806 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 02:12:24 ID:SHx8pW+K
1「よいしょ。   ・・・・よっしゃいくぞ」 ダダダダダダ

きゃっきゃっ

いもうと(16)「・・・・・。」

1「ふおー。 おもろかったか? 満足したら もう寝ろ」

チビども「テレビ見てから ねるー」

1「そうかそうか ロンドンハーツは 見るなよ。 おやすみ」

いもうと(16「1ちゃん まだ寝ん?」

1「ん なんや お前も 持ち上げて ほしいんか」

いもうと「いやいや。全然。」

1「むかしは ウルトラマン(という持ち上げ方) やってやったら 喜んでたのになあ。」

いもうと「ああ ええから ちょっと 聞いてよ」


808 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 02:19:41 ID:SHx8pW+K
1「さぶ!! なんやねん 聞かれたくない話か」

いもうと「うん まあ。」

1「(うわ~。 これは まさか)」

いもうと「1ちゃん 今 かのじょとか おるん?」

1「(さいあくや・・・。) いや おらんな。」

いもうと「んー。 でも それなりに 付き合ってきたやんね? どんな感じ?」

1「(?) え まあ ふつう? よーわからんわ。 それがどうかしたん」

いもうと「いや このまえさあ 男子に こくられて」

1「(なんやw 俺はアホか) おお。 モテモテ王国やな」

いもうと「で あんま その人 しらんかったから ちょっと待って って ゆうてんの」

1「あー。 男が 一番 困る パターンやな。」

いもうと「ええ。 じゃあ おこっとるかな? その人」

1「いや、 勝手に好きになられて こくられて 待つ時間もくれん男は どうかとおもうぞ。」

いもうと「ああ そっか」


809 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 02:25:52 ID:SHx8pW+K
1「で どんな相手なん さわやかスポーツマン か?」

いもうと「んー。 さわやかではないかなw 柔道部 で めっちゃおおきいひと」

1「むさくるしいなw」

いもうと「どうしたらええかな?」

1「え そんな少ない情報で どうしよういわれても わかるかいや」

いもうと「ああ そっかw」

1「んじゃ ちょっと 用あるから 11時に 行くわ。 起きてるか?」

いもうと「うん。」

1「ほんじゃな。  ・・・・・う~ん。」 


813 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 02:34:05 ID:SHx8pW+K
1「よし 聞かせろ 12時には 寝ろよ。」

いもうと「うん。 こくられて 前の日曜日 遊びにいったんね」

1「おいおい あんま 期待させすぎんなよ」

いもうと「でも 一回 遊んだりしてみんと どういう人か 全然わからんやん」

1「なるほど。 せいちょう したな。」

いもうと「せやろ。 で 遊んでみたんやけど ガキっていうか 考えが浅いな~って」

1「まあ お前は 今なんか 結構 おねえちゃんやからな。 しゃあないやろ。

  それに 俺という 超大人でジェントルメンな 俺を 身近で 見てるっていう

いもうと「うん。 もうええよ。」

1「すいません。 で ほかには」 


814 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 02:45:21 ID:SHx8pW+K
いもうと「あとねえ わきがっぽいw」

1「くさかったんか」

いもうと「いや ひどいんは 分かってるけど・・・。」

1「いやいや 重要や。 で なんか 変なこと されんかったんか」

いもうと「されんよ~w でも なんか ず~っと 自分のはなしばっかされてて

     「ごっつアピッてるやん!」 とか 思ってしまったw そんで 別れ際に

     返事 要求されたけど まだ答えられへん ゆうてしもた」

1「ホンマかあ。 生殺しやな。 でも 自分のはなしばっかする男って つまらんやろ」

いもうと「まあねw」

1「そいつと 一緒に おって 楽しかった? どこいったんか 知らんけど」

いもうと「ん~。 なんか 退屈かったけど こんなもんなんやろな~って 思った」

1「そうかあ? おもろいやつは おもろいで」

いもうと「いや わかってるけどさあ」

1「まあ つまらんって思われてる時点で もうあかんやろなあ そいつ。

  それに ずっと またしとくわけにも いかんやろ。 てゆうか なんで 断らんかった?」


816 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 02:55:59 ID:SHx8pW+K
いもうと「いやあ いい人そうなんやけど・・。 でも タイプじゃないし・・。」

