※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

謝罪問題の詳細経過

2007年

2月21日 Kさんが法廷で証言
2〜3月 ファイトバックの会ML、ブログにKさんへの誹謗中傷投稿が続々と掲載

2008年

5月

Kさんより会に対して誹謗中傷投稿の指摘。
会員用のMLでは議論されたが、世話人会は対処を延期し続けた。

6月

5日 法廷後に拡大世話人会。副代表がKさんに面会するということに。(謝罪もせずに、目的不明瞭のまま面会というのは無理があることから、この案はその後つぶれた。)

7月

3日 世話人会 会としての謝罪決定。謝罪チーム設立
4日 副代表より、会のMLに謝罪についての疑義投稿
10日 事実誤認に基づく投稿が相次いだため、会のML承認制を一時的に導入
12日 ブログ、HPに謝罪文掲載、問題記事の削除
14日 代表による、世話人MLへの投稿(謝罪チーム反論)
17日 有志による世話人会予定。結局謝罪チームをのぞいては一人しか参加せず。
23日 世話人会開催予定が、代表が「議題がない」という理由で一方的に中止。
24日 Kさんに対して、世話人会有志/謝罪チームが(会としてではなく)個人として謝罪。
25日 エキサイトブログ契約解除を契約者YがMLで予告。「8月8日以降」に契約解除の予定と書く。
   世話人/謝罪チーム員の一名、24日世話人会中止に失望し、世話人を辞任
28日 ニュー世話人会ML作成(代表、副代表、原告、その他世話人など計11名)

8月

4日 謝罪チーム、I弁護士へ申し入れ。ニュー世話人会、会議開催。
9日 新ブログ、会員のSさん(新ブログ作成に関わる)のブログで広報。新ブログ上でも同様の広報。
11日 新ML規約開始、ML承認制の解除
14日 ニュー世話人会、会議開催
19日 世話人会開催。謝罪チーム、ニュー世話人会MLについて追求。会としての謝罪、ニュースへの謝罪掲載決定。ニュー世話人会ML削除される。
26日 Kさんへの会としての謝罪文の送付をあきらめる。(対応がおそすぎ、混乱しすぎたため)
28日 会員用MLに、謝罪チームからの謝罪の経過報告メールを流す。 
     これ以降、会員数名から、Kさんや謝罪チーム、謝罪関連エントリを書いたブロガーへの中傷投稿が相次ぐ。
     代表、副代表、原告、謝罪チーム以外の世話人たちは投稿しないままスルー。
30日 ブログ閉鎖お知らせメールを、MLに流す。ブログ閉鎖挨拶掲載。
31日 ブログ閉鎖

9月

1日 ブログで会の謝罪問題についてのエントリ掲載開始 minx ふぇみにすとの論考
3日 謝罪チーム員によるブログ「ファイトバックの会を考える」立ち上がる。
6日 謝罪チームの世話人4名が世話人辞任、退会
9日 世話人1名が世話人辞任、退会
13日 世話人1名が世話人辞任
18日 法廷後の交流会にて謝罪問題への会の対応に関する質問がでる。その後の拡大世話人会でも話し合い。
   代表が「7月3日の決定はプロセスに問題があった」発言。
23日 会のHP更新。ブログについて、「工事中です。しばらくお待ちください」との記載がなされる。
30日 会のMLにおいて、謝罪チームや会をやめた元謝罪チームのメンバーに対して、ブログなどでの検証活動をやめるようにという「お願い」メールが代表から流された。会をやめた元謝罪チームメンバーは、当然ながらMLも抜けているのだが、それにもかかわらずMLに流された。

10月

1日 会のHP更新。やめた世話人のオリジナルデザイン、ロゴが一部はずれ(現段階ですべては外されていない)、新しいデザインに。同時に、トップページからの、会のKさんへの謝罪文へのリンクが削除された。

10日 謝罪チーム(会をやめた元メンバーも含む)から、ニュー世話人会MLに関する(言い訳ではない)説明および謝罪を求める文書を会に対して送付。一ヶ月以内の回答を要求した。

26日 会の旧ブログURLと同じURLが、別のエキサイトIDで確保された。
http://fightback.exblog.jp
ブログの題名が「バックラッシュ」となっていることから、会関係者がこのスペースをとった可能性は高い。
世話人会で決定された、ブログを再開する前に行うべき旧ブログの詳細な検証作業は、いまだになされていないままである。

11月

10日 10月10日に出した、ニュー世話人会MLに関する説明および謝罪を求める文書を会に対しての返答が2週間遅れるというメールが届く
11日 意味不明な箇所があったため、14日を締め切りとして返答を依頼した。
14日 11日に出したメールの返答も、24日にするというメールが届く。
15日 14日のメールに対し、11日のこちらの質問には16日までに返事をしていただくよう返答。
16日 会のニュースレター掲載の謝罪文の内容が、HPやブログ掲載のものに変更が加えられ、弱体化していることが発覚。「桂さんに対する事実誤認にもとづいた不適切な表現」という表現から、「桂さんの心情を傷つける不適切な表現」に変更が加えられていた。
17日 会から代表名、副代表名名義で、謝罪チームからの謝罪要求書に関して、謝罪するつもりはないという内容のメールが届いた。
ニュー世話人会MLはブログ引越連絡MLだという主張を続けているので、ニュー世話人会ML全文を当サイトにアップした。
17日 ニューニュー世話人会MLであると思われる、purple-women-MLについて元謝罪チーム員のブログで問題化したところ、18日にはそのMLが削除された。
24日 会員用MLからメルマガへの移行案内が、会から会員に届いたという報告
があった。会員用MLの管理人も知らない間に行われた措置。
29日 謝罪要求書への返信に対する返事を提出。

12月

16日 会の三代目ブログが開設された。世話人会の決定だった、過去のブログの検証作業などがされた形跡はない。
20日 謝罪チームからニュ世話人会MLメンバーへの再度の謝罪要求書への返答の締め切り日だったが、返事はなかった。

2009年6月

?日 「ネット上の当会に対する誹謗中傷について」という文書がファイトバックの会HPに掲載される。(なぜか文書内の日付は5月3日となっているが、掲載されたのは6月だと思われる。)同時に、HP掲載のお詫び文も修正された。

7月

4日 「ネット上での当会に対する誹謗中傷について」文書に対する元・現謝罪チームの反論の概要詳細文書を、当まとめサイトに掲載。

2011年7月

22日 「フェミニズムとインターネット問題を考える」サイト開設。ファイトバックの会が起こしたネットおよびニュースレター等の誹謗中傷事件に関する検証サイト。裁判支援運動やフェミニズムの運動のあり方についても考察。

2012年7月

4日 「フェミニズムとインターネット問題を考える」研究会一同として、ファイトバックの会ブログの再公開の中止の要請文をブログ管理者宛に送信。同研究会サイトに要請文を掲載。



最終更新:2012年07月05日 02:51