2011-06-19

飯田市美術博物館の展望台から南東方向を眺めたところ。飯田の街は天竜川の河岸段丘の上にあるので,とても見晴らしがいいです。


人形劇三国志

人形劇三国志は1982年からNHKで放映された人形劇です。


島田紳助と松本竜助が紳々と竜々として出演(そっくり人形として)しストーリーテラーを演じています。劇中で二人は,戦乱の世で這い上がることを夢見てさまざまな主君に仕え,いろいろな場面に登場しています。

川本喜八郎

人形劇三国志の美しい人形は川本喜八郎さんの作品です。昨年,85歳で亡くなられました。川本さんが飯田市に寄贈した人形は,川本喜八郎人形美術館に展示されています。休日の1日を使って訪問してみました。

飯田市川本喜八郎人形美術館

飯田バスセンターから徒歩3分で川本喜八郎人形美術館です。建物の2階が受付となっています。

二重扉をはいると真正面に諸葛亮孔明が!

アップで迫ってみました。

写真撮影が許可されているのは2階だけ。展示室は3階です。たまたま団体さんの解説ツアーをやっていたので,一緒に解説を聞かせてもらいました。

人形の頭部や鎧などは全て紙を貼りあわせて作られていること。これはすべて演じる人の体力を考えて可能なかぎり軽くするためであること。着替えさせるのではなく首を入れ替えること(同一人物の首はひとつだが胴体はたくさんある)。手は針金入りのフォームラバーで作られていて必要に応じて指を曲げられること。へぇーへぇーへぇーと思うことを色々と聞かせてもらいました。

1時間あれば全部じっくり見てまわることが出来る小さな美術館ですが,大変満足できました。




参考リンク


コメント

名前:
コメント:


Copyleft2005-2011, yu-kubo.cloud9 all rights reversed