使い残りのある100円ライターが見つかった

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1)火をつけないように、着火スイッチをいれたままにする(テープで固定)
(2)屋外に一晩以上、放置。
(3)液体がなくなったことを確認して、不燃ゴミ。
 注意 室内に放置すると、火災の危険、健康状態悪化の可能性あり。
最終更新:2014年10月04日 03:08