回収する。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "カラーラインカメラ式色彩選別機",
                         "description": "電磁センサと色彩センサを併用した材質選別機である。\nシュレッダにて粉々にされた資源物から対象を見つけるのに有用であり、白を指定すればアルミや真鍮、茶色を指定すれば銅などと自動選別回収できる。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "バケットクレーンとマグネットクレーン",
                         "description": "金属スクラップの積み下ろしや機械への投入に関してはバケットクレーンとマグネットクレーンを用いる。\nバケットとは蟹の鋏や人の手のような掴む装置、マグネットとは電気式の大きな磁石の事を表している。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "乾式洗浄装置",
                         "description": "水や洗浄液を使用せず、機械力と空気のみで処理物の汚れや不純物を取り除くことが出来る機械。\n巨大な縦回転水車のような形をしており、?回転ディスクの表面の突起による原料同士の相互擦り作用によって洗浄する。\n洗浄品の廃プラスチック・紙類はRPF原料へ、その他サーマルリサイクル原料、マテリアルリサイクル原料に回される。\n",
                         "part_type": "part"
                       },
                       {
                         "title": "粉塵防止装置",
                         "description": "破砕の過程で出てきてしまう粉じんや浮遊粒子状物質を防止する装置である。\n陰イオン系界面活性剤が主成分の粉塵防止剤を使用し空中拡散や空気汚染する事を防ぐ事が出来る",
                         "part_type": "part"
                       }
                     ],
                     "expanded": true,
                     "part_type": "group"
                   }
                 ],
                 "expanded": true,
                 "part_type": "group"
               },
               {
                 "title": "ごみ処理専門業者との連携",
                 "description": "複数のごみ処理業者と提携して、古紙回収、粗大ごみ回収などの事前の分別に協力してもらう。敷地内に業者専用区画を用意してあり管理コストを下げている。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "大規模解体ライン",
                 "description": "機械の墓場のメインとなるライン。運び込まれた様々なゴミや機械、船舶などを機械式、各種センサー、人力をつかって選り分ける。巨大カマキリの鎌でぶつ切りにしたり、猫妖精のセンスや人間の経験をフル活用して細かく分別していく。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "水平リサイクル",
                 "description": "水平リサイクルとは、品質の劣化を伴わず同じものに再利用できるリサイクル。ガラスとかペットボトルとか。分別がしっかりされていると再生が簡単になる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "アップワードリサイクル",
                 "description": "元の素材から別のものに変換して再利用するリサイクル。ペットボトルから繊維を作成するなど。必要量に応じて作り分けることで様々な商品に転用することが出来る。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "港湾連携による素材保管と再出荷",
                 "description": "再利用可能になったレアメタルバーやペレットなどは港湾にある専用の倉庫や資材置き場に保管されその数量を厳密に管理される。これにより必要な場所に即座に輸出できるようになる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "排出される汚染物質の処理",
                 "description": "厳密に定められた汚染物質排出規制に沿って、リサイクル施設ではエコノマイザ、熱分解装置、濾過式集塵機など複数のフィルターを用いて規定量以下になるまで排出物の処理が繰り返される。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "プロダクトリサイクル",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "再活用パーツの情報集積と分類化",
                 "description": "ごみ処理の前段階として、各種製品に関して情報を収集し、再活用可能パーツのデータベース作成とその分類を行っている。これにより廃棄物の分別が格段に効率化することが出来る。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "有用パーツの洗浄と修理による再利用",
                 "description": "電子部品や機械類のパーツには、汚れが簡易的な故障が原意で廃棄されたものも多い。\nデータベースを元に作成したマニュアルを用いて最適な洗浄と修理を施すことでそのままの形で再利用が可能になる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "修理専門技術者の雇用",
                 "description": "マニュアルとは別に、難易度の高いパーツ修理には専門の技術者を雇うことになる。その技術情報はデータベースにフィードバックされ、マニュアルのさらなる向上が見込まれる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "リユースパーツの販売流通",
                 "description": "洗浄修理されたパーツは国内外の流通に戻され販売される。この際akiharu国のブランドマークを適応することにより、安く信頼性のある商品として評価される。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "余剰有用パーツの組み立てによる再生品の作成",
                 "description": "流通にパーツを再放出する際に、すでにあるいくつものジャンクパーツを組み立てて一つの製品を作り出すことがある。\n基本的には作業員の片手間であるが、これを奨励し制作物を買い取り、手順をマニュアル化して\n同様のものを適時作成して販売する。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "ヴィンテージパーツを利用した家庭用品などの商品化",
                 "description": "マニア市場向けに、再利用出来ないI=Dなどのパーツを使用した家具やオブジェなどを作成する。\nこれはには秘宝館に関連するアーティストが参加し、定期的に展示即売会が開かれている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "粗大ごみの展示と市民による修理講座",
                 "description": "敷地内にリサイクルプラザを設置し修理が簡易な家具や自転車などを展示、\n自身の手で修理してもらうことで市民に広くリサイクル意識を浸透させる。\nさらには引退した熟練作業者を再雇用し、修理講座を開く。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "サーマルリサイクル",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "固形燃料の生成",
