※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 落語家(職業) RD:12 評価値:6
    • 大部品: 落語家の基本情報 RD:8 評価値:5
      • 部品: 落語家の概要
      • 部品: 落語家の仕事先
      • 部品: 落語家の所属団体
      • 部品: 落語家の話術
      • 部品: 落語家の知識
      • 部品: 落語家に必要な資質
      • 部品: 落語家のスポンサー
      • 部品: 厳格な上下関係と破門
    • 大部品: 落語家の修行 RD:4 評価値:3
      • 部品: 見習い
      • 部品: 前座
      • 部品: 二つ目
      • 部品: 真打ち



部品定義


部品: 落語家の概要

落語家とは、落語(落とし噺、人情噺)を語り客に聞かせて楽しませる職業である。
長く厳しい修行期間があるが、奥深い話芸の世界と、口と扇子があればどこでも出来る気楽な仕事と業界に入るものは多い。

部品: 落語家の仕事先

基本的に寄席と呼ばれる芸事を見せる総合アミューズメント施設において、高座と呼ばれる舞台で落語を語る。
しかし地方では公民館などでの興行や、その話芸を見込まれラジオやテレビに出演するものも多い。

部品: 落語家の所属団体

落語家は師匠に入門しその一門として活動する。師匠に名付けをしてもらい、亭号と芸名を合わせた名前を名乗る。
多くは内弟子に入り生活の面倒を見てもらう代わりに様々な雑用と稽古を繰り返し腕を磨いている。
修行の階梯として見習い、前座、二つ目、真打ちとあり、真打ちになれば師匠として独立し弟子を取ることができるようになる。

部品: 落語家の話術

ただ喋るのみではなく、身振り手振りや羽織の脱ぎ方、扇子や手ぬぐいなどの小道具の使い方ひとつひとつに意味があり、
観客を落語の世界に引き込むための技術なのである。
ある名人は『芸は催眠術である』と言った。

部品: 落語家の知識

古い時代に作成された膨大な数の話を記憶し、それをうまく語るために周辺情報を知っていることが必要となり、
枕と呼ばれる前ふり話を行うために世相を知る必要もあり日々勉強に励んでいる。

部品: 落語家に必要な資質

落語が好きであることはもちろんであるが、芸を学ぶために目端が利いて頭が回ること、
長く厳しい修行に耐える精神力があること、人を惹き付ける魅力があることなどが資質として上げられる。

部品: 落語家のスポンサー

寄席などで名が売れるとスポンサーがつく。企業の社長などが生活費を出してくれたり小遣いをくれたりする。
スポンサーの要望でお座敷で芸を披露したりすることもあって頭は上がらない。

部品: 厳格な上下関係と破門

厳しい上下関係の世界であって、師匠が黒といえば白いものでも黒と答えるのが弟子の勤めである。
ここで師匠の顔に泥を塗るなど不興を買うと破門され、一門から追い出されてしまうことになる。
スポンサーに下手を打つのも問題で、あちこちに目を配り愛されるような人柄が重要になる。

部品: 見習い

弟子入りし、入門の許可を得た段階。直接指導を受けることはなく、兄弟子に基本的な所作を教えてもらいつつ家事や雑用を手伝う。
ある程度の期間を経て、名前をもらい付き人として楽屋入りできるようになると前座と呼ばれるようになる。

部品: 前座

元は仏教用語。見習い期間が終わり本格的な修行に入ると、師匠の付き人として周辺の世話を受け持ったり、
寄席での雑用仕事とを任されるようになる。
開口一番と言われる最初の席に出ることができるようになるが、
勉強としてであり、その時点では客も少なく、小遣い程度の給金しかもらえない。

部品: 二つ目

だるまに二つの目を入れられるほど、芸が開眼したという意味。
一人前の芸人として認められ、自身の稽古のためだけに時間が使えるようになる。
寄席での正式な給料のほか、売り込みで仕事を取ってくることも許され経済的にも少し楽になる。

部品: 真打ち

師匠と呼ばれるようになり、独立を許されるようになる。一種の免許皆伝というもの。
とりを務めることも出来るようになり興行のメインを務める。
名人上手と呼ばれるようになるにはさらに長い稽古と見識が必要になるので修行はまだまだ続くといえる。



