679 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 17:10:10 ID:5ITBmT0r
おとうと「1ちゃん」

1「ん」

おとうと「からて おしえてよ」

1「あんなもん つまらんぞ やめとけ」

おとうと「じゃあ ケンカ の やりかた とか で ええわ」

1「どしてん きゅうに ちゅうがくで いじめられてんのか?」

おとうと「いや べつに いじめられては ないけど。」

1「んじゃ なにか ちゅうがくせい に ありがちな

  ケンカ強い奴になって一目置かれたい ってやつか」

おとうと「・・・・ちゃうよ。」

1「・・・・・。」


682 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 17:18:02 ID:5ITBmT0r
1「いじめらてないんやな?」

おとうと「あたりまえ やん。」

1「おまえ ゲームばっか してるらしいやん 先生 ゆうてたぞ。」

おとうと「・・・・。」

1「ちょっと 買って来すぎた かなあ。 部活やれ 部活」

おとうと「ええわ・・・。 1ちゃん 部活 してた?」

1「・・・・部活は してないな。」

おとうと「一緒 やん」

1「俺は ○○のおっちゃん の どうじょう いってたやろ。

  あと 部活 の すけっとで でたりしてたで」

おとうと「先生が 1ちゃんは 運動神経 とびぬけてた って ゆうてた。

     あー 俺も 1ちゃんの ホンマのおとうと だったら よかったのに」

1「・・・・・?」


688 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 17:26:48 ID:5ITBmT0r
1「おかーちゃん」

せんせい「どしたんw」

1「おとうと あいつ がっこうで なんか あったんかいな」

せんせい「・・・・。 なんか 前に 首にあざ できてて 聞いても おしえてくれへんの。」

1「くびにあざ・・・・・?」

せんせい「くび しめられた みたいな・・・。 しんぱい やわ。」

1「いじめられてて くび しめられるか・・・? なんじゃ そら きいてくるわ。」

せんせい「「アンタは あかん。 いろんな いみ で。」

1「なんでやねん」

せんせい「デリカシーが ないから。ああゆう子 の 気持ちは わからへんやろ」

1「むちゃくちゃ ゆうなあ」


691 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 17:35:25 ID:5ITBmT0r
1「ういっす」 がちゃ

いもうと「ノック」

1「うっさい ほいこれ 着ろや」

いもうと「うわ! めっちゃかわいい ありがとう~ また えらんでもろたん?」

1「まあな。 んであれや がっこう で おとうと どんなかんじ?」

いもうと「わからへんよ あのこ 2ねん やし どしたん きゅうに」

1「いや・・・。 おまえは どんなかんじや。」

いもうと「部活 引退して 勉強ばっか してるわ」

1「うそ は ついたら あかんわ」

いもうと「うっさい」

1「おまえ 彼氏 できたら おしえろよ。 もてるやろ。」

いもうと「あー。 どうきゅうせいは ガキばっかで おもんないから だいじょうぶ」

1「かわいくない やつ。」


693 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 17:45:52 ID:5ITBmT0r
1「よっしゃ はしりにいくか」

おとうと「なんでやねん いやや」

1「からて おしえたるから」

おとうと「いや わざ とか おしえてよ」

1「アホ。 わざとか おしえても つよくなれるか。

  ええか かくとうぎは 基礎体力 と 反復練習 からじゃ。」

おとうと「じゃあ ええわ・・・。」

1「ぜいたく やなあ。 突きとか蹴り 教えたからって 強くなるわけ ないやろ。」

おとうと「もう ええって。」

1「・・・・そうか。 なんか 頭の中 ぐにゃぐにゃ してんねやったら いつでも ゆうてな。」

おとうと「・・・うん。」


695 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 17:53:56 ID:5ITBmT0r
1「ういー」 ガラララララ

きょうしたち「・・・・・!?」

1「おう ひさしぶり あなご」

きょうしあなご「1か!!? うおおお ひさしぶりやの!!」

1「すまんな 急に しょくいんしつ はいってきてw」

あなご「ホンマじゃw なんやねん いきなりw」

1「2ねん○くみ の たんにん って どれ?」

あなご「ああ このしょくいんしつ ちがうけど しめさばせんせい っていう ひとやで」

1「だい2しょくいんしつかな まあ いっしょにきてや」

あなご「なんやねん どしたん」

1「ちょっとな」 


697 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 17:59:22 ID:5ITBmT0r
すたすた

1「おとうと の こと ききたいねん」

あなご「なんや 10年近く たっても あいかわらず おとうといもうと ばっかり ゆうてんのか。 かわらんな。」

1「あなご は 年取ったなあ。 白髪だらけやん」

あなご「そうやろ。 もう こまるわ。 しごとは なにしてんの。」

1「んー。 副業で 店 やってる。」

あなご「すごいな! でも なんやねん 副業ってw 本業は」

1「ゆうても 理解 でけへんわ。」

あなご「あいかわらず かわいくないなw」


698 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 18:03:51 ID:5ITBmT0r
1「どれ?」

