ビルド > とりあえず

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

既存のソースコードを利用して、とりあえずビルドを体験してみる。

用意するもの:
  • Visual C++ 2008 Express Edition などの開発環境
  • 3次元領域平行複写のソースコード
  • BGM:キュー※ー 3分クッキング (脳内補完も可)

以下、Visual C++でビルドするための手順です。

1.メニュー
     [ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト] (Ctrl+Shift+N)
  • プロジェクトの種類:Win32
  • テンプレート:Win32プロジェクト
  • プロジェクト名:(適当に)
     [OK]

2.Win32アプリケーションウィザード
     [アプリケーションの設定]、または[次へ]
  • アプリケーションの種類:DLL
  • 追加のオプション:空のプロジェクト
     [完了]

3.ソリューションエクスプローラ
     作成したプロジェクトを右クリック-[追加]-[既存の項目]
  • "3dareacopy.c" "3dareacopy.rc" "filter.h" を選択
     [追加]

4.ツールバー
  • [ソリューション構成]:「Release」にする

5.作成したプロジェクト
     右クリック-[プロパティ]
  • [構成プロパティ]-[全般]-[文字セット]:マルチバイト文字セットを使用する
  • [構成プロパティ]-[リンカ]-[全般]-[出力ファイル]:拡張子をdllからaufに変更
  • [構成プロパティ]-[リンカ]-[入力]-[追加の依存ファイル]:imm32.lib
  • [構成プロパティ]-[リンカ]-[入力]-[モジュール定義ファイル]:video_filter.defのパスを記入
     [OK]

6.作成したプロジェクト
     右クリック-[ビルド]

7.フォルダ「Visual Studio 2008」-「Projects」-「(プロジェクト名)」-「Release」にaufファイルができる


  • 怒られたので書いてみた。 -- 41>>991 (2008-03-14 21:32:38)
名前:
コメント:
最終更新:2008年03月14日 21:32
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。