用語集 ――ら行――






ラジコン

 ラジオコントロールカー。
 中日ドラゴンズの山本昌にとって投手は副業であり、本業はラジコン使いであることを知る人は少ない。
 コーラに付いてるラジコンのコストバリューの高さは異常

リーメント

 「ぷちサンプルシリーズ」を中心にミニチュアグッズを発売している会社。一応「食玩(おもちゃ付きおかし)」であることを謳ってはいるが、どちらかといえば「申し訳程度にお菓子が付属した玩具」といった方が正しい。
 食べ物や文房具のミニチュアは勿論、冷蔵庫から家まで発売している。因みにかなりの神姫サイズである。

力石

 リキッドストーンの略。
 リキッドストーン→リキ・ストーン→力石

リペ

 リペイント(再彩色・再塗装)の略。
 フィギュアの色を変えたり顔をいじった時等に使われる。技術さえ磨けば武士子さんでも素敵なお顔に出来るはずです。


リペイント商法

 発売済みのフィギュアの一部分(髪、目、服、パンツ等)をリペイントして後からまた発売すること。主にイベント等で限定販売されるフィギュアに多い。新作ネタがないときの苦し紛れの策、もしくはヒットしたフィギュアをさらに拡販するための策と思われる。
 カラバリ商法と混同されやすいが、カラバリ商法は発表時に何色かカラーバリエーションを用意してユーザーの収集欲を煽るのに対し、このリペイント商法はそのフィギュアの発売後に突発的に行われるという違いがある。アトリエ彩のフィギュア全般は発表時に3~4色用意されているためカラバリ商法であり、このリペイント商法とは違うので注意。
 主なリペイント商法の例としては、海洋堂の「ヒメクリ イメージガール」シリーズ、アトリエ彩がWF2007夏で販売予定の「長門有希 生足ピンクバニー」があげられる。海洋堂の「ヒメクリ」はまず黒版が発売され、その後白版、クリスマスカラー版とリペイントされ発売された。-2005年12月 ヒメクリ 黒版
 このように、再生産されるたびに色を変えているためリペイント商法といわれる。
 アトリエ彩の「長門有希」は、カラバリ商法としてまず白バニー、黒バニー、赤バニーの3色がほぼ同時に発表され、その後イベント限定で生足ピンクバニーが発表された。



リボルテック

 海洋堂製作、オーガニック発売のアクションフィギュアシリーズや、その商品。
新たに考案した「リボルバージョイント」によって様々なポーズが取れることが特徴。
 「山口式」でお馴染み、海洋堂の人気原型師・山口勝久によるフィギュアからシリーズ展開がスタート。元々山口式とは、可動によるポージングを徹底して計算した関節「モノシャフトドライブ」により、「気をつけ」の姿勢は取れないかもしれないが、通常の可動フィギュアでは到底取ることの出来ない大胆なポーズを取れることが特徴であり、リボルテックではその「モノシャフトドライブ」と「リボルバージョイント」の組み合わせにより、更に可動範囲を広げた。左右の可動箇所や動く方向が違うのは当たり前であり、決して欠陥品ではない。
 豊富なラインナップやお手頃な価格、上述の大胆な可動により人気を博していて、毎月新製品がリリースされる。リボルテックはメカものが多いが、「ブラックラグーン」のレヴィや、「デビルメイクライ」のダンテなどの人物もの、「どこでもいっしょ」のトロなどのキャラクターものもいくつか存在する。2007年5月より「リボルテックセカンドジェネレーション」と題打って、山口原型のシリーズを「リボルテックヤマグチ」とし、更に新ファミリーシリーズが登場。新ファミリーでは、榎木ともひでの原型による「Fate / Stay night」のセイバーや、セイバーオルタが発売され、「よつばと!」のよつばも発売。2008年1月1日よりラインナップに女性キャラを据えた「フロイライン・リボルテック」が新シリーズとしてスタート。
 ウナゲリオン、キングゲイナーは永遠のアイドルである。

 稀に「フレンドショップ限定」商品が発売され、海洋堂とフレンドショップ契約をしたショップのみでリリースされる商品を指す。他のリボルテックとは違って基本的には再生産は無いが、5月15日発売のエヴァンゲリオン量産機 武器ver、6月15日発売のクロは発売と同時に瞬く間に完売したため、2度にわたる再生産が行われた。
海洋堂曰く「即日完売はリボルテックの基本理念に反する。」

 リボルテックシリーズで発売された商品をリボ〇〇(「リボ初号機」「リボ阿部高和」など)と呼ぶ場合もある。


るーこ

 ToHeart2のヒロイン。1/8スケールだけでブキヤ、グッスマ、今夏にはウェーブからと造形化に恵まれている。
うーも買え。


ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール

 胸がゼロ、魔法の才能もゼロのツンデレ。二期開始に伴い、更なるフィギュア化が期待されている。彼女の前でお乳が好きと言ってはいけない。もっと罵ってください。
 魅惑のビスチェフィギュアに期待が寄せられている。
アルター版
コトブキヤ版


レイジングスター・エクセリオン

女の可動フィギュアを馬鹿にした友人のケツにぶちこむために使用するデバイス。
SLB(スペルマライトブレイカー)を放つことができる。
レイジングハートとの関連は不明。

連合

 基本的に、グッドスマイルカンパニーマックスファクトリーアルターの3社のこと。
3社共クオリティの高いフィギュアが多く、発売を全てグッドスマイルカンパニーが担当していることから由来し、商品の初期不良などのサポートも全てグッドスマイルカンパニーが行う。グッドスマイルカンパニーとマックスファクトリーは、ワンダーフェスティバルでも合同ブースを出展している。
 アルターは5月より脱退、独自営業することを発表。グッスマによるアルター製品の取り扱いは8月発売予定の「ローゼンメイデン」真紅が最後となり、従来の取り扱い商品のサポートも9月末日までとなっている。

浪人生

スレにそこそこいる模様
浪人中にこの趣味とは将来が心配されるd