あなご「あのひと」

1「わかっ」

あなご「おまえと おないどしくらい ちがうか?」

1「ふーん ・・・・ぶっさいくな おんな やなあ」

あなご「ひどすぎるw」

1「ありがと。 あとは なんとか するわ。」

あなご「アホ きゅうに いくやつが おるか。 ちょっとまっとけ」

1「おお わるいな」

 ・・・・・・・・。

しめさばせんせい「ああ どうも おせわになります。」

1「いえいえ こちらこそ おせわになってます」


701 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 21:34:12 ID:5ITBmT0r
生活なんたら室

1「おとうと どうですか」

しめさば「どう? とは?」

1「いや 友達とか 仲良くやってます?」

しめさば「ああ はい わたし が みたとこ では」

1「ホンマに? あいつ 友達の はなし 一切 しないですよ。」

しめさば「・・・・・。」

1「いや ただ 聞きたいだけやから ホンマの事 言うてください」

しめさば「まあ たしかに ともだち と はなしてるところは・・・。」

1「いじめ とかは?」

しめさば「ないとおもいます。 でも さいきん は 表立って しませんし・・・。」

1「んー。」


702 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 21:40:50 ID:5ITBmT0r
しめさば「なんか 前に クラスマッチの チーム きめるときに

     好きなメンバー で 組ませたんです それで 余ってしまって」

1「好きなメンバーって・・・。 絶対そういう奴 ででくるん わかってるでしょ」

しめさば「すいません・・・。」

1「いや。 そんで?」

しめさば「で チーム同士で 押し付け合いに なってしまって ショック うけてました」

1「きついな・・・。 完全に お荷物扱い やんけ。」

しめさば「わたし が みたところでは そういう 感じ くらいしか・・・。」

1「んー。 ここって 公立 ですよね・・・。」

しめさば「はい?」

1「いやいや。 どうも ありがとう ございました。」


703 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 21:49:39 ID:5ITBmT0r
とうかつ「もしもし」

1「ひさしぶりー」

とうかつ「ひさしぶりw たいへんそうだね」

1「まあ やくたたず ばっかで こまってるわ そっちも おえらいさんは つらいっしょ」

とうかつ「まあねw で どした?」

1「ちょっと 頼みたい事 あるんですけど」

かくかく じかじか

とうかつ「・・・・・ん なんか しごと で ひつよう なのか?」

1「いや かんぜん プライベート やな」

とうかつ「バカかw 無理無理。」

1「えー なんでやねんな いけるやろー。 すいせんじょうくらい」

とうかつ「そんなことより こっちのしごと しろよw」

1「そんなこと とは なんや。 しごと は ちゃんと こなしとるがな。」

とうかつ「んー。 まあ なんだかんだで こなすところが 腹たつよな。」

1「うっさい」


704 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 21:51:12 ID:5ITBmT0r
がっこうせんにゅう は 無理だった(カウンセラーとか体育指導で)

いまここ


706 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 06/10/27 22:01:20 ID:sW1QJDvk
心配なのは判るけど、そこまではやりすぎなんじゃないか?
おとうとはそれで喜ぶのかね。

と、マジレスすまん


709 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/27 22:13:00 ID:5ITBmT0r
 >>706 そのとおり 

   今となってはアホか俺は


715 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 13:03:59 ID:IkJnfogW
1「サッカー するか」

おとうと2(16)「どしたんw きゅうに」

1「お前 けっこう すごいらしいやん やろうや」

おとうと2「・・・できるん?」

1「お前が どんだけ すごいんか しらんけど 俺が 1時間練習 すれば 負けへんで」

おとうと「有り得んw」

1「ええから やろうや」

2じかんご

おとうと2「ぶはあ ぶはあ むちゃくちゃ や・・・。」

1「なにが むちゃくちゃやねん てゆうか おまえ へったくそ やんけ」

おとうと2「1ちゃんが 異常 やねん。 絶対 アンドロイドや」

1「わはは ワールドカップ でようかなあ」

おとうと2「てゆうか しごとは?」

1「聞こえへん」



717 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 13:06:14 ID:IkJnfogW
開始→サッカーとか ひさしぶりやなあ

30分後→いい運動に なるわあ

1時間後→サッカー おもしろすぎる!!

