※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 秋春螳螂拳(技術) RD:12 評価値:6
    • 大部品: 秋春螳螂拳の基本情報 RD:4 評価値:3
      • 部品: 秋春螳螂拳とは何か
      • 部品: 秋春蟷螂拳の特徴
      • 部品: 秋春螳螂拳の修行期間
      • 部品: 秋春螳螂拳の使用制限
    • 大部品: 秋春蟷螂拳の修行方法 RD:4 評価値:3
      • 部品: 秋春螳螂拳の基本功
      • 部品: 秋春螳螂拳の套路
      • 部品: 秋春螳螂拳の散打
      • 部品: 秋春螳螂拳と気功の鍛錬
    • 大部品: 秋春螳螂拳の絶招 RD:4 評価値:3
      • 部品: 高周波振動拳
      • 部品: 光学迷彩歩
      • 部品: 蟷螂翅跳手
      • 部品: 激光鐳射气息撃



部品定義


部品: 秋春螳螂拳とは何か

akiharu国は地獄と称されるほどの苛烈な生存競争の地である。
巨大ワニや大怪鳥が跳梁跋扈し、人喰い蔦やバナナワニが生い茂る生きることが闘争と言っても過言ではない国であった。
人々は、武器だけでなくその身体を強くするために様々な戦い方を研究し、クーリンガンから伝来した中国拳法の概念を取り入れ、
ついにはakiharu国最強の種族である巨大カマキリの戦闘法を習得するに至った。それが秋春蟷螂拳である。

部品: 秋春蟷螂拳の特徴

通常のカマキリの動きを模倣した形意拳である螳螂拳の動きから始まり、
akiharu国の巨大カマキリたちの戦闘法が取り入れられ、より強力なものとなっている。
それは人間サイズの敵と戦うより、より巨大な敵と戦う時に真価を発揮するという。

部品: 秋春螳螂拳の修行期間

十分に戦闘に耐えるほどに修練を積むには10年以上の厳しい鍛錬が必要となる。
秋春螳螂拳を伝える道場や師匠に弟子入りすることから始め、
基礎トレーニングである基本功をこなし、套路をマスターすることでその技術を学ぶ。
さらに修練を積み重ねることにより絶招と言われる奥義が伝授されるのだ。

部品: 秋春螳螂拳の使用制限

武という字は二つの戈を止めると書く。およそ武を修めるものは我欲によって邪道に落ちることを自身で戒めなければならない。
邪拳に染まり悪の道に堕ちたものは、破門され、師や一門の手によってその拳を使えなくされるだろう。

部品: 秋春螳螂拳の基本功

いわゆる身体トレーニングである。独特の修練法があり、技を身体に染み込ませる前段階の仕込みをするものである。
柔軟性と筋肉の強化を目的とした外功と、心身の統制を目的とした内功などがある。

部品: 秋春螳螂拳の套路

先人の積み上げた技を形として編纂し、連続した技と足運びなどを繰り返しなぞる練習法である。
石の床がすり減るほど套路を繰り返した末に、心身に技が合一し真にその技を使用できるようになるのだ。

部品: 秋春螳螂拳の散打

いわゆるスパーリングである。いくつかの手順やルールを決めて行うもので自身の修めた技の確認をする。
武術は秘伝があるものなので、みだりに同門以外と散打をすることは禁じられている。

部品: 秋春螳螂拳と気功の鍛錬

元より南国人は魔法の素養が封印されているという。しかし秋春螳螂拳では独特の身体運用と形を極めることにより体内に気を充実させコントロールすることを可能にする。
自身を文様に見立て、外気を取り入れるものだと伝承されているもので、極めると百歩先の蝋燭の火を消すことが出来るようになるとか。

部品: 高周波振動拳

螳螂拳の独特な手型である蟷螂手に気を集め、高速で振動させることにより岩をも爆砕する必殺の打撃となる技である。

部品: 光学迷彩歩

気配を消す独自の歩法、相手を撹乱する手法、さらには全身より気を放出し光を屈折させて姿を消す技を集合させた独自の歩法である。
これにより巨大カマキリのように姿を消すことが出来るのだ。

部品: 蟷螂翅跳手

全身の気を漲らせ、両手を高速で振ることにより、カマキリのような飛翔を可能にする技である。
敵の意表を突いたり、瞬時に間合いを詰めるなど移動の奥義と呼べるものである。

