作業場

説明書

最終更新:

gameyo

---,--- view
管理者のみ編集可

大部品一覧


説明書

お好みのアクセサリーを制作する大部品を用意しました。
大部品の組み合わせにお好みの部品を加える事で
オリジナルのアクセサリーが作成できます。

デザインや使用する石、込めたい思いはオリジナルの部品として作成してください。
部品についてはお気軽にご相談ください。
作成者:くま@鍋の国 ツイッター @omison5

素材を選ぶ


プラチナ

希少性が高く純粋な白い輝きが半永久的に続きます。
高級ジュエリーや結婚指輪によく使用されます。

ゴールド

華やかな金色の輝き。割金の割合でピンクゴールドやイエローゴールドにできます。
大部品では割金の割合を特定していませんので、お好みの色をデザインで指定してください。

左がもっとも白く、中央が金色、右がもっとも赤くなります
ホワイトゴールド・グリーンゴールド・イエローゴールド・ピンクゴールド・レッドゴールド

シルバー

経年による表面の硫化がありますが、それが味わいにもなります。
メンズジュエリーにもお勧め。
表面仕上げの変更で燻し仕上げができます。


技法を選ぶ


鍛造

強度がでる為特に日常着けるアクセサリーに向いた技法です。
しかし、複雑な形状やパーツを組み合わせる構造のものはできません。

錺(かざり)

複雑なデザインを作るのに向いている技法です。
複数のパーツを組み合わせて作る事ができます。
鍛造で出来ないアクセサリーはこの技法で可能です。



加工を追加する


彫金

表面に彫り物をしたい場合に選択します。
例として指輪の表面に植物模様を彫る、ミル打ちを入れるなどです。


石留め

石を入れたい場合に選択します。
留め方にこだわりがある場合は作成するデザイン部品で指定してください。


表面仕上げを変更する

表面は通常ピカピカの光沢のある鏡面という仕上がりですが、こだわりで変更できます。
変更内容はデザイン部品で指定してください。

<ヘアーライン>
一方方向に規則的にヤスリ目をつける事で、鏡面よりもおだやかな輝きになります。
長い髪の光沢に似ている事からこの名称がついた節があります。

<ツヤ消し>
表面にガーネットの粒を打ち付ける、もしくはサンドブラストする事で
表面をマットな風合いに加工します。マスキングして部分的な加工も可能です。

<槌目>
金槌の槌目を表面にあえて残す加工です。
独特の風合いがでるのでシルバージュエリーや工芸品で好んで使われる場合があります。

<燻し仕上げ>
シルバーのみ可能です。表面を硫黄で硫化させ黒く変色させます。
硫化で黒くした後、お好みで白く残したい場所を磨く事で立体感がでます。
まとめ情報サイトtanukiのおすすめ記事
最近更新されたページ
最近更新されたwiki