たまりにたまった洗濯物をかたづけるとき

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たまりにたまった洗濯物をかたづけるときに以下のステップはオススメ。

1.下着類、部屋着、外出で着る服、といった具合にわけてから順次洗濯する。
2.洗濯物が乾いたらその分類ごとにたたんで引き出しにしまっていく。

ちょっとしたことだけど洗濯済みの物がカオスになるのを避けられるよ。
汚部屋の人にありがちなんだけどせっかく洗濯したのに乾いた衣類を
どっさり山盛りにしてしまってすっかり気力がなえてしまうんだ。
それを回避するためには洗濯物を小分けにすることが大事。
「あの服はあっちの引き出し、このパンツはこっちの引き出し」
こんな風に右往左往してるとそれだけでも疲れてしまうよ。

それから注意しなければいけないのは引き出しにしまうときは収納の限界までつめないこと。
とりだしにくい、みつけにくい、しまいにくい、こんな三重苦を感じていたら
自分の衣類在庫を見直すタイミング。
洗濯物をしまうときについでに古びた下着類や出番のない衣類を
みつけて処分していくことも収納では大事だよ。
最終更新:2014年07月19日 14:06