John Fruscianteについて

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

John Fruscianteについて



略歴

1971年3月5日ニューヨークで生まれる。両親はともにミュージシャンで、母のゲイルはRed Hot Chili Peppersのアルバム、Blood Sugar Sex Magikの"Under The Bridge"で歌声を披露している。

15歳のときにロサンゼルスで観たRed Hot Chili Peppersのライブに魅了され、熱狂的なファンとなる。1989年、オーバードースにより死去したギタリスト、Hillel Slovakに代わってRed Hot Chili Peppersに加入。Mother's MilkBlood Sugar Sex Magikなどの作品に参加している。

1992年の来日公演中に電撃脱退。2年以上薬物中毒とうつに苦しむ。

1999年、再びメンバーに声をかけられ薬物中毒を克服し、Red Hot Chili Peppersに復帰。CalifornicationBy The WayStadium Arcadiumなどの作品に参加する。

2009年12月16日、自身のオフィシャルサイトでRed Hot Chili Peppersからの2度目の脱退を表明。2012年現在はソロとして活動している。

人物


プレイスタイル

Red Hot Chili Peppers加入初期
前任のギタリスト、Hillel Slovakを意識したようなテクニカルなプレイが特徴。

Blood Sugar Sex Magik
歪みとワウを中心にしたシンプルなエフェクターで前作とは違ったオリジナリティのあるプレイを披露している。

Californication
2年以上ギターを弾いていなかったブランクからか、以前のようなテクニカルなプレイは鳴りを潜める。かわりに"枯れたギター"と表現される泣きのプレイで評価される。

By the WayStadium Arcadium
Blood Sugar Sex Magikの頃とは打って変わり、様々なエフェクターを利用している。

Red Hot Chili Peppers脱退以降
打ち込みと中心とした作品作りを行っている。


コメント
名前:
コメント:
最終更新:2012年10月08日 22:40
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。