報道記事 > カナダの移民関連報道

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


カナダで韓国人強制追放急増…1年間2倍増加(2009/04/23)

http://www.kukinews.com/news2/article/view.asp?page=1&gCode=soc&arcid=0921266377
カナダから強制追放される韓国人たちが最近急増した。
22日(現地時間)カナダ・トロント総領事館集計によれば今年1/4分期カナダから強制追放された韓国人は48人で、去年同期(20人)に比べて2倍以上増加した。
これは連邦国境サービス局(CBSA)の取り締まり活動が強化されたことによる結果と見えると領事館関係者は分析した。しかし入国拒否者はただ一人もいなかった。
同期間トロント総領事館管轄地域では計8人の国外逃避事犯が検挙された。この中4人はカナダで、4人は韓国で逮捕された。手配内訳は詐欺7件、自動車管理法1件などだ。
▲クッキーニュース(韓国語)2009/04/23 09:29
캐나다서 한국인 강제추방 급증…1년새 2배 증가

加政府トロント韓人母女追放決定(2009/04/25)

http://www.yonhapnews.co.kr/international/2009/04/25/0601190100AKR20090425000300009.HTML
カナダ連邦公安長官は難民の地位を失って追放命令を受けて待機中のトロントの韓人キム・スギュンさんとカナダ市民権者である娘のユジン(8)さんの追放が不可避だと明らかにした。この事件に注目して大きく報道している日刊トロント・スターはキムさん家族がトロントで生活できるように後援してきた地域社会の熱いキャンペーンにも関わらず、彼女らは25日夜に大韓航空便でピアソン国際空港を発たなければならないと24日伝えた。
 ピーター・ヴァンローン連邦公安長官は代弁人を通じて「法を執行することがカナダ国境サービス局(CBSA)の義務」として「誰かが不法にカナダに滞留しているという事実が法院や移民・難民委員会で確定されれば、CBSAはその決定を執行して彼らがカナダを去るようにしなければならない」と話した。
 ジェイスン・ケニー連邦移民長官室は「私たちに追放命令を止められる権限が無い」と話した。移民・難民保護法によって公安長官が人道的な見地で子供に最善の決定が下されるように介入できる裁量権があるだけだ。
 彼女たちを後援する韓人たちはCBSAがユジンさんの学期が終わるまで追放を延期できると、25日出国決定が下されたがその時まで関連長官室に電話をかけてイーメールを送るキャンペーンを休んではいない。
 一方キムさんは2000年訪問ビザで入国して翌年娘を生んで2004年に難民申請をしたが去る2月最終棄却決定が下されて不法滞留者収監施設に収容された。ドーバーコート公立学校2年生として在学中のユジンさんは23日最後の登校をした後、これまで留まった後援家庭を発って母親がいる収監施設に入って出国を待っている。
▲聯合ニュース(韓国語)2009/04/25 00:16
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。