STEP4:選挙活動を応援する

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

執筆歓迎



まずは事務所に電話しましょう。
この時、氏名だけでなくて、年齢をはっきり名乗ること。

公職選挙法 第137条の2より
未成年者は選挙運動はできません。

未成年者の場合。



この場合、労務(=単純作業)に従事することとなります。
事務所内でのお茶出しやチラシの折込など。
チラシの折込は同人活動経験者などの場合
手際よくできますので
事務所スタッフや他のボランティアさんに驚かれることもあります。これはワロタ。

では

成年の場合。


事務所内編


事務所内での仕事で大きいのが
電話かけです。

見知らぬ人に電話を掛けることには
緊張するでしょうが
どの陣営でもマニュアルをつくっていますので
それに従ってやりましょう。

不安であれば最初の何本かはベテランスタッフの人にそばにいてもらうのもよいでしょう。

逆に事務所の外では。

事務所外編


候補者の乗る選挙カーに乗ることはあまりありません。
この車はボランティアではなく事務所スタッフが乗ることが多いです。
そのかわり車を止めて周辺でのチラシ配りなどに回ります。

イメージ


陣営によって事務所スタッフ、ボランティアに
候補者のイメージカラーのTシャツなどを貸出ししてくれるところもあります。
統一感の演出ですね。

サイズが合うTシャツを自前で用意したり
あるいは服装から着替えられない人などは
バンダナを腕や頭に巻くなどするのもよいです。
陣営の散らばり具合を候補者が確認しやすくなるのもありますし
有権者へのアピール
「〇〇候補はずいぶん動員が多い!」
意外に大きいのです。

ボード持ち


チラシ配りの他に
ボード持ちも重要な仕事です。
候補者の名前と顔写真が入ったものや
キャッチフレーズ「表現規制反対!」など
書かれたボードですが
これはできるだけ高く掲げること。
フィギュアスケートやコスプレ撮影などのように
見ている人にいかにアピールするかも重要です。

仕事柄姿勢が悪い方も多いのでしょうが
ラウンドガールのように
見栄え良くボードを掲げてください。

無理をしない


どの仕事も重要ですが
無理はしないようにしましょう。
一生懸命な動員は大事ですが
疲れのあまりダラけた動員にみえたとしたら逆効果です。
票を逃す。
陣営の人に心配をかけることにもなりますので
出来る範囲でやりましょう。

演説を聞こう


また
陣営でのお手伝いでなくて
演説を聞くだけでも票につながります。
目当ての候補者の演説を
一般聴衆としても聞いてください。
合間合間に拍手を入れるのも大事です。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。