日本の麻生総理はマスコミの犠牲となりつつある マレーシアの新聞より

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

麻生首相はメディアの攻撃の犠牲者となった

 2009年2月20日 マレーシア ストレーツ・タイムズ Kwan Weng Kin

 日本の総理大臣、麻生太郎氏は、漢字を正しく読めない、ただのマンガ愛好
家なのだろうか。それとも英語を話すことができ、経済の知識がある数少ない
政治家の一人なのだろうか。もし、多くの日本人が、麻生氏についての知識を
すべてテレビから得ているとしたら、自分たちの総理大臣をかなり低く評価し
ていることだろう。

 麻生首相は明らかに、4つある日本の民放TVネットワークの犠牲になってい
る。これらの民放は政治の話題を、何か別な形態の番組と区別せずに扱ってい
るように見える。つまりテーマが面白おかしくなければならないような種類の
番組と、そうではない番組ということである。
 日本にある唯一の公共放送であるNHKは注目すべき例外である。NHKの
政治ニュースはいつも、時には退屈なほど注意深く客観的に報じられる。

しかし、4つの民放にとっては、麻生首相のマンガ依存症を攻撃することか
ら始まり、5つ星ホテルの会員制バーで息抜きをする日課をあざ笑うことまで、
すべてが格好の攻撃対象である。
 このようなレポートは、単調になりがちな政治ニュースを盛り上げるために
添え物として時々報じられる分には、多分それほどの害はない。
 しかし、一人の政治家を過小評価することを目論んで、一日中際限なく、早
朝5時半から深夜かなり遅くまで終わることなくこのようなレポートをニュー
スショーで取り上げたとしたら、政治家は破滅させられる。

 人気のあるニュースショーの司会者たちが、報道のプロではないという点も
注目される。
 ニュースショーである「報道ステーション」の司会者である古舘伊知郎氏は
プロレスの実況アナとしてキャリアを積んできた。彼は今日の政治の話題に関
して論じる際、頻繁に無知を露呈する。
 また、3時間にわたる朝のニュースショーの司会である、みのもんた氏は、
一週間に22時間15分もテレビ番組の司会(多くは生放送である)をしており、
そのギネス記録を保持している。だが、そのほとんどはバラエティ番組だ。

 みの氏や、似たような他局の司会者たちは、自分たちも嫌味な論評や思い付
きの批判をするし、スタジオのゲストがそうするように仕向けることにも忙し
いのだ。
 しかし、意見のバランスという観点からは、司会者もしくはゲストの誰かが
ショーの中で同時に、麻生氏を支持する立場の用意されたコメントを、うやう
やしくもサッサと片付けるというのが普通だろう。
 しかしそうではなく、すべての民放ネットワークを通じてテレビのスクリー
ンから見えるのは、首相に対して同時に行われる集中攻撃だ。
日本経済を救うための麻生首相の景気刺激策も歪曲して報道され、今まで、
表面的な少しのことしかしていないように見せている。

麻生首相がまとめた政策は、A4サイズの用紙1枚に列挙できないくらいに
数が多く、時間の限られた多くのテレビ番組の中では詳細を議論することさえ
もできない。
 そこで、民放ネットワークはそれらの中から、たったひとつの政策に焦点を
合わせた。全ての国民に合計2兆円を現金で給付するという、議論を招く法案
である。

 民放は野党の意見に立って、概して、これは来るべき総選挙に勝利するため
の選挙対策のバラマキとして立案されたものであると説明してきている。
 民放はまた、給付金は所得税の還付に到底及ばないと言っているが、それは
何百万人もの低所得者、年金生活者はそのような税金を払ってはいないという
事実を都合よく無視している。そのような層にとっては、一人当たり1万2千
円の給付金はまさに天の恵みであるのだが。

 また最近は、麻生首相にとって具合の悪いニュースが伝えられた直後に、民
放ネットワークが急いで世論調査を行うという、憂慮すべき傾向がある。
 最近の調査対象には、小泉純一郎元首相が先週、麻生首相への非難を公言し
た郵政民営化に関すること、および今週、中川昭一財務大臣の国際記者会見で
の見苦しいふるまいが含まれている。このような状況下では、調査対象となっ
た人々は悪いニュースばかりを思い出しやすいため、麻生首相の人気が上がる
ことはほとんど期待できない。下がるばかりだ。

