※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

               このページは



     ,,,,;;;iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii
   .,,iilllll!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙
  .,illll!゙      .,,,;;iiiiiiiiiii!           ;;;;,,,   ,,,,,,,,,,
  .,lllll゙      '゙゙゙iiiiiiiiiii     .,,, .,,,  ,,,,,,,,,  .illlllii  .illllllll!
  .llllll     iiiiiiiiiilllllllllliiiiiiiii  llli llli illlllll!  illlllli .illlllll!
  lllll!       .,llllllllll!        .illllll!       ,illllll!
  ゙llllii,      '゙゙゙゙゙         '゙゙゙゙      '゙゙゙゙
   ゙゙!lllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllllii
     `゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙



           の提供でお送りしています



化学スレの一年


7月~8月:
どの会社がよりまったり高給か、どの分野が将来性あるかの議論が盛んになる。ロンダしたらチッソに行けますか系統のレスが乱立。
偏差値65以上の会社の話が中心となり落ち着いていた旭硝子花王信越工作が再燃し出す。

9月~11月:
チッソをバカにしていた愚民たちが次々と粛清される。化学事務は勝ち組系統のレスが乱立する。相変わらずクラレは学歴で受かるからと余裕ムード。
就職活動の時期に近づくと、 面接が怖いなどと弱気のレスがチラホラ見られる様になるが、すぐに消滅する。この頃から三井叩きが横行し、他業界の煽りも活発になる。


12月~2月中旬:
就職偏差値煽りが最高潮となり、偏差値60以下は糞の論調がスタンダードとなり、旭硝子の工作が最も酷くなる。
財閥3社内定余裕で取るぞムードとなり、今から就活やってチッソ受かりますか系統のレスが乱立する。

3月上旬~4月:
就活ピーク後に場は一転し、財閥全滅レス、学歴だけで受かる大手ありますか?今年のチッソは一味違うぜのレスが乱立する。
この頃を境に旭硝子花王の工作がピタッと止まり、日本応化工業、クラボウのちょっと前までは考えられなかったレスが乱立する。
合否結果レスでは偏差値60以上に受かった奴よりそもそも化学メーカーに受からなかったというような悲惨なカキコの方が多くなり、IT含む他業界肯定レスが目立つ。←今ココ

5月~6月:
就活の合格発表が出揃い、無い内定がゴロゴロ出てくる。財閥内定者は神クラスの扱いとなり、化学メーカー全滅レスが乱立。他業界肯定レスもこの頃がピーク。又化学落ちの奴が腹いせに化学は薄給レスを書いて憂さ晴らしをするのが恒例行事となっている。
この時期になると富山化学工業やエスケー化研に合格しても普通に良かったねと言う返事が返ってくるようになり、何とも言えないチッソな雰囲気となってチッソ万歳スレの一年は幕を閉じる。




水俣市での圧倒的な影響力


地元のある経営者がこう漏らす。

 「不安はあるが、この街でチッソにたてつくことはできんよ」


分社化 揺れる“城下町” チッソ撤退を住民懸念
1世紀にわたり、熊本県水俣市の経済を支えてきたチッソ水俣製造所の工場群

 水俣病の原因企業・チッソ(東京)の分社化をめぐり、熊本県水俣市が揺れている。チッソの分社化は、与党が水俣病未認定患者の補償費などを工面するため、今国会に提出した救済法案の「柱」だ。しかし、一世紀もの間、水俣市に根を下ろす大手企業の分社化は「将来の生活を左右する問題」として、水俣病被害者だけでなく、広く市民の関心を集めつつある。 (水俣支局・中山憲康)

■勉強会が活発化

 水俣市の交流施設「もやい館」で22日夜、「チッソの分社化を考える勉強会」が催された。水俣病被害者の支援組織主催の会には、市民約20人が集まった。

 主催者は「チッソが分社化されたら水俣製造所は水俣病と関係がなくなる。そうなれば、水俣から出て行く可能性がある」と指摘。参加者からは「大変な問題。国会議員は市民にも説明すべきだ」との声が上がった。こうした勉強会が今、市内のあちこちで開かれている。

 「水俣病が解決するなら、最初は(分社化を)いいと思った。けれど、今は…」。60代の自営業の女性が不安そうな顔で話した。

■税収の6分の1

 煙突から白煙が上がり、鉄パイプが敷地内を縦横無尽に走るチッソ水俣製造所。社名の由来となった「日本窒素肥料」が水俣で創業して今年で101年。ここでは現在、世界市場の半分近いシェアを握る液晶や電子部品などが製造されている。

 チッソが2007年度に水俣市に納めた税金は約5億円、市の税収の6分の1を占める。製造所の従業員だけで約570人。市内には関連会社や取引企業も多く、人口約2万8000人のうち「5人に1人がチッソの関係者」といわれる。水俣はチッソが支える典型的な企業城下町なのだ。

■市民に広がらず

 「地元社員が多く、主力の液晶事業も展開中。撤退は考えにくい」。チッソの大衡(おおひら)一郎執行役員は16日、分社化反対を訴えた水俣病被害者団体のメンバーにこう話し、水俣で広がる「チッソ撤退論」を否定した。

 だが、水俣病問題に詳しい熊本学園大水俣学研究センター事務局長の花田昌宣教授は「紛争に巻き込まれやすい地域を避けるのは、企業経営の常道。分社化されれば、チッソが水俣を出る可能性は否定できない」と予測。

 世界的な不況で家電や半導体などの工場閉鎖が全国で相次ぐ今、水俣市民の間には「チッソも例外でないかも」という漠然とした不安がくすぶり続ける。ただ、分社化反対の動きが市民運動として広がる気配はない。

 地元のある経営者がこう漏らす。

 「不安はあるが、この街でチッソにたてつくことはできんよ」

=2009/04/30付 西日本新聞朝刊=
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。