イベント172『種族を分ける』まとめ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○どうして種族アイドレスを作るのか?


簡単にまとめると
1.幽霊国民対策などの強化がされたので、そのフォロー
2.犬士/猫士の強化
3.一部の国の爆発対策と、世界崩壊対策

の3点になります。


1.幽霊国民対策などの強化がされたので、そのフォロー

幽霊国民対策の強化で出撃出来る方が減り、特に編成担当の方は四苦八苦されておられることと思います。
そのフォローのために根源力を持った種族が出撃できるように、このイベントが作成されました。

2.犬士/猫士の強化

現在、犬士さん、猫士さんには根源力がありません。
そのため、根源力制限のある職業が着られなかったり、根源力10万以下だと見ただけで死んじゃう。
という敵が出てきたときに出撃も出来ないなど、非常に残念な事態になっています。
これをなんとかしようというのも目的の一つです。

3.一部の国の爆発対策と、世界崩壊対策

そんなつもりはないのにいつの間にか設定が悲惨な方向へ転がっていって、藩国がひどいことになってしまった。
そんないわゆる〝爆発〟と呼ばれる原因の一つに、人でない種族が人アイドレスを着ていることが原因であることがわかりました。
一部の国の中には人でない種族が誕生されているところが有りますが、人の形質を外れると〝爆発〟するというもので
例えば、馬の種族の方が人アイドレスを着ている場合、世界は「これは人アイドレスを着る馬だ。人を狩って毛皮を着る馬だ」という恐ろしい解釈をして世界に反映します。
このような恐ろしい解釈がどんどん広がっていって〝爆発〟してしまうのです。
なのでこんなことのないように、人と人でない種族をきれいに切り分ける必要があります。
T18では爆発率5倍。という数値が予言されていますので、かなり重要な目的と言っていいでしょう。

そしてもう一つが、世界の崩壊対策です。
世界が崩壊するパターンでもっとも多いのは技術指標TL5.0+ すなわちTLO(テックレベルオーバー)です。
簡単に言うと技術が進みすぎて世界が滅びてしまう。というパターンで、これを回避するためには
技術管理を厳密にしないといけません。
ところが、人でない種族の方は人ではありませんから、人用の政策を出しても人とは別の考え方をして行動してしまうことがあります。
このためまず種族アイドレスを作成して、どのような考え方をする種族なのか。と技術管理の前に種族管理が必要となるのです。


○種族アイドレス作成あれこれ

1.種族アイドレスは1国につき2つまで
2.種族アイドレスだけ作れば大丈夫
3.犬士/猫士の形

1.種族アイドレスは1国につき2つまで

犬士/猫士が一つしかいらない場合。 これに加えて、1個 上位の上の人アイドレス作成ができます。
それ以外の藩国さんは新興種族と犬士、猫士併せて 2種まで作成することができます。
国内に2種以上の新興種族さんがいらしても1種類しか種族アイドレスが作れませんので「可能な限り、数が少なくて安全そうなのを放置すること」が推奨されています。
いままでに、藩国で新興種族の兆候がなければまず放置しても害はないだろうと言われています。

2.種族アイドレスだけ作れば大丈夫

普通の人アイドレスや職業アイドレスのように〝猫士+パイロット+名パイロット〟みたいに職業ごと、まるっと作成する必要はありません。
種族アイドレスや上位の上の人アイドレスを1個づつ作ればOKです。
12枠の人アイドレス部分を入れ替えた猫士・犬士用のアイドレス枠12枠が出来ます。
同じく、上位の上の人アイドレスや種族アイドレスも12枠を置き換えて12枠出来るため、着用アイドレスは計36枠になります。
もちろん、設定上おかしな部分があると〝爆発〟してしまうため、上位の上の人アイドレス作成時に今まであるアイドレスよりわざと弱くしたりするのはやめましょう。
(弱点があるや制限があるのはOKです)
また、職業12枠に当てはめていくうちに「犬士+猫の神様」など、あきらかにおかしくなる場合はその職業を抜くことを登録時にお願いしましょう。
逆に人アイドレス12枠から、人の形質から外れている職業を登録解除することも可能なようです。

3.犬士/猫士の形

「うちの犬士/猫士は人型と動物型の2つがあるけど、2枠使って人型と動物型に分けないとだめなの?」
とお悩みの貴方。そんなことはありません。
変化の術を使っていることにすればTLOにはなりません。
また、柴犬やサモエド、マンチカンやアメリカンショートヘアなど複数の犬/猫の種族をまとめたい場合、雑種、あるいは(国名)犬/猫にすると無用な混乱は起きないようです。
なお、猫士に関してですが、職業を自然にこなせる程度に(マシンマイスターとかができるくらい)言葉を話せたり、二足歩行したり、手先が器用だったりなどの、いわゆる今までの猫士的な設定は問題ない。との回答がなされています。

4.困った時は1度質疑を参照しよう

最後に。
簡単なまとめなので、まだまだ漏れや不足もあるかと思いますが、困った時はひとまず質疑を検索して見ましょう。
すでに大量の質疑の回答が返って来ており、質疑のまとめを作られている方もおられます。
近くの方に相談してみるだけでも解決までの道のりは、きっとずっと早くなるはずです。

それでは、よい星の巡りがありますように。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。