※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 フィン   Fionn,Finn

 

正式名は、フィン・マク・クーワル。ヌァダの孫娘マーナ(ムィルナ)の息子。

フィアナ騎士団最強の指導者。

父親はバスク家のクーワル(空の意味)・マク・ビシューナクで、フィアナ騎士団の首領。

マーナは夫がモーナ家に殺されると、森に隠れてこっそりと子供を産み、ディムナと名付けた。

 

その後、老婆に預けられ、色白で美しかったのでフィン(美しい、白い)と呼ばれた。

ドルイドのフィネガス僧の弟子になり、彼が「決して食べてはいけない」と言いつけて焼かせた「知恵の鮭」の油が親指にはね、それを舐めたことから、あらゆる知恵を得た。

 

ターラに恐ろしい妖精アレーン・マク・ミーナが現れたとき、

父の従者が持っていた武器、臭いが強いどんな魔法でも眠らずにいられる魔の槍で退治し、

かつての父のフィアナの首領の地位を得て、フィアナ騎士団の最後にして最も偉大な指導者となった。

 

妖精サイヴと結婚し、息子にオシーンとファーガスがいる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最終更新:2014年10月13日 21:06