提出書式


 大部品: 落語家(職業) RD:12 評価値:6
 -大部品: 落語家の基本情報 RD:8 評価値:5
 --部品: 落語家の概要
 --部品: 落語家の仕事先
 --部品: 落語家の所属団体
 --部品: 落語家の話術
 --部品: 落語家の知識
 --部品: 落語家に必要な資質
 --部品: 落語家のスポンサー
 --部品: 厳格な上下関係と破門
 -大部品: 落語家の修行 RD:4 評価値:3
 --部品: 見習い
 --部品: 前座
 --部品: 二つ目
 --部品: 真打ち
 
 
 部品: 落語家の概要
 落語家とは、落語(落とし噺、人情噺)を語り客に聞かせて楽しませる職業である。
 長く厳しい修行期間があるが、奥深い話芸の世界と、口と扇子があればどこでも出来る気楽な仕事と業界に入るものは多い。
 
 部品: 落語家の仕事先
 基本的に寄席と呼ばれる芸事を見せる総合アミューズメント施設において、高座と呼ばれる舞台で落語を語る。
 しかし地方では公民館などでの興行や、その話芸を見込まれラジオやテレビに出演するものも多い。
 
 部品: 落語家の所属団体
 落語家は師匠に入門しその一門として活動する。師匠に名付けをしてもらい、亭号と芸名を合わせた名前を名乗る。
 多くは内弟子に入り生活の面倒を見てもらう代わりに様々な雑用と稽古を繰り返し腕を磨いている。
 修行の階梯として見習い、前座、二つ目、真打ちとあり、真打ちになれば師匠として独立し弟子を取ることができるようになる。
 
 部品: 落語家の話術
 ただ喋るのみではなく、身振り手振りや羽織の脱ぎ方、扇子や手ぬぐいなどの小道具の使い方ひとつひとつに意味があり、
 観客を落語の世界に引き込むための技術なのである。
 ある名人は『芸は催眠術である』と言った。
 
 部品: 落語家の知識
 古い時代に作成された膨大な数の話を記憶し、それをうまく語るために周辺情報を知っていることが必要となり、
 枕と呼ばれる前ふり話を行うために世相を知る必要もあり日々勉強に励んでいる。
 
 部品: 落語家に必要な資質
 落語が好きであることはもちろんであるが、芸を学ぶために目端が利いて頭が回ること、
 長く厳しい修行に耐える精神力があること、人を惹き付ける魅力があることなどが資質として上げられる。
 
 部品: 落語家のスポンサー
 寄席などで名が売れるとスポンサーがつく。企業の社長などが生活費を出してくれたり小遣いをくれたりする。
 スポンサーの要望でお座敷で芸を披露したりすることもあって頭は上がらない。
 
 部品: 厳格な上下関係と破門
 厳しい上下関係の世界であって、師匠が黒といえば白いものでも黒と答えるのが弟子の勤めである。
 ここで師匠の顔に泥を塗るなど不興を買うと破門され、一門から追い出されてしまうことになる。
 スポンサーに下手を打つのも問題で、あちこちに目を配り愛されるような人柄が重要になる。
 
 部品: 見習い
 弟子入りし、入門の許可を得た段階。直接指導を受けることはなく、兄弟子に基本的な所作を教えてもらいつつ家事や雑用を手伝う。
 ある程度の期間を経て、名前をもらい付き人として楽屋入りできるようになると前座と呼ばれるようになる。
 
 部品: 前座
 元は仏教用語。見習い期間が終わり本格的な修行に入ると、師匠の付き人として周辺の世話を受け持ったり、
 寄席での雑用仕事とを任されるようになる。
 開口一番と言われる最初の席に出ることができるようになるが、
 勉強としてであり、その時点では客も少なく、小遣い程度の給金しかもらえない。
 
 部品: 二つ目
 だるまに二つの目を入れられるほど、芸が開眼したという意味。
 一人前の芸人として認められ、自身の稽古のためだけに時間が使えるようになる。
 寄席での正式な給料のほか、売り込みで仕事を取ってくることも許され経済的にも少し楽になる。
 
