※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CREATEペイロード班田中です。

8月17日~23日に秋田県能代市にて開催されている「能代宇宙イベント」で、東工大CREATEで制作しているハイブリッドロケットを使用してG-sat3の打ち上げを行いました。

「G-sat3って一体なに!?」という方は、
G-sat3紹介資料PDFを作成しましたので是非ご覧ください。
G-sat3紹介資料(PDF)
※8月13日:最新版の資料に更新しました!


当初打ち上げ予定日は19日でしたが、エンジン回りの不調により1日遅れの20日の11時に打ち上げを行いました。

↓打ち上げの様子(点火3分前からの動画になっています)

動画を見てもらうと分かる通り、ロケットの打ち上げは成功しました。G-sat3も2段階分離からの自由落下のシークエンスは成功しましたが、ロケットからの分離高度が若干低かったために自由落下後のパラシュート展開が追い付かなく(パラシュート展開はタイマー制御にて行っている)自由落下機はそのまま地面に激突してしまいました。

自由落下機の地面への衝突は安全面としては問題があるものの、ミッションとしては自由落下中のデータサンプリングまで行えれば十分のためフルシークエンス達成となります。データを取得したROMを搭載する基板は無事であったために自由落下時のデータ取得はできそうです。

↓打ち上げ直前のG-sat3

↓着地後のG-sat3自由落下機

↓着地後のG-sat3親機


詳細な打ち上げ結果はデータ復旧・解析ののちに別途報告します。

射点運用をお手伝いしていただいた各大学の皆様には、度重なる打ち上げ延期に対応していただいたことをこの場を借りてお礼申し上げます。

ペイロード班 たなか