※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

法界の火「聖 白蓮」

読み:ほうかいのひ「ひじり びゃくれん」
カテゴリー:Chara/女性
作品:東方混沌符
属性:光
ATK:4(+2)
DEF:4(+2)

【登場】〔自分の<東方混沌符>のフレンド1体を控え室に置く〕
[自動]このキャラがガードキャラに選ばれた場合、カード1枚を引いてもよい。
Battle
[ターン1]〔自分の手札2枚を控え室に置く〕ターン終了時まで、目標の自分のキャラ1体は攻撃力と耐久力が3上昇する。その後、自分の控え室の<東方混沌符>のカード1枚を手札に加える。この能力はバトルに参加していても発動できる。

RR:また再び光を浴びる事が出来るなんて夢にも思わなかったわ
SP:貴方は私の考えを支持してくれますか?



ガードキャラに選ばれた場合カードを1枚引く効果と、1ターンに1度、バトルフェイズ中に手札を2枚控え室に置くことで、このカードにターン終了時まで+3/+3の補正を与え、さらに控え室からカードを1枚回収する効果を持っている。

前半の効果は比較的発動機会が多く、この効果のおかげで他のドローソースがいらないほど手札が潤うが、過信は禁物である。

後半の効果は条件が緩く、またディスアドバンテージも実質手札1枚に抑えられており、前述のドロー効果もあってコストには困らないだろう。

このカードに銀のナイフをセットしビートダウンするだけでも強力であり、回収させないためにコスト面で融通が利く天罰 スターオブダビデから効果の対象になったセットカードの再利用を不可能にする祟符 ミシャグジさまに差し替えた人も多いだろう。

その他には毎ターン大結界 博麗弾幕結界を使い相手を数ターンで倒してしまう、という芸当もこの効果のなせる技である。

どんなデッキに対しても柔軟に戦えることがこのカードの強みであり、その汎用性は怨霊も恐れ怯む少女「古明地 さとり」に引けを取らない。

使ってみるととても頼りになるパートナー候補の1枚でもある。

参考

ネームが「聖 白蓮」であるキャラ・エクストラ一覧