 部品: 真打ち
 師匠と呼ばれるようになり、独立を許されるようになる。一種の免許皆伝というもの。
 とりを務めることも出来るようになり興行のメインを務める。
 名人上手と呼ばれるようになるにはさらに長い稽古と見識が必要になるので修行はまだまだ続くといえる。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "落語家(職業)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "落語家の基本情報",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "落語家の概要",
             "description": "落語家とは、落語(落とし噺、人情噺)を語り客に聞かせて楽しませる職業である。\n長く厳しい修行期間があるが、奥深い話芸の世界と、口と扇子があればどこでも出来る気楽な仕事と業界に入るものは多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "落語家の仕事先",
             "description": "基本的に寄席と呼ばれる芸事を見せる総合アミューズメント施設において、高座と呼ばれる舞台で落語を語る。\nしかし地方では公民館などでの興行や、その話芸を見込まれラジオやテレビに出演するものも多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "落語家の所属団体",
             "description": "落語家は師匠に入門しその一門として活動する。師匠に名付けをしてもらい、亭号と芸名を合わせた名前を名乗る。\n多くは内弟子に入り生活の面倒を見てもらう代わりに様々な雑用と稽古を繰り返し腕を磨いている。\n修行の階梯として見習い、前座、二つ目、真打ちとあり、真打ちになれば師匠として独立し弟子を取ることができるようになる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "落語家の話術",
             "description": "ただ喋るのみではなく、身振り手振りや羽織の脱ぎ方、扇子や手ぬぐいなどの小道具の使い方ひとつひとつに意味があり、\n観客を落語の世界に引き込むための技術なのである。\nある名人は『芸は催眠術である』と言った。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "落語家の知識",
             "description": "古い時代に作成された膨大な数の話を記憶し、それをうまく語るために周辺情報を知っていることが必要となり、\n枕と呼ばれる前ふり話を行うために世相を知る必要もあり日々勉強に励んでいる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "落語家に必要な資質",
             "description": "落語が好きであることはもちろんであるが、芸を学ぶために目端が利いて頭が回ること、\n長く厳しい修行に耐える精神力があること、人を惹き付ける魅力があることなどが資質として上げられる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "落語家のスポンサー",
             "description": "寄席などで名が売れるとスポンサーがつく。企業の社長などが生活費を出してくれたり小遣いをくれたりする。\nスポンサーの要望でお座敷で芸を披露したりすることもあって頭は上がらない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "厳格な上下関係と破門",
             "description": "厳しい上下関係の世界であって、師匠が黒といえば白いものでも黒と答えるのが弟子の勤めである。\nここで師匠の顔に泥を塗るなど不興を買うと破門され、一門から追い出されてしまうことになる。\nスポンサーに下手を打つのも問題で、あちこちに目を配り愛されるような人柄が重要になる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "落語家の修行",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "見習い",
             "description": "弟子入りし、入門の許可を得た段階。直接指導を受けることはなく、兄弟子に基本的な所作を教えてもらいつつ家事や雑用を手伝う。\nある程度の期間を経て、名前をもらい付き人として楽屋入りできるようになると前座と呼ばれるようになる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "前座",
             "description": "元は仏教用語。見習い期間が終わり本格的な修行に入ると、師匠の付き人として周辺の世話を受け持ったり、\n寄席での雑用仕事とを任されるようになる。\n開口一番と言われる最初の席に出ることができるようになるが、\n勉強としてであり、その時点では客も少なく、小遣い程度の給金しかもらえない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "二つ目",
             "description": "だるまに二つの目を入れられるほど、芸が開眼したという意味。\n一人前の芸人として認められ、自身の稽古のためだけに時間が使えるようになる。\n寄席での正式な給料のほか、売り込みで仕事を取ってくることも許され経済的にも少し楽になる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "真打ち",
             "description": "師匠と呼ばれるようになり、独立を許されるようになる。一種の免許皆伝というもの。\nとりを務めることも出来るようになり興行のメインを務める。\n名人上手と呼ばれるようになるにはさらに長い稽古と見識が必要になるので修行はまだまだ続くといえる。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]
最終更新:2017年08月18日 03:45