※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ヌァダ(ヌァザ)Nuadha

 

ダーナ神族の王。神剣クラウ・ソラスを持つ。モイツラの戦いで失った片腕の代わりに、医術の神ディアン・ケヒトが銀で作った腕をつけたので、「銀の腕のヌァダ」と呼ばれる。後にディアン・ケヒトの息子ミァハに腕を完全に接合してもらい、完治する。

戦いの神として、ローマのマルスやユピテルと同一視される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終更新:2013年04月05日 02:27