CProgHowTos

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C/C++言語でのプログラミングについてのHOWTO/FAQ集。
対象とする開発環境はGNU GCC(Linux, Cygwin, MinGW)、Borland C、Microsoft Visual Studio 6.0/2005/2008 など。

目次


インラインアセンブリコードを記述する[GCC]

例えばx86系のCPU(IA-32アーキテクチャ)においてクロックのカウント値を得るには次のようにする.
unsigned int ch = 0;
unsinged int cl = 0;

__asm__ __volatile__ ("rdtsc" : "=a" (cl), "=d" (ch));


"rdtsc"はクロックカウント値をeaxレジスタにロードする命令("ReaD Time Stamp Counter").
'"=a" (cl)'は直前の命令の結果として得られたeaxレジスタの値を変数clに代入することを指示する.同様に'"=d" (ch)'はedxレジスタの値を変数chに代入することを支持する.この"=a"は大文字で"=A"と書くと意味が変わってしまうので注意("=A"だとeaxとedxを同時に読み出し,64 bit整数に代入することになる.IA-32において32bit整数を指定していた場合は暗黙のうちにedxの内容が捨てられ,eaxの内容が代入される).

参照:
  • GCC Online Documentation (info gcc), "5.36.4 Constraints for Particular Machines"
  • "Intel64 and IA-32 Architectures Software Developer’s Manual Volume 2B: Instruction Set Reference, N-Z"


記述したマクロが正しいか検証する[GCC]

次のようにして,ソースファイル(test.cとする)中のマクロを展開した段階の
ソースコードを出力して確認する.
gcc -E test.c > test_tmp.c
出力はファイルtest_tmp.cに書き込まれる.

アセンブリコードを出力する[GCC]

次のように-Sオプションを指定してgccを実行する.
gcc -S test.c
出力は新たなファイルtest.sに書き込まれる.


VC++用のDLLをCygwinで使う

前提: シンボルが除去(strip)されていないDLLもしくはそのためのインポートライブラリがあること。

VC++用のインポートライブラリをxxxx.libとすると、次の手順により、Cygwin用のインポートライブラリを作成できる。
echo EXPORTS > xxxx.def
nm xxxx.lib | sed -n -e"s/.* T _//p" >> xxxx.def
dlltool --kill-at --def xxxx.def --dllname xxxx.dll --output-lib libxxxx.a

オプション"--kill-at"が必要となるのはDLL中の関数が宣言されているヘッダファイルに,次のように__stdcallもしくはAPIENTRYが付いた関数宣言,
DllExport int __stdcall SomeDll_DoSomething();
or
DllExport int APIENTRY SomeDll_AnotherFunc();
がある場合である.

この"--kill-at"がない場合,DLLを使用するプログラムとインポートライブラリの静的リンクまでは行えるが,DLLとの動的リンクの際に失敗する(プログラムが起動中に異常終了し,エラーメッセージが出ないこともあるので注意が必要).

"kill at"の意味通り,DLLへの参照(関数名の末尾)の"@n"が消される(nは引数の合計サイズ[byte]).ただし,インポートライブラリ中の関数名(シンボル)の末尾には"@"があり,これは消される対象でない(したがってnmコマンドが出力するシンボルには"@n"が付いている).この"@n"表現はWindows/VC++の仕様上,必要なものである.

参考文献:

Qt Open Source Edition for C++/Windows 4.4.0をCygwinのGCCでリンクする[Cygwin]

Qtのインストール先のディレクトリをC:\Qt\として説明する.
(インストール先がこれと異なる場合は,適宜下記の説明中の該当部分を置き換えること)

1. Qtをインストールする.MinGWのインストール先についてのQtインストーラからの問い合わせ/警告は無視してよい
2. QtのツールがあるディレクトリへのパスC:\Qt\4.4.0\binを環境変数PATHに追加する

3. 次のファイル
C:\Qt\4.4.0\mkspecs\default\qmake.conf
の以下の行
QMAKE_MOC               = $ $[QT_INSTALL_BINS]$${DIR_SEPARATOR}moc.exe
QMAKE_UIC               = $ $[QT_INSTALL_BINS]$${DIR_SEPARATOR}uic.exe
QMAKE_IDC               = $ $[QT_INSTALL_BINS]$${DIR_SEPARATOR}idc.exe
を次のように変更する.
MYQTDIR = /cygdrive/c/Qt/4.4.0/bin
QMAKE_CXXFLAGS         += -mno-cygwin 
QMAKE_LFLAGS           += -mno-cygwin
QMAKE_MOC		= $$MYQTDIR/moc.exe
QMAKE_UIC		= $$MYQTDIR/uic.exe
QMAKE_IDC		= $$MYQTDIR/idc.exe

4. qmakeを直接使わず,以下に示す,スクリプトファイルを用いる.
これはqmakeが出力したMakefile中のパスの形式をMinGWの形式から,Cygwinの形式に変換するためのスクリプトである.
#!/usr/bin/bash
echo "calling qmake..."
qmake $* > /dev/null 2>&1 || echo "Error occured in qmake: Check your .pro file"

# unique name to avoid overwriting another file with the same name
TMPFILE="qmake_cyg_tmp_Makefile"

echo "converting Makefiles..."
for f in  Makefile*;do
  cat $f |sed -e"s/\(C\|c\):[\/\\]/\/cygdrive\/c\//g" > $TMPFILE; mv $TMPFILE $f; 
done
rm -f $TMPFILE



コンパイルができない[GCC][Cygwin][Linux]

エラーメッセージ中に"undefined reference to `xxxx'"とある場合

/cygdrive/c/DOCUME~1/Admin/LOCALS~1/Temp/cc668dxb.o:test.c:(.text+0x92): 
undefined reference to `_xxxx'
collect2: ld returned 1 exit status
これを解決するには、関数xxxxが定義されているファイル、またはライブラリをGCCに対して指定する。

ライブラリ名が不明の場合、次のコマンド行により検索する(シェルがBash、かつ関数名がxxxxとする)。
for f in /usr/lib/*.a; do nm  $f|grep "T .*xxxx" && echo Found in $f; done
典型的な結果は次のようになる。
00000310 T _xxxx
Found in /usr/lib/libyyyy.a
ここで"Found in "の右側が、関数xxxxを定義しているライブラリへのパスである。見つかったライブラリ名をlibyyyy.aとすると、GCCのコマンド行に指定すべきオプションは-lyyyyである:
gcc -o test test.c -lyyyy
最終更新:2008年12月16日 19:26
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。