トップページ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

福島第一原発から飛散した主な放射性同位体(核種)全31種・放出量



セシウム汚染地図


EUが輸入規制している都道府県食品

福島、群馬、茨城、栃木、宮城、静岡、長野、山梨、埼玉、東京、千葉、神奈川



チェルノブイリ原発事故で内部被ばくの研究をしたゴメリ医科大学のユーリ・バンダジェフスキー氏

「心臓など重要な臓器にセシウム137が蓄積され、心筋障がいなど心臓の疾患が引き起こされやすい」

「がれきを動かすこと自体危険だ。放射能汚染がない地域にあえて持ち込むことはない。汚染しない野菜を栽培する場所が必要だ」

心筋梗塞や急性白血病で死亡した人は福島第一原発事故の影響を受けている。



ガイガーカウンターの選び方

α、β、γ線の合計値を測定する必要がある。値段の安い測定器はγ線だけを測っており、放射能汚染発見が困難。

また低エネルギーのβ、γ線を測定するには、感度の高いα線対応測定器が必要となる。

α、β線の汚染を見つけるには、地上数センチを測る必要がある。

食品を測る場合は表面だけでなく切断面も測ったほうがよい。バックグラウンド数値と食品表面の数値を比較すれば汚染がわかる。CPMやタイマーモードで測ること。



α、β、γ線対応測定器(アメリカ S.E.International製):

インスペクターEXP+、インスペクタープラス、Digilert100、モニター4


インスペクターEXP+




モニター4

最終更新:2012年04月03日 03:10