                 "description": "最終的に処理された後、使いみちの少ない資源は廃棄物固形燃料として接着剤や石灰と練り合わせて形成される。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "分別による排熱安定化と安全化",
                 "description": "廃棄物固形燃料の火力安定と安全化には、素材ごとに十分な分別が必要となる。\nこれは大規模施設のメリットとしてすでに分別が完了しているためその効率を高めることができる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "ガス・油の回収",
                 "description": "マテリアルリサイクルで排出される、ガスや廃油もろ過装置を通され不純物が取り除かれた状態でタンクに保存され、適時発電施設などに送り出されることになる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "焼却熱利用",
                 "description": "焼却処理に使用された排熱は、排熱ボイラーで蒸気生成に利用されダクトを通って敷地内の様々な用途に利用される。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "廃棄物発電",
                 "description": "ボイラーによるタービン発電の他に、特別に開発された熱発電チューブによる低温発電素子を利用し高密度な発電を可能にしている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "施設内冷暖房利用",
                 "description": "発電された電気は施設内の冷暖房に使われ、さらには作業時のエアコンスーツのバッテリー充電に使用され、作業員の快適性を確保している。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "温水作成による温泉施設",
                 "description": "蒸気ボイラーにより温められた温水を利用して、施設内に24時間営業の大規模入浴施設が設置されている。\n娯楽好きのakiharu国民のために広く一般にも開放されていてヒーローショーなども行われている。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "エコセメント用ロータリーキルン",
                 "description": "高温の排熱を利用し、セメントの焼成を行う装置である。高熱により有害不純物を焼却処理することで純度の高いセメントが作成できる。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "リサイクル関連法",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "循環型社会形成推進基本法",
             "description": "資源の枯渇に配慮して、リサイクルを推進し環境保全と継続的な経済の活性化を目的とした法律。みんな物を大事にしようねという趣旨である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "廃棄物の処理及び環境保全への配慮に関する法律",
             "description": "処理工程や、汚染物質の規制基準値などを定めた法律。厳密なデータ収集と安全規定が設けられていて、これに違反すると厳罰が処される。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "民間廃棄機械等の再資源化促進のための法律",
             "description": "小型機械や家庭ごみ、粗大ごみなどの再資源化を促進する必要な処置を定めた法律。\n各家庭に推進される分別や、各地に設置される回収ポスト、事業者への補助制度などが盛り込まれている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "藩国規模の戦闘用装備の再資源化のための法律",
             "description": "I=Dや兵器などの危険な廃棄物の処理に関する法律。国外から持ち込まれるものや自国内のものに関して厳密な機密管理を行うことで、\n民間への危険な技術の氾濫を防止するために制定されいてる。これに違反するものは厳罰に処される。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "リサイクル業務従事者教育への推進法",
             "description": "修理技術者や処理業者に携わるものを育成するために助成金や補助制度を規定した法律。各種教育機関との連携なども盛り込まれている。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "大気汚染防止法(制度)",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "大気汚染防止法の目的",
             "description": "大気環境を保全するために制定された。\nこの法律は大気汚染に関して、国民の健康と形質を保護するとともに生活環境を保全することなどを目的としている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "制度の概要",
             "description": "大気汚染防止法では工場や事業場などの固定発生源から排出又は飛散する大気汚染物質について、\n物質の種類ごと、施設の種類・規模ごとに排出基準等が定められており、\n大気汚染物質の排出者等はこの基準を守らなければならないとしている。\n",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "ばい煙、揮発性有機化合物、粉じんの排出規制",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "ばい煙とは",
                 "description": "ばい煙とは、物の燃焼等に伴い発生するいおう酸化物、ばい塵、有害物質の事を言う。\n有害物質とは下記、及び藩国で確認された目的に合致する健康を損する一定以上の物質のことを言う。\n1)カドミウム及びその化合物、\n2)塩素及び塩化水素、\n3)弗素、弗化水素及び弗化珪素、\n4)鉛及びその化合物、\n5)窒素酸化物\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "揮発性有機化合物とは",
                 "description": "揮発性有機化合物とは、大気中に排出又は飛散した時に気体である有機化合物の事ををいう。\nただし、浮遊粒子状物質及びオキシダントの生成の原因とならない物質として政令で定める物質を除く物としている。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "粉じんとは",
                 "description": "粉じんとは、物の破砕やたい積等により発生し、又は飛散する物質をいう。\nこのうち、大気汚染防止法では、人の健康に被害を生じるおそれのある物質を「特定粉じん」、\nそれ以外の粉じんを「一般粉じん」として定めている。それぞれの定義は藩国法及び国際法で定められる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "排出制限と刑罰",
                 "description": "大気汚染防止法は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者に対し排出基準に適合しない排出を禁止し\n故意、過失を問わず違反者に対して刑罰を科せられる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "改善命令・使用停止命令",
