フリーのFORTRAN(Windows)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆フリーのFortran環境をパソコンへ導入する方法☆


Windows7にて、下記の方法でやってもうまく動作しないことを確認しています。(2013/09/23)
下記の記事を全面的に書き直しますので、現状の記事は参考程度に留めておいて下さい。

現在のところ、MinGWはインストールせず、g95のみインストールして使用する方法が最も簡単と思われます。
他にもフリーのFortranはいっぱい有りますので、自分に有ったコンパイラーを探してインストールいただければ幸いです。

1、「MinGW」をインストールする。

以下の説明ではインストール場所はCドライブ直下(C:\MinGW)であるとします。

(それ以外の場所にインストールする場合は以下の文章でC:\MinGWの部分をC:\***\---\MinGWに読みかえて下さい。
C:\***\---\とは、あなたがインストールした場所のことです。)

注意点:インストール先のパスに空白が含まれていると、後でトラブルの原因になるため、「Program Files」へのインストールは避けてください。

まずはこちらのリンクから下記の画面に飛んで、MinGWのインストーラをダウンロードして下さい。
(2011年2月1日の時点ではmingw-get-inst-20101030.exeが配布されています。)


保存した「mingw-get-inst-20101030.exe」をダブルクリックするとこちらのサイトのような画面が現れるので、指示に従い「Next>」を選択していきましょう。
途中、下記の画面のように「c++ compiler」、「fortran compiler」、「ObjC compiler」の3つのみ選択することをお勧めします。
MSYS関連、MinGW Developer Toolkitは必ずしも選択しなくてOKです。
(fortran compilerはfortranのコンパイラですので必ず選択して下さい。c++も選択しておけば、C++で書かれたソースファイルもコンパイル可能になります。)





2、MinGWにパスを通す

まず、パスを通す「バッチファイル」を作ります。テキストエディタを開き次のように一行書きます。

PATH=C:\MinGW\bin;%PATH%

または、

PATH %PATH%;C:\MinGW\bin

上の二つのどちらでも結構です。次にこのファイルを「mingw.bat」という名前で「C:\MinGW」フォルダの中に保存します。
(つける名前は半角英数なら何でも良いですが、拡張子は.batにします。)
これでパスが通ります。

3、コマンドプロンプトのショートカットを作ります。

「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」 のところを右クリックし(注:コマンドプロンプトは立ち上げません)、「コピー」で、デスクトップなど自分が良く使う場所に貼り付けます。
そして、以下のように設定します。
  • Windows 7/Vista/XP/2000の場合
コマンドプロンプトを右クリック→「プロパティ」→「ショートカット」と追い、 「リンク先」の所を

%SystemRoot%\system32\cmd.exe /k "C:\MinGW\mingw" 

と変更する。(上記1行をコピー&ペーストしていただいて構いません。)


  • Windows Me/9x系の場合
MS-DOSプロンプト上で「右クリック」→「プロパティ」→「プログラム」を追い 「バッチファイル」の所を

C:\MinGW\mingw.bat 

と変更する。

これは、ドライブCの下にMinGWがあり、その中にmingw.batがある場合ですが、
今までの手順通りに行なっていれば、このまま、気にせずコピー&ペーストして下さい。



4、コマンドプロンプト上で「右クリック」→「プロパティ」→「ショートカット」と追い、「作業フォルダ」の所を.fファイルを保存するフォルダに設定する。

例えばデスクトップの「FORTRAN」という名前のフォルダで作業するなら、

"C:\Documents and Settings\(USER_NAME)\デスクトップ\FORTRAN"

と入力する。((USER_NAME)の部分は人によって変わります。)


5、g95(Fortran95)を追加インストール

手順1~4まで行えばFortran77の文法は使えますが、Fortran90の文法は使えません。
そこでFortran90の文法も使えるようにg95(Fortran95)を追加でインストールしましょう。
ただしコマンドプロンプト上でのコンパイルの呪文が、g77→g95と変更されますので注意が必要です。
なぜなら、Fortran90の文法で書かれたプログラムをg77の命令でコンパイルできないからです。

インストールは簡単で、The G95 ProjectからStable versionのSelf-extracting Windows x86(g95-MinGW.exe)をダウンロードして、

C:\MinGW\ に上書きインストールするだけでOKです。(2011年2月1日の時点ではStable version 0.91, March 2008が最新版です。)


6、以上で完了です。

では作ったコマンドプロンプトのショートカットを開いてプログラムを実行できるか確認してみましょう。

コンパイルコマンドは、

g95 ファイル名.f90     ←g95とfilename.f90の間は半角一文字空けます。

で、コンパイルできたら、(作業フォルダにa.exeができるので)

a (Enter key)      ←a と入力して(Enter key)を押します。

という風にして、プログラムを実行します。




☆FORTRANリンク集☆


☆練習問題☆

1、4次のルンゲ-クッタ法を用いて適当な常微分方程式を解いてみよう。
2、ガウスの消去法を用いて連立一次方程式を解いてみよう。

最終更新:2013年09月23日 01:00
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。