1「せやから それなら断れw てゆうか おまえは どんなんが タイプやねん」

いもうと「えー、 カトゥーん の あかにしくん とか なんか 色気が ある人」

1「わはははははははははは!!!!!!」

いもうと「なんでわらうん!!!」

1「ごめんなさい。 てゆうか 聞く限りでは 全然せいはんたいやん そいつ あかんやろ」

いもうと「やんねえ。」

1「まあ はっきりゆうたるわ。 お前は もう 答えなんかでてるやろ。

  ただ 今の状況に 浸りたいだけや。 そんなんで その男を 待たして

  もやもやさせたり くるしませるんは つまらん女がやることじゃ。 やめろ。」

いもうと「そんな言い方 せんでもええやん!」

1「じゃあ どんな言い方が ええねん。 それより 図星やろ。 いま。」

いもうと「・・・・・。」


820 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:06:21 ID:SHx8pW+K
いもうと「じゃあ どんな 振り方 したらええんかなあ」

1「アンタみたいなゴリラ タイプじゃないから 近寄らないで くっさ~ で ええやん」

いもうと「無理!! てゆうか 1ちゃん ふったこととか あるやろ? どんなふうにするん?」

1「それは 彼女を? それとも 告白してきたおんなを?」

いもうと「じゃあ 告白 してきたほうで」

1「んー。「付き合って。」 「いやや。」 こんな感じ」

いもうと「ひどwww (いもうと(22)) の時も そんなんだったん?」

1「あれは別。」

いもうと「照れとるw 1ちゃんは 言えても あたし そんなん いわれへんわあ。」

1「まあ 変に 引っ張りすぎやな。 「やっぱ 好きに なれませんでした」 これで ええねん」

いもうと「勝手すぎん?」

1「いらん同情は するな。 バッサリ切り捨てろ。 そのほうが なんぼか優しいねん。」


822 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:12:42 ID:SHx8pW+K
1「あ おまえ 携帯買ったったやろ。 番号とか しらんのか?」

いもうと「わかるよ。 アドも。」

1「よし 今断れ。」

いもうと「え~。 やっぱり 会ってから 言わんと よくなくない?」

1「アホか それじゃ 俺が おもんないやろ。 向こうも まだ起きてるわ。」

いもうと「最低やww じゃあ 電話でええかな?」

1「ハンズフリーな。」

いもうと「嫌や。」


823 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:21:34 ID:SHx8pW+K
1「・・・・。」

いもうと「もしもし。 ごめん 寝てたかな? うん ああ。

     あのさあ・・・・・。 返事 なんやけど・・・・。」

1「・・・・・。」

いもうと「この前 遊びに いったやん? それで うんたらかんたら~

     で やっぱり 彼氏としては 見れんかなぁって・・・。ゴメン。」

1「・・・・。」

いもうと「え いや そんなこと ないけど・・・。 そんなことないって!

     いや おらんけど・・・・。 ええ? ちょっと待ってよ・・・。」

1「!?」

いもうと「ええ? んんんん~~~~。 でも・・・・。」

1「(かわれ)」 

いもうと「(まって)」


824 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:27:20 ID:SHx8pW+K
いもうと「ごめんね。 ・・・・・。 なんでそういうことゆうん? こまるやんか・・・。」

1「(イライラ)」

いもうと「いや 楽しかったよ? 楽しかったけど・・・・。」

1「(イライラ)」

いもうと「うん・・・・・。 うん・・・・・。 それでも無理。 ほんとゴメン。」

1「(お。 やるな。)」

いもうと「せやから そんなこと いわんといてよ・・・・・。」

1「かわれ。」

いもうと「・・・・・・・。」

交代した 


827 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:35:18 ID:SHx8pW+K
1「いっ いもうとちゃんが こ こまっとるやろぉ? や やめろやぁ」 よわよわしく

じゅうどうぶ「はあ? お前 だれやねん」

1「と 友達やけどぉ?」

じゅうどうぶ「は・・・・? なんやねんそれ。 ちょっと (いもうと) に かわれや。」

1「い いやや! はなしが あ あんねん!」

じゅうどうぶ「なんやおまえ しばくぞ」

1「し しばいてみいやあ!」

じゅうどうぶ「なんじゃお前 そしたら 外 でてこいや」

1「・・・・・。 ああ よーわかったわ。 どんな奴か。」

じゅうどうぶ「なんやお前」

1「はあ? お前 誰に口きいとんねん コロスぞ・・・。」

じゅうどうぶ「は はあ?」


830 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:43:02 ID:SHx8pW+K
1「お前みたいな つまらん奴に いもうとは やれんのお。 てゆうか

  なんで呼び捨てやねん。」

じゅうどうぶ「はあ? いもうと?」

1「ゴメンゴメン。 友達は うそで ホンマは アニキやねん。」

じゅうどうぶ「ああ・・・・・。」

1「まー そんでな。 一応 無理って話やから あきらめてくれんかなあ」

じゅうどうぶ「いや かわってもらえないですかね」

1「なんや まだ話すことあんのかい」

じゅうどうぶ「いや・・・・。」

1「お前なあ しつこい男は 嫌われるぞ。 すっぱり あきらめーや。

  いもうとも 結構 真剣に 考えて出した結論やねん。

  あ 真剣 ってゆうても しんけんマーガリン の ことと 違うで?」

じゅうどうぶ「はい?」


834 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:51:10 ID:SHx8pW+K
1「ああスマン こっちの話や」

じゅうどうぶ「ああ はい。」

1「まあ 今回は ご縁がなかったという事で」

じゅうどうぶ「・・・・・・・。」

1「なんかゆえや。」

じゅうどうぶ「あ すんません」

1「あ。 あと いもうとに なんかちょっとでもおかしな事したら コロスから」

じゅうどうぶ「いや しませんけど・・・・。」

1「あ お前のせいで 変なうわさ立ったりしても おんなじね。 息でけへんようにするよ。」

じゅうどうぶ「ああ わかりました・・・・。」

1「ほんじゃ おやすみ」

じゅうどうぶ「ああ なんか すんませんでした」

1「いや 俺も いらんことに 首突っ込んで 悪かったな。 そんじゃ 切るぞ。」 


837 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 03:58:13 ID:SHx8pW+K
1「ゴメン ちょっと 言い過ぎたかも」

いもうと「いや ちょっと しつこかったし・・・・。」

1「あれでええんか?」

いもうと「いや 良いも悪いも もう ゆってもうたんやから」

1「大人やね」

いもうと「そうやろw」

1「まあ つまらん奴やわ。 もっとええ男 いっぱいおるから それまで我慢しなさい。」

いもうと「ええ男かあ。 1ちゃん みたいな?」

1「いや 俺みたいな 打ってよし 守ってよし 投げてよし 走ってよし 頭も

いもうと「あー もうええよ」

1「ああそう。」

                 おわり


839 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 04:10:56 ID:SHx8pW+K
1「んー でも 化粧も ちゃんとせえへんようでは あかにしくんは 無理やぞ」

いもうと「そうかなあ」

1「よっしゃ 今週中に 服と 化粧品 買いに行くか。

  でも あほみたいな ギャルっぽいのは あかんぞ」

いもうと「マジで!? てゆうか 化粧の しかた とか 誰か教えてくれんかなあ」

1「そうやな。 ちょいまてよ」 ぴぴぴぴぽ

1「おー ごめん 寝よった? ああそうか。  あのさあ 妹に 化粧教えたってくれや。

  うん。 おお。マジで。 じゃあ 近いうち 店行くから。」

1「教えてくれるって。 一応プロやぞ。」

いもうと「えー マジで!? めっちゃ 緊張するーーー!!」

1「おうおう。 これで あかにしくんどころか かめなしくんも ゲットできるぞ」

いもうと「あ かめなしくんは タイプじゃない」

1「あ そうすか・・・。」


840 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 04:14:33 ID:SHx8pW+K
1「ざんねんだったね」

こかんのかめなしくん「ギリギリで いつも生きていたいから」

1「なるへそ」


843 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 06/11/01 07:19:02 ID:2rP3fG3r
ギリギリで いつも 生きていたいから

アッー!


849 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 10:10:25 ID:SHx8pW+K
なんでだろう >>843 で しぬかと思うくらい 爆笑した 


854 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 06/11/01 18:53:44 ID:RAmXRN93
いもうと(22)のこくはくへん は まだか!!


855 1 ◆3GcCm7z.d2 06/11/01 19:41:17 ID:SHx8pW+K
 >>854 むかしすぎて わすれた