※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ク・ホリン (クー・フーリン) Cu Chhlainn

 

アルスター神話の "赤枝の騎士団" の中の英雄。

現在アイルランドでも国民的英雄として人気がある。

太陽神ルーとデヒテラの息子。[Cu]とはゲール語で犬のことで、「ホリンの犬」の意味。

子供の頃はセタンタと呼ばれていた。

 

"ある日、セタンタが他の子供達と得意のハーリングをして遊んでいたら、アルスターのコノート王が通りかかった。

王はセタンタという子供のハーリングがとても上手な姿が気に入ったので、ご褒美として

これから行く途中だった、金持ちの鍛冶の名匠クーリン(クラン)の屋敷でおこなわれる宴に招待した。

まだゲームが終了していなかったため、セタンタは館の宴に後から行くことになり、王は先に屋敷へ行った。

さてその屋敷にはクーリン自慢の100匹分の犬の力を持ち、10人の戦士も打ち負かすという番犬がいた。

クーリンは招待客が全て来たと思いこみ、宴が始まると番犬を庭に放してしまった。

そのとき恐ろしい犬の咆哮が聞こえ、皆が子供が八つ裂きにされたかと思い庭へ行ってみると、番犬を柱に打ち付けて殺したセタンタの姿があった。

セタンタは大事なクーリンの番犬を殺してしまったことを謝り、

代わりの番犬がみつかるまで、自分がクーリンへ仕えると申し出たことから、「ク(犬)・ホリン」と呼ばれるようになった。"

 

 アイルランドでは、犬は勇気や美と関連して考えられていたため、現在でもクのつく名前は珍しくないそうだ。

 

関連項目

モリガン

エマー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

最終更新:2014年10月12日 11:11