2時間後→もう 一生 サッカーに ささげても ええわ

3時間後→あきる


721 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 13:14:58 ID:IkJnfogW
1「らったったー らったったー」

ぼかぼかぼかぼか

せんせい「なにしてんの?」

1「いや ゲームとか 捨てようかなーと」

せんせい「もったいない。 なんで?」

1「いや おとうと が うんどう せえへんくなったん 俺が こんなもん 

  買いまくってきた せい ちがうかなあ」

せんせい「・・・・。 あの子 怒るで。」

1「怒るやろうなあ でもまあ しゃあない。」

せんせい「かくとうぎ とか おしえたらあかんよ」

1「おかーちゃん わかってへんわ 学生時代ってな 誰もたすけてくれへんねん

  ああゆうやつって やから 自分で 守れるくらいには したらな」

せんせい「1 は むかし よくたすけてたやん」

1「もう 10年 たってんねん 時代は かわるもんやで。 人の心も。」 


722 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 13:23:55 ID:IkJnfogW
おとうと「あれ? ・・ここにあったやつ どしたん?」

1「ゼンブステタヨー」

おとうと「なに考えとんねん!!!」

1「うるさい だまれ。 俺が買ったもん どうしようが 勝手やろがい」

おとうと「ああ もう さいあくや・・。」

1「なにが さいあくか。 そとにでて ボールで あそぼうや」

1「よっしゃーーー クソチビども ドッジやるかーーーー!?」

おとうと345(10歳以下)「やるやる~~~~!!!」

おとうと「ええわ 俺 やらへんで」

1「やかましいわ カスー」 ボカッ

おとうと「なにすんねん!!」

1「なんじゃ お前 誰に口きいとんねん はよこい」

おとうと「・・・・・。」


723 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 13:32:27 ID:IkJnfogW
1「死ねええええええええええええ!!!!」 ビュォ 

ゴォォォォォォォォ ボゴッ

おとうと「ギャッ!!」

おとうと4「あー!! だいじょうぶ?」

おとうと「ぅぅぅぅ・・・・ はなぢ・・・。」

1「鼻血くらいで ギャースカ ゆうな ぶちころすぞ」

おとうと はしりさる

だだだだだだだだ

せんせい「ちょっとアンタ!! なにやってんの!!」

1「ぱ~~~~~~~~~~!!! やかましいわ!!」


724 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 13:32:54 ID:IkJnfogW
いまここ


727 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 13:39:45 ID:IkJnfogW
1 は スパルタンX に へんか した

げきあまおにいちゃん の スキル を うしなった!!


729 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 14:02:40 ID:IkJnfogW
せんせい「あのこ 泣いてたで ひどいことするわ」

1「おかーちゃんさー いじめられてたやつ おれ よく 家に つれててきてたやろ」

せんせい「えー? うん」

1「あいつら たまに 飲みに行ったり すんねん ホンマ たまに」

せんせい「他の友達も あそんであげーw」

1「あいつら みんな 口そろえて 同じ事 ゆうねん。 おれ が うらやましいって。

 やりたいようにできて いいたいことゆうて。 まあ おれも いろいろあるけどな。」

1「こうこう だいがく 社会に入っても へんに調子のったやつに いじられて 笑いモンにされて

  いいたいこともできんし やりたいように仕事もでけへん」

せんせい「世の中 そんなもんちがうの。 アンタが 特別なんかも しれんよ。」

1「おとうと 今のままじゃ ゆうたら悪いけど あいつらと 同じ人生やで。 そんなん あかんわ。

  気を 強くもつんは ええことばっかりじゃないけど 悪いことばっかりでもない。

  肩で風切って歩くくらいの 気性で ええねん。 あとは 道踏み外さんように させるだけや。」

せんせい「ほぉ~・・・・w。」


730 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 14:07:49 ID:IkJnfogW
せんせい「で どうすんの」

1「まあ ゆうたら あいつは 中学生の ガキに びびってる わけやろ。

  アホかっちゅうねん。 世界で 一番 敵に回したら 怖い奴 誰やと思う?」

せんせい「だれ?」

1「俺や。」

せんせい「あ そうw」


731 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/28 14:08:31 ID:IkJnfogW
つづく


742 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/29 23:58:44 ID:vOXKKcPW
どようび
1「会いたくないってか」

いもうと「うん」

1「知らん」

ばたーん

1「うい。 どっかいこうぜ」

おとうと「・・・・ええわ。」

1「じゃあ かくとうぎ おしえたる 空手で ええか?」

おとうと「もうええ。」

1「なんじゃい もうやる気 なくしたんか へたれが」

おとうと「今の 1ちゃん なんか いやや」

1「乙女か お前は。 なんや いつもの なんでもゆうこと聞いてくれる

  1ちゃん じゃなかったら 嫌ってか。 何様やねん。しばくぞ。」

おとうと「・・・・。」


744 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/30 00:09:22 ID:EO8mR2MX
1「お前 学校 で いじめられてるか ばかにされてるん ちがうか。」

おとうと「いじめられて なんか ないよ。」

1「じゃあ なんで かくとうぎ教えて とか ゆうたんや。

  みかえしたいん ちがうか? がっこうの ボケども」

おとうと「。。。。べつに。」

1「嘘つけ。 おまえ このままで ええのか。 そういう アホどもに 

  一生 頭上がらんままで ええのか。 お前がよくても 俺は許さん。」

おとうと「1ちゃん かんけい ないやん。」

1「関係ないことあるかい。 おまえは おれの おとうとやろ。 そんな

  ケンカがどうとかタバコがどうとか しゃぼいことで いきがってる カス に

  なめられて どうすんねん。」

おとうと「いや 血 繋がって ないし」

1「なんや じゃあ おれは 他人か」

おとうと「・・・・・。」


746 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/30 00:24:43 ID:EO8mR2MX
おとうと「じゃあ なにしたら ええの。 もうおそいわ。」

1「いや まだ まにあうぞ。 人間をかえろ。 たぶん

  「あいつ急に いきがりやがって」 とか いわれるやろうけど 気にすんな。

  そんなもん 負け犬の遠吠えや。 笑いものになっても 自分で自分に 納得できたら

  それだけで 全然ちがうわ。 それで 直接危害加えてくる奴は 潰せ。」

おとうと「そんな うまく いかんよ。」

1「いかんよ じゃなくて いかせんねん。 力技や。 普通は でけへんけど

  お前には 俺がついとるやろ。」

おとうと「すごい 自信やw」

1「そうや。 まず 自信 つけろ。 でも 根拠のない自信は いかんぞ。

  ケンカが どうとか ゆうて いきがってるやつより ケンカ強くなる。

  やけど 無駄に 暴力は 振るうな。 それだけで 自分に 自信つくわ。

  男はな、 何歳になっても 腕力の強さは 少なからず 関係してくんねん。

  おまえは 強くなっても 弱いモンの 痛み とか わかるやろ。 やから 間違ったふうには使わん。

  せやから おまえには 教えたるわ。」  


747 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/30 00:31:26 ID:EO8mR2MX
どうりょう「もしもし」

1「おつかれ そっち どんなかんじ?」

どうりょう「しばらくは あの子たち で いけるんじゃないですか?」

1「そうかそうか。 じゃあ しばらく 俺 こっちおるから。 まかせるぞ。」

どうりょう「たまには ゆっくり してくださいw でも そんなに しんぱいですかw?

      わざわざ 連絡 してきて めずらしい」

1「いや そろそろ お前 登場させとこうかと おもってな。」

どうりょう「なんですかそれw? なんかそういう事言われると照れるーw」

1「なんで 照れるんか さっぱりわからんけど まあ ええわ。 ほんじゃな。」


755 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/30 17:24:10 ID:EO8mR2MX
1「んー。 だいたい わかった。」

おとうと「はー・・・。はー・・・。」

1「からだ うごかすんは きもちええやろ。」

おとうと「死ぬ・・・。 なんで 1ちゃん たばこ 吸うのに そんなに 体力 あるんか わからん」

1「なんでやろな。」

おとうと「俺 どんなかんじ・・・?」

1「まあ 多分 中学生 の ヤンキー には まけんやろな。」

おとうと「はやっw マジで?」

1「まあ 素人のガキのケンカやし そんなもんや。 体格が 全然 違う奴には かなわんやろけど

  最今のガキなんか まともに ケンカするやつとか おらんしな。 今日の お前みたいに

  ゲロ吐く 一発 もらったやつなんか そうそう 経験した奴 おらんやろうしな。」

おとうと「才能あんの? 俺」

1「何を持って才能とするか 俺にはわからん から なんともいえんが、 

  俺には 才能があることだけは わかる。 運動能力といい、判断力といい、闘争心といい」

おとうと「いや 聞いてないし・・・。」


758 1 ◆3GcCm7z.d2 06/10/30 17:34:17 ID:EO8mR2MX
1「まあ 暴力うんぬんは じつにくだらん。 いざという時使え。

  もって得するんは、ふてぶてしさと、要領のよさと、気の強さや。

  これもまた クセモンで、人間としての 基礎 が できてないと ただの嫌われモンや。」

おとうと「さっぱり わからんw」

1「結局は、 強気な態度や自信に 何の根拠もないと アホとしてしか見られん。

  社会人なら仕事。 中学生は まあ アホやから ケンカとかスポーツとか

  勉強 は まあ お前けっこうできる やろうけどな。 俺のほうが出来るけど」

おとうと「1ちゃんは ひきょうやわ。 勉強とか したことあるん?」

1「ないな。 年ごまかして バイトしてたし 授業もほとんど出てなかったけど なぜか できたわ。

  高校 いかんかったから あんま意味ないけどな。 バイトのこと おかーちゃんには 絶対ゆうなよ。」

おとうと「1ちゃんが 自分の話してくれるん めずらしいね」

1「そういえばそうやな。」

ほのぼの してました。