※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

こんにちは。

G-sat3のPM(プロジェクトマネージャー)を襲名しました工場長こと中村です。

G-sat3に関する情報が中々発信できず大変申し訳ありませんでした。(遠い目)
既にキックオフミーティングと数回の定例ミーティングを終えていますので、本記事にてG-sat3ついての簡単な紹介と現在の進捗状況の両方をお知らせ致します。


~G-sat3って何?~

G-sat3とは小型模擬人工衛星Cansatの1つで、先代のG-sat2の形態を踏襲しつつ改良や新機能付加を施した後継機にあたります。
ここでは割愛させて頂きますが、詳細は後日紹介資料という形でアップロード致しますので、是非そちらをご覧下さい。


~G-sat3の開発体制と各班進捗状況~

G-sat3開発においては、次のような班分けを行なって活動しています。進捗状況も併記していますのでご覧下さい。

  • 自由落下機構造の一部
内容:電池ボックス、リアクションホイール等自由落下機下部の構造の設計製作
人員:2名
進捗状況:電池、リアクションホイール配置案の3Dモデルを作成

  • 構造一般
内容:自由落下機翼等上部構造と親機構造の設計製作
人員:3名
進捗状況:材料の購入完了、親機構造、自由落下機翼の設計中

  • 自由落下機OBC
内容:自由落下機の電装(制御以外)の開発
人員:1名
進捗状況:高密度基板のRevAの発注、基板への半田付け

  • DCDCコンバータ
内容:G-sat3搭載用のDCDCコンバータの開発
人員:1人
進捗状況:DCDCコンバータの効率測定中

  • リアクションホイール
内容:自由落下機搭載のリアクションホイールの開発
人員:1人
進捗状況:モータおよびバッテリーの動作テスト、モータとバッテリー再選定中

  • SHーGPS通信
内容:GPSデータ取得、親機ー自由落下間の通信装置の開発
人員:1名
進捗状況:XBee通信確立時間の計測、1MbitEEPROM対応

  • 通信
内容:親機ー地上局間通信装置、地上局の開発
人員:1名
進捗状況:通信試験用の回路制作、地上局アンテナ設計中


以上G-sat3開発定例報告でした。
次回の更新は来週の予定です。

構造一般兼PM担当 工場長