部品: 激光鐳射气息撃

レーザーブレスである。当然巨大カマキリのように口から出る。信じられないことに身体改造とかもしていない。
この技を修めることが出来たものは秋春螳螂拳の歴史の中でも数人しかおらず、伝説の最終奥義とされている。



提出書式


 大部品: 秋春螳螂拳(技術) RD:12 評価値:6
 -大部品: 秋春螳螂拳の基本情報 RD:4 評価値:3
 --部品: 秋春螳螂拳とは何か
 --部品: 秋春蟷螂拳の特徴
 --部品: 秋春螳螂拳の修行期間
 --部品: 秋春螳螂拳の使用制限
 -大部品: 秋春蟷螂拳の修行方法 RD:4 評価値:3
 --部品: 秋春螳螂拳の基本功
 --部品: 秋春螳螂拳の套路
 --部品: 秋春螳螂拳の散打
 --部品: 秋春螳螂拳と気功の鍛錬
 -大部品: 秋春螳螂拳の絶招 RD:4 評価値:3
 --部品: 高周波振動拳
 --部品: 光学迷彩歩
 --部品: 蟷螂翅跳手
 --部品: 激光鐳射气息撃
 
 
 部品: 秋春螳螂拳とは何か
 akiharu国は地獄と称されるほどの苛烈な生存競争の地である。
 巨大ワニや大怪鳥が跳梁跋扈し、人喰い蔦やバナナワニが生い茂る生きることが闘争と言っても過言ではない国であった。
 人々は、武器だけでなくその身体を強くするために様々な戦い方を研究し、クーリンガンから伝来した中国拳法の概念を取り入れ、
 ついにはakiharu国最強の種族である巨大カマキリの戦闘法を習得するに至った。それが秋春蟷螂拳である。
 
 部品: 秋春蟷螂拳の特徴
 通常のカマキリの動きを模倣した形意拳である螳螂拳の動きから始まり、
 akiharu国の巨大カマキリたちの戦闘法が取り入れられ、より強力なものとなっている。
 それは人間サイズの敵と戦うより、より巨大な敵と戦う時に真価を発揮するという。
 
 部品: 秋春螳螂拳の修行期間
 十分に戦闘に耐えるほどに修練を積むには10年以上の厳しい鍛錬が必要となる。
 秋春螳螂拳を伝える道場や師匠に弟子入りすることから始め、
 基礎トレーニングである基本功をこなし、套路をマスターすることでその技術を学ぶ。
 さらに修練を積み重ねることにより絶招と言われる奥義が伝授されるのだ。
 
 部品: 秋春螳螂拳の使用制限
 武という字は二つの戈を止めると書く。およそ武を修めるものは我欲によって邪道に落ちることを自身で戒めなければならない。
 邪拳に染まり悪の道に堕ちたものは、破門され、師や一門の手によってその拳を使えなくされるだろう。
 
 部品: 秋春螳螂拳の基本功
 いわゆる身体トレーニングである。独特の修練法があり、技を身体に染み込ませる前段階の仕込みをするものである。
 柔軟性と筋肉の強化を目的とした外功と、心身の統制を目的とした内功などがある。
 
 部品: 秋春螳螂拳の套路
 先人の積み上げた技を形として編纂し、連続した技と足運びなどを繰り返しなぞる練習法である。
 石の床がすり減るほど套路を繰り返した末に、心身に技が合一し真にその技を使用できるようになるのだ。
 
 部品: 秋春螳螂拳の散打
 いわゆるスパーリングである。いくつかの手順やルールを決めて行うもので自身の修めた技の確認をする。
 武術は秘伝があるものなので、みだりに同門以外と散打をすることは禁じられている。
 
 部品: 秋春螳螂拳と気功の鍛錬
 元より南国人は魔法の素養が封印されているという。しかし秋春螳螂拳では独特の身体運用と形を極めることにより体内に気を充実させコントロールすることを可能にする。
 自身を文様に見立て、外気を取り入れるものだと伝承されているもので、極めると百歩先の蝋燭の火を消すことが出来るようになるとか。
 
 部品: 高周波振動拳
 螳螂拳の独特な手型である蟷螂手に気を集め、高速で振動させることにより岩をも爆砕する必殺の打撃となる技である。
 
 部品: 光学迷彩歩
 気配を消す独自の歩法、相手を撹乱する手法、さらには全身より気を放出し光を屈折させて姿を消す技を集合させた独自の歩法である。
 これにより巨大カマキリのように姿を消すことが出来るのだ。
 