民放ネットワークに秘密の協定などなく、すべての偏向報道が純粋に視聴率
アップを目論むテレビ制作者の身勝手な行為の結果だと考えるのは、もちろん
純朴に過ぎる。
 実際のところ、民放キー局は日刊の全国紙を持つメディア会社が所有してい
る。その政治的な視点は右から左まで実にさまざまである。
 つまり、民放ネットワークの政治的視点は、それぞれのオーナーや編集者の
政治的なイデオロギーを反映している。

 時には、小泉政権の時のように、民放ネットワークはニュースショーですべ
ての批判を実質的に禁止することによって、首相のための応援団になることも
できるだろう。

 だが麻生政権に関しては、民放ネットワークは「疑わしきは罰せず」の原理
を首相には与えるつもりはなく、あらゆる機会を使って首相批判を続ける反麻
生の野党と手を携えているように見える。
 ここのところ放送されている反麻生のうねりの陰には、政治的野心を持つメ
ディアの権力者と、舞台裏で糸を引く勢力が存在すると信じる理由があるのだ。

 しかし、政治家を風刺する時でさえ、日本のニュースネットワークは礼儀正
しいレベルを保つことができる。
 隣接する台湾や韓国の勝手なメディアではそうではない。そこでは事態はよ
り乱暴になるだろう。
 たとえば、台湾で人気がある「パーティ」という政治風刺テレビ番組では、
台湾の馬英九総統はその生真面目で清廉なイメージのために手加減して扱われ
るが、失脚した陳水扁元総統のこととなると、笑わせるために遠慮なく言い囃
される。

 日本では、麻生首相に関して偏向報道を行うメディアに対して、多くのブロ
ガーが非難の声を上げている。彼らは、メディアが野党の弱点に対して沈黙を
守っている一方で、首相が力量を示す点については軽んじていると述べている。

 昨年12月の産経新聞の記事で、アメリカ人エコノミストのリチャード・クー
氏が、国家の経済における問題を理解し、その政策が外国の指導者によって研
究されている数少ない日本の総理大臣であるとして麻生首相を支持していた。
 野村総研に勤めるクー氏は、従って、日本のメディアが漢字を読み違えるよ
うな些細な欠点に関して麻生首相を抹殺しようとしているのは「全くの狂気」
であると言う。

 厳しさが増す状況だが、麻生首相にとって明るい兆しになりそうなニュース
もある。昨日発表された調査では、今年の総選挙に向けて、麻生首相は自民党
のほとんどの党支部の支持を取り付けたということだ。

 朝日新聞の調査によれば、47の自民党県連のうち30は麻生首相の支持を表明
している。いくつかは嫌々ながらの支持であると報じられてはいるが。
 2001年に世論の支持を失った森喜朗元首相を失脚させるのに、地方組織がそ
の手段となったことを思い起こすことには意味があるだろう。



原文は
FEB 20 — Is Japanese Prime Minister Taro Aso just a manga-loving politician who cannot read Chinese characters correctly, or is he one of the few Japanese leaders who speak English and know their economics? If all that most Japanese know about Aso comes only from television, they would probably have a pretty low opinion of their Prime Minister.

For Aso is clearly a victim of Japan's four privately owned television networks, which seem to treat politics no differently from any other form of programming — namely, the subject must be entertaining, or else.

Japan's sole public broadcaster NHK is the notable exception, its political reports always painstakingly objective to the point of being dreary at times.

But for the four private networks, everything is fair game, from knocking Aso's manga addiction to mocking his daily habit of winding down at members-only bars in five-star hotels.

Such reports, if dished up in small portions now and again to liven up otherwise humdrum political news, probably do little harm.

But they can ruin a politician if they are aimed at belittling him and shown umpteen times throughout the day on news shows that begin as early as 5.30am, with the last of them not ending until well past midnight.

It is telling that the presenters of the more popular of these shows are not news professionals.

