集団ストーカーの基礎知識

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




監視被害の自己判定 … 嫌がらせや監視をされている気がする、自分は被害者なのか、気のせいなのか


 監視犯罪の特徴としては、継続的に監視技術を悪用して個人情報を取得し、その情報を共有する集団が個人へ嫌がらせを行うという点が上げられます。一時的ではなく、長期的であるという点も重要な特徴のひとつです。

 次にあげる事柄に身に覚えがある人は、おそらく監視被害を受けていると判断して間違いないでしょう。

  • 自宅や外出中、監視されている気がする

  • 自分の行動や趣味・考えなどが他人に知られている気がする

  • 外出時に誰かに後をつけられている気がする

  • 外出時に誰かに待ち伏せされている気がする

  • 知らない人が、自分に向かって同じ動作や内容の発言を繰り返し行っている気がする




監視犯罪とは … いったい何が起きているのか


 監視犯罪とは、集団ストーカーやテクノロジー犯罪などの被害の総称です。集団的人権侵害と呼ぶべき、嫌がらせ行為、社会的ないじめ、ハラスメント行為などによる犯罪行為です。その行為には、迷惑行為禁止条例やストーカー禁止条例などの法令によって禁止されている犯罪行為が、多く含まれています。

 個人または少数者に対して、集団で行うことから、この集団性・組織性に注目して、集団ストーカー、組織的ストーキング被害、英語ではギャングストーキング、警察公安用語では強制尾行などと言いますが、これらの言葉はほぼ同じ意味です。

 嫌がらせの方法に監視の技術が使われることが多いため、この技術面に注目して、テクノロジー犯罪、電磁波被害、これらを総じて高度監視技術被害などとも言われますが、これらの言葉もほぼ同じ意味です。

 監視犯罪は、「集団ストーカー」という言葉をマスコミが放送禁止用語扱いしているため、世間一般には広まっていませんが、実際に存在し、1980年代中盤から被害報告が確認されている列記とした犯罪行為です。政府やマスコミはひたかくしに隠し続けていますが、インターネット上には様々な情報が公開されていますので、被害者や関係者のかたは的確に対処するため、よりに正しい情報を手に入れるよう努力すべきでしょう。被害者や関係者は、被害を悪化させないため、改善するため、自分の置かれている現状をより正確に把握し、今後の被害の経過などを正しく予測して被害を最小限に食い止めてください。



監視関連の被害 … どんな被害があるのか


 次に代表的な被害をあげます。被害者のかたはすでに理解していることと思いますが、おおむねこのような被害が起こる可能性があります。


屋内

  • 睡眠妨害

 被害者が眠りに就いた直後や、深夜帯、目覚める前の時間などを狙い、物音や電磁波攻撃で目覚めさられる被害


  • 家屋などへの不法侵入

 窃盗やゴミのばらまき、物の位置移動や向き変更、パソコンのパスワード解除などの被害


屋外

  • 尾行

 被害者に見つからないように後をつける行為


  • つきまとい

被害者に見つかるように尾行や待ち伏せを行い、騒音や音声によるほのめかし、同じ動作の繰り返しなどで嫌がらせを行う


  • 第三者を利用した嫌がらせ

 防犯目的の監視、あるいは伝言ゲームやサプライズのような平和的ないたずらなどを装って、無関係な人間に嫌がらせを代行させる


共通

  • 嫌がらせ目的の騒音

 被害者の行動や思考・生活パターンに合わせて物音や音声を聞かせる騒音被害


  • 思考盗聴

 テクノロジー犯罪のひとつ。脳内の音声イメージを解析することにより、被害者の思考を予測するし、この予測結果を共犯者の間で共有し嫌がらせに悪用する。電車内や自動車内でも可能。


  • 電磁波攻撃

 テクノロジー犯罪のひとつ。電磁波により、脳神経系の生物的な感覚、触覚・聴覚などの5感や体内の臓器感覚などを狂わせ、痛みや様々な感覚を誤解させる攻撃。




犯罪の技術・手法 … 加害者はどうやって攻撃しているのか


 加害者は監視技術で取得した個人情報を悪用し、集団で嫌がらせを行います。その技術はおおむね次のようなものが利用されています。


  • 盗聴

 携帯電話を部屋に隠して置くだけの雑なものから、専用のコンクリートマイクなどで壁越しに離れた場所から盗聴するような技術もある


  • 盗撮

 小型カメラを設置する、明かりがくても撮影できる暗視カメラや、木・コンクリート・金属の壁越しに撮影できる特殊なカメラも存在する


  • 思考盗聴

 一説によると、送受信担当者がアンテナなどで脳の電磁波を受信し、コミュニティーFMのような小規模放送として放送波を送信し、腕時計のような装置で骨伝導技術などで複数の共犯者にリアルタイムで脳内音声イメージを送信していると予想されている。思考盗聴というと一般的にはありそうもない夢のような話に聞こえるが、脳内の音声イメージ送受信技術は1976年にすでに基礎理論が発表されており、WHOも1990年にはそれらの技術が存在することを認知している。


  • 電磁波攻撃、BMI

 思考盗聴とは逆に、人体を電磁波などで刺激し、脳神経系や循環器系に誤解やダメージを与える攻撃


  • 騒音(突発的なもの)

 日常的な生活音から、咳払い、言葉による悪口、などを意図的に被害者に聞かせる


  • 騒音(継続的なもの)

 何種類かの音声を録音素材として作成し、再生機器で繰り返し再生して被害者に聞かせる




加害者の分析 … 加害者はどこの誰か


 全体としては、一部の犯罪者が、社会的地位を利用したり、防犯目的・宗教的正義・企業の都合などで監視犯罪を正当化することで、多く人間をだまし、加害者を作り出して監視犯罪に利用しているとみられています。

 加害者として報告されている容疑者は広範囲に渡っていて、多くの容疑者が存在します。逆に、この種の人間は監視犯罪を行わないという報告は、ほとんど存在しませんので、あらゆる人が加害者となる可能性があるとみるべきでしょう。また、宗教関係者が警察組織に属していたり、近隣住民が店舗などに加害協力をさせるなど、重複している可能性もあります。代表的なものは次のようになります。


  • 身近な人々

 家族・友人・知人・近隣住人・通りすがりの第三者など


  • 民間企業など

 所属組織の上司から同僚、清掃業者など (詳しくはコチラ:集団ストーカー企業リスト@wiki


  • 店舗など

 デパート・商店・飲食店などの店員など


  • 宗教関連

 信者や元信者、またはその家族など


  • 民間調査組織

 探偵や興信所の調査員など


  • 民間配達組織

 郵便配達員やその他の宅配便の配達員など


  • 公的捜査機関など

 警官・公安・自衛隊の捜査員など


  • その他の公的機関

 消防・役人・政治家など


  • マスコミ関連組織

 テレビ局、ラジオ局、新聞社の社員や関係者など




犯罪組織分析 … どんな組織の犯行か


 あらゆる人間に容疑者の可能性があるため、すべての組織が容疑の対象組織となってしまいますが、その中でも主導的な役割を果たしていると思われる、主犯格の組織は、おおむね次のようになります。



  • 防犯関連組織

 警察・公安、地方自治体の生活安全課などの治安維持・防犯関連部署、警察・公安の上位組織としての政府・官僚など


  • 宗教関連組織

 調べればすぐ分かるが特定の宗教団体に強い容疑が掛けられている、他の宗教団体も監視犯罪を行っている可能性はある


  • 企業関連組織

 一部上場企業など組織力の強い企業が、リストラやセクハラなどの目的で集団ストーカーを行っているという報告が多い
 (詳しくはコチラ:集団ストーカー企業リスト@wiki

  • マスコミ関連組織

 テレビや新聞は社会への影響力が強いため、結果的に主導的な役割を演じてしまうこととなる。政府の情報規制の対象でもあり「集団ストーカー」を使用禁止用語扱いしているとみられている。




犯罪の目的は? … なぜ監視犯罪を続けるのか 利権の存在するビジネス化している見込み


 被害者を社会から排除することが目的であれば、「出て行け」などと言われる被害が多く報告されるはずですが、加害者の行動としては、嫌がらせを行うこと自体が目的のようになっていることから、被害者にストレスを与えること自体が目的となっているとみられます。

 なぜ長期間、継続的に嫌がらせを続けるのか、また、続けることが可能なのか、と考えると、その裏には金銭的な報酬が存在することが予想されます。人は何の得にもならないことを進んでやったりはしません。つまり、利益が生まれる仕組みが存在し、監視ビジネスとして成立していることが予想されます。その利益は組織毎に次のようなものが予想されます。次にあげていない組織は、あまり利権は発生していないと思われます。そのため主導的な組織ではなく、付随的に監視犯罪に巻き込まれているとみてよいでしょう。


  • 防犯関連の利権

 警察・公安・自衛隊など公務員である彼らの人件費、設備費どの予算利権の確保が目的。防犯・治安維持のために監視や捜査が必要な人間が存在することの証明として犯行を行っているとみられている。その捜査活動として強制尾行と称して集団ストーカーを行っている模様。


  • 宗教関連の利権

 直接的な金銭による利益ではなく、宗教組織内部の規律の維持、信者の脱退などの離反の防止、脱退した元信者へ嫌がらせ行うことによる現役信者の離反の防止、などを目的としているとみられている。嫌がらせ行為自体が信者にとって宗教的な実績、手柄となるため宗教とは無関係の人間に被害が及ぶこともある。


  • 企業関連の利権

 企業の都合による、リストラ、不穏分子へのけん制や制裁、セクハラやその他の違法行為・犯罪行為の隠蔽目的や、違法行為を隠蔽するための身代わり作り、偽の犯人作りなどが目的とみられている。


  • 民間調査組織の利権

 探偵や興信所などは、被害者の監視情報を、周囲の人間に販売したり、警察・公安へ危険人物情報として取引しているとみられている。警察・公安の強制尾行では、労働条件の悪い夜間の徹夜監視作業などを代行しているともみられている。


  • マスコミ関連組織の利権

 テレビ局・ラジオ局などは個人情報の、特に個人的な趣味や行動などを市場調査情報、マーケッティング情報として利用しているとみられている。監視犯罪に協力するのは、犯罪者からの情報提供の見返りなどとみられている。利権が弱いため積極的に参加するというより、防犯パトロールに協力する市民のように、犯罪者からの防犯情報詐欺に合い、自覚のないまま協力している可能性もある。(2015/10/07)


  • 医療機関の利権

 統合失調症の誤診断に医療機関が関与しているとみられている。その誤診の後、被害者が入院する場合、その期間は1年以上となる場合もあり、非常に長期間なため、医療機関にも長期的な安定収入をもたらす。(2015/10/12)




統合失調症の疑い? … 犯罪者の被害者個人への攻撃のひとつのゴール


 被害者が監視被害を家族など身近な人に訴えようと考えたり、実際に訴え始めたりすると、犯罪者は被害者から、その被害の訴えの正当性を奪うため、周囲の人間に医療機関への診断、主に精神科医へ相談するよう話を持ちかけます。精神科医などの診察で、被害者が素直に監視されていて音や声で嫌がらせを受けている、などと主張すると、精神科医は、統合失調症であると診断します。しかし、この診断結果は、犯罪者側に仕組まれたもので、医師にはあらかじめ統合失調症の疑いのある人物が診察にくるなどと連絡されています。

 監視犯罪では、存在しない音や声が聞こえているのではありません。しかし、このことを主張すると、統合失調症と診断され、場合によっては長期間の入院をしいられることになります。監視被害は、統合失調症のような精神病ではありませんから、入院しても病気が治るのと同じように、監視被害がなくるようなことはありません。入院しても被害が改善する見込みはなく、むしろ、精神病者のレッテルをはられ、監視被害の訴えなどが理解されにくい状態に追い込まれてしまいます。そのため、精神科医への受診、統合失調症の診断は、すすめられたとしても、断ったほうがよいでしょう。

 どうしても断れない場合、医療機関で、自分が統合失調症などの精神病ではないことを証明する必要があるような場合は、診断を受けてもかまいませんが、その際は、監視被害の説明や、存在しない音や声が聞こえるなどという主張はせずに、常識的な範囲で質問などに応じるようにしてください。