 部品: 蟷螂翅跳手
 全身の気を漲らせ、両手を高速で振ることにより、カマキリのような飛翔を可能にする技である。
 敵の意表を突いたり、瞬時に間合いを詰めるなど移動の奥義と呼べるものである。
 
 部品: 激光鐳射气息撃
 レーザーブレスである。当然巨大カマキリのように口から出る。信じられないことに身体改造とかもしていない。
 この技を修めることが出来たものは秋春螳螂拳の歴史の中でも数人しかおらず、伝説の最終奥義とされている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "秋春螳螂拳(技術)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "秋春螳螂拳の基本情報",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "秋春螳螂拳とは何か",
             "description": "akiharu国は地獄と称されるほどの苛烈な生存競争の地である。\n巨大ワニや大怪鳥が跳梁跋扈し、人喰い蔦やバナナワニが生い茂る生きることが闘争と言っても過言ではない国であった。\n人々は、武器だけでなくその身体を強くするために様々な戦い方を研究し、クーリンガンから伝来した中国拳法の概念を取り入れ、\nついにはakiharu国最強の種族である巨大カマキリの戦闘法を習得するに至った。それが秋春蟷螂拳である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秋春蟷螂拳の特徴",
             "description": "通常のカマキリの動きを模倣した形意拳である螳螂拳の動きから始まり、\nakiharu国の巨大カマキリたちの戦闘法が取り入れられ、より強力なものとなっている。\nそれは人間サイズの敵と戦うより、より巨大な敵と戦う時に真価を発揮するという。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秋春螳螂拳の修行期間",
             "description": "十分に戦闘に耐えるほどに修練を積むには10年以上の厳しい鍛錬が必要となる。\n秋春螳螂拳を伝える道場や師匠に弟子入りすることから始め、\n基礎トレーニングである基本功をこなし、套路をマスターすることでその技術を学ぶ。\nさらに修練を積み重ねることにより絶招と言われる奥義が伝授されるのだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秋春螳螂拳の使用制限",
             "description": "武という字は二つの戈を止めると書く。およそ武を修めるものは我欲によって邪道に落ちることを自身で戒めなければならない。\n邪拳に染まり悪の道に堕ちたものは、破門され、師や一門の手によってその拳を使えなくされるだろう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "秋春蟷螂拳の修行方法",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "秋春螳螂拳の基本功",
             "description": "いわゆる身体トレーニングである。独特の修練法があり、技を身体に染み込ませる前段階の仕込みをするものである。\n柔軟性と筋肉の強化を目的とした外功と、心身の統制を目的とした内功などがある。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秋春螳螂拳の套路",
             "description": "先人の積み上げた技を形として編纂し、連続した技と足運びなどを繰り返しなぞる練習法である。\n石の床がすり減るほど套路を繰り返した末に、心身に技が合一し真にその技を使用できるようになるのだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秋春螳螂拳の散打",
             "description": "いわゆるスパーリングである。いくつかの手順やルールを決めて行うもので自身の修めた技の確認をする。\n武術は秘伝があるものなので、みだりに同門以外と散打をすることは禁じられている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "秋春螳螂拳と気功の鍛錬",
             "description": "元より南国人は魔法の素養が封印されているという。しかし秋春螳螂拳では独特の身体運用と形を極めることにより体内に気を充実させコントロールすることを可能にする。\n自身を文様に見立て、外気を取り入れるものだと伝承されているもので、極めると百歩先の蝋燭の火を消すことが出来るようになるとか。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "秋春螳螂拳の絶招",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "高周波振動拳",
             "description": "螳螂拳の独特な手型である蟷螂手に気を集め、高速で振動させることにより岩をも爆砕する必殺の打撃となる技である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "光学迷彩歩",
             "description": "気配を消す独自の歩法、相手を撹乱する手法、さらには全身より気を放出し光を屈折させて姿を消す技を集合させた独自の歩法である。\nこれにより巨大カマキリのように姿を消すことが出来るのだ。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "蟷螂翅跳手",
             "description": "全身の気を漲らせ、両手を高速で振ることにより、カマキリのような飛翔を可能にする技である。\n敵の意表を突いたり、瞬時に間合いを詰めるなど移動の奥義と呼べるものである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "激光鐳射气息撃",
             "description": "レーザーブレスである。当然巨大カマキリのように口から出る。信じられないことに身体改造とかもしていない。\nこの技を修めることが出来たものは秋春螳螂拳の歴史の中でも数人しかおらず、伝説の最終奥義とされている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月17日 05:44