※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 鳴子 RD:2 評価値:1
    • 部品: 鳴子の概要
    • 部品: 鳴子の利点



部品定義


部品: 鳴子の概要

長い糸を張り巡らせて、そこに木片や竹筒を数本づつぶら下げることによって、糸が触れると音が鳴る仕組みである。
元々は田畑の害獣よけに作られたが、簡易的な警戒にも使える。

部品: 鳴子の利点

設置が簡易であり、暗闇では見えにくい。物理域に関係せずに稼働する。格安である。などいくつかの利点がある。
習熟しているレンジャーが仕掛ける鳴子は特に発見が難しいという。



提出書式


 大部品: 鳴子 RD:2 評価値:1
 -部品: 鳴子の概要
 -部品: 鳴子の利点
 
 
 部品: 鳴子の概要
 長い糸を張り巡らせて、そこに木片や竹筒を数本づつぶら下げることによって、糸が触れると音が鳴る仕組みである。
 元々は田畑の害獣よけに作られたが、簡易的な警戒にも使える。
 
 部品: 鳴子の利点
 設置が簡易であり、暗闇では見えにくい。物理域に関係せずに稼働する。格安である。などいくつかの利点がある。
 習熟しているレンジャーが仕掛ける鳴子は特に発見が難しいという。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "鳴子",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "鳴子の概要",
         "description": "長い糸を張り巡らせて、そこに木片や竹筒を数本づつぶら下げることによって、糸が触れると音が鳴る仕組みである。\n元々は田畑の害獣よけに作られたが、簡易的な警戒にも使える。",
         "part_type": "part"
       },
       {
         "title": "鳴子の利点",
         "description": "設置が簡易であり、暗闇では見えにくい。物理域に関係せずに稼働する。格安である。などいくつかの利点がある。\n習熟しているレンジャーが仕掛ける鳴子は特に発見が難しいという。",
         "part_type": "part"
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月17日 16:11