 監視被害は実際には存在しますが、世間にはまだ認知されていませんので、一般的には、理解を得るのが難しいですから、あえてその話題にはふれずにやりすごしたほうがよいでしょう。残念ながら、医師に監視被害を訴えても理解を得ることすら難しいでしょう。また、医師に相談しても監視被害が改善する見込みはほとんどありません。統合失調症でないということさえ証明できれば、それ以上のことは必要ありません。

 統合失調症という病気は、そもそも発生すること自体がまれで、珍しい病気のひとつです。この病気では、何のきっかけもなく物音が聞こえ続けるような症状が出たりするはずですから、犯罪者にとって都合のよいタイミングで、嫌がらせとなるような物音が聞こえるようなものではありません。

 統合失調症を悪用した例は企業のセクハラ隠蔽事件などでも存在します。セクハラを訴える女性を企業医に統合失調症と嘘の診断をさせ会社から追い出した事件が実際に起こっています。同じように監視犯罪でも統合失調症は悪用されることが多いので、疑いがかかった際は注意してください。(2015/10/07)

 医療機関が入院患者を増やすという利益目的で、監視犯罪者と共謀している可能性もあります。(2015/10/12)

(詳しくはコチラ:集団ストーカー企業リスト@wiki




被害者の対処法 … どうすれよいのか


 ネット上には被害報告や加害者への非難、犯罪技術分析などは多く存在しますが、被害の対処法となると、あまり扱われていないのが現状です。個々の被害に対応した対処法は、このサイトでも分析や説明を充実させていく予定です。しかし、まだ十分というには程遠い状態ですので、各自、調査検討し、できれば、その努力が他の被害者の被害改善に活かされるよう、このサイトへ投稿することで還元してほしいと思います。

 被害者全体に共通の対処法としては、自分の正当性を維持すること、公序良俗に反するような反社会的行為を行わないよう心がけるのが基本的な対処法でしょう。監視犯罪では子供のいじめのように、自分のいないところで、いじめグループから悪口を言われ、悪人にされているような状況におとしいれられてしまいがちです。すでに疑いをかけられた状態で、この疑いを晴らすような努力が求められます。

 簡単なことではありませんが、加害者の挑発には乗ってはいけません。不条理な話ですが、ケンカを売られても買ってはいけません。殴られた後、すぐに殴り返すような場合は正当防衛など大義名分も立ちますのであまり問題もないいでしょうが、単に挑発されただけであれば、右の頬を打たれたら左の頬を差し出すかのような心で構えで、あくまで平和的で立派な社会人として、他人から非難されることがないような態度を取り続けるしかないでしょう。この態度を維持しながら、被害の対処法をひとつづつ試し、少しずつ被害を改善していけば、致命的な悲劇は避けられるのではないでしょうか。




被害者の対処法と心得 … 被害と加害者のバランスコントロール


 被害の対処法は、現在知られているものから、今後、新たに生まれてくるものまで様々な方法が存在することでしょう。その対処法の利用についてですが、一度にすべて完全に行うというのは、あまりおすすめしません。

 対処する場合は、何段階かに分けて、少しずつ対処していったほうがよいと考えています。一度にすべて行ってしまうと、どれが効果があったのか分かりにくいという問題と、それ以上、対処のしようがなくなってしまうという問題があります。被害を特定することと、被害者自身が心に余裕を持てるよう、段階的な対処が有効でしょう。

 被害の対処を少しずつ行うことで、加害者側は、まだ何か手を打ってくるのではないか、と慎重になり、結果として犯罪を抑止する効果も見込めます。また、対処自体もそれぞれ手間や時間、労力が必要となりますので、被害者側の負担も軽減されます。ある程度、我慢できるところまで対処できたら、それ以降は次の機会にまわすことで、それまで、一方的に被害を受けるだけだった被害者が、心に余裕を持つことができます。この心理的な余裕、対策における心理的優位性が確保できれば、より冷静かつ慎重に被害の改善に臨むことができるようになることでしょう。




被害者の心得 … 何を目指すべきか 監視犯罪は将来、確実に改善するが、それまでは被害改善とバランスコントロールを心がける


 自分の正当性を保ち、あくまで立派な社会人として振る舞い、個々の被害を改善していくしかないと思いますが、その間、不満を抱え続けるというのは精神衛生上、好ましくありません。監視犯罪という偶然訪れた不幸な事態に直面した被害者は、何を思って生きていけばよいのでしょうか。監視犯罪では、すでに利権が存在し、ビジネスのように犯罪行為が繰り返されています。この状態では、仕事のようにある種の義務のように、嫌がらせ行為が続けられているわけですから、この利権が存在する限り、監視犯罪が完全に解決することはないでしょう。

 それでは被害者はあきらめて被害を受け続けるしかないのでしょうか。それも違います。人類社会は戦争や奴隷制度・人種差別など様々な問題に直面し、それぞれ解決に向けた努力を続け、問題を改善してきました。かつで全世界が戦争による暴力的な支配体制の確立を目指していた時期もありますが、今ではそれは誤りだったと世界は理解して、平和維持活動・反戦活動を続けています。人間を家畜のように扱う奴隷制度も廃止されました。人種差別は今もまだ解決されたとは言いがたいですが、サッカーワールドカップなどでも試合開始前に、毎回、人種差別の改善宣言のようなことが行われており、確実に解決へ向かっています。

 監視犯罪のような世界規模で多くの犠牲者が出ているような犯罪行為が、いつまでも野放しにされているはずがありません。監視犯罪はすでに社会問題となっており、将来的には、確実に改善していく問題で、人類が次に乗り越えていく壁のひとつにすぎません。

 今後、科学技術の進歩により、監視関連の機器はより低価格で、より多くの人の手に渡ることが予想されます。そうなった場合、一時的には被害が悪化することでしょうが、犯罪者の手の内も明らかになり、全体としては、社会問題としてさらに注目度が上がり、解決へ向けた活動も活発化していくことでしょう。

 監視被害がいつ解決するのか、と問われると、確かな期日は答えられませんが、将来的に解決に向かうことは確実です。もはや歴史的な必然と言ってもよいでしょう。ただし、それまでは被害者ひとりひとりが被害の調査し理解を深め、改善の努力に励み、被害を減少させていくしかありません。その際に心がけるべき点は、すでに説明した、自分の正当性を保つことと、もうひとつ、被害の完全な解決は保留し、ある程度我慢できる程度まで被害を改善させるような被害や加害者のバランスコントロールが有効でしょう。(2015/10/07)



関連する分野


 ネットで検索する際に、対象となる関連分野の説明です。犯罪者・加害者の関連組織のすべてが対象となりますが、そのなかでも次にあげる分野との関連が強い傾向があります。

  • 集団ストーカー

 もっとも活発に情報が更新されている分野です。ギャングストーキングや集団的嫌がらせのような言葉も同じような意味です。


  • 創価学会

 日本の政党である公明党の支持母体として政教一致のルールに反するという批判をよく耳にしますが、集団ストーカーの実行犯としてもっとも報告が多い宗教関連組織です。


  • 探偵、興信所、民間警備会社

 監視犯罪の当事者としても疑われていますが、監視技術のない組織への技術や情報の提供者として、監視犯罪の組織同士をつなぐ補助者としての側面も問題視されています。


  • 企業ストーカー

 企業が行う集団ストーカーについての分野です。有名企業も名を連ねており、被害者も高学歴な傾向があるせいか、被害報告や分析が非額的にみて客観的で的確なものが多く、情報自体の信頼性は高いようです。


  • テクノロジー犯罪

 思考盗聴や電磁波攻撃など集団ストーカーなどで悪用される技術に関する分野です。生体分析やBMIなどもこの分野で使われます。


  • マインドコントロール、精神支配、心理操作

 技術的には思考盗聴や電磁波攻撃と近いですが、集団ストーカーなどのによる嫌がらせが目的ではなく、マインドコントロール・精神支配、心理操作の技術検証や被害分析などに関する分野です。


  • 統合失調症、医療機関の誤診

 積極的に関与しているとはみられていませんが、統合失調症で1年以上の入院が必要となると、利益も相当な高額となるため、あえて監視被害者であることを指摘するようなことも期待できません。企業ストーカーでは産業医と共犯した事件の裁判例などが扱われています。(2015/10/12)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。