ミラノ系

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コレクションボードやキュリオケースと呼ばれる類のケース。

ケーススレではミラノが人気だ。
本当のキュリオケース(骨董品を飾るケース)はアニメ原作フィギュア等を飾るには雰囲気的に向いていない。
blankimgプラグインエラー:ご指定のファイルがありません。アップロード済みのファイルを指定してください。

本家のミラノは完売。現在ケーススレでよく見かけるのはsepiyaの大型ケース
約23,000円と大きさの割には安価だ。

値段の割には見た目が良いので愛用者が多い様子。

こんな感じで届く。

気になるスキマはこんな感じ。

品質は値段相応か。不評なレビューも結構多い。
価格ならDETOLF、中身の見栄えや耐震性はあと1万くらい足せば買えるプレステージに軍配が上がり、
小物を飾るならJAJANが向いているので中途半端とも。
blankimgプラグインエラー:ご指定のファイルがありません。アップロード済みのファイルを指定してください。

他にも類似品がいくつかある。

まあ総じて木枠やスリガラスで中身の視認性が悪いという点は共通。

配線の例。
最終更新:2012年08月19日 14:13