15 Time's Up (Remix)

てめえはミネラルとビタミンが足りねえんだ 鉄分とナイアシンもな
気に触っただろ ラッパー達は座って聴いてな 俺の出番だ
てめえのホザくでたらめにはうんざりだ どうせできもしねえくせに
俺は試される運命なのかもな 逮捕歴はねえ
俺のアルバムにあるのは全て俺自身が見たことや聞いたこと
直接聞かされた話だ 噂話じゃねえ
改革者にはどんな未来が待ってるんだろうな?
ラッパーたちは身の危険を感じてる ウィットだけで生き残ろうとしても無理だぜ
ミサイルの照準が定められたら お前は射程圏外に吹き飛ばされる
五体満足でいられるやつもいるが そうはいかない奴もいる
無駄口叩いてるバカどもは 殺害本能で感知する
そういう奴に限ってうろたえる 己に能力がないことはよく分かってるからな
この分野に関しては相当な目利きだ てめえの頭なんて4WDで叩き割ってやる
いい加減気づけよバカ 俺はノアのように現れ
いつだってお前を蹴落とす お前の言うイメージとやらは
上辺だけの見かけ倒し 俺にとっては些細な小競り合いだ
俺は石になった気分だぜ 腕っ節が強いとかキャップを斜めに被ってるからじゃねえ
俺が感情を込めるほどに より激しくロックする
詩人を気取ってる奴ら 俺には本当におまえらがそうだとは思えねえな

”奴らは先が長くない、ハードロックもな”  *繰り返し

訳の分からねえことほざきやがって 実体験だって言うがそんな体験ねえくせに
真似だって白状しろよ プラチナム獲得した奴が羨ましかったんだろ
皮肉なもんだな だから俺は研究と分析を重ねた
大抵の奴は妄想を歌にしてるだけだ
下らない話はもう勘弁してくれ ウィードと汚いカネのことばかり
放たれた銃 裏返されないままのレコード
そんな聞き飽きた話は 糞と一緒にケツから出しちまいな
直に会ってもそんなこと言わねえくせに
だったらなぜそんなことをする? 何の為に嘘をつく?
お前がどこに住んでるか知ってるぜ お前の仲間も知ってる
ガキの頃は冴えない奴だったくせに お前の演じてる人格は
ハイスクールの演劇の授業で演じたやつだろ
お前のオーラなんかアクリルガラスみたいなもんだ
女に聞いたぜ 先週公園で野郎を撃ったって話
嘘じゃねえか その頃お前はママと一緒に教会にいたんだろ
分かってんだよ その辺でやめときな 正直になれよ
金のためだけにラップするやつにはそれが足りねえ
そりゃ家賃も払わなきゃならない だから金も必要だけどな でもよ
俺なら一文無しでもリスペクトされる方を選ぶぜ
それが基本だろ 俺が一番興奮できるのは
ドープな一節を口から吐き出した瞬間 誰かがこれを引用するかもな
それが俺の考えるリアルってもんだ この分野の音楽ではな
あいつらは脳細胞を使うどころか破壊してる
コンセプトもない 取り立ててパッとしない
みんな犯罪かセックス絡みの話ばかり
俺はそれに変化をもたらすために現れた どうせ職もねえしな
罠にはかからないぜ ラッパーどもはちょっと落ち着けよ
詩人を気取ってる奴ら おれは本当におまえらがそうだとは思えねえな

”奴らは先が長くない、ハードロックもな”  *繰り返し
最終更新:2008年09月08日 15:44
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。