                 "description": "各藩国藩王政府は、排出基準違反の「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」を継続して排出するおそれがあると認めるときは、\n当該ばい煙の排出者に対し、これらの処理方法等の改善や一時使用停止を命令することができる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "設置・変更の届出、計画変更命令",
                 "description": "必要な措置を事前に講じさせるために、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」発生施設を新たに設置又は構造等の変更をしようとする者は、\nあらかじめ、藩国に所定の事項を届け出なければならない。\n届け出を出された藩国、その内容を審査し、当該施設が排出基準に適合しないと認めるときは、\nその届出を受理した日から一定期間に限り計画の変更又は廃止を命ずることができる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "測定と記録の義務",
                 "description": "「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」排出者は、施設から排出される物質の量を項目ごとに測定しその結果を記録し保管しておかなければならない。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "藩国の立入検査",
                 "description": "藩国政府の職員は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者が排出基準を守っているかチェックするため、\n工場・事業場に立ち入ることや必要な事項の報告を求めることができる。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "事故時措置",
                 "description": "故障、破損その他の事故が起こり、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」又は特定物質が多量に排出されたとき、\n排出者は直ちに応急の措置を講じ、復旧に努めるとともに事故の状況を藩国政府に通報しなければならない。\n特定物質とは物の合成、分解その他の化学的処理に伴い発生する物質のうち、\n人の健康又は生活環境に係る被害が生ずるおそれがある物質を意味する。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "事業者責務",
                 "description": "事業者は、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の規制に関する措置のほか、\nその事業活動に伴うこれらの物質の大気中への排出の状況を把握するとともに、\n当該排出を抑制するため、必要な措置を講ずるようにしなければならない。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "緊急時措置",
                 "description": "大気汚染が深刻な状態(政令で定めるレベル)になった時\n藩国政府は一般にその事態を周知させるとともに、「ばい煙、揮発性有機化合物、粉じん」の排出者に対して排出量の削減を要請することとなっている。\n",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "有害大気汚染物質の対策の推進",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "有害大気汚染物質の対策の目的",
                 "description": "有害大気汚染物質とは、低濃度であっても長期的な摂取により健康影響が生ずるおそれのある物質のことをいい、\n科学的知見の充実の下に、将来にわたって人の健康に係る被害が未然に防止されるよう施策を講じることが目的されている。.\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "対象物質について",
                 "description": "藩国及び国際組織が物理域毎に定めた基準がリストアップされる。\n中物理域以上であれば、ベンゼン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなどの化学物質が重要視されており、\nこれらについては排出抑制を行わなければいけないとされている。\n",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "各主体の責務",
                 "description": "大気汚染防止法では、有害大気汚染物質対策の実施に当たり、各主体の責務を定めている。\n国の施策:科学的知見の充実、健康リスク評価の公表等\n各地方領主や都市での施策:汚染状況の把握、情報の提供等\n事業者の責務:排出状況の把握、排出抑制等\n国民の努力:排出抑制等",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "リサイクルに向けた各種取り組み",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "個人や家庭で出来ること",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "回収前のご家庭での分別",
                 "description": "各人が再資源化の意識を持って、家庭でのゴミを出す前に細かく分別するようにしましょう。\n政庁などで分別方法や区分けを記載したパンフレットをお配りしておりますので、\n冷蔵庫など目につくところに貼っておくと良いでしょう。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "慰霊碑への奉納",
                 "description": "機械の墓場の慰霊碑に参拝の際に、ご家庭で不要になった機械類を奉納の形でお預かりします。\n愛着のあったものであれば、しっかりとお別れのお祈りも忘れないようにしましょう。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "企業における環境保全への取り組み",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "資源リサイクルの積極的活動",
                 "description": "資源の少ない国なので、資源リサイクルに積極的な活動を見せることは国内の顧客へのよいアピールとなり、\n健全な会社であると見なされるでしょう。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "自社製品の国家規格の取得",
                 "description": "藩国で定める環境マネジメントシステムの国家規格を取得することで、自社製品の安全性健全性を証明することが出来る。\nまた、生産と廃棄のプロセスにかかるコストを削減でき、企業としてのメリットもある。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "akiharu国政府の取り組み",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "環境マネジメントシステムに関する国家規格の制定",
                 "description": "環境に配慮し、また廃棄するときの国家規定を資格化しその取得を推奨しています。\n毎年の目標値の審査、認定と相談、普及に努め、循環型社会の形成に努力しています。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "循環型社会形成基本計画の策定",
                 "description": "環境マネジメントシステムの国家規格の制定や、循環型社会形成推進交付金の創設。\nその他、資源再利用のためのシステムづくりを行っています。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月24日 20:42