Ichiro Furudachi, who hosts the nightly Hodo Station news show, made his mark as a sportscaster for professional wrestling events and is frequently out of his depth when discussing the day's political issues.

Meanwhile, Monta Mino, who presents a three-hour morning news show, holds the Guinness World Record for being the TV host with the most hours of live TV appearances in a week — 22 hours, 15 seconds — most of them on variety programmes.

And when Mino and his counterparts at other networks are not making snide remarks or taking potshots at Aso, they are busy coaxing their studio guests to do so.

For the sake of balanced opinion, however, the anchor, or one of his guests, will at some point in the show dutifully rattle off prepared comments in support of Aso.

But otherwise, what often comes over on the TV screen is a concentrated attack on the Prime Minister that takes place simultaneously across all the networks.

Skewed reporting of Aso's stimulus measures to save the Japanese economy has also made him appear to have done little on that front so far.

The measures he compiled are too numerous to be listed on a single A4-sized sheet, let alone discussed in any detail within the limited time of most TV shows.

So the networks have latched on to just one of those measures — his controversial proposal to give a total of 2 trillion yen (RM78 billion) in cash to all residents.

Siding with the opposition, the networks have generally portrayed the handouts as pork-barrel politics designed to win votes ahead of a general election.

They also said the handouts were really no more than a rebate on income tax, conveniently ignoring the fact that for millions of low-wage earners and pensioners who do not pay such taxes, the 12,000-yen gift per person is really money from heaven.

There has also been a disturbing tendency of late by the networks to rush to conduct opinion polls straight after the breaking of news unfavourable to Aso.

Issues include last week's public tirade by ex-premier Junichiro Koizumi against Aso over postal reforms and this week's resignation of Finance Minister Shoichi Nakagawa over his unbecoming behaviour at an international press conference recently. As people who are surveyed under such circumstances are apt to remember only the bad news, one can hardly expect Aso's popularity to go up — only down.

It would of course be naive to assume that the networks have no hidden agendas and that all the slanted reporting is purely the result of television producers' desperation to drive up viewer ratings.

In fact, the key private networks are owned by media companies that have their own national daily paper, and whose political views range from the right, all the way to the left.

The policies of the networks therefore reflect the political ideology of their respective owners and editors.

At times, as was the case during the Koizumi administration, the networks can be cheerleaders for the prime minister to the point of virtually banning all criticism from their shows.

But with Aso, the networks seem unwilling to give him the benefit of the doubt and have joined hands with the anti-Aso opposition in denouncing the Prime Minister at every opportunity.

There is reason to believe that some politically ambitious media moguls and backroom political operators may also be behind the recent surge in anti-Aso reports on the air.

But even when lampooning their politicians, Japanese networks are able to maintain a level of polite decorum.

Not so in the freewheeling media of neighbouring Taiwan or South Korea, where things can get pretty rough.

For instance, although the popular political satire TV show in Taiwan called Party goes easy on Taiwanese President Ma Ying-jeou due to his staid, squeaky- clean image, it is no-holds-barred exploitation for laughs when it comes to disgraced ex-president Chen Shui-bian.

In Japan, many bloggers have blasted their media for biased reporting against Aso, saying they have played down his strong points while keeping mum about the opposition's weaknesses.

In a piece for the Sankei Shimbun last December, American economist Richard Koo held up Aso as one of the few Japanese prime ministers who understand the problems in the country's economy and whose policies he says are being studied by foreign leaders.

It is therefore “sheer madness” for the Japanese media to want to destroy Aso over such trivial failings as mispronouncing a Chinese character, said Koo, who works for the Nomura Research Institute.

But amid his deepening woes, there appears to be a bright spot for Aso: A survey published yesterday shows that he has the backing of most local chapters of his Liberal Democratic Party to lead it into a general election this year.

According to the poll in the Asahi Shimbun daily, 30 of 47 LDP chapters have pledged support for Aso, although some confessed to doing so reluctantly.

It bears remembering that local party chapters were instrumental in toppling then-Prime Minister Yoshiro Mori in 2001 when public support for him fell. — The Straits Times




平成21年5月14日 管理者投稿





協賛SNSも宜しく

最終更新:2009年05月15日 01:12
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル