生え抜きシャークス

妄式情報

生え抜き選手がチームを引っ張る、異色のチーム。
選手の能力は低く、波に乗っても最弱か?

打撃力:☆
機動力:☆
投手力:☆

監督:生駒 (選手兼任)
選手会長:生駒 (監督兼任)
控え投手の野手能力
選手名
三島 3 3 3 3 7 3 1 1
桝渕 4 3 2 3 7 3 1 1
澤井 2 3 3 3 7 3 1 1

2010/2/6変更点
市村 ヒ6→4
蛯名 ヒ6→3
大津 長6→5
青柳 ヒ5→4
古川 ヒ4→3
花田 ヒ3→2
立原 ヒ4→2
高浪 ヒ6→4

2013/3/22変更点
大平 長3ヒ3巧3足3肩7内3外1捕1 速5コ7ス6カ6フ6シ2
   ↓       ↓
三島 長3ヒ3巧3足3肩7内3外1捕1 速6コ9ス4カ6フ6シ8

シャークスから、「スター選手」と呼ばれるヴェラスケス・サザーランド・ゲイナー・南方・仁科を抜いた
手の施しようもない、ダ·ド20球団中最弱のチームである。
監督は選手兼任で、選手会長を務める生駒(26)だ。彼はチームのオーナーも務めるため多忙な毎日を送っている。
打率.250をキープしている藤代(30)も、このチームの中心選手である。
ドラ1入団の花田(19)はミート力とルックスに難があり、ベンチを暖める日々が続く。
黄金期は一流の選球眼とセンスでかなりの本塁打を打っていた立原(43)だが、最近は衰えが激しく引退も間近に迫っている。
4年前の夏の甲子園決勝で達成したサイクルヒットが記憶に新しい市村(22)は、スタメンを目指して打撃強化に励んでいる。
蛯名(24)はミート力に難があり、「平成のブンブン丸」の異名をとる。
一時はシャークスの救世主と称えられた大津(38・元ファルコンズ)の輝きも失われつつあり、鳴り物入りで入団した中台(23)の台頭が待たれる。
バッティングの悪い正捕手・古川(21)の代わりに、バイプレーヤー高浪(28)がマスクをかぶる機会も多い。
里村(27)の先発も多いが、やはりあの能力で各チームの強打者を抑えるのは難しい。
リリーフ澤井(25)は読み打ちされ易く、休日返上の特訓も焼け石に水だ。
大平(42)は来季も現役を続行予定していたが年には勝てず引退を決断した。
入団当初は橋爪二世と謳われた左腕・桝渕(29)は、以後伸び悩み昨季の防御率は6点台まで下降した。
二軍から昇格した遅咲きのセットアッパー三島(33)が勝利の鍵を握るかもしれない。


実評価

打撃力  ☆ 
=皆非力で話にならない。完全試合の献上も頻発する。
機動力  ☆
=対内野三人シフトなら内野安打が出るかもしれない。
投手力  ☆
=皆持ち味も少なく内容は簡単に読み打ちされるレベル。
内野守備 ☆
=適正も低く肩も弱いので内野安打が頻発する。
外野守備 ☆
=適正も低く肩も弱いので二塁打が頻発する。

とにかく弱いチームで、CPUにも勝ちにくい。一応投手力>打撃力なので一点を守りきる展開になる。
主要打者である生駒、藤代、大津、中台、青柳で犠打と犠飛を交えて繋げば2点ほどは狙える。
投手陣は里村、三島、澤井はタイプが皆違って継投がわりと上手くいく。桝渕は三島の劣化兼ダイ野最下位投手。
特に三島は平均以上の素晴らしい能力を持つのでここぞというときに登板させよう。
スタミナこそ無いが隼の橋爪のような配球で攻めていきたい。
バックが不安なので意識して投げることが大切である。
このチームで勝てるようになれば真の上級者といえるだろう。

各投手考察

生え抜きシャークスの目玉と言えば打撃よりはほんの少しだけ強力な投手陣。使いこなせるよう各投手の特徴をまとめてみた。

  • 能力値表
選手名 利き手 速度 制球 体力 カーブ フォーク シュート
里村 7 6 6 7 3 6
三島 6 9 4 6 6 8
桝渕 6 6 4 4 4 7
澤井 7 5 3 3 7 2

  • 里村
生え抜きシャークスの頼もしいエース。キレがある直球、変化量で打者を圧倒する横変化、
まさかくるとは思わないフォークと球種も豊富で、南方二世を自称する。
コントロールもそこそこなので、ライン際に変化球を投げ、たまに放るストレートで打者を翻弄していきたい。

  • 三島
生え抜きシャークスの守護神。球界屈指のコントロール、超抜群のシュートとカーブにフォークと
豊富な変化球で、橋爪二世を自称する。
思いどおりに投げられるコントロールで凡打の山を築く。

  • 桝渕
生え抜きシャークスのセットアッパー。7という超驚異的変化をするシュートに、
微妙な変化で打者を混乱させるカーブ・フォークで、笹原二世を自称する。
シュート中心に、ストレートも交えさせて投げれば試合展開を上手くつなげる。

  • 澤井
生え抜きシャークスの中継ぎ。チーム一の剛速球、チーム一のフォークで
見逃し/空振り三振を奪い、雑賀二世を自称する。
とにかくゲージマックスを狙って投げればよい。確実にストレートが入るコントロールも。

各打者考察

勝利のためには、戦力になるバッターをチャンスに持っていくようにせねばならない。ここでは、選手の打者としての使い道を模索する。

主力打者

選手名 打席
生駒 6 6 6 7
藤代 6 6 6 6
高浪 6 4 6 6
考察
基本的にバランスが取れており、最も打率を稼げる3人だろう。生駒・藤代は通常チームで使用されていてもおかしくない程度の打力である。高浪はヒッティングの数値に物足りなさを感じさせてしまうかもしれないが、長打・巧打のバランス上、意外に先の二人にそこまで劣らぬバッティングを見せてくれる。
使用
打者を進めたり帰還させるのは他の打者でも出来るが、四球が滅多に出ないこのゲームでは、出塁だけはごまかしが効かない。とはいえ、ある程度はアウトカウントを消費せずにバッターを進めねばならない。よって、一番、三番、四番、九番などに配置するのが得策か。特に、左打ちの藤代と両打ちの生駒は、一番に据えて三安を狙うのも効果的。
代打の切り札にしても良いが、全員守備も高い水準でこなせるので、非効率かもしれない。

ミート打者



スタメン考察

スタメン推奨選手
選手名 守備位置 適正 肩力 考察
生駒 内or外 内6、外6 6 チームトップレベルの俊足で打線の軸である。両打ちで内野安打も視野に入る。
藤代 6 6 こちらもチーム最高峰の強打者。守備も及第点。
青柳 二or遊 7 6 チーム最強の内野守備を誇る。打撃も技巧派かつ俊足。
高浪 捕or内or外 内6、外6、捕6 6 どこでも守れる超ユーティリティープレイヤー。確実な打撃も。

捕手候補
選手名 適正 肩力 考察
高浪 6 6 捕安が起こるが、バランスの良い打撃が光る。
古川 7 7 セーフティーバントを許さないホームの番人。打撃は悪いので守備固めに。

内野手候補
選手名 適正 肩力 考察
市村 6 5 高い巧打になかなかの適正。
藤代 6 6 素晴らしい打撃。守備も良い。
大津 6 6 ミート打者派。守備も良い。
青柳 7 6 守備の神様。打率も高く、遊撃or二塁スタメンで。
花田 6 6 打率は高くないが、パワフルな打撃でランナーを返す。守備も良い。
中台 5 5 ミート打者派。守備は心配なので一塁へ。

外野手候補
選手名 適正 肩力 考察
生駒 6 6 チーム最強かつ俊足打者。守備も良い。
蛯名 6 7 数少ないホームランが打てる打者。守備も豪肩で進塁を阻む。中堅で。
立原 5 5 打率は低く、守備も少し足りない。パワーで補えるか。左翼で。
高浪 6 6 守備重視や固めで古川を捕手起用するときに。

具体的なスタメン例

  • スタンダード型
    捕:高浪or古川、一:中台、二:大津、三:藤代、遊:青柳、左:立原or高浪、中:蛯名、右:生駒

    スタンダードなオーダー。最低限打てる生駒、藤代、大津、中台の4人が相手を打ち崩す。

•打撃重視型
•守備力重視型

これ以前のコメントは、コメント/生え抜きシャークス
  • 人数的にもぴったりで三島を抜くと8以上の能力を持つ選手がいなくなる まさにポンコツチーム - 名無しさん 2016-06-02 15:36:49
  • http://img.atwikiimg.com/www51.atwiki.jp/kodamahosiki/attach/696/1620/haenuki2.png - 名無しさん 2016-07-17 05:30:59
  • 中台(5,7,5,5)で場外ホームラン打ててびびった。CPU弱い相手だけど。 - 名無しさん 2017-06-06 19:27:39
  • 戦闘打者バグやねえ - 名無しさん 2017-06-06 20:16:47
  • 古川(4,3,6,4)でも場外HR打てた。CPU強い相手。 - 名無しさん 2017-06-10 16:33:48
  • 対CPU強い@像に15-1で勝ったけど、相手投手をスタミナ切れにするしか勝ちパターンが作れない・・・ - 名無しさん 2017-06-12 01:04:31
  • 生え抜きvs生え抜きでやってて、3回表の相手の攻撃、1死2.3塁になったから中台を敬遠すると、古川の代打にヴェラスケスが出てきて負けた - 2塁は俺の物 2017-06-16 10:19:58
  • それは生え抜きなのか……? - 名無しさん (2018-11-18 10:04:50)
  • 生え抜き鮫VS強いCPU とかいう武者修行 - 名無しさん (2019-05-19 19:50:15)
  • 生え抜き+準スター(仁科、ゲイナー、三島)はよくやる - 名無しさん (2019-08-14 12:20:39)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。