Chanman

typeracerhi-gamesで上位にいるが、彼は不正使用者である。
詳しい事は下のサイトに詳しく載ってある。

【typeracer】
Chanman



上のサイトの内容を日本語に要約しました。

【typeracerがタイピング大会サイトとして素晴らしいサイトだったことがあった。
人々がそれに夢中になっていたことがあった。ニュースになることも、色んな賞などを取った事もtyperacerが始まった2008年以来あった。
しかし時代は完全に変わった。今ではtyperacerにいけばほとんどいつでも、不正をしてスコアボードのトップに160wpm越えや300wpm超えというふざけたスコアが載っている。
誰もSean Wronaの256wpmの記録を越すことは出来ないだろう。このスコアを超える記録がたくさんあるがそのほとんどが明らかに不正である。
少なくとも誰も不正をしていないことを証明出来ない。Sean Wronaの他のタイピングサイトを見れば、彼が様々なタイピングサイトのトップにいることが分かるだろう。
もしtyperacerでSean Wronaの記録を越さないといけないなら、他のサイトでも彼の記録を越さないといけないだろう。

不正使用者の中でもっとも目立つタイパーといえばChanmanである。なぜか?理由は彼が不正使用者であるにも関わらず多くの人はそれを知らないからである。
なぜ彼が不正使用者だと分からないのか?それは彼が他の不正使用者とは違いいつも正確性が100%だったりまたはいつも30%以下だったりすることがないからである。
しかしもしあなたがChanmanと対戦したことがあるなら(彼と対戦するにはMegaracerでないといけない)
あなたは多分彼の不自然な加速に気づいたかもしれない。(例えば一瞬で110wpmから160wpmになるなど)
私はSean Wronaがtyperacerを打っている動画を見たが、不自然な加速はめったに見つからなかった。
Sean Wronaが統計的に彼より速いにも関わらずである。

Chanmanは不正をしてないことを証明するためにhi-gamesの30秒のタイピングテストを受けて、190wpmを出した。
(私はそのサイトで不正が出来ることを知っていたが、彼らの記録は明らかに不正だと分かるので既に削除されていた)
その記録は1位のSean Wronaの下で2位だった。正確性は100%だった。
しかしそれは彼が不正をしていないことを証明していない。なぜなら彼の記録のほとんどは正確性100%だったからだ。Chanmanの190wpmのリプレイを見てほしい。

今はそのリプレイからは彼が不正をしたことは明確ではない。
ほとんどの不正使用者がしている方法は数秒で極端に早く入力出来る自動タイピングソフト(Sean Wronaの5倍になることもある)を使うことである。
しかしChanmanのしていることはこれとは明らかに異なる。
彼はタイピングしているときに自然的な遅れを発生させるソフトを使用している。それが彼が不正をしていることを曖昧にしている。

しかし彼はそれを上手く出来なかった。リプレイを注意深く見れば、彼は“…”を驚くほど速く打っている。
普通ならばそれは3つの異なるキーを使用しないといけない。ある人から見ればそれは彼が不正をした十分な証拠になる。
しかし他の人から見ればそれはまだ明らかではない。
彼が不正をしていない事を証明する唯一の方法は2分間か5分間のテストを受けることである。
彼がそれをすれば、私たちは彼が不正なしでどれだけ速く打てるかを知ることが出来るだろう。
なぜならそれらのテストで不正をすることは事実上不可能であり不正をしている事実を隠すことも出来ないからである。
なぜか?まず初めに、5分間のタイピングをミスなしでその速さで打つことは不可能だからである。
ハイスコアリストに載っている誰もがそれをすることは出来ない。
そしてChanmanはどうにかしてミスした部分を自然に見えるように試みるだろう。(それはまだ他の人に疑問を抱かせるだろう)

2つ目に、彼はあらかじめテキストを読むことは出来ない。(彼は明らかに30秒テストでそれをしていた)
なぜならそうするのには文章が長すぎるからである。30秒テストのテキストを読むことはとても易しい。
フォントサイズを小さくしてたくさんのテキストが見えるようにすればいいからである。
そしてあなたは手作業でそれをソフトウェア(面倒ならOCRも使える)に入力して不正を実行出来る。
しかしそれは2分間と5分間のテストでは明らかに不可能である。】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。